小さなもみじの物語

2018 年 5 月 26 日 土曜日

  ひよこ組のお友達が入園してから1ヶ月がたちました。パパやママとのばいばいに寂しくてシクシク泣いてしまうお友達もいますが、だんだんと自分の好きなおもちゃを手にとってあそんだり、好きなお歌を聞いてニコニコしたりと園での生活を楽しんでくれています。
 そんなひよこ組さんのAちゃんのお話をしたいと思います。入園当初から、Aちゃんはママと離れたことが悲しくて寂しくて、一日中泣いて過ごしていました。私達担任もお母さんに好きな遊びを聞いたり、Aちゃんにたくさん声をかけたり抱っこをして安心させてあげようと色々な事を試していました。「どーしたらいいのかな、、」と日々試行錯誤でした。ある日のこと、抱っこでお散歩にいきAちゃんが落ち着いてたので大丈夫かな?と思い抱っこから下ろすとケロッとした顔でニコニコ笑って歩き出しました。今まで泣いていただけのAちゃんがこの日を境に、音楽をかけると両手を上下にふって踊ったり、Aちゃんなりの言葉で沢山お話ししたりと保育園での時間を楽しんでくれるようになりました。その瞬間、本当に嬉しくて嬉しくて、、、よかったーー!ととっても安心しました。
  ひよこ組の子どもたちにとって知らない場所で知らない人と過ごす、すべてが初めてのことで不安が沢山です。私達がまずしてあげられる事は、子どもたちが安心できる場所(人)をつくってあげることだと思います。今、Aちゃんがこうして楽しむことが出来ているのは、保育園や職員が安心できる場所になったからだと思います。
  これからも一人ひとりの子どもたちと沢山お話をして、スキンシップをとりながら、きちんと気持ちを受け止めてあげ、みんなが安心して楽しめる場所にしていきたいと思います!

 

村田  碧

2018 年 5 月 19 日 土曜日

 4月の半ば、子どもたちも新しい環境に少しずつ慣れ、日々を楽しく過ごしていました。この日も園庭に出て、砂場や三輪車で遊んでいました。
 給食の支度ができたので、少人数ずつ声をかけ、部屋に一緒に入り給食を食べていました。ある程度グループごとで部屋に入っていたので、そのタイミングで入る予定のA君に「給食できたっていうから入ろか??」と声をかけても「いやだ」と応じてくれませんでした。私は「じゃ、また声かけるね」と言って別の子に声をかけに行きました。しばらくして、A君はみんなが部屋に戻ると分かったのか、様子を見て判断したのか自分からテラスにあがり靴を脱ぎ始めました。すると、A君の横で靴下が脱げずに靴下のつま先を少しもみくちゃにしてイライラしているB君がいました。A君はそれを見るやいなや、何も言わずにB君の靴下を引っぱり脱がしてあげていました。そして、B君の靴の中に靴下を入れると、自分の靴下に目をやりました。そして、とても小さな声で「B君…」とボソッと呟きました。実はA君もまた靴下が上手に脱ぐことができないのでした。しかし、B君はそれに気が付かずやってもらったらそのまま部屋に戻ろうとしてしまいました。一連のやりとりを見ていたので、思わず「A君何か言ってたよ??」とB君に声をかけてしまいました。しかし、それでもB君は靴下のことだとは気が付かずに2人でテラスで遊び始めてしまったので、結局その日は私が脱がせて部屋に戻り給食を食べたました。

IMG_4411

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 まだ、みんながそうだというわけではありませんが、少しずつ友だちとの関わりを持とうとする姿が見られてきました。同時に友だち同士のやりとりで自分の気持ちを主張したかったり、気持ちをうまく伝えられず、それがきっかけでトラブルになってしまったりする事も見られます。そういった経験を重ねながら少しずつ子どもたちは色々なことが出来るようになっていくんですね。
 ちなみに、その数日後A君が先にテラスに座っていると、B君がやってきて、靴下を脱がしてあげようとする姿がありました。2人はとても嬉しそうにしていました。

