小さなもみじの物語

2018 年 7 月 28 日 土曜日

 梅雨が明け、照りつける日差しに溶けるような暑さが続くようになりました。園庭では蝉が鳴くようになり、虫取り網を持って子どもたちが蝉やカナブンなど夏の虫を捕まえて楽しんでいます。最近幼児組では、何人かの子たちがお手伝い保育で乳児組にお手伝いに行くことにはまっています。お手伝い保育は当番や順番で行くものではなく、行きたい子が自分から保育士に「○○組にお手伝いに行きたい!」と声を掛け、行くことが出来ます。うさぎ組のAちゃんもお手伝い保育常連さんの1人です。ですが、今までのAちゃんは乳児組のお友だちと遊ぶのではなく、1人でおもちゃで遊んだり保育士に話しかけたりとお手伝いというより乳児組に自分が遊びに来ているようでした。しかし、最近は乳児組のお友だちと進んで遊んだり、おもちゃを率先して片付け乳児組のお友だちのモデルとして活動する姿が見られました!そしてAちゃん自身「とんとんしてあげたら寝た!」「あひる組の子と遊んであげた!」と嬉しそうに教えてくれるようになりました。他のお友だちもお手伝い保育に行くために早く自分の遊びを切り上げ乳児組へ向かう姿がよく見られます。「私がとんとんしてあげるとよく寝るんだ!だから早く行くの!」とちょっぴり自慢げに教えてくれる子も少なくありません。私自身、乳児組に入っている際に幼児組からお手伝いに来てくれる子たちには本当によく面倒を見てくれるので助かっています。乳児組の子たちもお兄さんお姉さんが来るととても嬉しそうに遊んでもらっています。
 また、普段保育士が子ども達にしている声掛けをしっかり覚え、乳児組の子たちにしている姿はとても可愛らしいかつよく聞いているのだなと…声掛けの言葉はしっかり考えて行っていこうと感じる時でもあります。
 日々幼児組は同一年齢だけでは得られない育ちを期待し、うさぎ・きりん・ぞうと異年齢で活動を共にしています。自分より年下のお友達には思いやりの気持ちを持ち、お手伝いをしたり優しく教えてあげたり、年上のお友達には活動のモデルとして憧れを抱いたりと、子どもたちがお互いに育ちあうことが異年齢保育では自然と見られるようになります。普段の同年齢同士での姿とはまた違った姿が見られ、うさぎ組のAちゃんは自分が乳児組さんより年上であることを自覚し、普段きりん組・ぞう組の子たちにしてもらっていることを乳児組の子に対して行っているのだと感じました。また、自分たちが乳児組の時に、その時の幼児組のお兄さん・お姉さんにとんとんしてもらったり、遊んでもらったことが自然と身についているということもあります。
 保育園は子どもたちにとって初めて集団生活をする場であり、お手伝い保育に限らず普段からたくさんの人との関わりを経験します。人と関わることで楽しいこと、嬉しいこと、我慢しなくてはならないこと、悲しいことなど様々なことを知っていきます。先生との関わり、地域の人との関わり…そして何より子どもたち同士の関わりから見られる成長を、これからもあたたかく見守って行きたいと思います。

 

佐々木 舞

2018 年 7 月 21 日 土曜日

 今年は記録的な早さで梅雨が明け、外で思いっきり体を動かして遊べる日が多くなってきました!入園当初は園庭でバギーに揺られて外気浴を楽しんでいた子どもたち。今ではハイハイやあんよで園庭中を動き回り、思い思いに好きな遊びを楽しむ姿が見られます。
 伝い歩きやあんよができるようになってきた子たちは、手押し車が大好き!手押し車を出してあげるとにこにこしながら、早速園庭散策に出発します!まっすぐまっすぐ進んで行くと行き止まり。方向転換はまだ難しくてできません。するとこちらを向いて手を挙げたり、「てんてー」(先生)と助けを呼んできます。向きを変えると満足げな顔をしてまた出発。毎回助けを呼ぶ姿がとても可愛いです。レジャーシートの上で遊んでいる子どもたちも、時間が経つとそれぞれハイハイで園庭を探索しに行きます。石や葉っぱを見つけて観察をしていたり、砂の触感を楽しんだりしています。
 入園当初は寂しさと不安でたくさん泣いていた子どもたちが、自らハイハイしたり歩いたりしながらどんどん世界を広げていく姿を見ることができるようになりとても嬉しいです。子どもたちが自発的に周りの環境に関わっていけるのは、もし何があっても養育者が守ってくれるという感覚。もし失敗しても養育者が助けてくれるという感覚。これがあってこそ、子どもが自発的に動き、自分にとって未知のものに関わっていけると言われています。私たちは子どもたちにとって他人から安心できる存在になれるよう、日々共に過ごす時間の中で声かけやスキンシップなど小さなことの積み重ねを大切にしてきました。オムツ替えの一対一で関われる時間を大切にしたり、食事を共に楽しんだり、泣いている時は優しく受けとめたりといったことを繰り返すことで少しずつ距離が縮まってきたように思います。今では、大好きなママやパパから離れる時でも手を伸ばしてくれるようになりました。好奇心のおもむくままにお部屋や園庭中を歩き回り、次から次へと玩具を手にとったり、じっと眺めたり、叩いてみたり、、、そんな探索行動は赤ちゃんが周囲の状況を確認・理解するために欠かせないものです。
 ひよこ組のみんなも、不安になったら私たちのことを「安全基地」にしながら、外の世界に触れていってほしいと思います。子どもたちがたくさんの経験から学びに繋げていけるよう、これからも子どもたちにとって安心できる存在となり事故や怪我のないよう近くで見守っていきたいです。

