小さなもみじの物語

  • «
  • »
  • 「絵本ってたのしい」(0歳児ひよこ組編)

    2018 年 11 月 24 日 土曜日

     落ち葉の散り敷く季節となりました。ひよこ組のお友達は、落ち葉が大好き。園庭に出ると落ち葉のところまで一目散!ガサガサ、、ビリビリ、、耳で触感で秋を楽しんでいます。
     そんなひよこ組さん、最近はみーんな絵本ブーム!室内遊びでは、絵本を何やら自分なりの言葉で音読する姿や逆さを向いた絵本を夢中に読む可愛い姿がたくさん見られます。読んでもらうのもだーいすき。絵本を持ってきては、手を伸ばして読んでほしいアピール。「読んで?」と尋ねると「でーっ」と可愛くおねだりしてきます。読んであげるとご満悦。すぐさま「っかい!(もう一回)」とリピートのおねだり。それが、飽きるまで続きます。子どもは、何度読んでも毎回指を指したり、笑ったり、真似っこしたりととってもいい反応をしてくれます。何度も何度も同じ絵本を読んでと頼まれると、思わずまたこの絵本?飽きないの?と思ってしまうこともあると思います。繰り返しの多い乳児の絵本を何十回と読むことは大人にとってつらいことかもしれません。しかし、子どもは「自分が思ったことが起きる」ことを楽しんでいるのです。読み方を変える必要はありません。子どもが満足するまで、何度も同じように読んであげることが大切です。
     同じ絵本を繰り返し読むことは、繰り返しが好きな子どもを満足させると同時に、言葉の発達にも重要な役目を果たすと言われています。
     また絵本には、場面を想像することで想像力が育つ、言葉の表現を知ることで語彙力が育つ、いろんな世界に触れることで知的好奇心が刺激されるなど多くの効果があります。
     様々なことに興味を持ち感情の表現が豊かになり始めたこの時期、私たちも反応を楽しみながらたくさん絵本を読んでいきたいと思います。そして絵本からたくさんのことを吸収し、関心を広げていってほしいです。

     

     

     

    根岸 佑実