小さなもみじの物語

2014 年 9 月 27 日 土曜日

 乳児クラスに入った時のエピソードです。A君は玩具を袋に入れてお買い物ごっこに夢中。友達に取られたりしてトラブルもチョコチョコあり、そして、大声で叫ぶ姿も見られたのですが・・
 「あれれ、急に静かになったなあ?」と思い、A君に目をやると部屋の片隅で顔を真っ赤にしてうなっていました。排便をしていた瞬間だったんです。友達から離れた所での排便はA君にとって絶好の場所だったのでしょう。出た後でも、しばらくはその場所にいました。
 オムツ交換に誘い、「気持ち悪かったね」と顔を見て話すとニコッと笑みを浮かべ、新しいオムツに替える時も「お尻を拭くね。」「もう少しで終わるよ」と話をし、「いっぽんばしこちょこちょ」の触れ合い遊びをしたら手足をバタバタさせて嬉しい表情を見せてくれました。
 そうなんです。オムツ交換は子どもと1対1になって触れ合う事の出来るチャンスです。・・・布オムツは濡れると気持ち悪い→子どもは泣いて訴える→大人がそれにすぐに応える事が大切です。始めからオムツが濡れたら気持ち悪いという事を感じるのではありません。保育士のオムツ交換の誘いにより濡れたオムツからきれいなオムツになる事を経験して、濡れたオムツは気持ち悪いと感じるようになります。そして1歳児になると、「ちーでたー」と知らせたり、「あっちいくー」と便器やオマルを指差し、保育士の見守りの中、座ったりしています。オムツが濡れた後でも、トイレに行きたがりますが、子どもの気持ちを受け止めるようにしています。2歳児になると、個人差はありますが、保育士の促し又は自分から「おしっこでるー」と言ってトイレに行きます。保育士が、濡れたオムツは気持ち悪いという事を、ずーっと伝え続けていく事で子どもに感覚が芽生えていくのですね。
 私にとってオムツ替えは、一人ひとりに向き合える貴重な時間、子どもの育ちの大切な時間なのです。
 「オムツ替えはコミュニケーションの場」・・小さい時期からオムツが濡れると気持ち悪いと言う事を肌で感じてほしいと思いながら日々の保育を楽しんでいます。

 

福村 千賀子

2014 年 9 月 20 日 土曜日

 最近、子ども達の新しい力を発見しました。
 保育士がいつものように、「Aちゃんお着替えしようか!おいで~」と呼びました。その声を聞いていた、Bちゃんが、パジャマ袋の重なっている山の中から1つパジャマ袋を取り出し歩き始めたのです。何と!そのパジャマ袋はAちゃんのものでした。「すごい!当たり!!そのパジャマ袋Aちゃんのだね~ありがとう!」と、保育士に褒められてニッコリするBちゃんでした。
 その頃から、他の子ども達の行動も観察してみました。みんな自分の持ち物が分かってきて、いつのまにかお友達の持ち物もわかるように成長していたことに気付きました。お友達の持ち物をそのお友達のそばに届けてあげる姿が見られることもあります。
 「お友達の顔と名前の一致」「お友達の物とお友達の一致」が出来るように成長しています。その力は毎日の生活の中で自然に覚えていったのでしょう。お友達にお友達のものを渡すとき、子ども達は必ず保育士の方を見ています。
 保育士に、「当たり!」「スゴイ」「ありがとう」と言われる瞬間を待ち構えているかのようにも見えます。喜びの笑顔のかわいい瞬間です。
 本来1歳後半から2歳頃になると「自分の物」という意識の芽生えが見える頃といわれています。自分の物という表現は、特にママに対してはその意識が強く見られます。ママが他のお友達を抱っこすると嫌がったりヤキモチを焼いて怒ったりするような行動も見られるようになります。その他に、食器や靴、玩具など日常使う物についても「自分の物」と「人の物」の区別がつくようになってきます。自分の物がわかってくると、お友達に「自分の玩具」や「自分の使っているもの」を貸し借りができるようになるのです。反対に自分の物が分からないと人の玩具に手を出してトラブルになってしまいます。
 今回、0歳児クラスの中で見られるようになった自分の物への意識、お友達への意識は、集団生活の中だからこそ芽生えた力だと思います。0歳だから出来ないのではなく,子ども達の一瞬一瞬の育ちを大切にすることが大切です。
 遊びの幅も広がってきています。これからも保育士を仲立ちにしながらお友達と関わりを楽しませていこうと思います。
 次の新しい発見!どんな出来事でしょうか?
         

