小さなもみじの物語

2017 年 6 月 24 日 土曜日

 新年度になって、早くも2ヶ月が経ちました。ひよこ組の子どもたちは、それぞれのペースで少しずつ保育園生活に慣れ、落ち着いて生活できるようになってきています。そんな生活の中で、保育者と関係を築き、関わり遊びを楽しむようになってきた子もいます。
 おやつを終えた後、ひよこ組の部屋で過ごしている時の出来事です。私がAちゃんと遊んでいると、B君がニコニコしながらハイハイで、私の方へ向かってきました。B君は丁度仕切りのある場所から、顔をのぞかせてきたので、私は仕切りで顔を隠しては覗かせるという遊びをして見せました。すると、B君も私と同じことをしてとても楽しそうに笑いました。その後一度Aちゃんのところへ戻って遊んでいると、またB君がニコニコしながら、今度は歩いて私の方へ向かってきました。そして、仕切りのところでしゃがんで、そっと顔を覗かせ、また顔を隠しました。私は今度は見つからないようにハイハイをしてB君のところに向かいました。そして、サッと顔を覗かせて「見つけたぞー!」とB君を捕まえようとしました。B君は、楽しそうに私の方を見ながら逃げて行きました。私はAちゃんのところに戻った方がいいと思い、B君を途中まで追いかけてAちゃんのところに戻りました。すると、よほど楽しかったのか、もう一度B君がやってきました。私は2度目よりも素早くB君のところに行き、「つかまえたー!」と言ってB君を抱き上げ、横抱きをしてその場で2周ほどグルグル回ってみました。B君はとても楽しそうに、ニコニコと笑って関わり遊びを楽しんでいました。私は、B君と関係を築くことができ、保護者から離れている寂しさを埋めるためではなく、B君が私と関わりたいと思って近くに来てくれたことをとても嬉しく感じました。また、B君が自分から他者と関わりたい、と思って行動するようになったという姿に、成長を感じた瞬間でした。
 ひよこ組の子どもたちはこの2ヶ月、初めての様々な環境や玩具、保育者との出会いを経てきました。その中で興味関心のある玩具で一人遊びを楽しみ、次第に他者と関わって遊ぶことの楽しさを感じるようになってきています。もちろん個人差もありますが、笑いかけると笑って保育者のところまできて、遊びや抱っこを求めてくる子もいます。これは、子どもたちと保育者が次第に信頼関係を築けてきているからこそではないかと感じています。また、このような保育者や大人との関わりから他者に興味を持つようになり、それが他児との関わりへと繋がっていくのです。
 子どもたちは他者と関わることで共感することの楽しさを感じ、人と関わることの喜びを感じるようになります。共感し合う喜びを感じ、他者と関わることの素晴らしさを伝えていけるように、より信頼関係を深め様々な関わり遊びを伝えていきたいです。

 

落合みお

2017 年 6 月 17 日 土曜日

  あひる組さんはみんなお友だちが大好き。お友だちが朝登園してくると、「おはよ~」と挨拶したり、ぎゅ~っと抱き合ったり、毎朝お友だちに会えた嬉しさをアピールしてくれます。1~2歳ごろは、まだお友だちと一緒に遊んだりすることは難しいですが、おもちゃや遊具を通してお友だちと関わっています。叩かれたり、ケンカなどを通して子どもは他人との関わりやコツを学んでいます。あひる組の子どもたちは日々、お友だちと刺激しあって成長していっています。
  ある日の午後のことです。新しい環境に慣れず、ずっと泣いていたA君。A君はまだ歩けないのでハイハイをしています。そんなA君に興味を持ったのか、B君が近づいてきました。B君はA君をじーっと見つめます。A君も見つめられていることに気づいたのか、泣くことをやめてB君をじーっと見つめ返しました。少しの時間見つめあったあと、B君はA君の真似をして、ハイハイを始めました。その様子を見ていたA君もハイハイをしてB君を追いかけます。B君は後ろを向いてA君が追いかけてくれたことに喜び「きゃー!」と声を出しながら笑顔で部屋中を動き回っていました。B君も泣いていたことが嘘のように、とっても素敵な笑顔で追いかけっこを楽しんでいました。
  まねっこは、好きな人、信頼している人のまねをすることから始まり、手を洗う、簡単な片付けを手伝うなど、生活とも結び付いて身につくきっかけとなるものです。まねっこをする・されるは、やがて大人から子どもへと広がっていき、お互いが顔を見合わせて笑いあう光景が見られるようになります。保育園では、手遊びやわらべ歌をたくさん取り入れています。子どもたちがたくさんまねっこをができる環境を大切にし、お友だちや先生とまねっこをする楽しさ、想像力を育んでいきたいなと思っています。
  子どもたちが、まねっこ遊びから、お友だちと楽しく遊べるように、楽しみを人と共有する経験を大切にしていきたいです。

 

