小さなもみじの物語

2017 年 3 月 25 日 土曜日

 子どもの成長に欠かせないもの・・・それは絵本です。ひよこ組の子どもたちはこの一年間で絵本が大好きになりました!絵本を見ているときの集中力はすごいです!!
 保護者の方から家庭でどんな絵本を読んだら良いのか分からないという声がありましたので、ひよこ組の子どもたちの好きな絵本を紹介します。子どもたちの好きな順にランキングしたいと思います!
 第3位は歌絵本シリーズです。今歌を絵本にしたものが増えています。ちなみにひよこ組には「ぞうさん」「鬼のパンツ」「どんな色が好き?」があります。この「どんな色が好き?」は色々な色の絵がでてくるので子どもたちは最近色をに興味を持ち始める様になりました。ブロックを指差して「赤!」「青!」と言っています。まだ正確に色を覚えられてはいませんが、色に興味を持つきっかけになったようです。歌絵本はどんなものでも間違いなく喜んでくれます!
 第2位は、きむらゆういちシリーズです。「歯磨き遊び」「ご挨拶あそび」「お返事できるかな」等動物や女の子が絵本のタイトルにちなんだことをしていく絵本です。これを読むと歯磨きが楽しくなったり、返事を覚えたり生活面が身についてきます。
 第1位はこの一年間でずっと好きだった「だるまさんシリーズ」です!これは模倣遊びができるところが魅力です。最初は見ているだけでしたが、展開を覚えてきて真似できるようになるとさらに楽しんでいました。
 ひよこ組の子どもたちは、ストーリーがあるものより繰り返しのある絵本が好きです。その先の展開を覚えていることでワクワク感もあるようです。
 絵本の読み聞かせは想像力や心を豊かにしたり、知識を深めたり集中力を高めてくれます。また、絵本を読んでもらうことがコミュニケーションとなり、精神的な安定にも繋がると言われています。絵本はひよこ組の子どもたちの成長に欠かせないものになっていました。読み聞かせで大事なことは楽しく読み聞かせすることです。私は抑揚をつけて自分も楽しむようにしています。そして、子どもたちの顔を見るようにしています。子どもたちは、絵本そのものだけでなく、読んでいる人の表情も見ています。悲しい場面のときは悲しい表情、楽しいときには楽しい表情をすると子どもたちも同じ表情をしながら絵本の世界に引き込まれていきます。動きが真似できるような絵本では一緒にやると盛り上がります!絵本や読み聞かせの魅力は語り尽くせません!!
 魅力たっぷりの絵本の読み聞かせ、ぜひご家庭でも取り入れてみてくださいね!

 

広瀬美穂

2017 年 3 月 18 日 土曜日

 寒さの中にも少しずつ春の暖かい日差しが感じられるようになった今日この頃…  いよいよ今年度もわずかとなりました。  この1年を振り返り一人ひとりが自分のペースでたくましく成長した姿を嬉しく感じます。
 あひるぐみの春のお散歩はバギーに乗って園周辺をお散歩したり、時々遠いけど自然が沢山あって芝生がある公園や大好きな電車が見られる駅に22人全員で何台かのバギーに乗って行く事もありました。
 3月生まれのAちゃんは入園当時歩けませんでした。お散歩はバギーに揺られ景色を楽しみ、公園などに着いたらバギーから降りてお座りで過ごし、帰りはバギーの中で仮眠をとっていました。少しずつ歩けるようになり保育士と一緒に園庭を歩いたり1番近くの公園まで歩き、帰りはバギーに乗るなどAちやんのペースに合わせてお散歩をしていました。今では担任が出勤すると飛び付いて来てくれるAちゃん…「お散歩行くよ~」と話をすると嬉しそうにお友だちと手をつないでいます。
 先日初めて駅まであひるぐみで歩いて行きました。駅まで30分ぐらいの道のり、遠いので私はAちゃんと手をつなぎ、Aちゃんはもう一つの手でお友だちと手をつなぎました。お散歩中歌を唄うと身体でリズムをとりながら歩いています。商店街のお豆腐屋さんに手を振ったり咲いているお花を見たりお散歩中の犬と出会ったり、沢山の景色を楽しみながら駅まで歩きました。帰り道もお友だちと手をつなぎ園までの道のりをしっかり歩いて帰りました。Aちゃんは園まで帰って来た時とっても嬉しそうで…  体力も歩行も本当に成長したと感じました。
 「歩く」活動は大脳機能や身体機能の基本を発達させ持久力や粘り強い心身を養い生涯にわたって身体活動を維持する歩行習慣の基礎になるものです。また仲間と歩く活動は人や社会との交流体験を増やせます。
 お散歩に行く中でだんだん体力がついてきたAちゃん。お友だちと一緒に歩く事の楽しさや行った場所での楽しい過ごし方を経験した事でお散歩が大好きになりました。

 

