木月保育園のブログ「小さなもみじの物語」

「こころもち」幼児組編

年長の男の子が、面白いことを思い付き、実際にやってみたところの写真です。         面白いですよね〜、本当に面白いですね!! 普段の園生活ではこんなことをやらない(と私は思う)のですが、たまたまこの瞬間に私が立ち会えたことは本当に幸運で素敵なことだと思います。 「こころもち」 子どもは心もちにに生

「手が表す言葉の意味」0歳児ひよこ組編

入園して早3ヶ月が経ち、初めは泣き声が響き渡っていた保育室も今では可愛い笑い声や喃語が響き渡るようになりました。この短い期間の中でも、日々沢山の成長を見せてくれるひよこ組の子どもたち。その成長の早さに驚きや喜びを感じるとともに少し寂しさも感じる今日この頃です。さて今日は、そんなひよこ組の子どもたちの中で最近よく見られるようになってきた指さしについてお話ししたいと思います。例えば、絵本好きのA君。読

「子どもたちを惹きつける極意!その裏側を考える」1歳児あひる組編

先日木月保育園でクラウンふくろこうじさんによるパフォーマンスショーがありました。ふくろこうじさんは、言葉を全く使わずに子どもたちとコミュニケーションを取りながらパントマイムやシガーボックスを使って、不思議で楽しいパフォーマンスを繰り広げるパフォーマーです。さて、その内容はと言いますと…軽いはずの新聞紙が拳の上で立ったり、ボールがないのにあたかもあったかのように袋に入ったりと、大人も目を奪われてしま

「はらぺこあおむし」2歳児りす組編

2歳児りす組の子どもたちは、絵本を読むことや見ることが大好きです。中でも歌いながら見る絵本は大人気です。子どもたちも絵本に合わせて歌いながら楽しんでいます。そんな子どもたちの好きな絵本の1つ、「はらぺこあおむし」のお話を紹介したいと思います。保育士がはらぺこあおむしの絵本を読んでいると、その音楽に惹かれるように集まってくる子どもたち。その姿を見て保育士の家にある檸檬の木にいた幼虫の事を思い出しまし

「みんなで作ると楽しいね」幼児組編

今、4歳児クラスでは個人で張り子の風鈴作りを行っています。張り子(はりこ)というのは風船に細かくした新聞紙を何回も何回も貼り、その上に細かくした和紙を何回も貼り、乾いたらその風船を取り出し色付けや装飾をする物です。記にも、書いたように集中力がないと出来ない作業になります。(今回は作業を少なめにして行っています。)初めは少し作業をしたあとに「つかれた~」の声が、多数上がりましたが同じテーブルの子が「

「可愛いちびっこ先生に変身」0歳児ひよこ組編

保育園生活にも慣れ、毎朝笑顔で登園してきてくれるひよこ組の子ども達。最近はクラスのお友達とも一緒に遊ぶ姿も見られるようになってきました。木月保育園では、クラス保育も行っていますが、異年齢保育も大切にしています。ひよこ組では、夕方の時間にひよこ組保育室と廊下、隣のあひる組保育室を解放し、自分の遊びたい場所へ子どもたちが自由に行き来できるような環境作りをしています。最近は保育士が廊下の準備を始めると、

「ケンカするほど なんとやら」1歳児あひる組編

梅雨入り前、紫陽花がそこかしこで綺麗に咲く時期となりました。お散歩でも、お花が咲いていると嬉しそうに指さしして教えてくれる子が増えてきました。さて、前回あひる組の様子については「伸びろ!運動能力!」をテーマにお伝えしました。あれから1か月がたち、子ども達は身体だけでなく心も成長していることが感じられる場面が増えてきました。なんとなくタイトルから予測がつく人もいますかね~ 「ケンカするほど、な

「2人でやれば喜びも2倍」2歳児りす組編

ゴールデンウィークも終わり登園時に不安で泣いてしまう子も大分減ってきましたね。少しずつ「保育園行きたい!」とクラスのみんなが思ってくれるような毎日になれるよう日々過ごしてまいりたいと思います。さて今回は園庭で出会った仲良し2人組の挑戦と喜びを紹介したいと思います。ある日のこと、いつも仲良しのA君とB君は大好きな手押し車を押して園庭を走り回っている姿がありました。その日もいつものように園庭に出ると一

画像を準備中です。

「寝かしつけが僕の自信に」幼児組編

幼児組では年長児のぞうぐみさんが、年中、年少児の寝かしつけを当番制で行っています。とんとんしてあげることはもちろん、着替えのお手伝いやおしゃべりをしているお友だちに「静かにするんだよ」と声掛けをする姿も。薄暗い空間での寝かしつけなのでうとうとしながらとんとんする子もいます。寝かしつけの中で今まであまり見られなかった姿を見せてくれたお友だちがいました。その日寝かしつけ当番だったSくんは順調に数人寝か

「植物に触れよう!」

木月保育園では毎年園庭の花壇で様々な野菜を育てています。それに加えて昨年度から新たな取り組みとして始めたことが「摘んで遊べる雑草や花を植える」ということです。保護者のみなさまの中にも子どもの頃公園にあるお花を積んで遊んだ経験ある方もいらっしゃるのではないかと思います。お花を使って色水遊びをしたりシロツメクサで冠を作ったりした思い出はありませんか⁈今はそういった経験が出来る場所や機会が減っているよう

top