小さなもみじの物語

2014 年 3 月 23 日 日曜日

  一人ひとり、言葉や声で表現したり、気持ちを表そうとする姿が、とても多くみられるようになってきたひよこ組のこどもたち。少し前までは、歩く姿もぎこちなかったけれど、今では、堂々と、しっかりと歩いたり、早く歩いたりすることもできるようになりました。遊びでは、ブロックを積み重ねて、電車や車に見たてて遊んだり、ぬいぐるみをだっこやおんぶをして、カバンを持って買い物に出かけたり、レストランをするおままごとが大好きです。最近では、友だちとのやりとりが、さらに楽しくなってきている様子です。「おいでー」と腕を伸ばして手の先を上下に揺らして友だちを呼んだり、友だちの横に座って、アイコンタクトをしながら遊ぶ場面も増えています。
 数日前、子どもたちの可愛い場面がありました。いすに数人で座って絵本を聞き終えた後。ふとAくんが床に手をつき、おしりを上に突き上げて楽しそうに声を出しました。すると、そばにいた友だちも一緒になって、その姿を真似し始めたのです。しばらくやった後に、顔を見合わせながら、笑いあう子どもたち。
 この時期は、自分の意思で身体を動かせるようになり、気持ちを伝えようとする欲求が高まり、身近な人や物に自分から興味を持ったり働きかける意欲が育ってくるのが特徴です。時には、大人の気持ちを引こうとして、乗ってはいけないと分かっているテーブルに乗ったり、またそれを見た、同じく乗ってはいけないと分かっているほかの友だちがテーブルに乗る、ということもあります。子どもたちなりに、メッセージを込めて、周りの友だちや大人たちに向けて気持ちを伝えようとしています。
 Aくんは、周りの友だちが真似をするとは思っていなかったのかもしれませんが、その彼の姿から、周りの友だちが模倣し、楽しさや一緒に過ごす喜びを共感する瞬間となったのでした。もうすぐ進級ですね。これからも元気いっぱいに成長してほしいですね!!

e381b2e38288e38193e38396e383ade382b0_20140313

和泉 正明
 

2014 年 3 月 16 日 日曜日

 移行も落ち着き、ぞう組さんによるお手伝い保育の再開です。
 午睡明けにガラリとドアがあき「お手伝いでーす!!!」と声がするとみんなお兄さんお姉さんに大注目!まだ寝ぼけまなこのお友達もぞう組さんがせっせと布団を運ぶ姿に目を奪われていました(〇 艸 〇)
 ある日、いつも遅くまで寝ているA君がぱっちりと目を覚ますと、布団から立ち上がり、自分の布団をたたんで持ち上げようとしたのです!!普段は保育士から「布団片付ける時間だよー」「おやつはじまっちゃうよー」と声を掛けられながら渋々起きてくるA君。この日はとても輝いていました☆重そうに布団を運ぼうとしているのを保育士が少し手伝い布団棚まで持っていくと『さぁ次!』といわんばかりの表情でお友達の布団の片付けも手伝ってくれました。その姿はいつかのぞう組さんのようでした♪担任から「すごいね!」「かっこいい☆」「ありがとう♪」「えらいねぇ!」とつぎからつぎへと話し掛けられ照れたのか、おどけた顔を見せながら嬉しそうに着替えはじめていました(*^-^*)
 異年齢のこどもたちが一緒に過ごすことで、年上の子に対する憧れの気持ちや年下の子への優しさが芽生えてきます。その感情や気持ちが良い行動へとつながり、褒められることでこどもたちは達成感や満足感を得ることができます。そして、自分も『大きな集団を支える大切な一人なのだ』と存在意義を見出だし自分のためだけでなく人のために行動できる優しさが備わっていくのだと思います。そんな優しさの芽。水をあげすぎず、だけど枯らさないようにわたしたちは大切に育てていきたいですね。

 

