小さなもみじの物語

2013 年 11 月 23 日 土曜日

   元気いっぱいのひよこぐみの子どもたちは、喃語と呼ばれるまだ言葉にならない音を様々な生活の場面で出しながら、言葉を獲得しようとしています。周囲の人たちの言葉を聞きながら、自分に話しかけられている人の音をじっくり聞きながら、それらの言葉の音や高さ、長さなどを身体を使って表現しています。先日、こんな場面がありました。
   昼寝から目覚めたAくんが立ち上がったものの、布団の柔らかさと、足の力加減が難しかったため、しりもちをドン、とつきました。一瞬、びっくりして目を開いたAくん。しかし、次の瞬間、すぐ横で寝転がりながら見ていたBちゃんは、立ち上がってしりもちをついて声を上げて笑いました。びっくりしていたAくんは、笑顔になり、また立ち上がりしりもちをつき「あっ、あっ」と言ったかと思うと笑い出しました。お互いに笑って、声を出しながらしりもちを繰り返しました。その声を聞いて近づいてきたCちゃんも、笑顔でそれを見ながら笑ったり「あー、あっ」と楽しそうに声を出しました。大人にはわからない間合いや、言葉(のような音)で、しばらく楽しんでいました。言葉が明瞭でなくても、通じ合える、共有し合えるのですね。
   一つひとつに、その子どもにとっての意味があり、声を出すことの練習や、誰かへの気持ちの伝達の手段として、発声しています。その子どもたちの声を、時には声にならない表情や動作を、子どもたちに関わる私たちは受け止め、共感し、必要に応じて友だちへ伝えながら関わることで、子どもたちの声や言葉というものは、彼らにとって、より意味を持つものとして積み重なっていくのですね。

和泉 正明

pa310342

2013 年 11 月 17 日 日曜日

 今日は寒くなっても元気いっぱいのあひる組のお友達のある日のお部屋でのひとこまをご紹介したいと思います。
あひる組では朝、お昼前、夕方を自由遊びの時間としてお部屋のおもちゃを使って子どもたちがそれぞれ思い思いの遊びを楽しんでいます。ある朝、登園してすぐに電車で遊びたかったA君が先に遊んでいたBちゃんに「電車かしてー」と話しかけました。Bちゃんもつなげて走らせることを楽しんでいたのでまだ貸したくない様子でした。そんな表情を読み取ったのか「かしてー!かしてー!」と段々と口調が強くなりおもちゃに手が伸びてしまいました。保育士が間に入りBちゃんに「まだ遊びたかったのかな?じゃあ【あとで】ってお返事してあげようね」と伝え『あとで』と答えるとA君はどうしてもすぐに電車が使いたかったのか怒ってBちゃんの手を叩いてしまいました。Bちゃんはけがはしなかったものの、泣いてしまいました。A君に「叩いたらいけない。ちゃんとお話ししよう。叩いたらBちゃん痛いよ。ほら(相手の子の表情を見せ)悲しいよ。」と話すとBちゃんを見ながら何かを考えているようでした。「ごめんねってしたらまた仲良しできるかもしれないよ?」と話すと『いやだ!』『ごめんねしない!』と頑なになってしまいました。しばらくA君の様子を静かに見守っているとすでに泣き止み再び遊びはじめているBちゃんや保育士をチラチラと気にしている姿が出てきました。「ごめんねするのに、先生、一緒に行こうか?近くで見てるよ。」と手を差し出すと『いく。』と言ってBちゃんにごめんねをしにいきました。Bちゃんの頭をなでたあとすっきりと嬉しそうに振り返り『ごめんねできたよ!!』と教えてくれました♪お友達と仲直りできたときの清々しい気持ちを思いだし私も嬉しく感じました♪
 今まではそれぞれの好きな遊びに夢中になっていたのが、お友達の遊びにも、興味を示すようになり、楽しさを共有できるようになりました。
時には、使いたいおもちゃを中々借りることができずに口調が強くなりけんかになってしまうこともあります。そんなときには保育士が間に入り、互いの気持ちを言葉で伝える通訳のような役割をすることでその状況に納得できる子が増えてきています。
 どんな気持ちなのか、何がしたかったのかなど、子ども自身が考えていることを聞き出し、言葉に変えていくことで、お友達と関わる時にどのように話せばよいのかがわかってくるのだと思います。友達と一緒に遊ぶ楽しさをより多く味わえるように、気持ちの通訳をたくさんしていきます。