佐藤 真衣

2017 年 6 月 10 日 土曜日

  暑い日がだんだんと多くなり、子どもたちは汗をかきながらも、夢中になって色々な遊びを楽しんでいます。
  今月からりす組ではお当番活動が始まりました。朝にお当番バッチをつけそこからお当番活動スタート。おやつの前などテーブルを拭き→先生と一緒に給食室へ行き今日のデザートを聞く→朝の会でみんなの前に立って号令をかけて→歌を歌って→お友達にデザートをお知らせ、、、、などなどたくさんのお仕事があります。1日2人の子どもがその日のお当番。子どもたちにとって特別な日です。朝1番にお当番バッチをつけると、なんともいえないにんまりとした満足げな笑顔。バッチを先生やお友達さらにお友達のお母さん達に見せ「今日は私がお当番なの!」と知らせています。
  お当番さんエピソードを2つお話ししたいと思います。マイペースなAちゃんはいつもゆっくりとお昼寝をして起こすと泣いてしいます。ですが初めてのお当番の日「お当番さんおやつをとりに行くよ~!」と一言声をかけるとAちゃんは自分でスクッと起きてお着替えをして自分で手を洗ってくれました。「Aちゃんすごーーーい!」と言うとAちゃんはうんうんと嬉しそうに頷いて、お当番さんのお仕事をしてくれました。
 いつもはまだまだ遊びたくて「お片付けだよー!」と声をかけても「まだ遊ぶっ!」とうまく切り替えができなく、嫌々お片付けをするBくん。しかしお当番のその日、おやつをとりに行くというお仕事を自分でしっかりと覚えていたのか、「そろそろお片付けの時間だよ~」と声をかけると「お当番さんだっ!」としっかりと切り替えてお片付けをしてくれました。さらに周りのお友達にも「お片付けの時間だよ!」と伝えて一緒にお片付けをしてくれるのです。
 お当番効果は本当にすごいです。1日に2人のお当番さんなのでお当番じゃないお友達は「わたしもやりたいっ!!」と悔しくて泣いてしまう子もいるほど子どもたちにとってお当番は特別なんですね。
  2歳児は、自立を育む大切な時期と言われています。自分の思うように体が動くようになったため、何でも自分ですることが嬉しくて楽しくて仕方がありません。初めての当番活動を通じて、自分でやりたいという意欲を大切にしっかりと受け止めながら、お兄さんお姉さんなんだという気持ちや、お当番のお仕事をやるという責任感、今日1日頑張ったんだという達成感から子ども達の自信がつきます。そして、様々な事にチャレンジしてくれる様になっていくのだなと日々感じています。

  これからも、お当番活動を通して子どもたちと一緒に色々なことに挑戦し様々な経験をさせたいと思っています。

 

田山 碧

2017 年 6 月 3 日 土曜日

 保育園での生活は集団生活の場であるので、日々友だちと楽しそうに遊ぶ姿が見られています。しかし、毎日仲良し!いつでも一緒!といったことばかりではありません。気の合う仲間だからこそ自分をわかって貰いたくて自己主張をしたり、、意見のぶつけ合いをすることも多く見られ、時には『もう一緒に遊ばない!』とケンカをしていることもあります。しかしそこでは終わらず、すぐに『本当にそれでいいの?』『ケンカしたままじゃ嫌だから話をしよう』と解決しようとする姿を見ると、本当は相手のことが好きなんだな~と見ていて心がほっこりしますね。
 今回のブログはそんな人間関係についてのエピソードを載せたいと思います。
 幼児組は3歳4歳5歳の縦割り保育となっているので毎日69人の子どもたちが生活しています。もちろん遊びの中でケンカになってしまうこともありますが、自分の気持ちを言葉で表現したり、相手の気持ちを聞くなど、お互いが嫌いになるマイナスのケンカではなく、人との関わり方を知る大切な機会なので、園では職員が近くで話を聞き、必要に応じて関わり方を知らせるようにしています。
 ある日、一人の子どもが怪我をして登園してきました。いつも一緒に遊んでいる友だちは心配なのか、側について『大丈夫?』と声をかけていました。お昼の時間のことです。木月保育園では昼食の時、幼児組ではバイキング形式で、自分で給食を取りにいきます。どうするんだろう?と見ていると、『持ってってあげるよ』と声をかけ、自分の給食を席に置き、その友だちの給食も運んであげました。
 これは、仲良しだから、というわけではありません。じつはこの二人。前日に激しいケンカをしていたのです。しかし、仲のいい友だちのピンチに、出来ることはないかと、助けようとする姿が見られました。ケンカするほど仲がいいとはいいますが、このように相手を思いやる心は人と人との関わりの中で育っていきます。遊びを通して、ケンカをしながら互いを知っていくことで関係を作っていったからこそ思いやりの気持ちが生まれ、優しくしてあげた子は思いやりの気持ちが育ち、優しくされた子は、相手の優しさに触れ、いつか誰かにその優しさを返していくと思います。
 保育園ではたくさんの友だちがいて、楽しく遊んだり、時にはケンカをしたり、様々な経験をして人と人との関わりを学んでいきます。自分の気持ちを言葉で伝えたり、友だちのことを理解しようとすることで友だちとの関係を深め、思いやりの気持ちにも繋がっていきます。楽しい遊びの時間は勿論、ケンカをした時にも相手の気持ちを考えられるように関わっていきたいと思います。

 

鈴木辰徳