園長日記

2015 年 11 月 30 日 月曜日

 皆さんもよくご存知の通り、私は運動会や発表会の度に、子ども達に対して点数をつけています。そう!いつもの「ドゥルドゥル」です。なぜ毎回決まってアレをやるのでしょうか?それについてはあまり話したことがなかったかと思います。きっと皆さんも「恒例のアレね」と思っているので疑問にも思わなかったと思います。しかし、アレには実は深い意味があったのです。
 いつも私は2回の予行練習の時に点数をつけて、その後本番の時に「100点満点」となります。その際、その年その年の子どもの特徴を見つけ「1回目にはここを、2回目にはあそこを」と良い所、悪い所を指摘します。特に2回目には1回目に出来なかった事が良くなっていると言うことを強調し、ドンドン上手になっている事を伝えます。この時に役に立つのが点数です。どんなに分かりやすく伝えるよりも子ども達には良く伝わります。そして、数日後の本番の時に子ども達の思いは最高潮になります。
 ただし、私のこの様な関わりは、日ごろの先生とのやり取りや保護者の方の励ましがあってこそのものです。思う通りに進まずにつまづいている子どもに対して、時には一緒に悩み、時には近くで見守ってくれる人がいるからこそ、子ども達は大舞台でも頑張ることが出来るのです。「失敗してもいいんだよ」「昨日よりも上手になったね」といつもそばで見ていてくれる人がいる事が大切なのです。その様な関わりの中で子ども達が意欲を持って取り組める手助けになればと思って、私も「ドゥルドゥル」をやっています。
 今年の発表会はどの様なドラマが待っているのでしょうか?そして、最後の点数は…???お楽しみに‼

(おたよりの続き)
 現在の心理学の研究では、知的能力が褒められるときよりも、努力が褒められるときの方が、子どもたちは作業そのものに目が向くという結果が出ています。努力を認められた子どもたちは、もっと新しいことを理解し、もっと上手になろうとします。今している作業を楽しむことができますし、少々失敗したとしてもくじけません。
 一方、「あなたは天才よ」と言った知的能力を褒められると、動機づけも、実際の成果も振るわなくなる傾向があります。このような子どもは、失敗の恐れがある難しいプロジェクトなどを避けがちになるのです。課題に失敗してしまうと、途中であきらめやすいですし、努力を誉められた子どもに比べて、成果もよくないと言われています。
 子どもが活動でうまくいかなかった時には、課題が克服できるようしっかりと励ましてあげるといいと言います。そうすると、成功して褒められるときよりも、活動への満足感が高まるのです。
 それに対して、結果が良いことを何よりも高く評価し、それを追求するような先生がいるとします。そのような先生は、子どもたちに「作業」を続けさせようと、機械的であいまいな賞賛で子どもたちを操作しようとしがちです。しかし、残念なことに、大げさで空虚な賞賛をすると、活動への子どもの自発的な興味が妨げられ、学習への動機づけが弱まってしまうようです。子どもたちは何かを学ぶことよりも、ちゃんとした成果を出して先生に認めてもらうことに集中してしまい、活動自体への興味を失くしてしまうのです。最近は、子どもをただ褒めればいいとか、ほめて育てると言われることがありますが、ほめることには注意が必要です。
 「実際のところ、子どもたちがよい作業をしているかどうかに注意を払うのは必要なことではありません。かえって必要な集中力を妨げ、満足のいく結果を得られなくしてしまいます。このように動機づけが不適切だと、子どもたちは何らかの障害に行き当たったとき、あきらめてしまいがちです。また、先生が近くで“励ましてくれている”間だけ作業を続けるようになってしまうかもしれません。」
 アメリカの心理学者であるアルフィー・コーンは、「報酬も罰と同じく、ひとの行動をコントロールする」ということを言っています。そしてコーンは、報酬と罰とは、同じコインの表裏にすぎないと主張しています。称賛されすぎると、子どもは褒めてもらうこと自体に動機づけられてしまい、残念なことに、称賛を求めるあまり、褒められた行為自体への思い入れが損なわれてしまうというのです。
「褒める」といってもとても奥が深く、難しいですね。一つ大事なポイントがあるとすれば、それは子ども自身の事をしっかりと見てあげる事なのかなと思います。

