小さなもみじの物語

2017 年 8 月 26 日 土曜日

 8月に入り、夏本番の暑い日々が続いていますね。保育園では、水遊びなど夏ならではの遊びを通し、季節を感じられるような活動をしています。また、曇りでプールに入れない日などは室内アスレチックや巧技台を使うなど、室内で体を動かして遊んでいます。室内で過ごしていると、園庭で遊んでいる幼児組のお兄さんお姉さんが、虫かごに入っている蝉などを見せに来てくれたりと、夏という季節を満喫しています。
 保育園に入り4ヶ月がたったひよこ組の子どもたち、今ではすっかり生活の流れを覚えてきて、毎日楽しそうに過ごす姿が見られるようになってきました。その中でも人気の時間は、活動と活動の間の絵本の時間です。手遊びをして子ども達の興味をひいてから、『♪おはなしおはなしパチパチパチパチ~うれしいおはなし、たのしいおはなし、し、し、し、し、しずかにききましょう♪』と、始まりの歌を歌ってから、絵本を読み始めています。今では絵本の時間を『楽しい』と感じて集まり、座って話を聞こうとすることも素晴らしい成長の一つです。
 今までは手遊びなどが始まっても、座ってこちらの様子をただジーっと見ていたAちゃんは、歌が始まると笑うようになり、体を揺らしてリズムをとるようにもなりました。最近では手の動きの真似をしようとするようになったり、歌の語尾だけ一緒に歌ったりなど、上手に真似をして遊ぶ姿が見られるようになってきました。
 真似をするということで、どんどん楽しいことを覚え体験し、その体験が遊びを発展させていくようになります。子どもが好きな歌を一緒に歌ったり『する以外にも、食事面では大人と一緒に食べることで、食具に興味を持つようになり、真似をして握ったり、今までは大人に口に入れてもらっていた子も、他のお友だちが自分で摘まんで食べている様子を見て、自分から積極的に食べるようにもなります。大人やお友達がやっていることを子ども達はよく見ていて、どんどん吸収をしています。まず大人が見本となり、子ども達が真似をしたくなるような遊びや生活習慣などを見せ、「真似っこしたい!」という気持ちを持ってもらえるようにしていけるように、保育園の生活でも日々工夫しながら手遊びや歌などをどんどん取り入れていきたいと思います!』
 暑さに負けずに、夏を乗り切りましょう!

 

鈴木 翠

2017 年 8 月 19 日 土曜日

 本格的に夏の暑さを感じる日が多くなってきました。シャワーやプール遊びなど夏ならではの遊びを楽しんでいる一方で、プールに入れない子や午後の自由遊びの時間に室内遊びも充実しています。
 そんなある日の室内遊びでの出来事です。三人の子どもがトレーにお椀やコップをのせて、その中に食べ物を入れておままごとを楽しんでいました。するとAちゃんが持っていたコップをB君が取ってしまいました。Aちゃんは「Aちゃんの~Aちゃんが使ってるの~」と言うとB君はそのまま使っていました。そこで職員が「B君使いたいのはわかるけど、今Aちゃんが使っていたよ~どうぞしてあげよう」と言うとB君はコップを返してあげました。取り合いも一段落したので、職員はそのまま子ども達の輪に入り一緒に遊びました。その後職員が給食の時に歌っている歌を歌い始めると子ども達も歌い始めました。歌い終えて“いただきます”をして食べ始めると、それを見ていたお友達が二人「い~れ~て」と来たので「い~い~よ」と言って一緒に食べ始めました。Cちゃんは人形を抱っこしてご飯をあげていたり、Dちゃんは「よく食べたね~スイカ食べよう」と職員の真似をしていました。最後にはみんなで「美味しかったね~ごちそうさま~」と言っておままごと遊びが終わりました。
 今までは“見立て遊び”をしていたあひる組さん。最近では“見立て遊び”から“ごっこ遊び”をする子ども達が増え、遊びが発展しています。“見立て遊び”とは普段一緒に過ごす大人が行っていることを真似しはじめます。挨拶やお茶を飲むふりなど、日常のちょっとした行動をよく見て真似をするのが特徴で、物を何かに見立てて遊ぶ様になってきます。例えば箱を車や電車に見立てたり、保育園でいうとチェーンリングをご飯に見立てておままごとをしていました。“ごっこ遊び”とはお人形などの小道具を上手に使いながら、設定をたてて遊びます。普段一緒に過ごす大人だけでなく、お友達と一緒に遊ぶ様になってきます。小さな集団の中で遊ぶようになり、友達同士で同じようなイメージを持てるようになったことを意味します。役割を演じるごっこ遊びの中で、子どもは言葉でのやり取りにより、言語力・表現力が成長し社会性も身につけていきます。社会性とは、子ども達の自己主張と自己抑制の成長の上にあり、自分の気持ちを伝えるだけではなく、相手の気持ちを意識して少しずつ我慢を覚えていきます。
 今後も子ども達の遊びが発展し、楽しめる様に様々な遊びを子ども達と一緒に楽しみつつ、成長を見守っていきたいと思います。その様子が保護者の方々にも伝わるようにキッズリーなどを通してお伝え出来ればと思っています。

 