斉藤 操

ヨチヨチ散歩

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨチヨチ散歩2

2017 年 3 月 12 日 日曜日

 2月6日からりす組全員が無事に幼児へ移行しました。“幼児組”となったりす組は初めての体験がたくさんありました。保健指導に表現遊び…どちらもちょっとの緊張感とたくさんの期待感が伝わってきました。そして、体操着を着ての運動遊び。 初めての運動遊びを終えて翌日、あたらしく個人の縄跳びがもらえました。幼児さんが園庭でやっている姿に憧れていた子どもたちは、新しくもらった縄跳びを早速使い始めました。しかし幼児さんのように跳ぼうと思っても上手くは跳べません。そこで子どもたちは大縄跳びの真似をして、縄跳びを連結させて2人で持ち、へびのように縄を動かし友だちが跳ぶ遊びをしたり、6人くらいで電車ごっこをしていました。また、大縄跳びでリズムよく跳ぶことにチャレンジする子も増えました。
 Sちゃんは運動が得意なわけではありません。そして普段はできないことにチャレンジすることが苦手です。でも、お姉さんたちの真似をして大縄跳びをしてみました。すると、すごくゆっくりですが引っかからずに跳べました。「すごい!跳べたね!もう一回やってみたら?」というと照れながらも頷き、また並んでチャレンジ。少しでも跳べると嬉しくて、もう1回!と何度もチャレンジします。始めは縄が来る方を向いてジャンプしていましたが、「先生の方を見るんだよ。上に跳ぶんだよ。」と伝え、しばらくやっていくと、ゆっくりですしまだ縄が足元に来てちょっとしてから跳ぶくらいですが、郵便屋さんのリズムで跳べるようにもなってきました。それが楽しくなって大縄をしているときは必ずひょっこり現れます。
 跳びは手と足の協応動作なのでとても難しい運動の1つです。跳ぶ高さ、リズム、そして手の使い方が上手になり、同時にできるようになることで初めて跳べます。コツを掴むまでまだまだ時間はかかります。まずは大縄跳びで跳ぶ高さとリズムのコツを掴んで、それから個人の縄跳びで手の使い方を覚えていきます。
 りす組の間もサーキットでたくさん体を動かしてきたりす組さん。もうゴム跳びはお手の物です。次は是非大縄跳びをチャレンジしていってほしいと思います。

 

新屋 淳子

2017 年 3 月 11 日 土曜日

 保育園の園庭の大島桜が咲き、春の訪れを教えてくれる季節になりました。木月保育園の幼児組では、2月から年長のぞう組が就学に向けてのクラス保育開始の為に幼児フロアから抜け、幼児フロアには2歳児りす組が新たに加わりました。最初は緊張していたりす組の子ども達も、この1ヶ月で楽しい遊びや落ち着く場所を見つけ笑顔が沢山見られるようになりました。迎える側の年中きりん組・年少うさぎ組も今までぞう組に教えてきてもらったことを一生懸命りす組に教えてあげたり、お当番活動を頑張る姿が見られます。この1ヶ月で自信もついてきて、すっかり頼もしくなりグンと成長した姿が見られ担任としては大変嬉しく思っています。今回は、そんな新しい幼児組で行った制作の話をしたいと思います。
 2月は、折り紙で雛飾り作りを行いました。木月保育園の幼児組の制作は習熟度別に行っています。横割りの年齢クラスごとに作る物が決まっているのではなく、簡単、普通、難しいの3レベルから自分の作りたい物を自分で決めて作ります。今回は、クラスで1回折りを経験したりす組。年長児レベルの物に挑戦して上手に折るうさぎ・きりん組が居るので、レベルごとに折る物に大変頭を悩ませましたが、なんとか3レベル用意しました。制作が始まって、りす組のAちゃんに「難しいが作りたい!」と言われました。Aちゃんが制作が好きという話を担任から聞いていましたが、どのくらい折れるか分からなかったので「まずは少し難しいを折ってみようか?」と誘い一緒に折ることにしました。この少し難しいも保育雑誌には年少の3月に折るレベルの物として紹介されているので、なかなか難しいものです。しかしAちゃんは頑張って自分1人で折ることが出来ました。作り上げたAちゃんが「難しいを作りたい!」と改めて言ってくれたので、再び一緒に挑戦しました。やはり少し難しいようで、保育士や隣で折っていたきりん組のお姉さんに教えてもらったり手助けしてもらうこともありましたが、頑張ってお雛様と三人官女を完成させていました。途中何度かめげそうになっていましたが諦めずに頑張ったAちゃんに、すごいね~本当に頑張ったね~と褒めると嬉しそうに笑っていました。
 そんなAちゃんの姿を見て『好きこそ物の上手なれ』のことわざを思い出しました。制作の好きなAちゃんは、もしもクラス保育なら皆んなと同じ簡単な物しか折れなかったかもしれません。でも習熟度別に行うことにより、得意な制作は年中が折る物にも挑戦できます。挑戦し完成させたことでAちゃんの自信につながり、ますます制作が好きになったのではないかと思います。そう考えると、子どもの発達をしっかり見ることの重要性を感じました。
 また折り紙や制作は、手先の器用さ・巧みに指先を使う能力である巧緻性を発達させ、平面的な紙を立体物に組み立てるという構成力を伸ばし、コミュニケーションや創造力を高めることが出来るそうです。指先への様々な刺激を与えることで、巧緻性は鍛えられます。巧緻性を鍛えることは、脳の発達に大きく影響し、知能も高められるそうです。
 折り紙などの制作や手先を使った遊びを、Aちゃんのように好きだったり得意な子には、挑戦したくなるような少し難しい物を用意してあげ、苦手な子には好きになってもらえるよう色々とはたらきかけをしながら、幼児組の子どもたちに沢山経験させてあげたいと思います。

 

中澤 明日香