木月保育園のブログ「小さなもみじの物語」

「子どもの発想って面白い!」1歳児あひる組編

お話がどんどん上手になってきたあひる組さん。毎日子ども達とふとした会話の中で、子どもならではの自由な発想にいつも笑顔にさせられています。 子ども達の自由な発想は、時に大人も驚く事を考えつく事があります。今回は、そのような子どもの自由な発想に「面白い!!」と私自身が感じたエピソードをご紹介したいと思います。 朝から天気が悪く園庭に出る事の出来なかった日の出来事です。雨でも、子ども達は元気

「小ちゃな小ちゃなお医者さん」2歳児りす組編

舞い散る枯葉や冷たい風に本格的な冬の訪れを感じるこの頃。外や公園で遊ぶことが大好きなりす組さん。その公園で遊んでいる最中の出来事をお話ししたいと思います。 その日は公園で遊ぶ事になり子どもたちは大はしゃぎ。自分で好きな遊びを見つけて遊んでいました。ふと見ると公園のベンチの周りを囲み何人か集まっていました。何をしているのかと思い見ていると、ベンチにAちゃんが横に寝ていました。その近くにはBちゃ

「憧れから悔しさ、悔しさから喜びへ!」幼児組編

最近は日ごとに寒さが増し外に出る時は上着が手放せない季節となりました。そんな寒さの中でも子ども達は元気に外で遊んでいます。その中でも今人気のある園庭の大きなアスレチック遊具であったエピソードを取り上げてみたいと思います。 今年の9月の中旬に新しくできた大型アスレチック遊具は、3階建てになっていてトランポリンや滑り台、V字ブリッジやクライミングウォール、登り棒等があり、沢山楽しむことができます

「がんばれ・がんばれ」0歳児ひよこ組編

 今年の秋は寒暖差が激しく落ち着かないお天気でしたね。最近のひよこ組では、遊びの中で子ども同士の関わりが少しずつ見られるようになりました。 0歳児の遊びは1人遊びか、大人と子どもの一対一が多いですが、月齢が上がるにつれて少しずつ遊びの姿に変化き現れます。1人遊びでよく見られるものは穴落としや、絵本を見たり。ブロックなどです。よく、集中して黙々と遊んでいる姿が見られます。友達との関わりが見られ

「楽しそうだな~!」1歳児あひる組編

ある日のお部屋遊びでの出来事です。               線路遊びの好きなA君が電車を持っていたので、少しだけ線路を繋げて作ってあげると、A君は嬉しそうに一緒になって線路を作り始めました。するとBちゃんがそこにやってきて2人で線路を作り始め、作り終えると電車を持ってき

「私はやらない」2歳児りす組編

みなさんは<子どもの主体性>と聞くと、どのような子どもの姿を思い浮かべますか?「あと少しでできる前回りに挑戦する姿」「子ども同士でやりとりをして遊びが展開されていく姿」など、様々な<子どもの主体性>があります。そんな中で「これも子どもの主体性なのでは??」と私が思った日常のエピソードをご紹介します。 9月。木月保育園に新たにアスレチック遊具ができました。新しいアスレチック遊具は子どもたちに大

「園庭の片隅で」幼児組編

園庭に新しい遊具が完成し、先日運動会が終わった直後のお話です。 運動会の熱がまだまだ冷めない子どももたくさんいる中、三輪車置き場の横に集まるうさぎ組の子どもたち。砂場道具を持ち込み、三輪車を並べて柵で周りを囲い、なにやらとても楽しそうな姿が見られるのです。Aちゃんが周りの子に「きれいな葉っぱと石、集めてきて」とお願いすると、三輪車に乗って探しに出発していました。何人かの子が戻ってくると、「こ

「はばたけ!ひよこ組さん」0歳児ひよこ組編

  10月に入って朝晩の冷え込みが増し、ぐっと秋らしさが深まってきましたね。 さて、今年も秋の大イベントである運動会が開催されました。0歳児クラスの競技が無い保育園もある中、木月保育園では毎年ひよこ組さんも全員参加します。 今年は保育園のテーマ「絵本の世界に飛び込もう」にちなみ子ども達の大好きな絵本、「はらぺこあおむし」に登場するあおむしにな変身してもらい、マットの山や

「おててを繋いで出発進行!~子ども同士の魔法の言葉~」1歳児あひる組編

残暑が厳しく残りましたが、朝晩は涼しくなり秋の気配が感じられるようになってきましたね。園庭の遊具も新しくなり楽しむ他、園外散歩ではどんぐり拾いなどで秋を感じながら楽しむ子ども達、そんな子ども達の散歩の様子を今日はお知らせしたいと思います。 少し遠出の散歩になるのですが、みんなが大好きな元住吉の駅に行った時の出来事です。駅で電車をみて楽しかったようで帰り道にAちゃんが「でんしゃ、たのしかったね

「遊びを通して」2歳児りす組編

りす組での生活が始まり早半年がたち、あと数ヶ月後には、幼児組での生活がはじまろうとしています。そんなりす組の子どもたちに人気の遊びの一つである、おままごとコーナーに新しくトングのおもちゃを追加しました。普段は給食の配膳を全て担任が行っていますが、幼児組での生活へ向けて、そろそろりす組の子どもたちも自分たちで配膳ができるのではないかと考え、まずおままごとコーナーへ新しいおもちゃとして、トングを用意し

top