近野 典子

2014 年 9 月 13 日 土曜日

 暑い夏も終わり、楽しかったプール遊びも終了しました。あひる組の子ども達は、園庭や散歩など戸外遊びを楽しんだり、室内で運動遊びを楽しんだりして身体を動かすことを楽しんでいます。そして保育室では、ブロックや穴落とし,型はめパズル,電車を楽しんで行っています。
 その中で特に私が子ども達の成長を感じている遊びは、ブロックとパズルです。ブロックは、お手伝い保育の幼児組のお兄さんお姉さんの刺激を受けて力作大作を作れるようになりました。作る物にも成長を感じます。しかし!私はその後に成長を感じています!!
 あひる組では使用したブロックは、赤・青・黄・緑の四色に分けたカゴに片付けています。最初は全く色を分けずに片付けていた子ども達ですが、最近は色に分けて片付けたり、間違った色がカゴに入っていると正しい色のカゴに片付けてくれる子どもが増えてきました。最後は、ちゃんと正しい色のついた棚にもしまってくれます。思わず拍手してしまいます。成長と共に、少しずつ「色」の認識が高まってきたのでしょう。
 そして穴落としや型はめパズルは、4月は容器の蓋に同じ形の穴しか空いていない簡単な物を楽しんでいました。でも最近は、簡単な穴落としが出来るようになった子から、蓋と底に3種類ずつの形が空いている穴落としを楽しむようになりました。それも出来るようになった子は、更に複雑な18種類の形が空いている穴落としに挑戦するようになっています。入れ終わると、どの子どもも「ヤッテ」と保育士に持ってきて、中に入っているパズルを出してもらい何度も挑戦しています。中にはパズルが入らなくて困っている友達の横についてクルクル箱を回し、適した穴を教えてくれる子どもや、「チガウチガウ」「ソウソウ」と言葉でアドバイスをしてくれる子どももいます。こちらは、成長と共に「形」の認識が高まってきたのでしょう。
 さて、この「色」と「形」の認識。産まれてきて、まだ二年ほどのあひる組の子ども達ですが、いつ頃から認識を始めるのでしょう?
 まず「色」。産まれたての赤ちゃんは色としての認識はないといわれています。赤ちゃんには、明るいか暗いかだけです。白、黒、赤を好みます。生後2,3ヶ月の頃から、違いを意識し始め、5.6ヵ月位で、ようやく原色の識別をしたり、パステルカラーを認識できるようになるそうです。2歳くらいになれば色の違いなど、視力的には十分判別可能になってきますが、色の名前を認識するのは「脳」だそうです。その為、視覚では赤、青という違いは分かっていても、名前が分からないので赤を見ても「黄色」「青」と言ってしまうことがあるそうです。色の名前を認識するには経験を積んでいくことが大切で、教えこむよりも買い物や散歩など生活の中で沢山の色と出会わせてあげることが良いそうですよ。日本は、同じ「赤」でも茜色紅色など色彩語が豊かな国です。色彩語は経験の言語とも言われています。子ども達には、生活や遊びの経験の中で沢山の色と出会わさせてあげたいですね!
 次に「形」。赤ちゃんが初めて外界のモノを見た時に、まず反応する形は丸だそうです。外界の形には丸もあれば四角や三角もありますし、モノの動きは縦や横、斜めなどさまざまです。そして、それらを認識する脳内のニューロンは異なっていて、最初に発達するのが丸を認知するニューロンだというのです。新生児でも、5ヶ月くらいの赤ちゃんでも、丸は見ている時間が同じくらいだそうです。丸は大好きなお母さんのおっぱいと似ているからでしょうか?アンパンマンなど赤ちゃんの好きな物や玩具なども丸が多いですね。そして、物を見たときに形を認識するときに出る脳波の実験では、6ヶ月では分からなかった四角形などの物の形や深さを、8ヶ月では認識するようになったという報告があります。こうやって、◯△□など基本的な形が分かるようになってくると、複雑な形の違いが分かってくるようになります。先述したパズル遊びをするには穴の形、差し込む形も認識しないと出来ません。平面だけでなく、立体で理解しないと出来ません。遊びを通して経験しながら子ども達は形を理解し、ひいては文字への理解とつながっていくそうです。形を理解する遊びには、パズルの他にも粘土や折り紙、絵本なども良いそうですよ。
 色や形以外でも、教えこまなくても遊びや生活を通した経験の中で自然と学習していく子ども達の力は、本当にすごいな~と改めて感じてしまいます。日々出来ることが増えていくあひる組の子供たちのこれからの成長が、とても楽しみです!
 私も子供たちの成長のちょっとしたきっかけ作りや、お手伝いが出来るよう、頑張っていきたいと思います。

 

中澤 明日香

2014 年 9 月 6 日 土曜日

 毎日暑い日が続きますね。子どもたちは夏の暑さにも負けず、お友だちと汗をかきながら、走り回り元気いっぱいです。
 木月保育園では今年も7月の中旬より水遊びが始まりました。園庭にプールを設置している時から、子どもたちは目を輝かせ、プール遊びをとても楽しみにしていました。今まで「やってー」「できなーい」とあまりやる気のなかったお着替えも、プールが始まると、黙々と一人で頑張る姿も見られてきました。
  プールでは、お友だちとお水をかけあって遊んだり、わに泳ぎをしたり、顔をお水につけ遊ぶ子どもなど、みんなそれぞれ好きな遊びを楽しんでいました。そんな中、Aちゃんはプールが苦手で、お水がとんでくると怒って泣いてしまったり、小さいプールで遊んでいました。ある日Aちゃんが自ら「Aちゃんも大きいプール入りたい!!」と言い一緒に入りました。始めは表情も強ばっていましたが、その様子を見ていたBくんが近寄り、Aちゃんにむかって「えらいね!泣かないで大きいプールに入ってえらーい!」とたくさん褒めてくれました。Aちゃんも褒められて嬉しかったようで、そのあとは二人で手をつないでプールの中をお散歩したり、お水をかけあったり、仲良くプール遊びを楽しんでいました。プールからあがってもAちゃんは「プール楽しかったー!」「また明日も入りたいなー!」と苦手だったプールが克服でき、とても嬉しそうでした。二人の関わりを見ていて私自身もとても嬉しく、また成長をみる事のできた一場面でした。
 2歳になるとお友だちと一緒に遊ぶ中で、思いやりの気持ちが芽生えてきます。思いやりとは、相手の気持ちになって考えたり、相手の気持ちに共感することを通して、他者の痛みを理解した上で、相手の為に何かしてあげようと思う気持ちです。「お友だちに優しくしてね」「仲良くしようね」などと言葉だけで伝えても育つものではなく、温かな人間関係の中で優しくされた経験がもとになって自然と育っていくものです。
 このような人間関係が築ける環境をこれからもつくっていきたいです。

img_2938

百々 麻美