報酬と罰ついて12月15日頃載せます。

2015 年 11 月 14 日 土曜日

 どんな活動が提供されようと、グループの子ども全員が知りたがり、やりたがるという事はあまりありません。先生が用意した活動にグループ全員の参加を強制してしまうと、自主的な判断を育成するという発達目標に反したものとなってしまうからです。どの子の発達にも独自性があります。それぞれの子どもは、様々な能力や動機付けを抱いて学習の場に挑むのです。「何もしたくない!」「どれもいやだ!」と言う子に対して、それをどのように保障し、また、自発的な活動に持っていくかは悩むところです。
 園でも、何もしたくないという子がいます。その時に、その子の思いにいくつか考えられることがあると思います。まず、用意されたもの以外にやりたいものがある場合です。その思いを表明する権利が子どもにはあります。それは、必ずしも叶えてあげるというのではなく、どうしたら叶えてあげられるのか、どうして今はかなえてあげられないのかをきちんと子どもと一緒に考えることが必要だと思っています。「これとこれだったら用意できるよ」「この活動が終わったら一緒にやろう」というように出来る限りの対応により子どもの気持ちは満たされていきます。
 もう一つは、何もやらないということを選択している場合です。大人でも、何もやりたくない気分の時もあります。いつでも、1日中テンションが上がっていることがいいわけではなく、1日の生活のリズムの中で、何もしない時間、ぼーっとすることができる時間も必要です。保育室の中は、子どもたちがやりたいと思ったことをやることができる場所が用意されていますが、やりたくないと思ったことをやれる場所の用意も必要です。
 もう一つは、何でも拒否をするという、いわば、ある意味の抵抗を示す場合です。その場合は、家庭に問題があるかを考えます。家族のふとした言葉がけが、園や学校での子どもの選択に大きく影響してしまうことがあるからです。「いい服なんだから気を付けて」「男の子はお料理なんてしないのよ」「女の子はクモやミミズを怖がるものよ」などと言った親のメッセージを、直接、間接に受け取ったとします。そうすると、行動がとても強く抑えられてしまう可能性があります。こうしたメッセージは、楽しい体験をしてみたいという子どもの興味をも抑制してしまうかもしれないのです。この視点は、とても大切です。そういう意味でも、園と家庭との連携が不可欠なのです。
 他には、以前に何かをやって失敗したとか、怖い思いをしたとか、何か心のトラウマがあることもあります。それは、自発的に何かをするときの妨げになることが多いかもしれません。こんなこともあるのではないかということが紹介されています。「子どもには、何かを発見することよりも優先度の高い欲求が存在することもあります。家でさびしい思いをしている子どもだと、特定の友達と学校で遊ぶことが何よりも大切だと感じているかもしれません。そのため、その友達がいる時だけしか、活動に参加しようとしないのです。また、疲れていたり、おなかがすいていたり、体調が悪い子どもは、先生がどんなに楽しい事をやって見せても興味を維持できないでしょう。
 これらのように、子どもの「いやだ!」という中にも、様々な事情が含まれていることを考えなければ、その対応は逆効果になることがあります。日々の活動をいつも拒否する子どもがいるようなら、拒否する理由を考え、参加しやすくする方法を考える必要があります。その子に、その日の活動の準備を手伝ってくれるように頼むだけでもいいかもしれません。子どもは自分が準備を手伝った活動には、特に興味を抱くものです。他にも、こんな方法が紹介されています。子どもが努力して学んだり、問題を解決したりする様子を先生が評価すると、子どもを活動に参加させることに良い影響を与えるようです。また、前向きな姿勢がはぐくまれ、子どもは学習者としての自分に自信を持つことが出来ます。この自信を持つことは、その子の情緒を安定させ、もっと知りたいという興味を持ち、努力し続けることができるようになるのです。
 大人の関わりは子ども達に対してとても大きな影響を与えます。もちろん、良い事も悪い事もです。だからこそ、上記のような子どもの心理や発達を十分理解した上で、関わることが出来れば、もしかしたら、子ども達は今よりももっとどんな活動にも意欲的に、積極的に関わることが出来るかもしれませんね。
どうかご家庭でも、ハンズ・オンとハンズ・オフを心掛けてみてください。