小さなもみじの物語

2017 年 12 月 23 日 土曜日

 寒さも少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる頃となりました。先日行われた生活発表会では、運動会とはまた違った子ども達の成長した姿を見て心が暖まったのではないでしょうか。子どものこれからの成長が益々楽しみになりますね。
 先日、ひよこ組の部屋で絵本を持っていたBちゃんに対し、Aちゃんが近くへ行き「かーちーてー(貸して)」とお願いをしていました。するとBちゃんはAちゃんの貸して欲しいと言う気持ちが分かったのか、持っていた絵本を渡してあげるということがありました。この時期になってくると、少しずつ言葉が出始め、自分の気持ちを言葉で伝えるようになっていきます。しかし、それだけではありません。時には「かーちーてー(貸して)」の言葉と同時に持っていってしまったり、借りたい気持ちともっと使いたい気持ちがぶつかり、ケンカになってしまうこともあります。この「かーちーてー(貸して)」と言う魔法の言葉は、一方的になってしまうと当たり前ですが成立はしませんね。
 今の時期は喃語から始まり、模倣するようになることで言葉の獲得をしていきます。周りの人が発している言葉を少しずつ覚え、それがどの様なものなのか、どの様な時にその言葉を使うのかを理解するようになり、言葉でのコミュニケーションが取れるようになっていきます。この時期はまだ、相手には理解してもらえないこともありますが、相手の子も少しずつ理解し、簡単なやりとりが成立していきます。このようなやりとりを大事にしていくことで、コミュニケーション能力も上がり、自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちも理解できるようになっていきます。
 集団生活の中では、自分の思いが上手く伝わらないことがたくさんあります。大人が間に入りお互いの気持ちを代弁してあげ、物の貸し借りに限らず自分の気持ちの伝え方や相手の気持ちを理解しようとする気持ちを育てていきたいと思います。

 

鈴木 翠

2017 年 12 月 16 日 土曜日

 冬の寒さを感じる時期になりました。その中で子ども達は元気よく遊んでいます。ある日の園庭で遊んでいる時の出来事です。
 子ども達は各々で好きな遊びをしていました。Aちゃんが「お団子作って」と私に話しかけてきたのでAちゃんと一緒に砂場でお団子を作りました。するとBちゃんとC君も「作って~」と言うのでお団子を作り、お皿に乗せて渡しました。お団子をもらった3人はテーブルでおままごと遊びが始まりました。お昼ご飯の時に歌う歌を歌い「いただきます」と言って食べ始めると他の友達も集まり、6人で食事をしたり、お店屋さんになって遊んでいました。
 今まではお皿やコップなど小道具を使って、日常のちょっとした行動をマネする「見立て遊び」でしたが、だんだんとお友達と一緒に遊ぶ「ごっこ遊び」に発展しています。何かの役割を演じる「ごっこ遊び」の中で子ども達は社会性を身に付けています。一人で遊ぶだけではなく、お友達と遊ぶことで相手の気持ちを感じたり、自分の気持ちを表現するために言葉や行動で伝えようと遊びの中から頑張っています。
 これからも子ども達と遊びの中でお手本になる様に介入して遊んでいき、子ども達一人ひとりが個性を出しながら、自発的に遊ぶ事ができる様にしていこうと思います。また生活の中からも力を伸ばせるようにしていこうと思います。

 

藤内 駿

2017 年 12 月 9 日 土曜日

 「学ぶ」の語源が何かを皆さんご存知でしょうか。「学ぶ」とはその昔「真似ぶ」という言葉だったそうで、それが変化していって「学ぶ」になったといわれています。(諸説あり) 子どもたちは何かの真似を通して経験したことを学んでいるのです。
 クラスの子どもたちの姿を見るとそのことを実感する場面に出会います。ある日のお部屋あそびでのことです。子どもたちに新しく出した洗濯バサミのおもちゃがあったのですが、いまだ遊びこんでいる様子が見られなかったので、円形になるように並べて遊んでいました。それが完成した時にR君が「せんせい、それちょうだい」と言って指さしてきました。「どうぞ」と言って作ったものを渡すと、他のお友だちに見せていました。他のお友だちも「せんせーあれ作って」と言って求めてきたので、残っている部品で作れる数だけ作りました。子どもたちはそれを順番に使ったり、お皿や花火に見立てて遊んだりしていました。翌日。R君が黙々と前日に作ったものを自分一人で作っていました。洗濯バサミの向きによってカッチリはまるものとうまくかみ合わないものとあり、実は細かく難しいものだったのですが、前日に見た姿を真似して自分で物の違いに気が付きすぐに作れるようになったのでした。それからは自分で同じものを何度も作ったり、お友だちに作ってあげたりして遊んでいました。
 また別の日には鉄棒がブームのSちゃんが得意の足抜きおしり抜きをして遊んでいました。鉄棒の握り方がきちんと握れていない子が多いので、鉄棒のそばで「こう握るんだよ」と声をかけていると、ある日Sちゃんが他のお友だちに「ちゃんと握らないと危ないよ」「こうやるんだよ」とお友だち同士で声をかけあっていました。
 真似ぶということを言いだしたのは能楽師の世阿弥だともいわれています。世阿弥は新しいことを学ぶときには、徹底的に良いものを真似することを勧めたそうです。良いものを真似することで本質がいつの間にか身についてくるという考えだそうです。子どもたちも同じで、良いか悪いかの判断はまだつかないものの、真似をしたい、あれがしてみたいという思いから、真似をして、徹底的に繰り返していく。すると、いつの間にかそれが身につき本質まで理解していく。出来た喜びからさらに新しいことを繰り返し真似ていく。この先も、子どもたちは何かの真似をして学んでいき、子どもたちの中にそれが染みついていく。そこから自分のイマジネーションが新しいことを生んでいき、それを更に良いものにしていく。
 来月から少しずつりす組のお友だちも幼児組で過ごし始めます。真似したくなるような新しい刺激がどんどん増えていきます。私自身も子どもたちにとっていい刺激として真似される保育士でありたいなと思いました。

