木月ほほえみ保育園のブログ「そこはっ!ほほえみっ子」

「わたしたちの」なつまつり(幼児組編)

木月ほほえみ保育園では、8月19日・20日に『なつまつり』が開催されました。 幼児組では、8月に入ってから一人ひとりゲーム・屋台の中から一つ選び、準備を開始しました。段ボールや必要なものに絵の具やペンで色を塗ってゲーム作りや景品作りをしたり何回までにするか、などルールも子どもたちと決めていきました! いざ、当日になるとみんな素敵な浴衣や甚平姿で続々と登園! 「見て見てー!」と一回

トントントン♪はい、おしまい!(2歳児クラス・るんるん組編)

突然ですが皆さんは「わらべうた」はご存じですか?「童謡」「子守歌」「手遊び歌」など様々な言われ方をしています。 いずれも子ども向けの歌であり、昔から子どもたちにより歌い継がれ、子どもたちが遊びながら歌う歌のことです。これらは様々な種類があり、代表的なものでいうと「とんとんとんとん・ひげじいさん」や「いないいないばあ」などがこれにあたります。 歌い継がれてきたということもあって、お父さんお母

成長を感じた瞬間(1歳児クラス・すくすく組編)

毎日すくすくと成長する子どもたち。 成長が著しい1歳児の保育では「昨日までは出来なかったことが今日はできた!」と、目に見えて感じることがあります。子どもの“ひとつひとつの初めて”に、私たちは毎日たくさんの感動をもらっています。 そんな子どもたちとの園の生活の中で見つけた感動したエピソードをお伝えしたいと思います。   おもちゃの取り合いや場をめぐる主張のぶつかり合いなどが

かたつむりさんのごはん(給食編)

朝の9時前。最近では、るんるん組さんが給食室を訪れるのが日課となりました。 子どもたちのお目当ては、お部屋で飼っているかたつむりのエサをもらいにくることです。 「こん、こん、こん!おはようございます!かたつむりのエサくーださいっ!」 最初は緊張気味だった子どもたちも、今では大きな声で挨拶をしてくれます。 かたつむりのエサには、給食で使う人参の皮や、キャベツの外葉、きゅうりのへたなどいつ

ほほえみ家族(0歳児クラス・よちよち組編)

0歳児、1歳児のお部屋に遊びにきた4歳児の男の子2人。2人にとっては幼児さんの部屋にはないおもちゃがあり、それが魅力的で遊びに来た節も私には感じないわけでもなく・・・ 案の定しばらく様子をみていると、男の子2人でなにやらガラガラを勢いよく振って楽しそうに遊び始めました。とその時、その様子が気になったのか、0歳児の男の子がそばに寄って行って、4歳児2人の遊んでいる様子をジーっと見始めた

ちいさな科学者たち(幼児組編)

最近手洗いの時に、子どもたちが水道から出てくる水を頑張って掴もうとする姿があったので、朝の会で「つかめる水を作ろう」というサイエンスをしたある日のこと…。   日頃から色々とサイエンスを体験している子どもたち。 今回はみんなが実際に混ぜたり、近くで見たり、匂いを嗅いだりしていくなかで、感じたものをその場で友だちや先生と考えていけるような設定で実験開始!  

できたね!うれしいね!(0歳児クラス・よちよち組編)

入園して4ヶ月が経ち、園での生活にも慣れてきたよちよち組のこどもたち。入園当初は先生の抱っこが大好きだった子も、先生の元を離れて自分で遊び出すようになりました!   これはお部屋でマットやトンネルを広げて運動遊びをしていた時のエピソードです。 Aちゃんはこの日初めて保育園でトンネルを目にしました。じっと見つめて観察していたAちゃん。そこにお手伝い保育できていた幼児組のBくん

ただいまとおかえり(1歳児クラス・すくすく組編)

進級してから3ヶ月が経ち、すくすく組のお友だちには入園してから2度目の夏が訪れようとしています。 去年の夏には不安定ながらも一生懸命歩いたり、ずり這いで動き回っていた子どもたちも、今では子どもたち同士で手を繋ぎ、公園で元気いっぱい走り回っています。 大人の1年と子どもの1年の差をひしひしと感じている今日この頃です。 雨が続く6月のとある日、すくすく組は室内でお買い物ごっこをしていまし

赤はどこかな?(2歳児クラス・るんるん組編)

るんるん組(2歳児クラス)に遊びに行くと、顔を見るなり「せんせい、いっしょにあそぼ~♪」と誘ってくれる子どもたち! 「いいよ~!何して遊ぼうか~?」と声を掛けると、「これにしようよ~♪」と、色々な手作りおもちゃを持ってきてくれます。 るんるん組の先生が日々沢山の案を出しながら子どもたちの為にと、手作りおもちゃを沢山作ってくれています♪ ペットボトルのフタにシールを貼り、ケースの中にも同じ

外気浴から大冒険へ!(0歳児クラス・よちよち組編)

入園して間もない頃は「ここはどこなの~?」「パパ、ママはどこなの~?」と不安でいっぱいだったよちよち組さん。 1人のお友達が泣くとみんなもつられて泣き、お友達がパパやママと登園して来ると思い出して泣き…泣き声が響き渡るにぎやかな保育室でした。 さて、そんな時はお散歩へGO! 園庭に出てバギーに座ると……泣きや……みません。まだです。 バギーが動き始めると…… 泣き止みました!

top