小さなもみじの物語

2017 年 9 月 30 日 土曜日

 朝夕の寒暖差が大きくなり、秋の到来を感じます。その他にも、公園の植物や夜道の虫の声、スーパーに置かれてる野菜の変化でも季節の変化を感じられますね。スーパーの野菜の変化といえば栗が店頭に並んでいたり、色々な種類のキノコを見てどんどん食欲が湧き、食べ過ぎないように気を付けなければいけない時期ですね。・・・このままでは食べ物の話で終わってしまいそうなので、本題に入らせて頂きます!
 秋と言えば、『食欲の秋』だけでなく、夜が長くなるので『読書の秋』と色々ありますが、保育園の秋と言えばやはり『運動の秋』ですね。幼児組では月に1度は運動遊びを取り入れており、みんな楽しく取り組んでいますが、8月、9月にもなると運動会が近付きいつも以上に気合いを入れている姿もみられます。
 木月保育園での運動会ではきりん組とぞう組の年中、年長のクラスがリレーをします。発達の違いもあり、リレーに取り組みたての頃は勝ったぞう組は大喜び、負けたぞう組は泣いてしまい、きりん組はあまり勝ち負けにこだわらず頑張ったね~という感じでした。年少のうさぎ組までは楽しく頑張ろうと参加していたので、きりん組さんにとっては初めてともいえるグループの勝ち負けになるのであまりこだわらずに参加していました。しかし、そんなきりん組さんも、回数を重ねていくうちに、喜んでいるぞう組さんや泣いているぞう組さんを見て頑張って勝てた!や、頑張ったのに負けちゃったと言った気持ちを持ち始め、喜んだり悔しがる姿も見られるようになってきました。同じグループの友だちが喜んだり泣いている姿を見て勝ち負けの意味を知り、自分も頑張ろうとする。これは、今のぞう組さんたちが一年前に見せた姿です。年長となった今では、その他にも、同じチームの友だちと一緒に力を合わせて勝とうとする意欲を持って臨んでいます。
 ぞう組さんがみんなで力を合わせて頑張る姿を見て、年中組が勝ち負けを知り頑張ろうという気持ちが芽生える。木月保育園のリレーのバトンは物理的に繋がるだけでなく、勝ち負けを通して友だちと力を合わせて頑張ろうとする気持ちを次のクラスの子に繋げ、心の成長にも繋がっていくのですね。そんな年中組と年長組のリレーを二階から見ていた年少組の子ども二人が『みんな頑張ってるね』『うん、来年は僕も頑張ろう』と話してるのを聞き直接では無いけど頑張る姿で年少から年中、年中から年長へと見えないバトンがあるように感じられました。
 勝ち負けも大切ですが、心の発達や頑張った気持ちを受け止め、職員一同で子どもたちが作る素敵な運動会をサポートしていきたいと思います!

 

鈴木 辰徳

2017 年 9 月 23 日 土曜日

 9月になり、だんだん涼しくなってきました。暑い夏を元気いっぱい過ごしてきた子どもはぐぐっと大きくなってきましたね。
 私がフリー担任なので、色々なクラスに入り保育をするのですが、子どもたちが大きくなったなぁと感じるのは、”おしゃべり”がすごく上手になったことです。1歳児クラスのある女の子は、半年前には「ドウゾ」と言って、その子の持っているおもちゃを私に手渡してくれ、こちらも「ありがとう」と返すと女の子は”うんうん”と頷く、”どうぞごっこ”というような遊びをひたすら繰り返して楽しんでいました。
 それから少し経ったある時、その子が絵本の読み聞かせを聞いている時、絵本の中に出てくる動物を見て、「ネコ!」「カバ!」とおしゃべりしていました。こちらも「そうだね、ネコだね〜」「カバだね〜」と何度も絵本の読み聞かせを楽しんでいました。
 それからまたある時、いろんな形のブロックをいろんな形の穴が空いている箱の中に入れるおもちゃで遊んでいました。全部のブロックを入れ終わると、「モウイッカイ!」と自分の意思を言葉にして、お話しをしていました。
 この前は、絵本を読みながら、「ドンナイロガスキ? キイロ〜  キイロノイロガスキ〜♫」と上手に歌っていました。
 今、この女の子はどんどん言葉を耳から吸収して、それを何気ないおしゃべりの中で、言葉を楽しんでいる時なんだと思うのです。ちいさい時から、おしゃべりを楽しんだ子どもは”言葉の力”をたくさん持っていることが多いです。聞く力、話す力など色々な力がある中で、特に大事な力は言葉の語彙力がある子です。言葉の語彙力がある子は、言葉の本当の意味がちゃんとわかってる子です。難しい言葉を知っているのではなく、物事をわかりやすく相手に伝えられる子が語彙力がある子だと思います。
 大人の言葉をわかりやすく言い換えて伝える事や、子どもの話す言葉を上手く拾えるかどうかで、子どもとの会話がすごく楽しくなりますよ。私たち大人は子どものおしゃべりをたくさん聞いて、一緒におしゃべりを楽しみたいと思います。

 

