小さなもみじの物語

2014 年 5 月 31 日 土曜日

 木月保育園には園のテーマがあります。今年のテーマは「日本を楽しもう」です。日本について子どもたちに興味・関心をもってもらえるよう各クラス取り組んでいます。
 幼児組では47都道府県を知ってもらおうと日本地図に都道府県名を書いたボードを作りました。それを朝の会の「○○の時間」で紹介すると「静岡県行ったことあるよー」「北海道におばあちゃんいるんだ」と教えてくれました。そして私が地図の上から順に都道府県名を読み上げると自然と子どもたちも復唱し始めました。そこには目をキラキラさせボードにくぎ付けの子どももいれば、キョロキョロと回りの子どもを見ていたり、ポカーンと座っていたりと子どもの反応は様々でした。一人ひとり興味・関心は違いますが子どもたちにはたくさんの好奇心を持って、そしてたくさんの経験・体験をさせてあげたいと思い日々保育をしています。「47都道府県全部覚えられたらすごいよね!なお先生も全部覚えようかな!」と話すと子どもたちからも「僕も全部覚えるー!」「なお先生~一緒に覚えよう!」と子どもたちの反応が大きくなりました。次の日ボードを部屋に貼っておくとさっそく都道府県名を読み上げる子どもたちの声がしていました。そしてレストランに並んでいる時にも都道府県名を言いながら並んでいる子がいました。「…千葉県!神奈川県!東京県!」「えっ?東京県?違うよ~東京は都だよ」と。すでに都道府県の違いも覚えていました。「もうそんなに覚えたの?」と聞くと「だってなお先生には負けないから!」とのこと。
 そもそも『興味がわく』とは、″~したいからする意志″と″肯定的な自己概念を獲得する″ことから生まれるそうです。したがって興味は、知りたい!覚えたい!と思う動機であり、原動力になっているのです。
 ちょっとしたきっかけで生まれる子どもたちの興味の芽を大きく大切に育てるために、私たち保育士も負けないくらい興味・好奇心を持って子どもたちと共に色々なことに挑戦していこうと思います。

p5210127

熊谷 直美

2014 年 5 月 24 日 土曜日

 早いものでひよこ組に入園して2ヶ月が経とうとしています。生まれて始めて大好きなお母さん、お父さんと離れて家とは違う環境で初めてづくしにビックリし、不安だったと思います。ひよこ組12人のお友達と毎日関わる中で、一人ひとり、好きなことや、落ち着く場所、落ち着く遊びに違いがあることが私達保育士にもわかってきました。
 そのような中、全員に共通する至福のときを見つけることができました。それは・・・おいしいお昼ご飯を食べた後のひと時です。おなかいっぱいご飯を食べて、パジャマに着替えた後の子ども達の表情は最高です。今回はそんな、至福のときの出来事を紹介したいと思います。
 ご飯を食べ終わり、パジャマに着替えたA君はいつものように遊びだしました。そばにあった、おもちゃの電話をおもむろに手に持ち、耳にあて、棚につかまり立ちをしたかと思うと、「んばー!んばー!あーあー」と声を出し、電話をし始めたのでした。その姿を見ていた保育士が「A君誰に電話しているの?ママ?」と声をかけると、「んー」と、にっこり!!そんな保育士とA君のやり取りを見ていたのでしょうか?そばにいたBちゃんも真似をして電話を耳にあてはじめたのでした。おお!真似っこ始まった!!と、嬉しく思った瞬間でした。大人が電話をしている姿は、もしかすると子どもには一番、目にするものの中でインパクトの強い行動なのかもしれませんね!子どもの目には、大好きなパパやママが見えない人と会話をしている姿が、ちょっと不思議な光景に見えているのかもしれません。
 子どもの成長過程に欠かせないのが、実は「まね(模倣)」なのです。言葉の発達や動作を覚えていく過程でパパ・ママや身近な大人、兄弟の真似をすることはとても重要なことで、言葉の発達においても、1歳半頃の言葉が活発に出始める頃には、一つ一つ言われた言葉を真似する「繰り返し」が多くなるものです。もちろん色々な動作も真似して楽しむようになっていきます。真似することで周囲の大人が驚いたり喜んだりすることで子どもも大人との交流を深め、心が成長していくのです。子ども達の成長は、遊べば遊んだ分だけビックリするほど広がっていくものなので、私達保育士と一緒に過ごす保育園での時間は大切な時間となります。明日はどんな遊びを一緒にしょうかな~?どんなことをしたら楽しいかな~?と、
 子ども達の笑顔を楽しみに遊びの引きだしを沢山作っていきたいと思っています。そして、至福のときが朝から、夕方まで続きますように・・・