小林 身佳子

2013 年 11 月 10 日 日曜日

 りすぐみでは、来年度の幼児ぐみへの移行に向けて、配膳の練習を行っています。デザートは、トングを使い自分で配膳を行い、ご飯・主菜・副菜・お味噌汁は職員が盛り付けをし、お茶を毎日お手伝いにきてくれているぞうぐみのお兄さん、お姉さんに入れてもらっています。その際に、子どもたちに「普通にする?」「ちょっとにする?」と確認をしています。配膳を始めたばかりの頃は、苦手なメニューでも「食べられる」「減らさない」という事が多かったですが、最近では、徐々に自分の苦手な食材も把握し、「ちょっとにする」という子どもも増えてきました。食事の配膳を通して「いっぱい」「ちょっと」の数の認識もできるようになってきました。
 そこで先日、りすぐみでは「いっぱい」「ちょっと」の製作を行いました。白色と黄色のお皿を用意して、白色のお皿にはご飯をいっぱい、黄色のお皿にはご飯をちょっと盛ってもらいました。子どもたちへ伝えると「いっぱい知ってるよー」「ちょっとは何枚だっけなー?」とそれぞれ考えながら製作を行いました。Aちゃんは「ちょっとは1枚だよねー」と言いながら、自信満々で貼っていたところ、隣に座っていたBちゃんに「ちょっとは1枚じゃないよ」と言われ不機嫌になってしまいました。製作が終わったあと、Bちゃんと一緒に「かず」の絵本を見ると、Bちゃんも「1つもちょっとだし2つもちょっとだねー」と納得してくれました。
 「いっぱい」「ちょっと」は食事の配膳だと理解できても製作に置きかえると難しい子どもたちも多かったようです。2歳を過ぎると「いっぱい」「ちょっと」の他にも、「長い」「短い」や「大きい」「小さい」など様々な単語を日常生活の中で覚えてきます。今後も絵本や遊びなど関わりをする中で伝え、たくさんの事を身につけてほしいと思います。

 百々 麻美

2013 年 11 月 3 日 日曜日

 ある日の園庭遊びの時に、年少男児のAくんが0歳児の弟のお世話をしていました。転んでしまうと、「だいじょうぶ?いたくないよ」歩いていると、「こっちだよ」と傍で声を掛けていました。しばらくすると、弟はお部屋に入り、Aくんはまた走ったり、虫探しへ!!自分の好きな遊びを見つけて楽しんでいました♪
 しばらくして、走り回っていたAくんが、ゆっくりと歩いているところを見かけました。よく見ると、少し後ろには、手を繋いだ1歳児の女の子がいました。Aくんは女の子の歩くペースに合わせてゆっくり歩き、時折、かがんで女の子の顔をのぞくようにして話しかけていました。女の子はちょびっと悲しい顔をしていたので、どうやら慰めてあげているようでした(>ワ<)女の子がお部屋に戻るまで、いろいろな場所に連れて行き、少しずつ女の子にも笑顔が見られていました♪女の子の笑顔はAくんの行動から得られたものです。

 年少児であるAくんは、4月の幼児になったばかりの時は、自分や自分のすぐ近くの家族との繋がりが中心でした。しかし、異年齢で過ごす日々の中で、お兄さん・お姉さんからしてもらった事や嬉しかった気持ちをたくさん感じることで、「自分もしてあげたい!」という気持ちに繋がっていきます。してもらう経験・したあげた経験が子どもたちにとって、大きな成長のひとつです。幼児になって半年ですが、兄弟や異年齢で過ごしていく中で体験してきた事が、A君の中で育ち、周りにも広がっていると感じられた一場面でした☆

 

坂本 摩利