小さなもみじの物語

2013 年 8 月 25 日 日曜日

 暑い日が続いていますね。7月中旬のプール開きから約1ヶ月…ひよこ組では、天候不良や体調不良の為、水遊びが出来ない日が多かったのですが、8月に入ってから少しずつ水遊びを楽しめるようになりました。
 水遊びと言っても、幼児組のように冷たいプールではなく、ひよこ組は38度くらいの温かいお湯で水遊びをしています。プールというよりは、露天風呂に近いイメージでしょうか?そんな初めての水遊び!初めてとは思えないほど、水面をバチャバチャ叩いて顔に水がかかってもへっちゃらな子もいれば、お家のお風呂とは違って、野外だし…大好きなパパママもいないし…と、泣いてしまう子もいます。
でも泣いている子も、周りのお友達や保育士がキャーキャー笑顔で遊んだり、保育士がゆったり寄り添っていると…!周りをじーっと見ていたと思ったら、さっきの泣き顔は、どこにいったのかな?とビックリするくらい、元気に遊び始めています。子ども集団の持つ力は、赤ちゃんだってスゴイですね!

 先日、こんなことがありました。タライに水を入れて、保育士手作りのペットボトルじょうろで遊んでいたひよこ組のお友達。ほとんどの子が、タライの中に水を入れて遊んでいたのですが、タライの外をペチペチ叩いているお友達が居ました。よく見ると、タライから零れた水を叩くことに夢中になっています。一見無意味な遊びに見えますが、なんでこんな風に水飛沫が上がるのかな?なんで、こんな感触なんだろう?と考えて楽しんでいるようです。(もっと違うことを考えていたかもしれませんが…)興味を持ち、考えて行動。そして反応を楽しむ!子どもにとっては遊びは、実験なのですね。
そして、こんな風に沢山の水遊びを通して水と仲良くなった子どもは、水への恐怖感がなくなり、幼児組の頃には自ら水への挑戦を始めて自然に泳げるようになるそうですよ。

p80700801

 さてさて。水遊びって、他にもどんな力があると思いますか?水には繰り返しが効く性質と、柔らかな感触、どんな風にも形が変えられる性質があり、子どもを落ち着かせる効果があります。逆に、特別な熟練を必要とせず、特に達すべき目的を持たないこと。柔らかな楽しい感覚的性質は、安心感と心地良い刺激を与える効果もあります。こういった多くの価値を持つ水遊びは、子どもの感覚や感情の発達に必要な経験と喜びを与えてくれます。また水の柔軟性が、実験や探求の機会を与えてくれることで、知的発達にも役立ちます。夏のプール遊びだけでなく、シャボン玉や、洗濯ごっこ、掃除ごっこなど、少し水を使う遊びでも、これらを充分経験出来るそうです。

 水遊びは、ただ涼をとるだけでなく、実はとても大切な遊びであり、経験なのですね。お家でも水遊びをすると、濡れたり汚れたりしてしまいますが、時間のある時は、危険のない限り自由に遊ばせてあげられると良いですね。

中澤 明日香

2013 年 8 月 18 日 日曜日

  早いもので8月も終盤に差し掛かろうとしています。海やプール、かき氷に花火などやり残す事がないように夏の楽しみを満喫したいですね。ただ暑い日が続くので熱中症など体調管理にも十分注意したいですね。
  夏はたくさん遊び、汗もかき、着替えの多くなる季節でもあります。先日、着替えの時に子どもにズボンを履かせようとすると「自分で!!」とズボンを取られてしまいました。
(まだ上手に履けないんじゃないかな?)と思っていたら案の定、ズボンの片側から2本の足が出ていてタイトスカートの様になっていました(笑)ところが子どもは満足そうに「出来たー!!」と笑顔でとても喜んでいました。
  大人から見たら『失敗』や『出来ていない』と思える事でも子どもたちは自分でやる事で自信をつけているんだなと感じました。その後は1人で頑張った事を褒め、一緒にズボンを履き直しました。
   1歳を過ぎると少しずつ自分でやろうとする気持ちも芽生え始め、おうちでも「自分で!自分でー!!」と自分でやりたがる子どもの姿を多く見るのではないでしょうか。

rimg0546
   これから先、着替え以外にも「自分で!」という場面は増えてきます。
日々忙しい中で大変だとは思いますが、子どもの為にも『待ってあげて、褒めてあげる』を生活の中でぜひ心掛けて下さい。失敗しても自分でやる気持ち、出来た時の達成感を繰り返す事で自信につながります。
そんな中から出てくる子どもたちの笑顔を大切にしたいですね(^v^)

