園長日記

2016 年 4 月 30 日 土曜日
    あっと言う間の1ヶ月、新しく入ってきた子ども達もいつの間にかクラスに溶け込み、思い思いの遊びが出来るようになってきました。
 入園式の時にも話しましたが、新入園児にとって保育園に預けられるということは、ジャングルの中に突然置き去りにされるようなものです。その様な中、慣れてきたということは、周りにいるライオンやゴリラ、チーターのような見たこともない先生は、「私の事を食べようと狙っている怖い動物ではない」ということに気が付いてきたという事です。「大好きなお母さんとも仲良く話しているし、自分に対しても優しく関わってくれるから大丈夫かな」と泣きながらもチラチラと目線を送り確認していたのでしょう。そして、少し信じても良いかなと思ってもらえたようです。もちろんまだまだ不安定になる時もありますが、更に信頼関係を深めていきたいと思っています。そして、子ども達自ら行動し、意欲的に遊ぶ姿が今以上に見られるのを楽しみにしています。(^_^)V
 
(おたよりの続き)
 赤ちゃんは、いわゆる「人見知り」をするようになります。「見知り」とは、「見知っている人。面識のある人。」という意味と、「見て知ること。見おぼえ。」という意味の二通りあります。赤ちゃんは、人のどこを見て、知るのでしょうか?そして、何のために人の顔を区別しなければならないのでしょう。「昨日までの世界」を書いたジャレド・ダイアモンド氏によると、「小規模集団の社会では、集団の内でも外でも、移動の自由が制限されている。そのような社会では、人は自分の友人か、敵か、それとも見知らぬ他人かで識別される。」と書いています。この「敵」とは、「自分の集団と敵対関係にある近隣の血縁集団や村落の人々であるが、その人物の名前や自分とどのような関係にあるかということや、時にはその人物の風貌まで知っている。」と分類しています。
 それに対して、「見知らぬ他人」とは、自分が属する小規模血縁集団との関係や接触をほとんど持たない、遠く離れたどこかの集団の人物で、どこの誰であるかを自分が全く知らない人間のことである。」彼らとは、基本的には遭遇することはほとんどありませんが、もし、彼らが、自分たちのすむところに来る場合には、彼らにとって非常に危険なことなのです。ですから、自分たちにとってもそんな危険を冒してまで来るということは、彼らは、何か魂胆がある、略奪しようとしてやってきたのか、自分たちを殺そうとしてやってきて、その斥候があたりの様子をうかがっているのではないかと思うことが、現実的には最もあり得る話ということになるのです。
 赤ちゃんは、6~12カ月頃になると、ハイハイやよちよち歩きによって、自分の意思で移動することが可能になります。それは、外に向かって行動し始めるということです。そこには、見知らない人がいる可能性が大きくなります。そこで、その時期には、しっかりと戻るべきベースキャンプのような安心基地を確保しておこうという、防衛的な行動も同時に取り始めます。そして、その判断を、母親など、明らかに信頼の置ける人の表情を見て判断し始めます。それは、生きていく上で、非常に大切な行為なのです。いわゆる、赤ちゃん自身が他人を判断するときの基準を、信頼する母親などに合わせていて、その人の反応によって他人を評価しているのです。赤ちゃんは、親などの目を通して他人を見るのです。この行為が「人見知り」です。
 そして、この人見知りによって、見る力、区別する力、記憶力、とっさの判断力を養っています。このとても重要な行動のために、人は、視覚的に社会的情報の認知機能と心理的な社会情報処理の二つを持ち合わせています。そして、視覚的なものとして、顔や表情の認知機能、しぐさの認知機能などがあげられます。心理的なものとしては、心の問題、他者との関係性欲求などさらに高次の認知機能が上げられます。
  これらの認知機能として、簡単にいうと、まず私たちは、人と出会って、その人が誰かを判断しようとするときにどこを見るかです。藤井さんは、人が顔を見たときの目の動きを観察してみました。すると、ほとんどの人は、写真の目と口、鼻を中心として視点を動かしているということがわかったそうです。特に視線を左右の目に向ける回数は、顔の他の部分に向ける視線と比べてはるかに多く、目には何か必要な情報があると考えます。それは、他の人の研究でも同じ結果が出ているようです。それはどういうことになるのでしょうか?気になりますね。
 
