小さなもみじの物語

2017 年 7 月 22 日 土曜日

 7月も残り数日。毎日暑い日が続いて大人はグッタリですが、園庭からは待ちに待ったプール遊びや水遊びを楽しむ元気な子ども達の声が響いています。今回は事務室でよく見る年長の特別なお仕事をご紹介します。
 年長さんのお当番さんは、1人だけ皆んなと別行動をしています。そのお当番さんは【事務所当番さん】と言って、事務室へ行き園長先生や副園長先生に3歳児・4歳児・5歳児の3クラスの人数を皆んなの代表で報告をします。その時に「うさぎさんの男の子は●人、女の子は●人、合わせて何人!」と3クラスの人数を計算する大仕事があります。暗算は、まだ難しいので数を数えるにはマグネットを使用しています。大きな10の固まりのマグネット。中くらいの5の固まりのマグネット。小さい1のマグネットがあり、これらを利用して年長さんは数えています。
image1

 

 たまに私もお手伝いをすることがあるのですが、間近で見ると年長さんのお当番さんがしっかり数を数えている様子が良く分かります。Aちゃんは、マグネットの中に書かれた黒い点を一個一個指で抑えながら小さな声で数えていました。Bくんは、目だけで黒い点を追って数えていました。首を小さく振っていたので、自分の中でカウントしているのだと思います。Cくんは、大きなマグネットが数の固まりということを理解していて、すぐに答えていました。自分の分かる方法で答えを出して、「正解!すごいね~!」と保育者に言われると、皆んな嬉しそうにしています。間違えてしまった時は保育者にヒントを出してもらいながら、もう一度数えて自分で正解を出しています。事務所に入って来る時は少々緊張気味の年長さんですが、帰りはやりきった自信満々の顔で事務所から出て行きます。一仕事終えたぞ!という感じでしょうか。幼児のクラスは1クラス23人なので、年長児で二桁の足し算が出来ているということになりますね。我が家の長女が小1なのですが、算数のプリントで一桁の足し算をやっているので、一年生の夏までに習うこと以上のことをやっていることになります。
 このような数への概念は、子ども達の中でどのように育っていくのでしょうか?幼児期の子どもは、物を並べたり・数えたりすることが大好きです。しかし 100 ま で数を唱えられて得意になっていた子どもが、おやつのクッキーを5 つ取ることに戸惑う姿があるように、本当の意味で数を理解できているわけではありませ ん。数には、いろんな意味があります。数そのものである「数字」(1.2.7.9等)ある多さや量をあらわす「集合数」(1個、2個)ものごとの順序の位置づけ、何番目、~より多い(少ない)を示す「序数」(一番目)TVのチャンネルや電話番号などの「記号数」(110番)大人は当たり前に使い分けていますが、子どもは「いーち、にー」とお風呂で数を言っていても、「クッキーを4個持ってきて」と量としての数を言われると「?」となるようです。子どもの数概念は、5 歳半以降に獲得すると言われています。物の量をたくさん・ 少しと感じることから始まって、量から数へと分化していく過程の時期が幼児組の子ども達です。
 一方で、1歳未満の赤ちゃんでも「3」までの量は感覚的に理解しているらしいことが実験によって明らかになってきました。サビタイジング(subitizing)と言って、少ない数であれば一瞬に脳が視覚的に量を把握し判断しているというのです。このもともと持っている数の感覚に、日常の生活や遊び、大人の声かけなどの経験から獲得される新しい概念があわさって、数の認知の能力がだんだん培われていくそうです。数を理解するにはさまざまな情報処理が行われています。数の概念は視覚・聴覚・手指の器用さ・発声・抽象化の能力・意欲なども複雑に絡み合いながら発達していきます。しかし多くの専門家が口を揃えて言うのは、「いちばんよいのは、早期教育やフラッシュカードなどの特別なことは何もしないこと」。日頃の遊びの中で、自然と数概念は身についていきます。子どもの興味のある事や遊びの中に、大人が色々な数に興味を引き出す仕掛けを用意出来ると良いのではないかと思います。
 木月保育園では年長さんの事務所当番の人数計算をしています。これは数に興味を持っている今の時期だからこそ行っていることで、ただのきっかけに過ぎません。なので、これ以上の計算をやらせようと思っていません。反対に生活の中では食事の場面では自分でご飯の量を決めたり、決められた数の果物やおやつをとったりします。生活や遊びの場面では、階段に数字が書かれていたり、毎日シール帳で今日の日付にシールを貼ったり、朝の会では日めくりカレンダーを使っています。サイコロを使って双六をしたり、時計の数字を見て次の活動を意識したりしています。こんな風に子ども達が遊びや生活の中で、自然に数や数字に慣れ親しむ仕掛けを沢山用意しています。是非保育園に来られた際には、子供達の生活の中に隠された沢山の仕掛けを見つけてみてくださいね。

