小さなもみじの物語

2018 年 6 月 30 日 土曜日

 3,4、5歳児のいる幼児組では、いつも子どもたちが自由に使える、お菓子やティシュボックスなどの空き箱、トイレットペーパーの芯など、いわゆる廃材を常備しています。箱を廃材BOXに入れた途端に、群がる子どもたち。お目当ての箱をゲットすべき、ちょっとしたケンカが起こることもしばしば...。
 さてさて、そのもらわれていった箱たちはこれから何に変身するのでしょう。ジーっと子どもたちを観察していると、保育士に名前を書いてもらって、すぐに製作に取り掛かる子、友だちにどんな箱を手に入れたのか自慢しに行く子、大切そうに自分のお道具箱へしまう子など様子は様々です。
 昨年度まで廃材を使ったことのなかった3歳児が、一番最初にすることは、箱集め。真新しいものを探しては、箱の争奪戦に参加しています。気づけば、自分のロッカーが箱だらけ、なんてこともしばしば...
 その次のステップとしてすることは、箱を何かに見立て始めます。私たちから見たら、なーにも変身していないただの空き箱ですが、、、「電車!プレゼントの箱!車!」などなどそれぞれ、イメージを持って箱と関わっています。
 さぁ、お次は、セロハンテープを使って箱を繋げ始めます。ロボットや、電車、車、さきほどの箱の見立てとさほど変わりはないのですが、、出来上がってくるものに変化が表れ始めます。本物にすこーしずつ、すこーしずつですが、近づき始めるのです。窓をつけたり、ライトをつけたり、細かな部分にも気づけるようになったら、一人前。空き箱を自分の身近にある好きなものに見立てて遊ぶという、技を覚えていくのです。
 廃材遊びの最大のメリットは、子どもの世界観や可能性をどんどん高めていけること。アイディア次第でいろいろな遊びに発展することができるので、子どもならではの独創性やイメージを繰り広げることができます。最初は、子どもたちの作品を見て、「何これ?」と思ったこともあるとは思いますが、次第に完成度の高い作品を作れるようになっていくので、作品を見て子どもの成長を実感することも出来ます。私たちが、保育に廃材を取り入れている理由は、身近なものと関連しながら、想像することの楽しさ、それを形にする楽しさを味わって欲しいという願いからです。
 大人から見たら、ただの空き箱かもしれませんが、この箱には子どもたちの夢が詰まっています。子どもたちと一緒にこれからも、いろんなものを作っていきたいと思います。


眞弓 知子

2018 年 6 月 23 日 土曜日

 子どもたちが入園して2ヶ月が経ちました。ひよこ組では徐々に泣く子どもは減り、楽しそうに遊ぶ姿がたくさん見られるようになってきました。この間までハイハイやつかまり立ちしていた子が、自力で2、3歩歩いたり、おしゃべりが盛んになったりと、この2ヶ月で子どもたちの著しい発達の速さに驚いています。毎日小さな成長を見せてくれてとても嬉しいです。
 今日はAちゃんの話をしたいと思います。Aちゃんは1番低月齢の8ヶ月の女の子です。入園したては、ただ寝転がることしかできなかったAちゃんですが、今ではハイハイができるようになり、よく私の元までやって来てくれます。ハイハイで保育士の元まで来ることは、当たり前のような光景に思うかもしれませんが、そのようになるまでの、入園当初から今までのAちゃんとの関わりで私は子どもにたくさん話しかけたりスキンシップをとることが大切だと気づきました。はじめの頃は寝転がっているAちゃんに保育士が話しかけたり関わりに行くという関係でした。
 その時期のAちゃんとの関わりで心がけていたことはたくさん目を見て話しかけることです。具体的には毎朝、登園してきたAちゃんを抱きかかえ、目線を合わせて「Aちゃんおはよう」と一言は声掛けを欠かさずしてきました。そのように目を合わせ笑いかけたりすることで、Aちゃんにとって保育士は知らない人から、いつもいる人、優しく接してくれる人と安心感に変わると思います。
 毎朝の挨拶は当たり前のことのように思うかもしれませんが、とても大切なことです。初めのAちゃんは話しかけてもポカーンと私の方を見つめるだけで特に反応はありませんでした。しかしハイハイができるようになると盛んにAちゃんの方から私の元へやって来てくれるようになりました。今では話しかけたり笑いかけるとAちゃんも嬉しそうに笑ったり、声を発しています。
 このAちゃんの成長の様子を通して伝えたかったことは、赤ちゃんとの関わりの大切さです。まだ話しかけても反応がない時期だとしても、たくさん名前を呼んであげたり話しかけることで愛着は形成されます。これからもたくさん名前を呼んだり話しかけて、さらに子どもが安心して過ごせるような関係作りを心がけていきたいです。