顔からの情報について5月15日頃HPに載せます。
2016 年 4 月 15 日 金曜日

  ヒトは、自分が思うままに行動せずに、その欲求を「抑制」する力を持っています。そのときの「抑制する」というのは、その行動を行うか、行わないかという意思決定を下す力です。その判断は、脳内で行われているはずです。ヒトは小さいうちには、行うか行わないかは、大人が判断している場合が多くあります。してはいけないことを、大人が判断して止めます。その抑制は、物理的なもので遮断したり、遮ったり、また、言葉で制止したりします。しかし、いくらそのような外部からの抑制する力が加わろうと、その力に対して従うか、従わないかは最終的に本人の意思決定が左右しています。
 その意思決定を下すまで、脳内ではあらゆる可能性を考慮し、それを絞り込んでいく作業をしているのです。そのプロセスを「ソーシャルブレイン入門」を書いた藤井さんはこんな例を挙げています。「目の前に10種類のおいしそうなフルーツがあるとき、どれを最初に食べようかと迷います。いちばん好きなものを最初に食べる人もいれば、大好きなものは最後にという人もいます。さらに緻密な人なら、全体のバランスを考えて、酸っぱいものは前半に、甘いものは後半にというような戦略を巡らせる人がいるかもしれません。この悩みは、誰に迷惑をかけるわけではありませんし、けっこう楽しかったりします。ただ、このような楽しい悩みでも、私たちがフルーツに手を伸ばすときには、たくさんの可能性の中から一つの可能性へ絞り込む作業が必要になります。これが絞り込めていないと、フルーツに触れる直前でフォークをウロウロさせることになります。」
 このような意思決定の仕組みは、私たちのあらゆる行動選択に共通ですし、それが適切に行われないと、一歩も動くことはできないと藤井さんは言います。このようなフルーツを食べる順番を決めるのも、社会的意思決定を行うのも、意思決定のメカニズムという点で見るなら、社会のルールも、結局は各個人の脳がそれを支えることで作っていることに気がつくと言います。
 つまり、私たちの行動に影響を与えるルールは、社会からトップダウン的に与えられるだけではなく、各個人がそれを受け入れ、咀嚼して脳内に取り込むことで成り立っていることになるというのです。これは、ルールというものが、社会というシステムとその構成要素である私たちの間に起きる相互作用によって維持、実行されているということを示しているのです。そう考えると、「ルールを守る」というのは、誰かから強制されて行う行為ではなく、自発的な行為となるのです。そこに積極的な意味を見いだすことができるのです。
 このように考えると、意思決定に対して時には外部から強制され、受動的なものと見えることもありますが、そのときの外部からの力は、積極的なルール維持へのサポート表現であると考えることは簡単なことであると藤井さんは言います。「社会というものは、上位個体ではなく、各個体がそれを認めることで成立している」という一面を忘れてしまうと、社会的なルールというものが一方的に天から降ってくるものであるという、誤解を生み出してしまう恐れがあると警告します。
 ルールが降ってくるように見えるのは、私たちが生まれたときに、すでに社会は存在していたからに他ならないと言います。実際は、その既存のルールを獲得した後は、わたしたち各自が社会と相互作用を行うことで新しいルールを常に作っているということを理解するのではないかと藤井さんは言います。
 そんな姿を、初めて子ども社会を自ら構築する保育園では、見ることができます。