IMG_4412

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一柳 翔平

2018 年 5 月 12 日 土曜日

 いつも「先生見て?」と、ブロックで作ったものを何でも見せに来てくれるAくん。そのブロックに友だちが興味を持ち、Aくんに近づくと「僕のだよ」と半泣きになってしまう事がよくあります。そんな、他者とのコミュニケーションを学んでいる途中であるAくんの園庭でのお話をしたいと思います。「アリさん捕まえる?」今日も元気に園庭隅の花壇に、子どもたちが向かいました。園庭では子どもたちが、砂場遊びや三輪車など、1人ひとりが好きな遊びをしています。その中でも、“アリ探し”は子どもたちに人気です。いつも、誰かしら虫カップを持って、小さなアリさんを探して、地面とにらめっこしています。Aくんも「アリさん捕まえる!」と勢いよく、花壇の方へ飛び出して行きました。「あっっ!」その日はいつも以上に大きな声が花壇の方から聞こえました。様子を見に行くと、「先生、ダンゴムシ見つけたよ!」とAくんが笑顔で、私にカップに入ったダンゴムシ見せてくれました。その表情はお迎えで保護者が迎えに来たときのように、キラキラしていました。すると、その様子を見ていたBちゃん、Cちゃんが「見せて、見せて」とAくんが捕まえたダンゴムシに興味を持ちました。そして、ダンゴムシを見たBちゃんが一言「私も欲しい」Aくんに詰め寄ったのです。こんなとき、Aくんはどうするのだろう・・・。ブロックのときみたいに「僕の!」と言うのかな?Aくんの行動に一挙手一等足しました。すると、Aくんは、自分のカップに入っていたダンゴムシを見つめ、少し考えてから、「はい」と自分のカップに入ったダンゴムを取り出し、Bちゃんに渡したのです。「男前や・・・」私がAくんに惚れてしまいそうでした。そして、Cちゃんの分のダンゴムシも捕まえ、Cちゃんのカップにダンゴムシを入れました。そして、そのあと自分の分のダンゴムシを見つけ、捕まえていました。「ありがとう」と、BちゃんもCちゃんも嬉しそうにAくんに声をかけ、私もAくんに「Aくん優しいね」とそっと声をかけると、Aくんニコッと笑っていました。私はAくんが気持ちの中で、ダンゴムシを友だちにも見て欲しいという気持ちが生まれたのではないかと感じました。
 2歳児は身体・言葉の発達に伴い、身近な友だちとの関わりが生まれ、他者に興味を持ち始める時期です。まだまだ、自分の気持ちをうまく伝えられないことが多いですが、日々の生活の「子どもと子ども」の関わり中で様々な体験をして、他者との関わりを学んでいる事を感じました。私は「子どもと話したい」という気持ちから、子どもの会話の中に入っていきがちになっていましたが、この体験から、私たち保育士は子どもの「子どもと子ども」の関わりを見守る姿勢も大切だと気づきました。大人の仲介が必要な場面もあると思いますが、これからも、「子どもと子ども」の関わりを、暖かく見守っていきたいと思います。
 ただ、Aくんが見つけたのはダンゴムシではなくワラジムシだった事は、ここだけの話ですが・・・(笑)(笑)

小池達哉

 

IMG_0839

 

 

 

