小さなもみじの物語

2016 年 6 月 25 日 土曜日

 お出掛けが大好きな子どもたち。「今日はお散歩に行くよ~」という保育士の声掛けに、ニンマリと嬉しそうな子どもたち。私はフリーで色んなクラスの様々な年の子どもたちを見ていますが、どの子もお出掛けは好きなんですね。近くの公園だったり、少し遠くの大きい公園だったり、色んなところに歩いて行きます。園の中で過ごす時でも、園庭で遊ぶ時間は楽しいひと時。思いっきり走り周り、体全部を動かしています。
 ある時、すってんころりんと転ぶ子が。なんにもない平らなところで転ぶ1歳児のAちゃん。近寄ってみると、靴が脱げていました。靴を履き再び歩き出すAちゃん。
 でも、Aちゃんの様子を見ていると、なんか変だなぁ・・・と。歩き方が悪い訳ではないようです。あっ、そうか。靴が大きいのか。Aちゃんの靴のサイズが1.5cmくらい大きかったのです。
 またある時、お散歩の最中の幼児組のB君。みんなで歩いていると、突然、立ち止まりました。どうしたのかなぁーと見てみると靴が脱げていました。すぐにスポッと足を靴の中に入れたかと思うと、また、しばらくすると脱げていました。これまた大きめの靴でした。すぐに履ける靴はすぐに脱げてしまうのですよね。
 ”子どもはすぐ大きくなるから、大きめのものを用意しよう”どうしても、この時期の子どもの成長が早く、あっという間に洋服も着れなくなってしまうことがよくありますよね。しかし、それは今のその子にとっては、とても辛い時があります。歩きやすい靴を履いていたら、きっとこの子はこんなに転ばず歩きづらい思いをすることはないと思います。
 この時期の子どもにとって、その子に合った靴を用意するのはとても大切なことです。乳児期は、頭が体のバランスの中で大きく、重いのです。そして、体に比べて、足が小さいのです。すなわち、頭が重く、足が小さいので転びやすいということです。体がアンバランスな時期に、もともとヨチヨチと歩きづらいのに、靴のサイズが合わずに歩きづらいのでは、本当に歩くことが大変になってしまいます。幼児期では、足の形を作っていく大切な時期です。
 つま先でしっかり踏ん張り走ること、足の裏全部を使って、ブレーキをかけること、すごく大事なことです。そんな時に、靴の中で足が動いてしまったり、ズレてしまうことがあったりしたら、思い通りに体を動かせません。
 足の成長はすごく大切です。年をとってからも、足腰がしっかりして、歩ける人は、元気に長生きしているものです。育ち盛りで遊びの中でいっぱい歩いて、走っている今の時期、その子に合ったサイズのものを用意してあげたいものだなと思います。

宮川 盾夫

2016 年 6 月 18 日 土曜日

 ある日、あひるぐみのお部屋にひよこぐみのお友だちが数名遊びにきてくれた時のことです。あひるぐみのAちゃんは、人形のお世話をする事が大好きで毎日抱っこやおんぶ、ベッドにトントンと寝かせて遊んでいます。いつも通り人形のお世話をしている所へ、ひよこぐみのBくんがハイハイをしながら近づき、Aちゃんの使っていた人形をとってしまいました。普段のAちゃんは「ギャー」と怒ってしまう事が多いですが、今回は相手は年下のお友だち。どうするかな?と思い見ていると、一瞬悲しそうな顔も見られましたが、すぐに新しいぬいぐるみをとりに行き、Bくんへ「どうぞ」と渡していました。普段から「かして」「どうぞ」とやり取りを保育士と行っている成果なのか、私はその姿を見てとても嬉しく思いました。
 午前中や夕方の活動時間に、ひよこぐみ、あひるぐみのお友だちとの関わりを無理のない程度にもうけています。その中で“自分より小さいお友だち”という事を少しずつ認識してきているようです。
 異年齢児との関わりをすることで、子どもたちは、お互いから学びます。年下の子どもは、年上の子どもの遊びを見て学び、憧れを抱き、年上の子どもは、年下の子どもに世話をし、教えることによって、自信をもち、思いやりの心を育てます。子どもたちは、これらを通して社会性や協調性を自ら学びます。
 あひるぐみの子どもたちが、異年齢保育を通して、どのようなお兄さん、お姉さんへと成長をしていくか今から楽しみです♫