2016 年 4 月 4 日 月曜日

 暖かな春の陽気と共に、今年も大勢の新入園児を迎えることが出来ました。この「園長日記」では、木月保育園で大切にしている保育について、専門的な内容を載せるようにしています。ちょっぴり難しい時もありますが、子育てのヒントになる内容もありますので、是非ともお読みいただきたいと思います。
 さて、木月保育園には子ども達に守ってもらいたいルールが3つあります。「人や物を傷つけない」「困っている人がいたら助けよう」「人の邪魔をしない」です。これは子ども達が生活して行く上で、身に付けておいた方が良い力です。また、大人と同様に社会の一員として生きていく上で、将来必ず必要となる力だからです。
 先日、卒園した卒園児はこれら3つを良く守り、特に2つ目の「困っている人がいたら助けよう」という事に関しては、どの年代の子どもに対してもとても優しく接し、お世話も大好きでした。もちろん、大人に何かを言われて行うのではなく、自分達の意思で実践しています。同じクラスのお友達に対しても同様で、お互いに支え合って生活している姿に何度も感心しました。
 ルールは、自分達を縛るものであってはいけないと思っています。一般社会にはそうではなく、自分達で作ったルールに縛られてしまっている例もよく目にします。自分達が限られた社会の中で、どうしたら生活しやすくなるかを考え、ルールを決めていくことが望ましいと思います。そのような意味でも、昨年の年長さんは皆がルールを守りながら、仲よく、楽しく暮らしていたと思います。
 このように保育園は、子ども達が規律を正しく守りながら生活していく、小さな社会です。お互いが上手にルールを守っていくことが、自分達の生活が楽しくなるという事に、みんなが気が付いてくれると良いなと思っています。

(おたよりの続き)
 先日、ある研修で、2歳児クラスの遊んでいる様子を撮影したものを見ました。そこには、昼食を食べ終わった数人の子どもたちが、丸い絨毯の上で走り回っている姿でした。思い思いに走り回っているため、今にもぶつかりそうです。子どもたちも走りにくそうです。そのうちに、誰かから言い出したわけでもなく、皆同じ方向に回り始めたのです。すると、ぶつかるリスクは減ります。しかし、それぞれの子の走る速さはまちまちであるために、まだぶつかりそうです。すると、それを周りから見ていた数人の女の子たちが、手拍子を始めたのです。あたかもそのリズムに合わせて走るようにと言わんばかりです。するとなんと、走っていた子どもたちはその手拍子に合わせて走り始めたのです。もうぶつかる心配はなく、楽しく走り回りました。
 自分たちが自由に、思い切り走ることができるように、まず、同じ方向に走るルールを作り、それでもぶつかるために、同じリズムで回るというルールを作っていったのです。そこまでは、そんな長い時間かかったわけではありませんでしたし、話し合いをしたわけでもありませんでしたが、このようにルールは作られていくのだという瞬間を見た気がしました。そして、そこには、認知コストを下げようとした脳の働きが作用しているのだという気がしました。つまり、子ども達は無意識のうちに、脳にとっての無駄な動きが少なくなるようにルールを作っていったのです。
 人は、ルールを作り、それを受け入れていきます。その理由は、ルールを受け入れることによって、私たちの選択肢の幅を自動的に狭めることができるからです。無限の可能性から一つを選ばなければならない場合と比べて、はるかに脳のエネルギーバランスにとって有利な条件なのです。また、社会全体から見ても、各個人が認知コストをセーブできるのであれば、大きなメリットになり、ひいては社会構造の安定性をもたらすのであれば、それを進める理由はあったとしても、否定する理由はあまり見当たらないこととなるのではないかと「ソーシャルブレイン入門」を書いた藤井直敬さんは説明しています。
 子ども達は、日々遊びの中で新しいルール―を作り、それを基に楽しく遊びの幅を広げていきます。自分の力、自分の行動範囲を抑制するルールがあるからこそ遊びが広がるというのは面白いですね。決してルールがあるから、遊びが狭まるのではないのですね。
 これからも、楽しい遊びの展開に期待したいです。(^^)

ルールと抑制の因果関係について4月15日ごろHPに載せます。