園長日記

2015 年 9 月 30 日 水曜日

 最近、子ども達の遊び方が変わってきたように感じます。特にそれは幼児組での遊び方です。以前は子ども達それぞれが思い思いの遊びを行い、時には自分の思いを叶えるために友達とケンカをしているという姿をよく目にしました。おままごとゾーンでは、一人一人が料理を作り場所争いをしていたり、ブロックゾーンにおいても珍しいパーツを取り合う姿がありました。
 しかし、最近は、自分の思いをというよりは、友達と思いを共有して遊ぶという姿が目立つようになってきました。先日も積み木ゾーンにおいて、1枚の写真を見ながら、「ここには柱が必要だ」「ここは傾いているからこうやった方が良い」など小さな建築家が立派なお寺を建築するための打ち合わせをしながら・・・積み木を積み上げていました。
 「遊びの深まり」とは何かと考えた時に、一人遊びには限界があるように思います。人は様々なものから影響を受けますが、特に友達から多くを学びます。しかも、その多くは自分より少しだけ良くものを知っている子とか、少しだけ上手に出来る子とかです。相手の話しを良く聞いて、相手の意見を自分のものに出来る能力は、人としての特性だと思います。この様な力が身につくのはやはり、日々の体験や経験を通して、話し合いの場所を意識的に作ってきている成果だと思います。
 どうか保護者の皆様も、日々の忙しいお時間のほんのわずかな時間で構いません、お子様の話しにちょっとだけ耳を傾け、言葉のキャッチボールを意識してみてください。その様な大人の姿勢を子どもは見習い、人と関わる力を身につけていきます。

IMG_5875

(おたよりの続き)
 今の若者、子どもたちは会話・対話が苦手だと言われています。今までの教育の成果として、みんなの前でプレゼンする能力は着き、自己主張をする能力も身についてきました。しかし、相手の話を聞き、その内容に沿って自分の考えを述べるという対話能力とか、相手の話を聞くことによって、相手の考えていることを感じるというような能力は劣ってきてしまったと言われます。幼いうちから話し合う経験が少ないからのような気がします。それは、もしかしたら、親や大人が、子どもの考えをじっくり聞くこと、そして、きちんと言葉のキャッチボールをすることが少なくなってきたことも原因かもしれません。
 私たちホモ・サピエンスは、社会の中で分かち合い、助け合い、協力をすることで生存してきました。そのためには、人類は話し合うことをしてきたのでしょう。そして、お互いの話を調整して決めてきたのでしょう。ある時期、一人の人の意見が強く、その他の人は黙ってその人の言うことを聞き、その人の言うとおりに動いたこともあったでしょうが、それは、人類を滅ぼすような結末を迎えることもありました。
 新しい概念を学習するときには、話し合いがいろいろな場面で様々な役割を果たします。全米乳幼児教育協会の指針や全米科学教育スタンダードに準拠している本である「Science Experiences for the Childhood Years」では、話し合いの様々な場面での役割を、このように書いてます。まず、導入場面での話し合いです。そこでは、新しいトピックへの興味をかき立てると言われています。そのような場面では、教師は、子どもたちが個人的に出会った出来事を思い出したり、その課題について知っていることを出し合ったりするように促すことが必要になります。この時、子どもたちの個人的な理論に明らかな欠点があっても否定をしてはいけません。子どもたちがこれから行う活動で何を発見したいか、自分で問いを考え出すように促さなければなりません。
 次に、小グループでの話し合いの場面です。このときには、子どもたちの行った活動について話し合うことが必要になります。自分たちが調べた活動で何が起こったかを整理したり、自分たちの考えをはっきりさせたりするために話し合いをします。ひとつの活動から二つ以上の結論に達することもあるかもしれません。しかし、これが子どもの素朴理論を変えるきっかけにもなるのです。
 そして、クラス全体で行なうまとめの話し合いの場面です。それぞれのグループが体験活動で調べた概念を持ち寄ります。こうすると、子どもたちは新しい概念になじめるようになるのです。そして、持ち寄った中で話し合いをすることによって、関連した情報を取りまとめることもできます。個々の概念を結びつけることができるのです。
 子どもたちが自分の考えや体験を表現しようとするときには、まず教師が子どもたちの表現を尊重する手本を見せる必要があります。そうすることによって、子どもたち自身も、グループでの話し合いでお互いに学びあえるようになります。
 毎日の関わり方を意識することで、子ども達の人と関わる力が大きく変化していくのですね。そう考えると、大人も子どもと関わる姿勢を意識しなくてはいけませんね。ちょっとした時間の関わりを大切にしていきましょう。

