園長日記

2009 年 11 月 30 日 月曜日
よく5歳児のお母さんが卒園前に話されることがあります。「うちの子は小学校に行ったら、ちゃんと先生の話を聞けるだろうか?授業に付いていけるだろうか」と・・・?確かに園では、勉強もしませんし、先生の人数も学校よりも少し多く配置されているので、不安になるのも当然だと思います。では、どのような子どもに育てばよいのでしょうか?30分間以上も椅子に座り、静かに先生の話を聞き、早くから、読み書きや足し算、英語を学ぶことが大切なのでしょうか? 藤森先生の講演では、幼児期においては認知的なものよりも、体験からの学ぶことがとても大切だとの話もありました。一人一人の能力の範囲内での選択肢を用意し、自分に合った課題を見つけることが出来る力。そして、大勢の友達の中で、しっかりと相手の話を聞き、自分の意見を言える力を付けることが大切です。すると何にでも意欲を持ち、自然と勉強にも興味が出てくるのかなと思います。 おたよりのつづき・・・! 日本における児童観について、山口県立大學の准教授であるウィルソン・エイミーさんが書いていました。 「アメリカでは、子どもは“小さな大人”としてみられることが多いように思います。生まれて間もないのに、飾り付けがきちんとされた個室を与えて、1歳児なのに、小さなジーパンをはかせて。厚い生地のジャケットやひも付きの靴、大人のものと変わらないようなファッション。お話が少しできるようになったら、選択肢を与えて“今日はパン?シリアル?”“どっちの絵本がいいの?”とか、子どもの考え方や意見がしっかり育つような教育をしています。しつけにおいても、大人の社会で子どもが礼儀正しくいられるように、しっかりとした“YES・NO”を求めるし、従わないと罰を与えることがあります。(近年では、体罰ではなく、好きなテレビが見られないとか、一定期間と友達と遊べないとか)。それがうまくいったときに、礼儀正しい子どもに育つのですが、その逆に、ショッピングセンターのど真ん中で体を床に投げ出して大泣きしている子どもを見ることも少なくありません。」子どもに選択させるというのは、一見子ども主体に思いますが、実は礼儀から意見を言わせようとしたり、また、責任をとらせようという大人の考え方をあてはめていることが多く、子どもの意見を尊重しているというわけではないようです。ですから、かえって、このような礼儀正しさの強要は、わがままを言ったり、無理なことを強引に押し通そうとする子を生んでしまっているのです。それに比べて、日本では、こう考えているということが続けて書かれています。 つづく・・・(^^;)
2009 年 11 月 6 日 金曜日
以前新聞にこのような内容が掲載されていました。「『選択理論心理学』教育に成果、広がる実践」というタイトルです。「教師が強制するのではなく、子どもに自分で行動を選ばせ、責任を持たせる教育手法が注目されている。選択理論心理学に基づくもので、アメリカでは多くの学校で取り入れられ、成果を上げている。国内でも、日本選択理論心理学会がサマースクールや教員への講習を通じ、実践を試みている。」というリードがあります。内容は、「自分で選び行動に責任」ということで、実践が紹介されていました。この選択理論心理学は、自ら行動を選択する心の動きを研究し、カウンセリングなど様々な分野に応用するものだそうで、1970年代、米国で教育分野に取り入れる試みが始まり、カナダやオーストラリアなどにも広がっているようです。「自分自身で選ぶことにより、子供は行動に責任を持つようになる」という考えに基づき、暴力を振るったり、騒いだりする子どもについても、しからずに自分の行為を振り返らせ、間違いに気づかせます。米国ではこうした教育が約200校で採用され、暴力行為やいじめなどが減り、学力も向上したといいます。日本では80年代後半から研究が始まり、2002年には日本選択理論心理学会が発足。現在、教員や主婦、会社員ら約600人の会員がいるそうです。同会の実施する講習を受けた教師たちが、学校での指導に同理論を生かしているケースもあるといいます。「学年の枠を超え、共同作業をさせることで、競争意識ではなく、協調する気持ちを育てる」と、指導の特徴を説明しています。これは、小学生以上を対象としていますが、私は、幼児の世界こそ、その考え方を持つべきだと思います。その理由のひとつには、幼児期こそ、発達の個人差が大きいことがあります。また、認知的なものよりも、体験からの発達を促すことに課題があるからです。しかし、きちんと、幼児においての選択能力の領域の把握が必要です。その能力の範囲内での選択肢を用意するべきです。これは、必ずしも幼児に限らないかもしれません。大人でも、自分で選択する能力がなければ、決めてあげるとか、強制せざるを得ませんね。  11月13日(金)の講演会でもどんなお話しが聞けるのか楽しみですね。まだ、参加は出来ると思います。子ども達の将来を見据えた貴重な講演会です。是非その日だけは仕事を早く切り上げて、奮ってご参加ください。お待ちしています。