木月保育園のブログ「小さなもみじの物語」

「箱入りひよこさん」0歳児ひよこ組編

ひよこ組として過ごす月日も残り1か月と少しとなりました。あっという間に感じますが立って歩けるようになったり、おしゃべりが上手になったり、一人でご飯が食べられるようになったりと、沢山の成長した姿が見られました。 今回はそんなひよこ組さんの最新のお気に入りスポットをご紹介したいと思います。          

「かっこいい姿」2歳児りす組編

  1月に入り、りす組の子ども達が待ちに待った幼児組への移行が始まりました。 4週に渡って数名ずつ幼児組へ上がりりす組保育室で過ごしている子ども達は、あひる組から移行してきたお友達と一緒に過ごしています。あひる組のお友達が移行してきたことにより、一緒に過ごすりす組の子ども達にお兄さん、お姉さんの意識が少しずつ芽生えてきました。今回はその中でも生活面でとても意欲的になったA君の

「小さなてのひらにあるもの」幼児組編

新年を迎え、どのクラスの子どもたちも少しずつ新しいクラスに向けて動き出しています。ぞう組は就学に向けて、お昼寝の時間がなくなり、その時間は散歩や園庭などで思いっきり遊びを楽しんでいます。(夕方、眠気に耐えられず、船をこぐかわいい姿も…) 普段いろいろなクラスで使っている園庭ですが、お昼寝の時間はぞう組だけで使うことができ、今、週に一回サッカーを始めています。 男の子たちは今までも日中や夕方の

「言葉につながる指差し行動」0歳児ひよこ組編

入園した頃はまだ赤ちゃんだったひよこ組の子ども達もすっかり大きくなりました。身体が大きくなり、歩けるようになったり食事を自分で食べるようになったり、日々大きな成長を感じています。最近は特に言葉につながる指差しや発語のきっかけになる喃語が多く聞かれるようになってきました。 ある日、サークル車に乗ってお散歩に出かけたときの出来事です。私は「今日天気がいいね~」「空に飛行機が飛んでるよ」「車がたく

「遊びの天才!あひる組」1歳児あひる組編

              今回はあひる組のお部屋でのエピソードをお話したいと思います。 0歳児のひよこ組と1歳児のあひる組は通年異年齢保育をおこなっています。子ども達は一緒に過ごす事は慣れていますが、遅番の時間に担任がいなくなってしまった姿をみてひよこ組のAちゃんは急に泣

「無限の想像力」2歳児りす組編

最近のりす組は幼児組への移行に向け幼児組への期待が膨らむ一方です。本当に成長が著しく大人は驚くばかりです。生活面でも遊びの面でも成長著しい、りす組ですが、今回は遊びでの一コマをご紹介します。 ブロック遊びが大好きなりす組のお友だち。4月の頃は1人で作って楽しんでいたのが今ではお友だちと話しながら作成するようになりました。 ある日AちゃんとBちゃんがブロックで遊んでいると2人で何か話して

「魚ってね」幼児組編

この日の給食は“ワカサギの唐揚げ”でした。           Aちゃんの隣で一緒に給食を食べていると、「あ、これ、前も食べたね」とAちゃんが話し始めました。「この前給食に出た時は、七夕の鳥のカササギにかけてワカサギが出たんだよね。」と続けて話してくれました。私はよく覚えている上色々とよく理解しているなぁ

「”食”から育む」給食編

木月まつりの前日幼児さんと一緒に味噌開きをしました。5月に味噌作りをしたことを幼児さんはしっかりと覚えていて、「大豆からできているよ」「頑張ってつぶしたよ」などの声が聞こえました。味噌樽を開けると、「すごーい!」「いいにおいがする」「おいしそう」など、感想は様々でしたが、半年前に自分たちでつぶした大豆が味噌になっていることにみんな驚いたようです。仕上げに上澄みでできた醤油とよく混ぜ合わせて完成です

「大好きだよ!!」0歳児ひよこ組編

子どもたちに「大好き!」ってちゃんと伝えていますか?子どもたちとハグをすると、とっても幸せな気持ちになります。私たち大人ばかりではなく、子ども達も同じことで子ども達も、ハグが大好きです。 ハグには、ストレス解消やリラックス効果があるという研究結果が出ています。園でも、ハグをすることで、その子と保育士との距離感(信頼関係)が図れる事が多いのです。ちょっと近づいただけで避けられてしまったら、まだ

「子どもの発想って面白い!」1歳児あひる組編

お話がどんどん上手になってきたあひる組さん。毎日子ども達とふとした会話の中で、子どもならではの自由な発想にいつも笑顔にさせられています。 子ども達の自由な発想は、時に大人も驚く事を考えつく事があります。今回は、そのような子どもの自由な発想に「面白い!!」と私自身が感じたエピソードをご紹介したいと思います。 朝から天気が悪く園庭に出る事の出来なかった日の出来事です。雨でも、子ども達は元気

top