小さなもみじの物語

2017 年 10 月 28 日 土曜日

 本格的に秋になり、過ごしやすい気候になりました。肌寒い日もありますので、風邪や感染症には気を付けていきたいですね。
 幼児組で一緒に食事をしているときの出来事です。Aくんが食事が終わり、しばらくじっと座っていました。Aくんに「どうしたの?」と聞くと、Aくんは「おかわり待ってるの。」と言いました。Aくんはおかわりボードを注意深く見ながら、おかわりが出ないかと見計らっていました。おかわりが表示されるとすぐにおかわりに向かいます。取ってきたのは「梨」でした。果物のおかわりはいつも争奪戦です。
 幼児組の配膳はバイキング方式ですので、子どもたちが第一陣、第二陣、第三陣と流れていきます。バイキング方式によって、空腹の程度や好き嫌いに合わせて、子ども一人一人が自分で食べられる量を決めることができます。また、自分で考えることで、自己決定力や思考力の向上にも繋がります。分量としましては、「普通」と「ちょっと」を選ぶことができますので、第一陣、第二陣、第三陣で「ちょっと」を選んだ子の分がおかわりに回ります。従って、みんなが「普通」を選ぶと基本的におかわりはありません。しかし、配膳が進むほど、おかわりが出る可能性が増えますので、通常ですと、あとから配膳に来た子の方がおかわりをたくさんできるようになってしまいます。ですので、お腹を空かせて早く配膳に来た第一陣の子には、できる限り別におかわりを用意するようにしています。
 苦手なものでも一口は食べるというルールもありますので、見た目やにおい、味付けや食感など、経験上苦手なものであれば、子どもたちは自分の頭で考えて「ちょっと」にします。新メニューや久々に登場するメニュー程、子どもたちは慎重に考えるようになります。一口食べて美味しければ完食し、おかわりもして結果的に定量を食べられたということもよくあります。また、お友達や大人が美味しそうに食べている様子を見て、食べてみようかなという気持ちにもなります。
 午睡前に「今日○○と△△おかわりしたよ!」「全部おかわりした!」と教えてくれる子もたくさんいます。おかわりは子どもにとって楽しみの一つであり、食べる意欲につながります。子どもたちの「もっと食べたい!」という気持ちを大切に思い、日々美味しい給食作りに励みたいと思います。

 

栄養士  中島 啓太

2017 年 10 月 20 日 金曜日

   ひよこ組は半年が経ち、子どもたち同士の関係性も変化してきました。
   入園当初からAちゃんは、Bちゃんのことが気になるのか近くに行って頭や耳を触っていました。Bちゃんは、Aちゃんよりも低月齢で、とても体の触り心地が良く、そのようなところからもAちゃんはBちゃんに親しみを持っていたのかもしれません。
  Bちゃんは、Aちゃんが近くに来て、頭や耳を触ってくることに、初めは「なんだろう…?」と何もわからないところから始まり、たまに「やめて!」と払いのけるような姿が見られる時期もありました。しかし、最近気づくとBちゃんからAちゃんの近くに行って一緒に笑いあっているではありませんか!
  ここ1ヶ月では、2人で追いかけっこをしたり、一緒に向き合って体を揺らしたりと、とても仲の良い様子が見られています。どうやらBちゃんも、Aちゃんのことが好きになってきたようです…!Aちゃんは、高月齢児の中でも、音楽に合わせて体を動かしたり、走ったり色々ななところを登ってみたり…とよく体を動かす子なので、BちゃんはAちゃんの簡単な体を動かす遊びを真似をしているような感じです。AちゃんはBちゃんが自分と一緒に遊んでくれるのが楽しいという気持ちと、自分より動けないBちゃんを待ってあげて気遣いながら一緒に遊んでいるような様子でした!
  更に先日は、頭をぶつけ合っていたので、何をしているのかと思い近くに行ってみると… おでこをお互いにくっつけあってニコニコ笑いあっていましたー!とても可愛く微笑ましい姿でした!!!
   子どもたちは0歳児でも、自分よりできることがある友達に憧れたり、自分より小さな子を気遣って一緒に遊ぶことができます。また、子どもたち同士の中では、年や月齢が少し上のお兄さんお姉さんという存在は、憧れると同時に大人よりも身近で、自分もやってみよう!という意欲を引き出しやすくなります。
  ひよこ組では、友達同士の関わりの中で、物の貸し借りも「かーしーてー」と手振りや自分なりに声を発しながら、友達とやりとりをしようとする姿も見られるようになってきました。子どもたち同士が、よりお互いに良い関係を作っていけるように、関わり方を伝えたり、関わりが増えるような遊びを取り入れていきたいです。また、お互いに刺激し合いながら、自発的に成長する心も同時に育てていけるよう、心がけていきます!
 