2018 年 5 月 5 日 土曜日

 5月になり、暖かい日が続いていますね。つい2ヶ月前はあんなに寒い日が続いていたのに。さらに最近は、夏のような日差しの日もありますね。天気が良く、暖かい日が続くと子どもたちは活動的になり、園庭で遊ぶ時間では思いっきり体を動かして遊んでいます。そんな時、A子ちゃんが”いいものみーつけた!”という顔をしながらこちらに寄ってきてあるものを見せてくれました。
 「ねぇねぇ、こんな面白いの見つけたの!!私、これに口を書く!」何を見つけたと思いますか?A子ちゃんは石をみせてくれました。三角形の平べったい石です。凹凸もなく絵を描くには最適な平べったさなのです。A子ちゃんにはその石を見たときに、描きたい顔のイメージがパッと浮かんだのでしょう。その発想力は子どもは本当に豊かです。
 大人にとってはただの石かもしれませんが、子どもにとってみると素敵な素材なのです。石に絵を描くというのは面白い発想です。ですが、一般論では石に絵を描くなんて、と思うかもしれません。”これはこうやって使うもの”という固定概念を大人は持ってしまいがちですが、子どもは”これはこう”という考えはもっていません。だからこそ、大人には考えもつかないような面白い発想が出てくることもあるのです。
 保育所保育指針の中の「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」の中で、”身近な事象に積極的に関わる中で、物の性質や仕組みなどを感じ取ったり、気付いたりし、考えたり、予想したり、工夫したりするなど、多様な関わりを楽しむようになる。”と書いてあります。こういう姿になれるように保育士は気をつけて子どもたちに関わっています。
「ねーねー、あれさ・・・」「これ見て!」という子どもの声掛けは新しい発想の始まりの瞬間の可能性があります。子どもの声掛けに耳を傾け、子どもの面白い発想、発見を共に楽しめる柔軟な気持ちを持っていたいものです。


宮川 盾夫

2018 年 4 月 27 日 金曜日

 進級入園から1カ月。慣らし保育の間は不安そうにしていた子ども達も、少しずつ園生活にも慣れ可愛い笑顔を沢山見せてくれるようになりました。そんな可愛い子ども達の笑顔に癒されパワーを貰う日々です。色々なクラスにお手伝いに行くフリーの私が、先日幼児組さんにお手伝いに行った時のことです。幼児組のカプラ・スカリーノコーナーに、立体交差した道路が出来ていました。その道路は3月に卒園した年長さんがよく作っていた形に似ています。卒園したのに、なんで似たものがあるのかな?と見ていると、道路はきりん組の男の子達が作った物でした。でも、まだまだ完成度は低く壊れやすいみたいで、あーでもない、こーでもないと言いながら。時にはケンカしたりしながら、一生懸命作っていました。担任の眞弓先生に「すごいね!いつの間にか、こんな物が作れるようになったんだね!」と話すと、どうやらぞう組さんが卒園するまでは、カプラスカリーノコーナーは人気が高く、加われずに端で街や動物園を作っていたきりん組の男の子達。ぞう組さんが卒園したら、急にこんな道路を作り出した様なのです。遊びに加わらなくても、しっかり年上の子の遊びに憧れ、端から見て真似をしていたようでした。
 「学ぶ」の語源は「真似ぶ(まねぶ)」、つまり真似ることだそうです。自分が真似したいと思う人のやり方を真似ることから始めるのは、学びの基本だということです。このきりん組の男の子達も、年上のお兄さん達の作品を見て「おもしろい」 とか「すごい!」と感動し、自分も真似して頑張りたい!お兄さんのように「上手な作品を作りたい!」という向上心にまで高めています。きっと更に腕を上げれば、「あのお兄さんのように出来た!」と強い満足感も得ることでしょう。優れた行いを真似ることから始める、この学びの姿勢・意欲は子ども達の卒園後や未来に必要な物の仕組みを考えたり予想する[思考力]や、友達と協力して作り上げていく[共同性]にも繋がっていくと思います。そのためにも良い仲間や憧れの人がいること、そして学び合う関係や真似してみたいという関係があることが大事だと思います。木月保育園では、幼児組は1フロアで異年齢の保育をしているので、真似をしてみたいと思えるモデルがすぐ側にいることが魅力だと思います。そして真似をすることで、大人が遊びを教え込まなくても、遊びが子ども間で継承され、遊びがレベルアップしていきます。今年度のカプラスカリーノコーナーがどんな風に展開していくのか、今から楽しみです。
 そして私達保育士も、子ども達にとって「真似してみたい!」と思えるような魅力的なモデルになれるように頑張りたいと思います。