 

一柳 翔平

2017 年 12 月 2 日 土曜日

 木月保育園の幼児ぐみでは、毎月4曲ずつ、季節の歌をうたっています。なかなか4曲の歌詞を覚えるのは大変と思う方もいるかと思いますが、毎年歌っている歌も多いので、子ども達も自然に、上の子たちの歌をきいて、覚えていきます。沢山の歌の歌詞を載せている、スクラップブックのようなものも絵本コーナーに置いているので、それを見ながら、友だちと歌遊びを楽しんでいる子もいます。
 11月の歌は、『大きな栗の木の下で』、『にんげんていいな』、『もみじ』、そして『たきび』です。
 『たきび』

垣根の 垣根の まがりかど
たき火だ たき火だ おちばたき
あたろうか あたろうよ
北風ぴいぷう 吹いている

さざんか さざんか 咲いた道
たき火だ たき火だ おちばたき
あたろうか あたろうよ
しもやけ おててが もうかゆい

こがらし こがらし さむいみち
たき火だ たき火だ おちばたき
あたろうか あたろうよ 
相談しながら 歩いてく

 懐かしさを覚えた方もたくさんいらっしゃると思います。毎年この歌を歌うと、「おちばたきってなんだろ?」「さざんかってこんな花だったのね!」と、子どもの頃に感じたことを思い出します。木月保育園では、毎年、『焼き芋パーティー』を開催しています。保育園の畑で子どもたちが収穫したさつまいもを使って、園庭での焼き芋。アルミホイルに包んだおいもを落ち葉の上に置き、またその上に沢山の落ち葉をかけて着火します。その時に、『たきび』を歌うのですが、実際に「落ち葉たき」を目の前にして歌う歌詞は、自然と子ども達の中に浸透し、創造の世界と現実の世界が一体になります。この瞬間はなんとも言えない温かい雰囲気に包まれます。
 童謡の良さは、その歌の情景を歌いながら想像でき、子どもたちの想像力を育むためにも必要なものと言われています。そして、1番のみだけではなく、2.3番とあるような童謡は、だいたい物語になっているので、覚えたら、その物語の情景が子どもたちの頭の中に浮かべながら歌うことができます。詩情を楽しみながら、歌うような情操教育はこの幼児期にとって、とても大切なことなのです。 そして、幼児期だけではなく、赤ちゃんにとっても童謡はとても大切なものです。私たち日本人は、赤ちゃんだった頃から、もしかしたらお腹の中にいた時から、沢山の童謡に触れてきました。『ちょうちょ』、『チューリップ』、『ぞうさん』、『いぬのおまわりさん』、『どんぐりころころ』、『げんこつやまのたぬきさん』、『むすんでひらいて』 ...歌は、お母さんと赤ちゃんとの大切なコミュニケーション。赤ちゃんが泣きだしたら、歌をうたってあげると泣き止むことが多いですよね。
 さあそれは、一体なぜなんでしょう。
 子守唄というのはアルファー波に近いそうなんです。アルファー波は赤ちゃんが胎児の時、お腹の中から赤ちゃんが発信する脳波の周派数は7.5~8ヘルツで、そのときの安らぎの波長なんだそうです。また、童謡は、国語の入口。音から、伝わる童謡、唱歌には美しい日本語が使われています。日本のように、その時代の一流の作詞家、作曲家によって、子どものために書かれた歌がこんなに沢山ある国は、世界でもとても珍しいそうですよ。 
 最近では、童謡に限らず、幼児向けのJ-POPのような歌(リズムがメインとなっているもの)も沢山出てきています。歌をうたうことで、心が豊かになり、気持ちを明るくさせ、コミュニケーション能力の向上にもつながります。
 童謡が持つ言葉の美しさを子どもに伝え、文化を大切にしていきながらも、様々な歌や音楽に触れ、これからも、沢山素敵な歌をうたっていきたいと思います。

 

眞弓 知子