小林身佳子

2014 年 3 月 9 日 日曜日


りすぐみが移行をしてから1ヶ月がたちました。子どもたちも幼児ぐみでの生活に慣れてきました。
 幼児ぐみでは、新しい玩具も増え、迷路やはさみマスターなどの手先あそび、カプラやスカリーノと言った積木で大きな作品を作ったりと好きな遊びを見つけ過ごしています。
 新しい玩具の一つで今までは、お兄さん、お姉さんが使っている姿を見ているだけでしたが、移行後より自分のピアニカホースを持ちピアニカを好きな時に使えるようになり、子どもたちも喜んで遊んでいます。
 はじめは、お兄さん、お姉さんの見よう見まねで、息をふいて鍵盤を押しても音が中々ならないAくん。何度やっても音がならずふてくされていると近くにいた年中ぐみのBちゃんが『こうやるんだよ』と息のふき方を教えてくれました。一緒に何度かふく練習をしていると、なんとAくんのピアニカから音がでました。AくんもBちゃんも大喜びでした。
 翌日、ピアニカ用の楽譜を持ち、『これ、やりたい!』とピアニカが大好きになったAくん。一緒に遊んでいるところにBちゃんが『できたぁ!?』と声をかけてくれました。『Bちゃんも一緒にピアニカしよう』と声をかけると、自分用のピアニカを持ってきて、『このうたはね、赤の鍵盤を2回おして~』と教えてくれました。教えてもらった鍵盤をゆっくりおし、一曲を弾き終えると『すごい!上手!!』とBちゃんがたくさんほめてくれ、Aくんも達成感でいっぱいの表情でした。
  Aくんは、元々消極的な性格で年上のお友だちと関わることが苦手で自ら関わることがありませんでした。しかし、今回Bちゃんに優しくしてもらった経験が自信へと繋がり、今では、自ら話しかけたり他の子とも一緒に遊ぶ姿も増えてきました。
 このように異年齢保育をする中で、年下の子に対して優しく対応することで自分自身に対して自信に繋がったり、思いやりの気持ちが芽生えてきます。また、年上の子に対して、憧れや真似をしようとする気持ちが芽生えてきたり、年上の子にサポートしてもらいできたことの喜びや意欲につながります。
 これからも、子どもたちが保育生活を通じて、さまざまな関わりをしていけるように、私たちも環境をつくっていきたいと思います。


百々 麻美

2014 年 3 月 2 日 日曜日

 ある日のおやつの時間の出来事です。年少児のAちゃんは、普段から牛乳が苦手な女の子でした。「ふつうですか?ちょっとですか?」の牛乳の量のやりとりでは、毎回「ちょっと」を選び、半分でもさらに減らしていました。「もう!ちょっとだってば!!」と冗談半分怒って言う事もあるくらい、苦手としていました。
 そんなAちゃんが、この日は「ちょっと・・・あ、ふつうにする!!」と、普通の量を選びました。今までなかったことなので、ついついその量で大丈夫か聞き返しました。でも、Aちゃんは悩んでいる様子も、我慢している様子もなく・・・「だって、Bちゃんはふつうでしょ?だから、Aもいっしょでおおきくなるんだ♪それで、いっしょにかいものしたりするの(>ワ<)」と楽しそうに話していました。Bちゃんは、同じ年少児の女の子で、普段からよく遊んでいる仲良しのお友だちです。以前は、Aちゃんが大人しめのBちゃんを遊びに引っ張って楽しんでいくような感じでしたが、最近はBちゃんも気持ちもしっかりしてきて、お互いに遊びを誘い合う関わりになっています。ただ友だちと楽しんで遊ぶだけでなく、大好きな友だちの存在を励みに、苦手な物も克服しようという強い気持ちが芽生える瞬間に出会えました☆
 子どもたちは誰かに強制されたことは、もし克服できたとしても、楽しい思い出と言うよりは、つらい思い出になってしまいます。やはりどこかで無理をしている部分もあります。けれど、このAちゃんの「大好きなBちゃんと大きくなりたい!」という楽しみな気持ちの中で克服できたことは、自信につながっていくでしょう。今まで自分のいる世界に、お友だちがいるつながりでしたが、人間関係が広がり、深まる事で、お友だちと同じ世界で過ごしたい気持ちが芽生えた場面でもあります。
何気ない子ども同士のやりとり。ですが、それが子どもたちにとって、とても大きな力になると感じました!


坂本 摩利