園長日記

2016 年 9 月 30 日 金曜日

 今回はりす組のお部屋をのぞいていました。今までは一人遊びをしている子が多かったのですが、今日はお友達と一緒に遊ぶ姿が多く見られます。また、手先を使った遊びも上手になってきたので、夏ぐらいから新たなおもちゃも増やしたせいでしょうか、とても集中して遊んでいました。
 その中で、先生と一緒に女の子2人が一生懸命積み木を使って、大きな塔を作っていました。慎重に積まないと崩れてしまうのが分かっているようで、2人ともとても丁寧に積んでいました。だいぶ高くなってきて、皆が興奮気味に積んでいたその時です、何と先生がその塔を壊してしまいました。私は2人がどういう反応するのかを見ていました。泣いてしまうのか?それとも怒ってしまうのかと・・・?しかし、2人は何事もなかったように「壊れちゃったね!」っと一言だけ言ってまた積み木を積み始めました。
 私はこの様子を見ながら考えました。なぜ、2人は泣くことも怒ることもなく大丈夫だったのかを?それで分かったことは、きっとこの子達は0歳児の時から積み木で遊んでいる中で、何度も何度も積み木が崩れ、その度に「壊れちゃったね」と言いながら、また新たに積んで楽しんでいたのかなと思いました。また、積み木をする中で、高く積んだり、船や飛行機を作るだけでなく、思いっきり壊すというのも、楽しみの1つだと思います。そう言えば、砂場で作った作品や粘土で作った物を壊す時も、なんだかワクワクしたのを思い出します。
 園での遊びにはおおくの成功体験が出来ますが、同時に多くの失敗体験も出来ます。この両方の体験を遊びを通してたくさん経験しながら、どんなことにも挑戦できる子ども達になってもらいたいと思います。

img_1967

(おたよりの続き)
 おもちゃを園で購入する時に迷うことがあります。その時に、保育雑誌とか、専門書に、子どもにとってこんな効果があるとか、それぞれの年齢にあったこんなおもちゃが良いと書かれてあるのを思い出して、それを買い求めることがありました。しかし、最近は、職員からの要望を優先しています。なぜかというと、子どもにとって良いおもちゃと思って買い求めたおもちゃでも、ほとんど興味を示さず、そのおもちゃでは遊ばないことがあるからです。小さい子には、言い聞かせたり、やらせたりすることは通じません。それこそ、発達の原理原則である「自ら環境に働きかける」ことが重要なのです。「良いおもちゃ」とは、まず「子ども自ら働きかけるような物」であることが条件なのです。
 次に、何のためにそのおもちゃを子どもが選ぶのかといえば、そのおもちゃを通して子どもが自分の気持ち、欲求を適切に満たしてくれるものを選びまず。それは、手触りであったり、素材であったり、ある形であったりします。少し大きくなると、高く積みたい、家を作りたい、船を作りたいというように、そのおもちゃの持っている機能であったりします。それは、もちろん1つのおもちゃがすべて兼ね備えている必要があるということではありません。しかし、子どもの気持ちをそのおもちゃで遊ぶことによって満たすとしたら、様々な思いを受け止めることのできるおもちゃが、良いおもちゃかもしれません。
 ご家庭でも、子どもにおもちゃを与える時、とても迷う事があると思います。今、我が子に合っている物を見極めるには、日頃の姿から見つけるしかなさそうですね。とても難しいです。(―_―)!!

