小さなもみじの物語

2018 年 2 月 24 日 土曜日

  言葉もたくさん話せるようになり、やりとりも上手になって来たひよこ組の子どもたち。そんな子どもたちの中で、先日更に成長している姿を見ることができました。
 自由に遊んでいる時間に、Aくんが絵本を持って来て、読んで欲しい様子で私に渡して来ました。その本は、「 おきがえいろいろかくれんぼ 」という絵本で、あひる組のお部屋に来てから子どもたちが読むようになった絵本です。色のページと形がくり抜かれたページが見開きで開かれている状態で、その形の説明が少し書かれていて「なにかな?」と問いかけをします。そして、くり抜きのページをめくると、色がくり抜きから見えて、色のついた身に付けるものの形が出来上がるという仕組みです。
 私は、この日この絵本を、子どもが考えられるところまで考えてから、めくって正解を言うというやり方で読み聞かせをしていました。最後の問題は「おうどいろ」で「あたまのうえにのせるもの。なにかな?」という言葉が書かれていました。Aくんは、この言葉を聞いて分からずに悩んでいました。私は「頭の上に乗せるものだよ」と頭を触りながら、何かをかぶるふりをしました。Aくんは私を真剣に見ながら一生懸命考え、ハッとした顔で「ぼうち!」と叫びました。私は、「分からないな…」と思いながら、自分なりに一生懸命考え、正解を導き出したという、Aくんの考える力の成長に感激しました。そして、「すごいね!!Aくん!!!」とAくんの頭を撫でながら思いっきり褒めました。Aくんは、得意げに嬉しそうな顔をしていました。
 今、乳児保育が重要視されています。その理由は、感情をコントロールする脳の部分は、8、9ヶ月から2歳で成長が決まり、ほとんどの脳の拡大の時期は乳児期だと言われているからです。そして、その脳の拡大に重要なのは、質の高い保育であり、質の高さとは「質問的・応答的な言葉がけや言葉遣い」だということでした。逆に、指示ばかりの言葉がけをしていると、脳は縮小していってしまうそうです。
 子どもたちにたくさん問いかけをしたり、しっかりと答えてあげる関わりを大切にして、子どもたちの豊かな心を育てていきたいです。

 

落合みお

2018 年 2 月 17 日 土曜日

 移行して約2週間がたち、りす組のお部屋にも慣れてきた子どもたち。おままごとでの見立てあそびがとっても上手になりました!
 今回は、子どもたちと最近行った小麦粉粘土での様子を、ブログにしたいと思います。まず、作る工程から見せてあげたいなと思ったので、小麦粉から粘土になるまでを子どもたちに見てもらいました。粘土になる前の小麦粉を触らせてあげると、「サラサラ~!」と小麦粉を触って喜ぶ子どもたち。今から、「お水と、お塩、それから油・・・魔法の粉(食紅)を入れてこねると~小麦粉粘土が出来上がります!」と言ってこね始めると、「すごーい!丸まったね!」「こねこね~‼」と喜んでくれた子どもたち。「はやくやりたい!」と楽しみにしてくれました。出来上がった粘土を渡すと、「気持ちい~!お餅みたいだね~」「パンみたいな匂いがする~」と言っていました。制作を始めると、夢中になって遊んでいる子どもたち。アンパンマンを作ったり、バナナや卵焼きをつくって楽しんでいました。小麦粉の感触を楽しんでもらえたら嬉しいな~と思っていたのですが、子どもたちは、自分でイメージしたものを形にすることができ、造形活動が出来ているのだなと驚きました。

image1

 


 指先を使っていろいろな感触を楽しむ経験は、脳の発達にとても大切と言われています。粘土あそびはまさにぴったりのあそびで、子どもの働きかけで自由に形が変わる粘土あそびは、自発的な行動を促し、想像力を高めます。また、身近な素材の触感に触れ、水分を加えた後の質感の違いなどを知ることができますし、粘土は、こねる、ちぎる、伸ばすなど指先を細かく使うことで手先の器用さが育まれるなどたくさんのメリットがあります。
 このような体験を通して、ただの触感や形の変化を楽しむあそびからおままごとの道具をつくったり、作品を何かに見立ててあそぶなど発展させて遊べるようになります。今後も、子どもたちが楽しみながら造形活動が出来るように、工夫しながら粘土あそびを取り入れていきたいと思います。
 小麦粉粘土は簡単に作れますので、是非お家でも作ってあそんでみてくださいね。