 

中澤   明日香(*´ω`*)

2018 年 4 月 20 日 金曜日

 ひよこ組のお友だちが入園して約1ヶ月が経とうとしています。初めて親御さんから離れて過ごす時間、初めての場所。。と初めてがいっぱいのひよこ組さん。そんな中でまず子どもたちと信頼関係を築くことが大切だとかんじています。信頼関係を築くためには積極性、共感性、身体の心地良さが大事だと言われています。ひよこ組のお友だちも少しずつ担任の顔を覚えてきてくれ目が合うと笑ってくれたり、手を振ると振り返すような動作をしてくれるお友だちも増えてきました。初めはお母さんから離れるのに泣いていた子も今ではお母さんと離れる時でも泣かずに、ニコニコしながらお部屋で遊んでいます。園庭でも担任を見つけて安心してハイハイで色々なところに出かけていく様子も見られるようになりました。
 子供は愛着形成によって他者との心のつながりが生まれることで、自分自身の存在を肯定し、自分は価値のある存在だと実感することにつながると言われています。
 私たちも1日でも早く信頼関係を築いてひよこ組のお友だち、保護者の方たちが安心して楽しく保育園に通えるように努めていきたいと思います!!

 

阿部  梨絵

2018 年 4 月 14 日 土曜日

 暖かい陽気と共に新しいクラスでの1年がスタートしました。今年度も子どもたちそれぞれ一人ひとりのペースを大切にしながら、色々なことをおもいっきり楽しんでいきたいと思います。
 私は3月までフリー職員だった為、現あひる組のお友達がひよこ組だった頃から、関わる機会もありました。しかし、担任ではない私に人見知りをしてしまうお友達もちらほら、、私は子どもたち達との距離を縮めたいと思い、乳児クラスへ入る際は、子どもたちへわらべうたやふれあい遊びを多く取り入れました。
 Aちゃんは、担任ではない私に警戒しているようで、はじめは距離がありました。他のお友達がわらべうたやふれあい遊びをしている姿を遠くで見ていて「Aちゃんも一緒にやる?」とこえをかけても「ううん」と首を横にふっていました。しかし、お友達たちが楽しそうにわたべうたをしている姿を見て、少しずつ興味をもってくれたようで、少し離れたところから、わらべうたをしている様子を眺めていたAちゃん。別日、私がクラスに入った際、お友達と一緒に私の元へきてくれ、「わらべうたをやって」と手を差し伸べてくれた時は、とても嬉しく思いました。
 長い年月をかけて歌い継がれてきた伝承のわらべうたは、日本語の美しいリズムと抑揚があり、うたのメロディーと言葉のリズムが一体となっているため、子どもにとって聞きやすく、うたいやすい音楽です。また、わらべうたは肉声でうたう事が大切です。特に赤ちゃんは、物音や器楽音よりも、人間の声に最も快く反応し、気持ちが安定します。わらべうたで遊ぶ時間を持つことは、大人と子どもの情緒的結びつきを深め、よりよい関係を生みます。
「わらべうた」と聞いて、難しく思う方もいるかと思いますが、怪我をした時にやる「いたいのいたいのとんでいけ〜」というフレーズもわらべうたになります。
 私はこれからも、子どもたちとわらべうたを通して、ふれあい、1人ひとりの子どもたちと、たくさん関わっていきたいと思います。

 

 

百々 麻美

2018 年 4 月 7 日 土曜日

 新年度がスタートしました。新しい担任とお友だちにドキドキしている子どもたち・・・私は幼児組への大切なりすぐみさんへ一緒に進級することが出来ました。かわいい子どもたちと楽しい一年間を送りたいと思っています。一年間よろしくお願い致します。
 今回は三月の出来事をブログにしました。給食の準備をしている時間や夕方の自由時間を使ってキャットウォークに遊びに行くことがよくあります。キャットウォークには絵本が置いてあったり、ゴザが敷いてありクッションなどでゴロゴロする所や変身グッズ(動物の帽子や白衣などの服)が置いてあります。園の中で一番高い場所にあるので、幼児組さんのお部屋が見えたりホールを見ることも出来ます。