IMG_5876

 

2015 年 9 月 12 日 土曜日

   アメリカのパン食へのキャンペーンにより、確実に人々の間に浸透していったのです。それが、いかに浸透していったかの例を、酒井さんは紹介しています。それは、昭和33年(1958年)の朝日新聞連載漫画「サザエさん」の一コマです。夕食の食卓を囲んで、フネが波平にご飯のお代わりの盆を差し出しながら、「アラ、たった1ぜん?」と問いかけるのに対し、波平は「いらない。米食は長生きしないらしい」と答えている場面があるそうです。
      さらに、酒井さんはこんなことを指摘しています。米飯はそれだけでもおいしく食べることができますが、小麦粉は基本的においしくない食べ物で、小麦粉だけではとても食べることができません。そんなわけで、小麦粉を食べる場合には、イーストの発酵によって香りをつけてパンにしたり、麺に加工して汁の味で食べるなど、小麦粉プラスなんらかの香味という形で食べざるをえないのです。米と小麦の両方が収穫できる地域では、世界中のどこでも、経済的にゆとりが生まれてくれば、価格とは関係なく必ず小麦粉食から米食へと消費が移っていくと言います。このように世界的な食生活の推移を見ても、小麦粉食から米食へ転換する地域はあっても、いまだかつて米食から小麦粉食へ転換した地域や民族はないと言います。
広く普及している学校給食は、アメリカの食糧戦略の上に成り立ったものだったのです。その結果、現在では米飯給食の機会がふえたとはいえ、いまだにパン食から抜け切れない学校給食によって、世界の食文化史上に類をみない食生活変換の実験が進行中だという事になります。
   川崎市でも近い将来、中学校での給食が実施されるということになっています。しかし、その内容は、業者の委託や従来通りの小学校給食をモデルとした献立になる事が検討されているようです。いつになったら、戦後のアメリカ指導で行われてきた給食からの変換が行われるのでしょうか?まだ間に合います。川崎市も、米飯から給食を見つめ直すという機会を作ろうという人が出てくると良いなと思っています。

2015 年 9 月 5 日 土曜日

 夏が過ぎ、少しだけ過ごしやすい季節になってきました。園庭ではプールがなくなり、元気に鬼ごっこをしたり運動に取り組む子どもたちの姿が見られています。気付けば秋になり、また一つの季節を越えて成長した子どもたち。つい最近、遊んでいるところで素敵な姿が見られました。
 幼児組の室内で積み木で遊んでいた子たちが、立体的な建物を作っていました。建物はどんどんどんどん、あっという間に子どもたちの高さまで積み上がり、背伸びをしてプルプルしている子もいました。大丈夫かな?と見ていると、そこは器用に積み、とうとう手の届かない高さまで大きくなり、台を持ってきての建設となっていきました。初めは登っては降り、みんなで順番にやっていましたが、一人の子が気づきました。
 『僕、下から渡す!』そう、一緒にやっていても一人ひとり順番に行っていたことを協力してやろうと考えたのです。そこからは流れ作業のように箱から出し友だちに渡す子、渡された物を台の上の子に渡す子、渡された物で積み上げる子。なんという素晴らしい助け合いでしょうか。
 きちんと役割を考え協力する子どもたち、時には『そろそろ変わろうか?』と立ち位置を変え、喧嘩にならない工夫も見られていました。
 そしてついにその時が訪れます。完成、ではなく、積み木が無くなる時が・・・。すると、近くに落ちていた物を探す子や、近くの友だちに『少しだけ貸して』と交渉する子など、様々な工夫をし、ついに完成していました。完成した建物を見てみんな達成感を感じ、キラキラとした表情を見せてくれました。
 平面的な物から立体的な物になるだけでも配置のバランスを考えるなど大きな成長が見られます。しかし、それだけではなくどうしたら上手に出来るかと考え、時には一緒に遊んでいる友だちの気持ちを考え、足りなくなったら交渉する。たった一つの遊びですが、イメージした物を具現化すること、みんなで協力してやろうという協調性、相手を思いやる心、様々な工夫、こんなにたくさんの成長が起こっています。
 今後も遊びを通して、友だちと関わることを楽しむ中で起きる子どもたちの成長を見守っていきたいと思います。

鈴木 辰則