宮川 盾夫

2017 年 9 月 16 日 土曜日

 8月が終わり少しずつ秋に近づいて来ています。先日終了した夏のプール遊びの様子です。
 Aくんは水遊びが大好きでプールに入るのを楽しみにしていました。プールに入ってからは手に取れる玩具に手をのばしピチャピチャ遊んでいました。Aくんの側でBくんはジョウロにお水を入れて水を流すのを楽しんでいました。AくんがBくんのジョウロのお水に手をのばしましたBくんはジョウロが取られると思って「だめ!」と言って背を向けました。私はBくんに「Aくんはお水をかけて欲しいのかもしれないよ。」と声を掛けました。するとBくんはジョウロに水を入れ直しAくんの側でジョウロのお水を流してくれました。Aくんはとっても嬉しそうにお水に手をのばしました。Aくんの様子にBくんも嬉しそうに手にお水をかけてくれました。それからBくんは自分の手ものばしAくんと一緒にお水の感覚を2人で何回も楽しんでいました。まるで魔法の水ですね。
 子どもたちは目や耳、皮膚感覚など「五感」を通して自然物と接していく中で様々な物事に対する認識を深めていきます。「水」と触れ合って遊び、特にこの季節は「気持ち良さ」を感じます。AくんとBくんは月齢も違く、普段はあまり関わりのない2人が一緒に魔法の水に触れ、お水の気持ち良さを楽しむ事で関わりを持つことが出来ました。
 これからも子どもたち同士で一緒に関わりを持てるような声かけをしていきたいです。そして色々な物や素材を通して「五感」を磨ける様な活動をしたいと思いました。

斉藤 操

2017 年 9 月 9 日 土曜日

 春、暖かくなってりす組の子どもたちが夢中になった物があります。それは、蟻です!!蟻が出てくると興味津々。最初はじーっと観察していました。しばらく観察した後今度は捕まえることを始めました。
 木月保育園では「虫カップ」という虫を入れるゼリーカップを用意しています。そのカップにたくさん蟻を入れることを楽しんでいました。きっとすぐ捕まえられるのでは楽しくありません。逃げ足が速い蟻を捕まえたときの達成感がまた楽しいのでしょう。
 その次のブームは団子虫です。団子虫、子どもたち大好きです。その魅力は触ると丸まるところと、なかなか見つからないところだと思います!探すことを繰り返していると、団子虫探し名人が出てきます。りす組ではAくんが団子虫名人です。Aくんに聞けば団子虫の居場所を教えてくれるし、捕まえてくれます。みんなに頼られてAくんは誇らしげでした。
 虫ブームな時期にもCくんは蟻が嫌いで蟻を見ると大泣きして逃げていました。でも、気にはなるようで遠くから見ていました。毎日外に出ると少しずつ見慣れていき、触れるようになりたした。
 そして夏、りす組で始めて生き物を飼うことになりました。それはカブトムシです!春に蟻や団子虫に夢中になっていたりす組の子どもたちです。カブトムシにももちろん興味津々です。部屋に虫の絵本をたくさん置いていたので、その絵本を持ってきて「これだよね??」と興奮気味な様子でした。虫かごの外から観察するだけでは満足しない子どもたち。「出してー触りたいー」と言うので、毎日出しています。虫嫌いだったCくんは自信満々でカブトムシを掴めるようになりました!
 そんなある日、カブトムシが1匹死んでしまいました。その話を子どもたちにすると、子どもたちは神妙な表情で話を聞いていました。「どうして死んじゃったと思う?」と聞くと色々な答えが返ってきました。「ケンカしちゃった」「お腹がすいていた」「角がとれちゃった」それからというものの、子どもたちは毎朝餌のゼリーが足りているか?気にかけるようになってくれました。ゼリーがないと入れ替えてくれます。触る時にも優しく触ってくれるようになりました。
 生き物に触れることで、子どもたちの成長がたくさん見られました。生き物に触れることで、子どもたちの外遊びがより一層楽しくなりました。また、集中して見たり捕まえたりすることで遊びこむ集中力もつきました。Aくん、Cくんのように虫を捕まえられると自信もついてします。それだけではなく、生き物を飼うことで命の尊さや思いやりが育まれました。
 私は虫がそこまで好きではありませんでしたが、子どもたちが虫に夢中になる姿を見ていたら楽しくなってしまいました。これからも生き物を飼うことを子どもたちと一緒に楽しんでいきたいと思います。

 

鷲巣美穂

2017 年 9 月 2 日 土曜日

 日々色々なことに挑戦している子どもたち。興味を持つと何回も繰り返し行い飽きるまで何度も何度も好きなことを楽しむ子どもたちはとても幸せそうです。
 ホールでは運動遊びが大人気だったため、あまり見られませんでしたが、最近になり再びブームがやってきたのが「こま」。園長先生の前で、一人で上手に3回、回すことが出来たら自分のコマをプレゼントしてもらえるんです。このスペシャルなコマをもらうために子どもたちは何度も何度も練習をしているのです。今コマを貰った子どもたちも以前は「ひもやってー」「一緒に回してー」など職員にお願いをしながら練習を重ねて、今では上手に回せるようになっています。
 そして今回のコマブームにはとっても素敵な関係が多くみられています。うさぎ組の子どもたちはお兄さん・お姉さんの真似をしながらコマを回そうとするのですがまだまだ時間がかかります。そのような時、回せる子が一緒になってひもを巻いたり、自分のコマを貸してあげながらコマの練習をしているのです。
 人に教えるということは、ただ「優しい」という言葉でなく、相手の事を考えてどうしたら相手は回すことが出来るのかを工夫しなくてはいけません。自分でコマを回すことよりもずっと難しいことなのです。そして、教えてもらった子も少しずつ回せるようになっていき自信にもつながります。
 こうして幼児組という異年齢保育の中で、伝承されていく姿を見ることができ、とてもうれしく思いました。もちろんコマだけでなく、運動面においても鉄棒や縄跳びなど、お友達の頑張る姿を見ることで、自分以外の誰かが先生・お手本となり、新しいことを挑戦する気持ちの手助けになっていると思います。そして少しずつ近づいてきている運動会への意欲にも繋がっていると感じました。

 

蛭崎 晶弘