B4919C3D-71FB-4008-8681-D6B76FB273A2
 先日、夕方の時間にキャットウォークに行きました。今までは階段の上り下りもあるので月例差のあるあひる組みでは高月齢の子を中心に行くことが多かったのですが、上り下りもしっかりしてきたので低月齢の子にも声をかけて行きました。Aくんはキャットウォークに着くと大喜び、走ったりガラス越しに幼児組さんを見たりホールを見て手をたたいたりしていました。しばらくするとお友達がかぶっている動物の帽子に興味をもち探し始めました。一緒に帽子をとりに行くとBちゃんが変身グッズのところで着替えを選んでいました。Aくんは動物の帽子をうまくかぶれなかったので私の所に持ってきました。Bちゃんはその様子を見るとAくんに帽子をかぶせてくれました。Aくんはうれしくて「はい!」BちゃんはAくんの「はい!」の言葉にびっくりしていたので、「Aくん、Bちゃんにやってもらえてうれしかったんだね。」とBちゃんに声をかけました。Aくんは嬉しそうにニコニコしています。その様子を見てBちゃんもニコニコ笑顔。BちゃんはAくんの手を取り、一緒に手を繋いでキャットウォークを歩き出しました。Bちゃんが絵本を取ってあげるとAくんは「はい!」と言って絵本を受け取ります。Aちゃんはニコニコ笑って「はい!」と答えると自分も絵本を持つとゴザの所で一緒に絵本を読み始めました。二人ともとっても嬉しそうです。お部屋とは違う環境での微笑ましいやり取りでした。
 一人一人の子どもの興味や関心は子どもが友達の様子を観察したり、模倣することで広がっていきます。また友だちと一緒に遊びを味わうことは社会性の発達を促し豊かな人間形成へと繋がっていきます。言葉の発達は個人差があり、伝えたい気持をまだうまく表現できない子もいます。その様な時保育士が一緒に関わる事でお友だちの気持を理解したり、自分の気持を伝えたりすることができるようになり、子どもたちの優しさも成長していきます。泣いているお友だちにいいこ、いいこ、してくれたり、鼻水が出ている子の鼻を拭いてくれたりする子もいます。
 りす組になり、子どもたちの関わりや遊びの発達がこれからもっと増えていきます。一人一人の子どもたちの成長を大切に育てて生きたいと思います。

5A88353B-9430-49CD-81DC-3502DE700646

 