 image2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中澤 明日香

2017 年 7 月 22 日 土曜日

 幼児当番に入った時、最近僕は2階のホールでパーテーションを組み立ててかくれんぼやおままごと、お家ごっこなどで遊んでいます。子どもたちは毎回組み立て方や遊びの変わるパーテーションで何が起こるのかとワクワクして待っていました。そんなある雨の日のこと、パーテーションの上にマットを置いて屋根に見立ててお家ごっこをしていました。いつものように数名の子どもたちが集まってきて最初はパーテーションを開け閉めして「いってきます」「ただいま」とごっこ遊びをしていました。それを遠くで見ている5歳のA君。A君はいつも大きな声で「俺、ブロックやろう!」「俺、カプラやろう!」とアピールしていましたがこの時はいつもと少し違いました。「どうしたの?」と聞くと小さな声で「俺もやりたい」と呟きました。どうやら率先して遊ぶより、一緒に遊ぼうとする方がA君には難しいようでした。「どうする?」と聞いても「見てる。」と気を落とした顔をしていました。しばらく僕の隣でお家ごっこを見ていると、子どもたちが突然「7ひきのこぶたをやろう!」と言い出しました。本来は「7ひきのこやぎ」ですが、子どもたちの中では「7ひきのこぶた」だそうです。さて、この物語には狼が出てきます。子どもたちはみんなこぶた役をやりますがどこにも狼役はいません。するとA君が「俺が狼やるー!!」と勢いよく言いました。A君のする狼役に子どもたちは楽しそうに「きゃー!」と興奮していて、A君も笑いながら狼役を演じました。
 このA君のかかわりはいつも自分が中心に遊びを提案していることに対して、仲間に入りたいけど「いれて」と言えない気持ちの表れが描かれています。この時のA君は仲間の入り方がわからないけど一緒に遊びたい気持ちがあったと思います。いつもは遊びの主役になっているようでも子どもたちのかかわりは様々なようです。
 かかわりを作るには様々な方法があります。遊び場の提供、必要なルールで行うゲーム等。しかしこれらには信頼関係が必要です。信頼関係とは集団遊びや生活等で目的や遊びの共有をし、協力・相談をすることで育まれていく力です。こういった信頼関係の中、自分の考えを伝えたり、時には思い通りにならないことに直面して自分の気持ちを抑制することもあります。
 このように今回A君は葛藤の中、一緒に遊びたい気持ちを我慢して、ようやく「俺が狼やるー!!」と伝えて仲間に入ることができ、とても満足気に遊んでいました。
 多くの友だちや遊び場を共有することで育まれるかかわり。そこには様々な想いや考え、葛藤があり、それらを交えることで育まれていきます。子どもたちはこれから色々な経験をして色々なことを考え、想い、時に葛藤して成長していきます。そんな子どもたちの成長を一つ一つ見守りそして支えていき、僕も共に学んでいけたらと思います。

 

岡本万太郎

2017 年 7 月 15 日 土曜日

 7月になりました!毎日暑い日が増えてきました。子どもたちは汗をかきながら毎日元気に動きまわっています。水遊びや氷の冷たい感触を感じることの出来る氷水遊び等、夏ならではの遊びを楽しみながら、子どもたちに色々な経験をしてもらいたいと思っています。
 日々の保育の中では、手遊びをする機会が多くあります。お家でも子どもたちが口ずさむ歌に「何の歌??」と思うことがあるのではないでしょうか?あひる組のお友だちが好きな手遊びの中に「がっちりガード」という手遊びがあります。みんなハッとした顔をして保育士のそばに集まってきます。「がっちりガード」の手遊びを紹介しますね。
  ♪がっちりガード がっちりガード がっちりガード 「頭!!」(この部分をいろんな場所に変えていきます)
  ♪チャラチャチャラチャチャ チャラチャチャラチャチャ
   「いぇーい!!」
 この手遊び、ノリノリの曲調です。子どもたちの耳に残るんでしょうね。ガードする場所を、「頭」「ほっぺ」等身体の色々な場所に変えていきます。次はどの場所だろうという子どもたちの期待の「間」を感じます。そして最後はみんなで声を合わせて「いぇーい!!」みんなで揃う楽しさを味わえます。
 Aくんはこの手遊びが大好きです。この手遊びが始まると、オムツ替えをしていても急いでズボンを履こうとしてそばに来ます。最初のうちはじーっと様子を見ているだけでしたが、今ではノリノリでやっています。以前Aくんと遊んでいる時に「頭どーこだ?」「おなかどーこだ??」と聞いたことがありました。その時のAくんはまだ答えることが出来ず、違う場所を触っていました。この前、がっちりガードの手遊びをした後、またAくんに同じ質問をしてみました。「頭どーこだ?」するとAくん。しっかりと頭をガード。「じゃあ、ほっぺどーこだ?」と聞くと、ほっぺを両手でガードして触っていました。Aくんは手遊びという日々の遊びの中で、少しずつ楽しみながら身体の名前と場所を一致していったのでしょう。遊びの中で学べるって楽しいですよね。
 手遊びには、いろいろな物の名前が含まれています。「がっちりガード」では身体の名前でしたが、例えば「グーチョキパーで」では「グー」「チョキ」「パー」を自然に手遊びの中でやっていきますよね。このように繰り返し行うことで、自然にその言葉を覚えたり、興味や関心を持つ事にもつなげられます。また、手遊びでは左右の手をバランスよく使うため、脳の活動を活性化して発達を促したり、歌と動作がひとつになった手遊びは、リズム感を養ったり、反射神経を発達させることもできます。発達の段階に合わせて、難しい動きをしたり、遊びながら手先の器用さを育むことも出来るのです。
 何の準備をしなくても、手と歌があれば出来てしまう手遊び。お子さんとスキンシップを取ることも出来ます。お家でも是非やってみて下さい♪
 私もたくさんの手遊びで子どもたちとたくさん関わっていきたいです(*^_^*)