根岸佑実

2018 年 7 月 14 日 土曜日

 梅雨の合間の晴れた日には、おもいっきり外遊びを楽しむ子どもたち。その子どもたちは入園から4ヶ月が経とうとしており、ますます子どもたちの成長が著しく見られます。これからお話しするのは、保育園の生活の中でAちゃんの成長についてお話しをしたいと思います。
 4月の入園始めの時はまだ歩けず、ハイハイか座って静かにおもちゃで遊んだり、床に寝ていたり、外を見ていたり、あまり動いていないことが多かったAちゃん。ですが、この4ヶ月で大きな成長を見せてくれました。それは、今まで歩けなかったAちゃんが徐々に一人で5歩6歩と歩いて部屋の中を歩き回り、おもちゃで遊ぶ時も「あーー。」と声を出して楽しそうに遊んでいるのを目にしました。そして、最近あることに挑戦しました。それは、園庭にある滑り台に登ることです。園庭にある滑り台は滑るまでに少し高い階段があり、そのあとに歩くと揺れるはしごがあります。Aちゃんは他の子どもが階段を登り、はしごを渡り、滑り台で滑っているのをじっと見ていた為「やってみる?」と声をかけ、階段の下まで連れて行ってみました。階段を登ろうとしなければ、他の遊びに移行しようと考えていましたが、進んで階段を這いずりながら登ろうとしていました。なので、自分の力で登るよう、少し手を離して後ろから落ちないように準備をして見守っていました。階段を自力で登り、立ち上がり、はしごを登ろうと2.3歩と渡り始めたので「Aちゃん!頑張って!見てるよ!」とAちゃんと顔が見える位置に立って応援していました。すると、揺れるはしごが怖かったのかその場でしゃがみこんでしまいました。その後は無理をせず、そのまま引き返し、抱きしめて頑張ったことを褒めてあげました。小さな2.3歩でしたが、とても大きな成長です。目の前で見れて嬉しかったです。
  遊びは子どもの成長において大切なもの、遊び自体が学習経験です。また、自発的に遊びを探し、周りの環境に関わろうと探索活動ができるのは、「安全基地」と呼ばれる関係性が形成されているからなのです。「安全基地」とは、その子どもの要求に答えてくれる養育者との関係からなる愛着関係が基盤となります。その関係性から助けてくれる、守ってくれるという大人に対して安心感を得られる場所、いつでも帰ってこれる場所(関係)という意味です。「大丈夫だよ。ちゃんと見ているよ」のやり取りが大切なのです。この「安全基地」があることで積極的に周りの環境に関われるので、様々な発見や自信がつき、子どもの一つの成長になります。
 これからも私たちが「安全基地」となり子どもたちにたくさんの経験をさせ、自分に自信を持てるよう様々な道具を用いて子どもたちとの遊びを広げていきたいです。

 

河田 真帆

2018 年 7 月 7 日 土曜日

 梅雨入りをして、急に気温が下がったり、雨がシトシトと降る毎日が続くようになりました。そんなジメジメとした気候を味方にして楽しく遊ぼう!とりす組さんではある遊びを行いました。それは、「寒天遊び」です。
 赤、青、黄色、緑、白、紫、オレンジと色とりどりの寒天を切り分けると、早速子供たちは寒天を触り「つめたーい」「つるつるするー」「ぷるぷるだー」「ゼリーみたい」と口々に寒天の触り心地を教えてくれました。怖くて触ることができない子も中にはいましたが、お友だちが触っているところをじっと見て様子を伺っていました。寒天と一緒に型抜きやカップも配ると、ぐちゃぐちゃと細かく手で握り潰してカップに入れる子、大き目に切ってカップに入れる子、切り分けられた寒天をそのまま上にどんどん重ねる子、テーブルの上で叩き潰すようにしている子など寒天の感触を楽しみながら思い思いに寒天で遊んでいました。

ブログ写真1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中でも一番多かったのは、寒天をカップの中に入れてお店屋さんごっこ!Aちゃんは「はい!アイス!」と言ってコップからはみ出そうなくらいのアイスを、Bくんは「すっぱいジュースだよ」と言って少し黒い色に変色しているジュースを、Cちゃんは「これはコーヒー」と言いながらキレイな色の層になっているコーヒーを出してくれて、まるでファミリーレストランのようになっていました。活動後にも自宅に持ち帰って遊べるようにすると、お迎えの時に子ども達の方からお母さんたちに話してくれて、落とさないように大事そうに持ち帰ってくれる子もいました。翌日の連絡帳には「お家に帰ってからも遊びました!」「美味しそうなコーヒーをごちそうしてくれました」「立派なクラッシュコーヒーゼリーが出来ていました」「こうやってコップに入れたんだよと教えてくれました」など寒天遊びを自宅でも楽しんだと嬉しいコメントが沢山!!雨が降って外に出ることが出来なくても、子ども達が楽しめる遊びを提供することが出来て良かったと感じました。

ブログ写真2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 さて、この「寒天遊び」は寒天特有の感触を味わいながら遊ぶことが醍醐味ですが、このような遊びを「感覚遊び」といいます。この「感覚遊び」は視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の5感を使う遊びで、今回の寒天遊びは「視覚・聴覚・嗅覚・触覚」の4感を使い遊びました。乳児期からこのような感覚遊びを行い、沢山の物に触れてきた子どもたちは、刺激をたくさん与えられ、好奇心旺盛で色んなことにチャレンジしようと新しい試みを持つことができるようになると言われています。また、想像力など考える力が備わり、新しい出来事にも動じずに受け入れるようになるとも言われています。
 私たち職員は、これからも小麦粉粘土や氷遊び、泥んこ遊びなどを取り入れて、子どもたちが楽しみながら感覚を養っていけるような遊びを提供していきたいと思っています。

 

ブログ写真3

田所 未帆