 image2

佐藤 真衣

2018 年 2 月 10 日 土曜日

 1月から、グループごとに移行の始まったりす組さん。新しい環境にドキドキとワクワクでいっぱいの子どもたち。そんな移行したてのりす組のAくんのお話をしたいと思います。
 パパとママのことがだいすきなAくん。バイバイのときはしょんぼりして行ってらっしゃいをすることも。慣れている環境で遊ぶことは出来るけど、初めての場所や人、雰囲気が少し苦手なAくん。移行して、沢山のお兄さんお姉さんがいて圧倒されてないかな?遊びに入っていけてるかな?毎日泣いていないかな?とAくんのことを心配してました。
 幼児クラスに様子を見に行くと、移行したての為まだ慣れていなく不安そうな表情をしていました。ですが、朝の会ではきちんと自分のグループにならんで、格好良く体育座りをして真剣にお話を聞いていました。給食の時間は、お兄さんお姉さんと一緒に給食を食べていて、あつまれが上手に出来ていないと「これまだついてるよ。」と教えてもらったり、「たべられる?」と心配してくれたり。お兄さんお姉さんがAくんのことを気にかけてくれていました。そして、自分で先生に「歯磨き直ししてください。」と幼児組の生活の流れを理解していました。そんなAくんを見てなんだかウルウル、、、、私は幼児クラスのBくんに「Aくんのことよろしくね!」というとBくんは「まかせて!Aくんかわいいんだよ~」とニコニコ笑顔でかえしてくれました。
 その日、Aくんのお母さんと話した時「朝Aがしょんぼりしてると、幼児クラスのお兄さんお姉さんがAのことを誘って連れて行ってくれるんです。本当に頼もしい。」と話してくれました。
 初めての幼児組への移行、保護者の方も子どもたちのことが心配。りす組の子どもたちも新しい環境に入り楽しみもあるけれど不安もあると思います。ですが、実際に様子を見て幼児組のお兄さんお姉さんがやっていることを見たり、教えてもらったり、遊んでもらったりと子ども同士の関わりで子どもたちの不安はなくなっていくんだと感じる事ができました。心配でついつい手を出してあげたいと思ってしまいますが、私たち保育士は一歩後ろから子ども同士の関わりを見守ることが大切だと気付きました。
 りす組の子どもたちに幼児組さん楽しい?と聞くと満面の笑みで「楽しい!」と答えてくれる子が沢山います。これからも楽しい毎日を過ごせるように子どもたちを見守っていきたいと思います。

 

田山 碧

2018 年 2 月 3 日 土曜日

 朝晩の冷え込みが厳しくなり、布団から出るのも覚悟が必要な時期ですね。木月保育園の園庭は1月の雪が溶け、その水分が霜柱となり地面を押し上げています。子どもたちも凸凹した地面を不思議そうに見ていたり、自然からも科学的な興味に繋がっていますね。寒さを利用して、色水をバケツに入れ一晩放置することでカラフルな氷を作るなど、楽しい季節ならではの遊びを取り入れたいと思います。
 木月保育園では普段、0歳児クラス、1歳児クラス、2歳児クラスと345歳合同の縦割り保育で日々過ごしています。(0歳児クラスは1歳児クラスと発達などの様子を見ながら異年齢保育ををすすめています)また、土曜日は異年齢保育として、全クラス一緒に過ごしています。
 これは、ある土曜日に起きたことでした。土曜日は0歳から年長までの子がいるので、年上の子が年下の子の手伝いをしてあげていたり、年下の子が年上の子に憧れ真似をしていたり、お互いにいい影響を与えてる姿が見られていました。
 遡ること4月・・・あの頃は主に年長さんが年下の子の手伝いをしていました。園庭遊びの時に転んで泣いている子がいると助けに行き、水道の方に連れていってあげたり、午睡の時に使う幼児組のベッドから自分のマットやタオルケットを外して持っていくのが難しい年中さん、年少さんのお手伝いをしてしてあげるなど、みんなを助けてあげていました。この頃はまだ年中さん、年少さんは自分の遊びを楽しむ事に夢中になっていましたが、季節が変わる毎に年長さんへの憧れが見られるようになり、いつしか幼児組の子がみんなで優しく遊んであげたり手伝う姿も見られるようになってきました。
 そして時は流れ1月・・・大きな変化が起きるのです。そう、年長さんの午睡がなくなるのです。(4月からの就学に向け、生活リズムを整えるためにお昼寝無しですごすのです。)
 そしてついにその日がやって来ました。『じゃあ、シーツ取りに行こうか!』と声をかけ幼児と2階に行きました。その日は年長2人、年少2人。しかし、年長は午睡をしないのでシーツは必要無し!と言うことで、お部屋で乳児組とお留守番になりました。いつもは年長さんが先頭をきって進むのでそれについていっていた年少の子は前に人がいないので自信なさげに進んでいました。知っている道のはずなのに何度も振り返り、『こっち?』と聞くこと6回、やっとのことで、ホールのベッドに着きました。ベッドからシーツをとろうとすると、いつも年長さんに言っているあの言葉が聞こえてきました。『出来ないなぁ』そう、これまでは年長さんが手伝ってくれていたのですが、今日は頼りになる年長さんがいないのです。どうするのかな??と見ていると、1人の子が『よし、頑張ろう!』と気合いを入れて自分の力でやっていました。今までは年長さんにやって貰うとすぐに並び、友だちのお手伝いする姿があまり無かった年少さんでしたが、自分のが終わった瞬間、もう1人の友だちの所へ行き『手伝おうか?』と聞いていました。『うん』と返事を貰うと2人で協力してシーツを取っていました。その最中も『これ大変だよね~』と話していたり、『こうしたら取れるよ』と教えたりしていました。シーツが取れると2人でベッドを持ち上げ片付けも完璧にしていました。
 その姿はまるで、年長さんが4月から年少さんにやってあげている姿でした。自分が出来なくて困っていたことを助けて貰ったこと。それが出来るようになったとき、出来なくて困っている人を自分が助けてあげようと思う気持ち。それはきっと大人からの言葉だけでは伝えきれないものです。子どもの心の成長は子ども同士の関わりの中で学ぶことが多いのですね。
 4月になると、みんな1つクラスが上がりお兄さんお姉さんになります。子どもたちは変わっていきますが、助け合って成長していく姿はどこまでも続いていきそうですね。

 

鈴木 辰徳