文 宏泰

2013 年 8 月 11 日 日曜日

  りす組では最近、だんご虫を探して外遊びの時間を過ごす子が多くなってきました。以前は怖がってしまい触れられなかった子が今では虫カップいっぱいになるまでだんご虫を探して遊んでいます。
  先日も子ども達だけでだんご虫を探して遊んでいました。そこへ一人のお友だちが後からやってきました。そのお友だちは後から来たので虫カップを持っていなくて「虫カップがないの」と困った様子で私のところに言いに来ました。虫カップをふたのように二つ重ねて使っているお友だちが数人いたので、そのお友だちに「貸してと聞いてみてごらん」と言ってみると必死にお友だちに聞いて回っていました。
  そんな時、一人でだんご虫を黙々と探していて、満足した子が「もうやらない」と言うので、お友だちが使いたがっていたことを伝えると、走っていって「○○ちゃん、これあげるー!!」と言って貸してあげました。そして、また走って別の遊びをしにいってしまいました。カップを借りることが出来たお友だちは嬉しくて早速だんご虫を探しに行ったのですが「ありがとうした?」と声を掛けると、「あっ」と言って虫カップをくれたお友だちを走って探しに行き「○○くん、貸してくれてありがとう!!」と言っていました。そのお友だちも「どういたしまして」と言って遊び始めました。お礼を言ったお友だちも、再びだんご虫を探しに行きました。e38396e383ade382b0e38080e794bbe5838f1
   これまでは、ありがとうを忘れたり、どういたしましてがうまく言えなかったりしていましたが、ありがとうと言われるとうれしいようで、ごく自然にそのやり取りが出来ることが増えてきました。この頃の子どもたちは少しずつスムーズに言葉でのやり取りが出来るようになってきます。友だちとの関係が良好になってくると、親しみをもって挨拶が出来るようになり、このような光景も少しずつ増えていきます。
   これからも、みんなでより仲良く遊べるような関係を築いていけたらと思います。

一柳 翔平

2013 年 8 月 4 日 日曜日

 プール遊びが始まり2週間が経ちました。真夏日かと思えば突然の豪雨など不安定なお天気が続いていますが、そんなのおかまいなし!
最近の朝の合言葉は「おはよう!今日はプール入れる?」です♪今週はお天気よくなるかな?

 そのような平日とはちょっと違う土曜保育は子どもの人数も少なく、朝の受け入れなど0歳~5歳まで全クラス合同で保育を行っています。おもちゃなどは多少入れ換えますがもちろんみんなで使います。
 そんなある日の土曜日。幼児数名でおままごとをして遊んでいました。役も決め、お父さん、お母さん、とその友達など…。おままごとコーナーの一部を長椅子で囲い部屋に見立てていました。そこへ乳児さんが入ってきて並べていた布団や食器などを持っていってしまいました。始めは「そっちにもお皿あるよっ!それ使いなよ~」と少し強めの口調で指を指し教えていました。しばらくやりとりを見ていたのですがそれでもやめてくれない乳児さん。きっと乳児さんも仲間に入りたかったのかな?悪気はないのですが幼児さんたちが作った部屋の中はぐちゃぐちゃになってしまっていました。すると幼児の男の子が「これ使いたいならあげるから」と言ってお皿やコップを渡してあげました。その子は男の子の顔を見てお皿とコップを受け取り嬉しそうに持って行きました。仲間にはいれた気がして満足したのでしょうか、しばらくおままごとコーナーには戻ってきませんでした。
 数ヵ月前には、いくら小さい子だとわかっていてもどうしても壊されることが嫌で怒ったり、逃げていた幼児さん。しかし少しずつ関わりかたを覚え、どおしたらいいかを学んだようです♪平日の夕方も他クラスにお手伝い保育に行く子が増えました(・∀・)
 最近ではこのようなさまざまな関わりを体験し、優しい言葉かけやお手伝いが出来るようになっているのですね!これからもたくさんの関わりを持たせていき、色々な関わりかたを学んでほしいと思います。

p7200097

熊谷 直美