 

宇都宮 裕莉

2018 年 6 月 16 日 土曜日

 あひる組の子どもたちは、次々と2歳を迎え新しい成長の姿を見せています。みるみる成長していく姿を見るたびに、少し前の子どもたちの姿を思い出し、感動の連続の毎日です。そんな著しい成長を見せる子どもたちの姿のエピソードを、今回は紹介したいと思います。先日、園庭で遊んでいる際に、Aちゃんが履いている靴が新しくなっているのを見つけ、「Aちゃん、おくつ新しいね!」と話しかけました。すると、Aちゃんはにこにこの笑顔で「おばあちゃんに買ってもらったの!」とすごく嬉しそうに答えてくれたのです!Aちゃんが、誰かに何かをしてもらったと、はっきり言葉にして話したのを聞いたのは、初めてでした。実際にあったことを正確に言葉で伝えられるようになったこと、そして嬉しいという気持ちを言葉と共に相手に伝えられるようになったAちゃんの姿に、思わず「Aちゃん、そんなこともお話できるようになったんだね…!」と嬉しくて涙が出そうになりました。
 最近他にも、何人もの子どもたちが、毎日「先生なにしてるのー?」「それなぁにー?」などと話しかけてくれるようになってきています。その都度丁寧に子どもに伝わるような返事をしているのですが、今までは子どもたちの反応から、質問してくるものの理解まではまだ難しいのだと感じていました。しかし、最近は自分なりに理解しようとしたり、少しずつ言っていることが伝わるようになってきています。そして、中には保育士が元気がない時に顔を覗き込んで来て、「だいじょうぶ?」と、相手を気遣う言葉まで言ってくれる子もいます。ただ言葉を真似て言ったりするのではなく、自分で考え相手を思いやる気持ちが育ってきているのだと感じています。
 私たちは、子どもたちが言葉を話せる月齢ではない時から、その子の気持ちを受け止めつつ、相手に仕草や言葉を使ってやりとりをし、自分の気持ちを相手に伝えるのかを繰り返し伝えています。また、子どもたちが、何かを疑問に思い、保育士に問いかけてきた時や、どうしても一緒に遊んであげられない時は、私たちがどうしてその行動をしているのか、子どもに伝わるよう丁寧に話してきました。子どもたちが言葉を覚え、ただ真似て言うのではなく、自分の体験を自分なりの言葉にし、素直な気持ちと共に伝えられるようになるということは、このような保育士や大人の働きかけからその言葉の意味を理解し、自分から感情を言葉にして相手に伝えたいと思ったからこそ、育ってきた力だと思います。
 一見当たり前のように見える成長ではありますが、子どもたち自身の中ではとても大きな心の成長の1つです。目に見えている成長は、子どもたちがそれぞれ自分なりに感じ、考えたものが表れているということを忘れずに、これからも子どもたちの心に寄り添えるようなあたたかい保育で、子どもたちの成長を見守っていきたいです。

 