斉藤 操

2018 年 4 月 4 日 水曜日

 進級おめでとうございます。新生活が始まり、子どもたちはひとつ大きくなったことの喜びを感じながら、いつも以上に張り切って生活しています。
 さてさて、そんなきりん組の子どもたちですが、昨年の秋ぐらいでしたでしょうか。お道具箱に入っている女の子のお絵かき帳をのぞいてみると、そこにはプリンセス、プリンセス、プリンセス…。とてもファッショナブルなプリンセスがお絵かき帳の中で輝いていました。他の子のものも見てみると、アンパンマンなどのキャラクターだったり、自分の顔やお友だち、家族の顔、虹、アイスやチョコレートなどのお菓子、いちごやぶどう、りんごなどのフルーツ。そして、ひたすら線を描く子や、ページを塗りつぶしてみたりしている子もいて、思い思いにお絵かきを楽しんでいました。イメージを膨らませながら、好きな絵が描けるようになったことの成長を感じながらも、個々によって描くものも違いますし、絵から子どもたちの心理状態を読み説けるのではないかと思い、調べてみました。
 絵の色使い・・・色は大人でも心理状態を表す指針といわれており、子供でもその例外ではありません。お絵かき帳の中は、様々な色で溢れています。明るい綺麗な色を使っていることもあれば、時には、暗い色、一色で塗りつぶされていることもあります。
   《一般的に言われている色による感情の現れ》
•黒→恐怖・不安・発散できずに抑えられた感情
•ピンク→幸せな時に表れ、人や動物に対しての優しい気持ち
•赤→活動的で心身ともに健康だが、荒々しい塗り方や黒と一緒に使用の際は苛立ち
•黄→自己アピールを表し、甘えたい愛されたい願望
•白→正義感があり、何事も神経質なほどに完璧
•緑→リラックスしている、またはしたい時、おだやかな状態
•水色→従順な気持ちでやさしい気持ちを表すが、ときには寂しさ
•青→集中力があり、自立心の芽生え
•紫→心の葛藤、感情の我慢
・虹色→社交性、コミュニケーションが活発な時、充実感あふれる
このような意味があるようです。
 こどもたちのお絵かき帳や自分の顔を思い返してみると、4月や5月など進級したばかりの頃よりも、1年の中盤から後半にかけての方が、圧倒的に色彩が鮮やかで、絵に勢いや盛り上がりがあります。これは、もちろん子どもたちの成長というのが大前提ですが、それに加え、子どもたちたち同士、保育士との絆が深まってきたことで安定した日々を過ごし、様々な経験を通して自分に自信がついたことへの現れではないかと思います。
 昨年度の3月に覗いてみたある女の子のお絵かき帳には、レインボー柄の髪の毛をした女の子が描かれていました。上記の表を見てみると、虹色は「社交性、コミュニケーションが活発な時、充実感溢れる」まさに、充実感溢れる日々を過ぎしてきたということに、1年の集大成のようなものを感じ嬉しくなりました。
 もちろん、この表が全てというわけではなく、1番大切なことは、子どもたちがどんな様子でお絵かきしているかということだと思います。暗い色を使ったり、少し気になるものを描いたとしても、楽しそうに描いているならば、さほど心配はいらないと思います。そして、子どもたちの描いたものを評価するのではなく、それを受け入れ、子どもたちの心の様子を読み説く時に、参考にして頂けたらと思います。大人にも言えることだと思いますが、お絵かきだけではなく、選ぶ洋服の色からも、その日の気分がなんとなくみえてくるかもしれませんね。ぜひぜひ、色から見えてくる「心の声」を聞いてみて下さいね。

 

眞弓 知子

2018 年 3 月 26 日 月曜日

 1年間ひよこ組を見てきました。4月生まれから10月生まれまで月齢差はありますがみんな元気で楽しく、明るいクラスでした。そんな子どもたちと過ごす中、印象的なエピソードがあります。A君は車好きで室内ではいつも車や電車を走らせて遊んでいます。園庭では三輪車よりも手押し車が大好きでよく遊んでいます。始めの頃は手押し車で園庭中をお散歩。デコボコ道も太鼓橋のトンネルも潜って笑っていました。しかし時が経つにつれて手押し車を自らの車の様にしていました。アスレチック滑り台や砂場に行き、手押し車を放して遊んでる間に取られそうになると遊びよりも手押し車を優先する姿が見られるようになりました。
 ただ手押し車で遊んでいた頃と手押し車と一緒に遊んでいる今。ここには大きなA君の成長があります。前者ではA君が手押し車で遊ぶ関係だったものが視野が広がり、後者は手押し車在りきで他の遊びをするようになっています。
 子どもの遊びは興味あるものや好きなもので遊んでいるのが基本です。しかしその遊びも時が経ち、友だちと取り合ったりすることで視野が広がり成長していきます。この成長の延長としてごっこ遊びがあります。ごっこ遊びは複数の相手と適したおもちゃや環境が必要になります。A君は今、手押し車と他の遊びを自分で体現しています。これから少しずつ会話もできるようになり、少しずつ友だちと遊ぶようになり、それらを重ねるごとに遊びが発展して行きます。
 1年は長いようで短いですが子どもたちの成長を見るととても大きく長い時間だと思います。これからみんながどんな風に成長して行くのかとっても楽しみです。

 

岡本 万太郎