藤内 駿

2017 年 8 月 12 日 土曜日

 年度のはじめ、クラスの担任で話し合い、野菜が苦手な子が多くいるため、もっと野菜に興味を持って親しみを持ってもらいたいと思い、りす組ではトマトを植え育てています。それを機に当番活動に水やりが入り、りす組の子どもたちは園庭の畑の様子に常に関心を示し、気にしていました。
 りす組の子たちはよく「トマトが赤くなってきてる~」と気が付いて教えてくれます。その都度、はさみを持ってきて子どもたちと一緒に野菜を収穫し、複雑な枝の間からはさみを入れ、傷つけず地面に落とさないように上手に切らせています。子どもたちはキラキラ好奇心に満ちた瞳で野菜を探し、集中して上手に切ります。手に乗っかる野菜の重みを感じ、自分が収穫した野菜を他の子どもたちや、先生に見せて喜びを一緒に分かち合っています。
 野菜を収穫するようになってから、モリモリ…とまではいかないまでも野菜を少しずつ食べるようになってきました。子どもたちが収穫して貯めておいた野菜が給食のメニューの中に取り入れて出てきた時なども、今までは手を付けずにモジモジしながら結局眠くなってウトウトしてしまうということがあったのですが、「見てみて!ピカピカなったよ~!」といって綺麗になった器を見せてくれる機会が増えてきました。保育園でとれた野菜以外にも挑戦する様にもなってきていて、先日も食わず嫌いでインゲンを食べずウトウトしかけていたAくんに、保育士が「このお野菜の味まだわからないでしょ?食べてみたらおいしいかもしれないよ?」というお話をすると「…うん」と言って今まで頑なに開けなかった口を開けてくれて一口だけ食べてくれました。その後はすぐにごちそうさまをしていたのですが、一口でも食べられたということが嬉しかったのか、Aくんは少し得意そうな顔をしていました。
 木月保育園ではこうした野菜作りを通して命の尊さや食べ物の大切さを含めた食育をしています。
 りす組ではまだ食べ物の大切さなどの話をしたとしても、何のことかもわからないかもしれません。野菜を育てる経験が、命の大切さ・食への感謝に直接つながらないかもしれません。それでもAくんやりす組のお友だちが経験したことや、これまでの過程をみて、子どもたちの野菜や食事への興味を引き出すことは出来ていると私は実感しています。これは食育の確かな一歩目を踏み出していて、食べ物への感謝、大切さを噛みしめるきっかけになったのではないかと思いました。その一歩を少しずつ積み重ねていき、食べ物への感謝や 命の尊さを知っていってほしいと思います。
 そして、食育を通して子どもたちには丈夫な体、食を通して豊かな心が育っていってほしいと願っています。

 

一柳 翔平 

2017 年 8 月 5 日 土曜日

 先日、園庭で育てているお野菜を使って夏の調理会をしました。これは、木月保育園が行っている、食育のひとつです。メニューは、みんなが大好きな「ピザ」。3歳児のうさぎ組は、ピザ生地作り。4歳児のきりん組は、プラスティック包丁を使って、しいたけとなすを切ります。5歳児のぞう組は、本物の包丁を使って、ミニトマトとピーマンを切ります。子どもたちに、事前に調理会の話をしてから、手順が書いてあるポスターを見ては、この日をとても楽しみにしてきました。お家で練習してきた子もいるほどでした。image1
 さっそく始まった調理会では、各クラスごとに保育士がつき、クッキングスタート。生地作り担当のうさぎ組さんは、最初は粘土遊びのように楽しんでいましたが、力のいる作業に悪戦苦闘。お隣のきりん組さんを覗いてみると、子どもたちが切りやすいようにある程度栄養士さんがカットしてくれた、「しいたけ」「なす」を1人ずつ丁寧に切っています。少し緊張気味の様子。そのまたお隣の「ピーマン」「ミニトマト」を切っているぞう組さんを覗いてみると、こちらは「ミニトマト」に苦戦中。みんなとっても真剣な様子です。
 そうこうしているうちに、生地が完成。うさぎ組さんがトマトケチャップを塗って、きりん組さんとぞう組さんにバトンタッチ。今度は切った野菜をそれぞれ丁寧にのせていきます。トッピングに、ツナやコーン、チーズの代わりに細かく切ったお餅とマヨネーズをのせて完成!!オーブンで焼いてもらって、いよいよおやつの時間。焼きあがったピザに大興奮!!image2
 いつもは「ちょっと(少しの量)」を選ぶ子も、「普通」を選んでいます。それぞれもらった子から食べ始めると、「おいしい~!!」「おかわり!」の声が沢山聞こえてきます。子どもたちが喜ぶ姿をみていると、あれあれ・・・? 張り切って大きなピザを持っていったRちゃん。困った様子。「どうしたの?」と声を掛けると、「た、た、食べれない~!!!!」と半泣き状態。保育士「何が嫌だったの?」R「ト、ト、トマト~~~~!!!」保育士「Rちゃん、ピザ美味しそうにみえた?」R「うん」Rちゃんはもともと野菜が苦手。ピザの上にはたっぷりの夏野菜。
 いつものRちゃんだったら、絶対に「ちょっと」を選ぶはずなのに、その日は違っていました。自分で作ったピザ。張り切って大きなピザを選んでしまったのです。保育士「一口だけは食べよっか?」R「う、うん・・・」Rちゃん、最後は頑張って一口食べてくれました。
 食育とは具体的には、食生活の習慣やマナーを正しく身に付けること、健康的な食事について考えること、農業や水産業などと食についての関わりを知ること、古くからの食文化について知ることなどが挙げられます。なかでも、幼児期には、食べることに興味を持つことや、家族や友だちとの関わりを大切にしながら食事を楽しむことが大切です。
 トマトが苦手なRちゃんが、トマトがのっているにも関わらず、大きなピザを選んでくれたこと、それだけで、「ピザ作り」は大成功です!!!すこしずつ、すこしずつ、苦手なものとの距離が縮まるように、これからも楽しい食育を考えていきたいと思います。

image3 

 

眞弓 知子