落合みお

2018 年 6 月 16 日 土曜日

 りす組になって2ヶ月、だんだんと子どもたちもクラスや保育士に慣れ、自分の好きな遊びを見つけて楽しむ姿が増えてきました。そんなりす組では5月からお当番活動が始まりました。今回はその様子を少し紹介したいと思います。
 まず、お当番のお仕事は・・・
  ①朝、先生と一緒に給食室に今日のデザートを聞きに行き、みんなの前で発表する
  ②朝の会でみんなの前に出て朝のご挨拶し、歌を歌う
  ③お昼寝から起きて、先生と一緒に給食室におやつを聞きに行き、みんなに発表する
 朝、保育園に来て、お当番バッチをつけてもらうと、嬉しそうにお友達や保育士にバッチを見せに行く子どもたち。子どもにとっては、バッチつけたその瞬間から特別な1日の始まりなのですね。「今日はお当番さんだね、頑張ろうね。」と声掛けをすると、「うん!」と嬉しそうな表情を見せてくれます。いつもはお昼寝からすぐに目覚めるのが苦手なAちゃんは、「今日お当番さんだね、おやつなんだろうね?」と声掛けをすると、はっとした表情で、驚くほど早く起きていました。
 また、お当番さんのお仕事の1つである今日のデサートを発表の時のエピソードです。少しみんなの前に出て緊張している様子のBくん。みんなから「今日のデザートはなんですか?」と聞かれると、すこしの間なにかを考えるように黙っていたのですが、振り絞るように、デザートを発表することができました。保育士が「すごいねBくん、みんなの前でデザート言えたね!」と褒めると、とっても嬉しそうにこにこしているBくんの姿が。
 2歳児は、自分のことを自分でする意欲が高まり、自己主張する場面も多くなる時期です。お当番活動に限らず、なんでも少しずつ「できた」という経験を積んだり、大人に自我の育ちを受け止めてもらうことで、自分に自信を持つようになります。いろんなことを自分でやってみたい、という気持ちが強くなる2歳児にとって、「できた」という達成感を感じることや、自己肯定感を高めることはとても大切なことだと思います。
 まだ始まったばかりの活動で、みんなの前に出て緊張している様子の子もいますが、これからだんだんと慣れていき、さらに楽しくお当番活動ができるよう、関わっていきたいと思います。

 

川上 雪乃

2018 年 6 月 2 日 土曜日

 新年度を迎えて2ヶ月が経ちました。ぞう組は遠足やお泊り保育、和太鼓などを行い、少しずつ年長児としての意識が高まってきたように思います。
 先日ぞう組さんが一番に園庭に出た時の出来事です。その日はどのクラスも園庭を使っておらず、思いっきり走り回れることを感じ取ったのか元気に走り回っている子が多かったので、小さなトラックを書いてあげました。すると、一人の男の子が昨年の運動会を思い出したのか「リレーがしたい」と言ってきたのです。そこで、メンバーを集め、バトンの代わりに小さなボールを持ちリレーが始まりました。私の記憶では、きりん組の時は勝ち負けなどにはあまり興味がなく、ルールを理解していない子も多かったと思います。しかし、その日はいざ始まるとしっかりとルールを理解し、次々とバトンを受け渡す姿を見ることができたのです。勝ち負けも理解をして負けると悔しがり泣きだしてしまいそうな子もいました。そんな出来事から日々の積み重ねによって、子どもたちの発達は生まれているのだと改めて実感しました。
 年中頃から年長頃にかけての子どもの発達としては、目的を持った集団行動が盛んになり今まで以上に仲間を大切にする気持ちが育ってきます。また、楽しく活動するためにそれぞれの役割を決めたり、遊びのルールを守ること、仲良く遊ぶための方法を考えるようになっていきます。またその一方で、自分の主張と相手の意見をぶつけ合うことも多くなり、ケンカや言い争いが増えます。その時、すぐに大人に頼るのではなく友達同士で問題を解決しようという姿が見られるようになります。このようなやり取りを繰り返す中で、集団としての団結心が高まり友達との絆が強くなっていきます。そして、友達同士の関係が親密になり、秘密や約束事を大切にしたり出来る限り守ろうとする姿が見られるようになり、集団の中でお互いが協力し合いながら遊びを行うようになっていきます。保育園生活の中で、異年齢での関わりによるお当番活動、園庭やホールでのリトミック・運動遊び・ゲーム、友達との関わりを深めていくピーステーブルなど様々な場面において発達を促し、子どもたちは成長をしていきます。
 これから、和太鼓の発表や運動会、生活発表会などを通して益々成長していきます。友だちとのつながりをより深めていく事で、集団での遊びや小学校への期待感などに繋げていってもらいたいと思います。

 

 蛭崎 晶弘