          
近野 典子

2014 年 5 月 18 日 日曜日

 早いもので、あひる組へ進級、入園してから1ヶ月が経ちました。初めての園生活で泣いていた新入園児のお友達も、すっかり園生活に慣れて好きな遊びを楽しみ、ご飯を自分で食べ、すやすや布団で眠っています。子どもってすごい適応力を持っているんだなぁ…と改めて感動してしまいました!ひよこ組から進級したお友達も、倍以上に入ってきた新入園児のお友達に、圧倒されたり、つられて泣いてしまうのではないかしら…と心配していましたが、頭を撫でたり、べろべろばぁをしてくれたりと小さい先生として大活躍してくれています。一緒にあひる組へ進級した私は、そんな頼もしい子ども達の活躍と一年の成長に感動してしまいました!
 そんなあひる組の子ども達が、最近特に好きな物を二つご紹介します!
 まず一つは「歌」!歌の絵本が保育室にあるのですが、これが大好きです!かえるのうた、こんこんくしゃん、あぶくたったなどなど…自由遊びの時間に保育士が読んでいると、一人二人と集まって、大合唱になっています♪まだまだおしゃべりは、一語文二語文の子ども達ですが、歌詞はしっかり覚えています。この可愛らしい姿、それに歌声!まさにあひる癒しの合唱団!皆様にご披露できずに残念です。
 もう一つは「クレーン車」です。最近、保育園の周りは建設ラッシュ!おかげで、園庭に出てもクレーン車が!レストランからもクレーン車が!散歩に行ってもクレーン車が!!と、重機車両に囲まれた環境です。乗り物大好きのあひる組には堪らない環境で、見える度に大興奮の子ども達です。ハッキリと「くれーんしゃっ!」と言える子、「れーくんっ!」と、音で教えてくれる子。「あっ!あっ!」と単語にはならないものの、指差しをしながら一生懸命教えてくれる子もいます。周りの友達や保育士に、見てっ!見つけたよっ!と言葉にはならない教えてあげたいと思う強い気持ちが、どの子どもからも伝わってきます。「そうだね、クレーン車だね」「かっこいいね!」保育士が答えると、うんうんと誇らしげな子ども達です。このように同じクレーン車を見ても、色々な言葉や表現をするあひる組の子ども達。
 子どもは1歳を過ぎると、喃語から 一語文 ( 「ワンワン」「ブーブー」「マンマ」など、一語で話す言葉)へと言葉が発達します。そして2歳になる頃には、二語文(「ママ ネンネ」「マンマ チョウダイ」「ワンワン イタ」など単語が二つの言葉)を話すようになります。 しかし、発達の仕方は個人差が大きいです。保育園でも誕生日が近くても、一語文しか喋らない子。二語文をペラペラ喋っている子と一人ひとり違います。周りのお子さんと比べて、うちの子は言葉が遅いのでは?と心配される保護者の方もいます。言葉は、子どもの発達の中でも一番目に見える部分なので、ついつい他のお子さんと比較しがちです。でも喋らないからと、大人が無理矢理言わせようとするのは、かえって逆効果だそうです。
 一口に言葉と言っても、「理解している言葉」と「使うことのできる単語」の二種類があり、前者は後者の約10倍程度あると言われています。 なので、あまり話さなくても大人の言う事が分かっていて、大人の指示に従える場合は、理解している言葉は沢山あるけれど、 まだ表には出てきていない言葉を溜め込んでいる状態ということなります。また子どもの言葉の理解については、指差しをするか、しないかがとても重要だそうです。

p5161474
 子どもが「あれ見て」と何かを指差すか。また何かを見つけたり要求する時に指を差すか。「どれ?」と聞かれた時に指を差して応えるかどうかが大切だそうです。 だからうちの子、言葉が遅くて…と心配な方も、お子さんが指差ししたり、ちゃんと大人の言っていることが分かっているようであれば大丈夫!心配する必要はないようです。気長にお子さんが話したくなるのを待ってあげられると良いですね。
 私達大人は、まだ言葉が出ないから…と気にしたり、わからないから話しかけなかったりするのではなく、理解している言葉がたくさん増えるように、子どもと「言葉」の出会いを増やしていけると良いですね。私も日々の生活や遊びの中で、子ども達がたくさんの「言葉」との出会いを楽しめ、理解出来るような関わりをしていきたいと思います。