 

早野恵美

2017 年 7 月 8 日 土曜日

 夏の暑さも本番になりましたが、子ども達はホースで水を撒いてもらってプチ水遊びをしたり、ひまわりに水をあげたりと夏にしかできない遊びを思いきり楽しんで過ごしています。今、りす組のお友達の中で大流行している遊び…それは、アリさん探し&採取です。アリが出始めた時にはまだ直接アリを触ることができず、ただただ、虫カップ(虫を採取し、観察するためのカップ)を持って「アリさんいた!」と叫ぶ子、砂場遊び用のシャベルでなんとか捕ろうとする子、虫カップをひっくり返し、アリを捕まえようとする子がほとんどでした。
 1か月程経つと、「先生、アリさん捕って!」と言っていた子も自分の手で捕るように様になって、園庭でも、公園でもひたすらアリを探し、捕っていました。しかし、まだ手加減が出来ず、アリを指で潰して殺してしまう子がほとんど。可哀想な姿となり、虫カップの中へ。なんとか生きているアリを虫カップの中に入れても、砂を入れて生き埋め状態にしてしまう子もいました。「アリさん可哀想だよ。優しく触ってあげて、ちゃんとお家に返してあげようね」と言っても、とにかくアリを捕りたい!という気持ちが先行してしまい、何匹も可哀想な姿となってしまいます。どうすれば、優しくアリが掴めるようになるのか悩んでいたある日、矢上川沿いのアジサイを見に散歩に出かけることになりました。満開のアジサイが沢山咲いており「ほらほら!あじさいがキレイに咲いてるよ」と子ども達に話しかけると…注目しているのは、アジサイではなく、園庭にいるアリより大きいアリ。こうなったら、もう止まりません。大騒ぎでアリを捕り始めます。「あぁ、またアリが可哀想なことになってしまう…」と思って声を掛けようとすると、Aくんが「アリさん捕れた」と言って、私に見せてくれました。小さな指で捕まえたアリは生きていて、アリの足がバタバタと動いています。「Aくん上手!アリさん痛くないように上手に掴めているね!」と褒めると照れた顔をしてアリを見つめていました。同じようにアリを捕っていたお友達は、Aくんが捕った生きているアリと、自分が捕った可哀想な姿となっているアリを見て「あ、自分が捕ったアリとは違う…」と感じたのか、じっとAくんのアリを見ていました。Aくんは「いもむしれっしゃ」の絵本や、最近は昆虫図鑑も見る程の虫好きです。園庭でもダンゴ虫を探したり、ちょうちょを追いかけたりもしています。そう、Aくんはりす組の虫博士なのです。
 自分が好きな虫には優しくしなくてはならない。そう思ってアリを捕まえてくれていたらとても素敵なことです。これから子ども達は虫以外にも犬や猫などの動物や、何より人と沢山接していきます。お友達のことが大好きな子ども達に、優しく思いやりを持って接していって貰う為に、そのような気付きのきっかけを作るお手伝いができたら良いなと思っています。

 