 何歳から積み木が必要かについて10月15日頃載せます

img_1964

2016 年 9 月 15 日 木曜日

 乳児期の言語の獲得の経緯を理解し、適切な接し方を擦ることは、とても重要なことです。ではどのような関わりが必要なのでしょう。
 例えば、子どもはあらゆる種類の協調活動で新しい語を学ぶことができるようになります。トマセロは、大人と18ヶ月の幼児に、探しゲームをさせてみました。このゲームではある時点で大人が「トーマを見つける」という意図を表明します。それから1列に置かれているバケツにそれぞれ目新しい物が入っているのを一つずつ調べていき、もし探しているものと違う場合には顔をしかめて別のバケツに行くようにします。そして、しまいに探している物を見つけます。それは、ほほえんで探すのを終わりにすることで見つかったことがわかるようにします。途中でどんなに多くの該当しない物が介在していても、子どもは大人のほほえみが示している物体に対して、「トーマ」という語を学ぶことになります。したがって、単に時空間上の近接性に基づいて語と物体を結びつけているのではないことになるとトマセロは言います。
さらに、彼らが同じようなゲームをしてみたところ、18ヶ月の幼児はこれまで一度も見たことがない物であっても、大人の意図している指示対象物を理解できたのです。それが、大人が入ろうとしているおもちゃの納屋の中にあると分かっている物だったからです。こういった状況で新しい語を学ぶために、子どもは基本的に大人と一緒にやっている探しゲームの志向的構造を理解して、大人の行為について実践的推論、さらに言えば協力的推論をしなければならなかったのです。
 この経緯が、トマセロが主張している言語獲得の場合、子どもは必要とされる共通基盤を達成する方法は、他者との協調的やり取りにおいてであるというものです。この方法は、トップダウンで共同注意を生じるというものでしたが、もう一つの共通基盤を達成するための方法は、ボトムアップであると言います。例えば、父親と子どもが公園で散歩していると、奇妙な動物が現れ、父親はその名前を言うとします。そうすると、幼児はこういう状況を見て自己を中心に考えて、自分にとって目立つ物の名前だと受け取って、この動物の名前を学ぶのだろうと思う人が多いかもしれませんが、トマセロは、実際は違うと言います。発達のかなり早い段階から、幼児は大人が新たな言葉を使う際に、大人が自分の注意している対象に注意を向けるよう、子どもに対して誘っていることを理解していると言います。
 これは、ボールドウィンが研究しています。彼はこんなことをしてみました、18ヶ月の幼児がある物体に注意するまで待って、それから別の物体を見てその名前を言ってみました。すると、子どもはすでに注意していたものではなく、大人が注意を向けるように誘っている物の名前としてその後を学んだのです。
 この実例から見ても、ピアジェが主張した「幼児は、もっぱら自己を中心に据えた視点から外界に働きかけ、視点を変えたり、視点と視点の関係をとらえたりすることのできない」と言った「自己中心性」とか、ウェルナーが「相貌的知覚」と命名した、「幼児は具体的な対象や状況と結び付けてしか、ものを考えることができない。例えば、幼児にとって“ワンワン”という概念は、自分の家で飼っているポチや、友だちが飼っているタロウのことであり、イヌ一般を言うのではない。」といった考え方に疑問を持ちます。幼児は、さまざまなことを、他者との協調的やり取りにおいて学んでいくと思うのです。
 トマセロはこれらの理論的考察と経験的な発見は、いずれも同じ結論を示唆していると言います。幼児は、自己中心的に、恣意的(しいてきー論理的な必然性がなく思い付きで物事を判断するさま)な音声と繰り返し怒る経験を単に結びつけたり、あるいは、写像したりすることによって、初期の言語的慣習を学んでいるのではない、ということであると言っています。
 人間は、「協力すること」を遺伝子として受け継いできたと言われていますが、幼いうちから他者を理解し、他者と共同基盤を作ろうとすることを前提として、成長しているように思います。そう考えるだけで、子ども達の成長は神秘的ですね。これからも子ども達一人一人の成長をしっかりと見ていきたいと思います。

2016 年 9 月 5 日 月曜日

 以前、ブログで指差しやものまねのことを載せましたが、最近のあひる組ではその時よりも成長している姿が見られるようになりました。
 以前ブログに載せた時には一方的な指差しが中心で、わからないけど、何かを伝えようとしているのだなというものでした。しかし、先日、あひる組の子ども達がお着替えをしている時に覗くと、数名の子どもが私の近くに寄ってきて、「遊ぼ」というような仕草をしました。私はお着替えの邪魔をしてはいけないと思い、「Aちゃん、お着替えするところ見せて」っと言うとすぐにそのAちゃんはお着替えをして、出来たことを嬉しそうに私に見せてくれました。更に、隣にいたBちゃんも「私も見て!」と言うかのようにAちゃんに負けじとお着替えをしてドヤ顔で見せてくれました。
 今はまだ、会話をするまでには至らない子どもが多い時期ですが、こちらの話す内容はだいぶ分かっているのかなぁっと言う場面でした。このように今はまさに言語を取得する時期なので、大人も意識して、身振りや表情を交えながら関わっています。このような、日々の当たり前ではない、意識的な関わりにより、子どもは言葉を話せるようになっていきます。もうすぐこの子達が話をするようになるのかと思うと楽しみですね。もう少しのお楽しみです。

(おたよりの続き)
 以前のブログでも取り上げた、アメリカのマイケル・トマセロという人の研究では、子どもの初期の言語のほぼ全てが、その言語を話す大人との日常的な協調的やり取りで習得されるということが示唆されています。西洋文化では、例えばベビー用食事椅子に座って食べる、車に乗りにいく、オムツを替える、池のアヒルにエサをやる、八百屋に行く、などが該当すると言っています。このそれぞれのやり取りにおいて、幼児はまずそのやり方を見て、相手と共同目標を創ることを学びます。そうすると、相手が何をしているかを相手の目標と意図に基づいて理解し、なぜ相手がそうしているのかを、今置かれている状況でどうしてこの計画が選ばれて別の計画でないのか、という観点から理解できるようになります。こうなると、今度は、共同注意の領域と相手の注意が活動中にどこに向けられているかが、かなり決定されてきます。そのため、相手が見知らぬ用語を使って何について話しているのかも決定されてくると言うのです。その後、別の状況で同じ語が使われると、意図されている指示対象とメッセージの範囲がさらに絞り込まれていくことになると言うのです。
 この時期に子どもたちの多くの時間を過ごしている私たち大人は、この獲得の経緯を理解することによって、接し方を考えないといけないと思います。

 

9月15日ごろ具体的な接し方と言語の獲得について載せます