中澤 明日香

2014 年 5 月 11 日 日曜日

   りすぐみ(2歳児クラス)の生活が始まり1カ月がたちました。4月当初は、担任も全員変わったことで、朝の受け入れから泣いてしまうお友達もいましたが、徐々に担任や新しいお友達の名前も覚え、子どもたちもりすぐみの生活に慣れてきました。
 りすぐみでは1年間を通し、着脱やトイレトレーニング、手先を使ったはさみやのりなど様々な事を遊びを通して学びます。その中の1つとして、幼児ぐみへの移行に向けて、夏頃から食事の配膳を行っています。
 栄養士手作りのトレーに主菜や果物をトングでつかむ配膳練習用の玩具を、先日室内遊びの時間に取り入れて遊びました。始めは、まだ難しいかな?と思いましたが、トングの使い方やトレーの持ち方などを伝えると、子どもたちはとても興味を示しとても楽しそうに順番に行ってくれました。Aちゃんは、初めてのトングにとても興味津々でしたが、中々うまくつかめず、トングとは反対の手でつかみ、お皿へ入れていました。思うようにつかめず、とても悔しそうな表情で「もう一回やる!!」と何度も何度も行い10回以上も練習をしていました。徐々にAちゃんもこつをつかみ、後半はトングでつかむ事ができるようになり、とても嬉しそうな表情で「できたよ!!」と教えてくれました。
 何かを最後までやり通すことはすごく大変なことだと思います。しかし最後までやり通した時、出来上がった時、とても充実した気分になり、満足感を味わいます。またその子にとっての「自信」へとなります。その自信がさらに遊び以外でも、例えば、洋服のボタンを通すことや服を畳むこと、靴や靴下の脱ぎ履きなど、なんでも自分でしようとする気持ちになるきっかけになっていきます。その最後まで頑張る事を応援してあげること、一緒に喜んでくれることはとても大切で子どもたちにとって大きな力になると思います。これからも遊びを通して様々な事を学んでいく子どもたちへ「自分で頑張る力」を応援してあげたいです。
 

百々 麻美

2014 年 5 月 3 日 土曜日

 幼児組では朝の会の前に『◯◯の時間』と題し、わらべうたや言葉あそびなどちょっとした遊びを楽しんでいます♪そこに今年度から『サイエンス』という要素を取り入れてみました。4月は『太陽と光』ということで、太陽や光についての話だけでなく、そのあと遊べるようにと思い、影ぼうし遊びを紹介しました。するとコレが年長児を中心にヒット!その日は人の形だけでなく魚や家などたくさんの影ぼうしを作り、天気が悪かったのでプロジェクターの光で遊びました。

  しかし人数が増えると、その子の体で光が遮られて中々影ぼうしで遊べなくなってきてしまいケンカに…。そこで影絵として、年長児に「みんなでお話を作ってやってみたら?」と声をかけてみると「いいねー!」と盛り上がり、自分たちのノートに脚本を書き始めました。

 夕方になると何やらみんなに紙を渡していた影ぼうしメンバー。そこには「イベントチケット」と書かれていました。どうやら子どもたちは作った話でみんなに影絵を見せるイベントをすることにしたようです。「お母さんも来てねー!」と親を誘うほどの自信と期待!しかも色々なクラスの先生にも配っていたので、急遽次の日にイベントを開催することにしました。

 次の日、少し練習をしてついに本番!時間になるとたくさんのお客さんが入ってきました。自然と子どもたちは主催者となり、「チケットを見せてください」「お待たせしましたー」「この線より後ろに座ってください」と仕切っていました(^_^)お客さんを待つ間も「もうしばらく待つので手遊びをします。みんな2人組になってください」といつもの先生のよう♪そして本番もお話は短かったけれど大成功?!「もっと練習すればもっと上手にできるね」「短かったから次は長い話にしよう」と反省会も行われており、とても満足した様子でした☆

 年長の子どもたちの力に担任の私もびっくりさせられました。きっかけは大人が与えましたが、子どもたちが自分たちの力で発展させていき、ここまで大掛かりなものになりました。日々の些細なやり取りも、子どもたちにとっては発展の材料。色々な人との色々なやり取りから真似・模倣し、どうやったらおもしろくなるかを想像・発想し、実際に作り出し、発展させていくことで、どんどん成長していきます。色々なことを吸収していく子どもたちに、様々な話を読み聞かせ、知識を増やし、会話のやり取りを楽しむことで、遊びを発展していく力を育てていくことができたらいいなと思っています。

 

森田 淳子