落合 みお

2017 年 10 月 16 日 月曜日

   最近お話が上手になってきた子どもたち。私にこっそり教えてくれた女の子のエピソードを紹介したいと思います。
   ある日、クラスで遊んでいた時のことです。私に近づいてきて、まいせんせ~あのね…Aね、BちゃんとCちゃんのこと大好きなの!と教えてくれました。またある日には、午睡中、Aね、みんなのこと大好き!と教えてくれました。
   他人のことを大好き。と言えることは両親や大人からたくさんの嬉しい言葉をもらったからだと思います。「自分はとても大切にされている」「味方をしてくれている」と感じることができれば、自分はひとりじゃないんだ、味方をしてくれている人がいるんだと、大きな安心感を持つことができます。それがみんなに支えられているという思いに繋がり、人間関係を築いていく際の力にもなってきます。人を大事にできる基本は、自分が大事にされているということだと思います。たっぷり褒められ、たっぷり味方されて育った子は、人を大切にします。悪さをしようが、何かがちゃんとできてもできなくても、長所・短所を含めて丸ごと子どもたちの存在を受け入れ、存在そのものを褒めてあげること。子ども自身の思いや感情に目を向けて、言葉で賛美してあげることを大切に保育していき、子どもたちの存在そのものを大切にできる保育士でありたいなと、このエピソードを通して改めて思いました。

 

佐藤 真衣

2017 年 10 月 7 日 土曜日

 最近のりす組の子どもたちは、お友達同士で仲良く遊び、最近ではカプラで遊ぶ姿が見られてきました。カプラは、子どもの頭の中で考えているものを目に見える形で表現できます。カプラをどんどん並べて道路を作ったり、囲いをつくって駐車場をつくったり、井の字型に重ねていきお家やお城をつくり自分のイメージを形にすることが上手に出来るようになりました。
  そんなりすの子どもたちとのある日の会話を紹介したいと思います。「ウチュウジンって知ってる?」と聞くとみんな声を揃えて「知ってる~」と言いました。「ウチュウジンって怖いのかな?」と聞くと「怖いよ!」という子、「優しいよ~」という子に分かれました。そこからウチュウジンのお顔の話になりました。Aちゃん「目は大きくて、鼻はないの」Bくん「鼻はあるよ!」Cくん「口はない!」子どもたちが考えるウチュウジンのイメージは様々です。保育士「指はあるのかな?」Dちゃん「ゆびはDと一緒~」Eちゃん「違う!4本だよ!4本!」Eちゃんに周りの子どもたちが「違うよ!」と言った時、Eちゃんは「4本なの!」ととてもこだわっていました。さらに「好きな食べ物は?」と聞きました。この日、保育園の給食のデザートがスイカだったためスイカと言うかと思いましたが、「りんご~」と言った子どもがいました。「宇宙人」ひとつとっても「宇宙」という誰しもが未知な世界の話を子どもたちのイメージや想像でとても話が盛り上がりました。子ども1人ひとりしっかりと頭の中で形のないものでもイメージ・想像ができていることにとても驚きました。
  このようなイメージは日々の生活の中での関わりや色々な体験、遊びの中で湧いてきます。そのイメージをみんなで共有することで刺激を受けイメージの幅が広がりさらに想像力が豊かになっていきます。お友だちとだけでなく、おうちや園でのなに気ない会話や出来事でも、子どもたちにとっては大切な経験になります。これからも、もっともっと子どもたちのイメージや想像力を引き出していけるように日々子どもたちとたくさん会話や遊びを一緒に、楽しんでいきたいと思います。

田山 碧