百々 麻美

2016 年 6 月 11 日 土曜日

 季節は春から夏に変わりつつあり、りす組の子ども達は汗をかきながらも楽しく園庭を駆け回ったり、お散歩を楽しんだりしています。
 そんな毎日遊んでいる園庭での出来事です。Aくんは「見て!見て!お花!」と私の手を引いて園庭の片隅に咲いている花のそばまで連れてきてくれました。「うわぁ!とってもキレイだね」と言っていると、Aくんはその花を摘もうと手を伸ばしました。すると、すぐそばにいたBちゃんが「だめだよ。お花だって痛い痛いだよ」と言って止め、AくんはBちゃんの発言に納得し、花を摘むことをやめました。私はBちゃんの発言に驚き、またAくんがBちゃんの発言に納得して手を止めたことにも驚きました。植物も痛みを感じるひとつの命である。二人共そんな優しい気持ちを持っているということを知りとても嬉しく思い、「そうだね。お花だって痛い痛いって思うよね」と言って思わず抱き締めました。もちろん花を摘むことは悪いことではありません。部屋に飾ったり、誰かにプレゼントしたり、それもとても素敵なことです。でも、植物も痛みを感じるのかもしれないという考えもとても素敵なことです。
「手のひらを太陽に」という歌をご存じでしょうか?子ども達が大好きなアンパンマンの作者であるやなせたかしさんがこんな歌詞をつけています。『ミミズだって オケラだって あめんぼだって みんな みんな生きているんだ 友達なんだ』(1番)
 私たち保育士がこれから子ども達に教えなければいけない大事なことのひとつがこの「命の尊さ」です。植物も、動物も、人間もみんな命があって、生きていて、痛みを感じる。そう思えば、誰にでも優しく接することができ、お友達とも上手く付き合っていけます。命について教えたり考えたりことは、少しりす組さんには早いようにも感じるかもしれませんが、Aくん、Bちゃんはすでに花の気持ちがわかっています。少しずつ子ども達が上手く飲み込めるように「命の尊さ」を教えていければ良いなと思います。

 

田所未帆

2016 年 6 月 4 日 土曜日

  4月より、今年も幼児が乳児クラスへ行き、ちびっこ先生となるお手伝い保育がはじまっています。行きたい子が話し合いをして決めたり、あみだクジをして決めたりと工夫をし決めていますが、行けると決まった子は意欲を高めて各クラスに向かい、泣いている子に声をかけたり助けてあげる姿が見られています。今回の話は今から約3か月前の子どもの一言から始まります。
『ぞう組(年長)さんがいなくなると小さい子のお手伝いが大変だな~』これは今の年長の子が年中の時に言った言葉でした。何故こんな発言があったかと言うと、毎年2月になるとぞう組(年長)は移行のため下の部屋に移動し、幼児組の部屋はきりん組(年中)が一番大きいお兄さんになるのです。この発言は『年長さんがいたら色々やってくれるのに、いなくなったら自分たちがやらなくてはいけない』といった内容ですが、年長さんが今まで小さい子や自分たちをいつも助けてくれたことをしっかりと理解していなければ出てこない言葉なのです。
 いつも助けてくれた年長さんがいなくなってしまう不安を感じながらも、自分たちがしっかりしなければいけないという、子どもの心に責任感や覚悟が見られた瞬間でした。
 そんな年中さんが年長のぞう組になり、今の様子はというと・・・乳児クラスにお手伝い保育をしに行き、トイレについていってあげたり、遊んであげたりと意欲的に小さい子のお手伝いをしています。小さい子も年の近いお兄さんお姉さんがいることで安心し、落ち着いて遊ぶ姿も見られるようになりました。
 しかし、お手伝い保育はぞう組(年長)、きりん組(年中)、うさぎ組(年少)の3クラスの子が行けることと、各クラス多くて3人しか行ないのです。お手伝い保育に行けない子や、自分の遊びがしたい子はというと・・・自分の遊びを楽しんでいます!しかし、お手伝い保育に行かないからといっても遊んでいるだけで何もしていないわけではありません。園庭で転んで泣いてる子がいると鬼ごっこを楽しんでいたグループみんなで遊びを中断し、泣いている子と手を繋いで保育士の所に連れていってあげたり、泣いている子がいると話を聞いてあげたり、時にはケンカの仲裁をしています。日々の中でお手伝い保育をしっかりとしてくれているんです。
 異年齢で生活をすることで、年上の子への憧れを持ち、自分がしてもらったことを年下の子へやってあげようとすることで、責任感や他者への思いやりの気持ちが育っていきます。
 今までの年長から、代々続いてきたお手伝いの気持ちから生まれる責任感や他者を思いやる優しさが今後も続いて行くよう子どもたちの近くで手助けして行きたいと思います。

鈴木辰徳