園長日記

2014 年 7 月 31 日 木曜日

  6月の終わりに、園庭に「木月屋台」が出現しました。これは食育活動の一環で、園庭で育てたナスやピーマンを屋台のホットプレートで焼いて、子ども達に配るということをしました。第1回はピーマンでした。実施前は、多くの子ども達が苦手なピーマンなので、「たくさん焼かない方が良いかな?!」とか「誰も来なかったら・・・?」等半信半疑での実施でしたが、ふたを開けてみると大盛況でした。次から次へと列が出来て、用意したピーマン(収穫したものはわずかなので買い足してあります(^^))がどんどんなくなっていきました。特にピーマン嫌いな子や、普段お野菜をあまり食べない子どもも、始めはおっかなびっくりでしたが、食べ終わった後に一言「おかわり」。第2回に実施したナスの屋台も同様に大盛況でした。(^^)V
 乳幼児期は身体の基礎を作る大切な時期です。また、味覚の発達も小さいうちからの経験がとても大切です。子どもたちは小さなきっかけから、日々成長していきます。多くの経験を通して、多くの学びに繋げていきたいと思います。rimg0904

(おたよりの続き)
 現在、世界ではそれぞれの国で食育の取り組みが行われていますが、日本で2005年に成立した、国家レベルで食の改善をテーマに掲げた法律「食育基本法」は、世界に先がけて作られています。その法律をつくった動機の一つに、現在、国民の医療費が国家予算の約3分の1にあたる30兆円となったからで、これを減少させるためには、人々の「健康に寄与する食」を供給するという食本来の役割が重要になってくるからです。日本には、古くから「体育・智育・才育は即ち食育なり」と食育を提唱し、「食育食養」を国民に普及することに努めた人がいました。彼は、栄養学がまだ学問として確立されていない時代に食物と心身の関係を理論にし、医食同源としての食養を提唱しました。それが、食養学という学問です。食養とは、食物プラス修養、すなわち「環境・食物・人間一体論」という意味であるので、それは「食養道」ともいえるものでした。
 この食養を提唱したのが、嘉永4年(1851年)に福井県生まれた「石塚 左玄」という人です。日本陸軍薬剤監であった石塚左玄は、ミネラルという微量栄養素の重要性さを、明治時代に欧米に先駆けて世に訴えた先覚者だったのです。当時は、わが国の医学者・栄養学者たちは、欧米の医学界と栄養学会を崇拝していました。欧米では、ミネラルバランスよりも、3大栄養素である炭水化物・タンパク質・脂肪とカロリーが論議の的だったのです。ですから、石塚の提唱を日本の医学界と政府は、特に取り上げもしませんでした。その結果、それまで、病気の少なかったわが国は、さまざまな難病・奇病が発生し、多くの国民が病人か半病人となったほどでした。石塚は、「食は病をつくり病を治す」ということで、食養の基本のひとつは、ミネラルバランスにあるとしました。マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛、マンガンなど、いろいろあるミネラルの中から、ナトリウムとカリウムの二つのミネラルを取り上げて、ナトリウム1対カリウム5という均衡が大切であると説いたのです。
 食事と病は重要だという事が江戸時代から分かっていたことに驚きですね。
rimg0957

 

体をつくり、心をつくる食事について8月13日ごろ載せます。

2014 年 7 月 12 日 土曜日

 ベビーカーは、近代的社会で乳幼児を一緒に連れて移動する際に、もっとも一般的に使われる道具の一つですが、ベビーカーでは、押し手の大人と乳幼児のスキンシップはほとんどないに等しいということをジャレド氏はこう指摘します。「特に、ベビーカーによっては、乳幼児はあお向けの水平に近い姿勢で乗せられる時には、押し手の大人に顔が向くように、進行方向とは逆の方向に顔を向けて寝かされる。つまり、乳幼児の視界が押し手の視界と逆向きになっていて、ふたりが同じ世界を同時に見ないのである。もちろん、アメリカ社会においても、ここ数十年来、乳幼児を座った姿勢で支えられる、ベビーキャリアやおんぶひも、ウェストポーチ型の抱っこひもといった、一緒に抱いて歩行できる道具が一般的になって来ている。しかし、これらにしても、その多くが、乳幼児と介護者の顔が向き合うように設計されているのである。
 顔の向きがこれとは対照的であるのが、伝統的に実践されてきた、ベビースリングやおんぶといった方法による移動である。この方法ではふつう、介護者が乳幼児を座ったままの姿勢でまっすぐ抱き上げ、視界を進行方向にむかせ、乳幼児と介護者の視界が同じになるようにして移動する。」
 この指摘も、授乳中は母子が赤ちゃんと向き合い、そのほかの時には「共視」とか「共同注視」というように大人と同じものを見るという経験がいいのではないか、それを可能にしたのがおんぶだったのではないかと思っています。赤ちゃんは遊んでいるときにも、養育者が自分をいつも見ていてくれているという安心感というよりも、自分と同じものを見ていてくれているかという安心感を求めている気がしています。ですから、定期的に振り返って確かめるのは、自分が遊んでいるものを一緒に見てくれているかだと思うのです。それは、自分を見張られているという感覚ではなく、そのものに感動した時、そのものに驚いた時に共感を求めるからだと思います。
 保育中に、赤ちゃんが一人で何かで遊んでいて、振り向いた時、「大丈夫、ここで見てあげているよ!」と声をかけるよりも、「ほんと、それ面白いね!」とか「不思議だね」というように子どもが遊んでいる対象物に視線を向け、その気持ちに共感してあげることが大切です。子どもの気持ちに寄り添い、日々の触れ合いの中で、お互い分かち合える「共感」の気持ちを持てるようにしていけると良いですね(^^)V