田所 未帆

2017 年 7 月 3 日 月曜日

 木月保育園では毎年6月にきりん組のお友達が翌年分の甘茶をつくっています。今年度の甘茶作りは6月15日に実施しました。前日にきりん組の子どもたちに甘茶作りをすることを伝えました。保育士が子どもたちに「甘茶っていつ飲むものだっけ?」「どんな味がするお茶だっけ?」と問いかけました。すると、一斉に手があがり「おはなまつりー」「ちょっとあまいー」「ちょっとにがくておいしくない~」などと色々な言葉が聞かれ、なんとなくみんな甘茶のイメージがつく様子でした。そこで、「今年飲んだ甘茶は今年のぞうさんが作ってくれたもので、来年の甘茶はみんなが作ってあげなくちゃいけないんだって~」「とっても難しくて大変だけど頑張れるかな~」と話すと、みんなの顔つきがいつもとは違う真剣な表情に切り替わったのです。
 さぁ、当日になりました。天気も良く晴れ、気候もばっちり!甘茶作りの前に秋のお楽しみとなるさつまいもの苗植えも行くことになっていたので、虫よけ対策に長袖長ズボンに着替え、いざ出発!さつまいもの苗植えを終え、メインの甘茶摘みとなりました。甘茶作りの先生は副園長先生です。甘茶の葉はお寺の入口のそばにありました。アジサイの葉に似ているのですが、甘茶は、アジサイ科の落葉低木ガクアジサイの変種であるアマチャでその若い葉を揉み、乾燥させたものでそれを煎じて作るものなのです。
 副園長先生が甘茶の葉を摘む前に怖いことを教えてくれました。「こっちの葉っぱは毒があるから間違えて摘んじゃだめだよ~」と。毒の葉とは・・・なんと見慣れているアジサイの葉だったのでした。アジサイには毒があるため、わたしたちは食べることができないそうなのです。急に「毒」がある葉っぱが隣にあるという話を聞かされてびっくりしていましたが「うん、わかった~」と子ども達からは返事がかえってきました。甘茶摘みに人一倍興味をもったAちゃんは保育士に質問攻めでした。「ねぇ。虫にたべれている葉っぱは取っていいの?」「わ!くもの巣があった~」「こっちにも虫がいる~」と怖がっている様子だったので、保育士が「大丈夫だよ!一緒に葉っぱ選ぼうね」と声をかけるとAちゃんも安心しました。一人5枚の甘茶の葉摘みが積んだ後はテラスに移動し、甘茶作りの始まりです。葉を掌に載せて、はじっこからクルクルと丸めていくのです。保育士が見本をみせると、見様見真似でクルクルする子ども達。 「これでいい?」「できた~!」「手が甘茶のにおいになってきた~」「おいしい甘茶になるかな~」という声が聞かれた中、先ほどのAちゃんから「ボロボロになっちゃったぁ~」なんていう悲しげな声が。夢中になって葉っぱをクルクルするものの、あまりにも力が入ってしまって葉がボロボロになってしまっていたのでした。「頑張ってクルクルしていたから力が入って葉っぱがちぎれちゃったんだね~。大丈夫だよ。こっち葉っぱでもう一回挑戦してみようか!」と保育士が新しい甘茶の葉を渡すとほっとした様子でまた甘茶作りを始めたのでした。きりん組のお友達の集中力が途切れそうな頃、ぞう組のお友達が「手伝ってもいい?」「やらせて!」と颯爽と参加してくれました。経験の力は大なり!!去年経験した事をしっかりと覚えていて、とまどいながら葉をクルクルまるめる初心者のきりん組のお友達に、年長さんのBちゃんが「ここはこんな感じだよ~」「大丈夫、上手だよ。先生に聞いてごらん」と、ちびっこ先生になってくれたのでした。そして、その言葉はきりん組の疲れきっていた気持ちを盛り上げてくれたのでした。いっきにやる気がアップしたきりん組のお友だち!ぞう組のBちゃん、Cちゃん、Dちゃんを交えながらお寺で摘んだ100枚以上の葉をクルクル丸め終えることができたのでした。終わったときの子どもの表情は達成感に満ちた笑顔が見られました。「手が茶色くなった~」「手のにおいになった~」とうれしそうな声が聞かれ、不安そうにしながら頑張っていたAちゃんも最後まで頑張り「おいしい甘茶になるかな~」と満足している様子が見うかがえたのです。
 今年の甘茶はきりん組のお友達の力だけでなく、ぞう組のお友達の協力のもとできあがりました。簡単ではなかった甘茶作り。手が甘茶のにおいになりながら、みんなのために頑張って作った甘茶。うまく葉を丸めることができた時のあの笑顔を、甘茶の葉っぱに愛情として注ぎいれます。自分たちで作った甘茶の味、今まで感じた「ちょっとあまい~」「ちょっとにがいくておいしくない~」と言っていましたが、今までの味と違う味に感じるのでしょうか?子ども達の経験は力なり!きっと、来年の6月の甘茶作りの時、来年のきりん組さんのサポート役になってくれることでしょう。

近野 典子