園長日記

2017 年 1 月 31 日 火曜日

 今日は幼児組のホールに来てみました。お昼寝の時間も終わり、少しずつ子ども達が目を覚まし、お着替えを自分でしてから起きてきます。
 今年の年長の女の子は随分前からこのお着替えの時間にやってきて、上手にお着替えが出来ない3歳児のお手伝いをしてくれます。最近では殆どの年長の女の子がお手伝いに来てくれて、困っている子を見つけては手伝ってくれます。
 その様な中、3歳の女の子Aちゃんのお着替えを手取り足取りやっていたBちゃんに向かって、同じく年長のCちゃんが言いました。「Bちゃん、そんなにやってあげたらAちゃんが1人で出来なくなっちゃうよ」「わかったよ」と言って、Bちゃんは出来るだけ手を貸さない関わり方に変えました。
 実はCちゃん、以前Aちゃんに関わっていてBちゃんと同じように、手取り足取り何でもやってあげていました。しかし、ある時にCちゃんは気が付きました。それはAちゃんが以前より何もやらなくなってきたことに・・・です。今までは自分で出来ることも多かったのですが、Cちゃんが関わるようになってからは、任せっきりになってしまったのです。それに気が付き、Cちゃんはその日以来、関わり方を変えたと言っていました。
 とかく、赤ちゃんは何もできないとか、子どもはなんでもやってあげないとっと思いがちです。しかし、それは本当にそうなのでしょうか・・・?
 「少子化」という言葉が使われ始めてから随分と時間が経ってきましたが、昔のように兄弟が多くて1人の子に手がかけられなかった時代と大きく変わり、現代は、1人の子に対して、手もお金も多くかけることが出来る様になってきました。その影響で、かける必要のないところまで手をかけ、過干渉(手をかけすぎる状態)になってきたと言われています。過干渉になって、本来、子どもが育つべく心や力が十分に育たないということも起きています。
 どうか、何でもやってあげるという習慣を一度見直し、子どもの力を信じてやらせて見てください。期待以上に成長する姿を見ることが出来ると思います。

(おたよりの続き)
 随分と前から少子化の進行が騒がれています。多くの人々は、将来の我が国における人口減少の面に関心が向き、そのことに対する施策の議論が盛んに行われています。今、大切なことは、少子社会にあっても、子どもたちが自立した存在として希望をもって生きていけるよう、我々大人が自覚をもって育てていくことであり、国民一人ひとりが自立について考えることです。
 自立支援の検討会では「自立とは、成長していくプロセスも含むものであり、そのプロセスを支える基礎となる」とあります。私は、ここのところが最も重要だと思っています。自立は、成長していくプロセスなのです。自立だけでなく、最近、教育の中で論議されている「愛国心」とか「道徳心」とかも成長プロセスなのです。何歳になったらできるとか、何歳から教えるとか言うものではありません。ですから、難しいのです。覚えこませてできるなら簡単ですし、教えるならいつ教えればよいかということを決めて、一斉にできます。しかし、成長となると、生まれた瞬間から重要ですし、個々によってその過程は違ってきます。ですから、この「自立」は、乳幼児の時からの教育として重要になるのです。
 自立を困難にする背景として、家庭における子育ての問題が挙げられています。そのなかで、核家族化の中で祖父母からの知恵の伝達がなくなったこと、親の養育力の低下により過干渉や放任が多くなったこと、父親の育児参加不足などがあげられていますが、これらは、少子社会の問題ではないと思います。もちろん、関係はしていると思うのですが。考えなければいけないのは、子どもの数が、家庭の中、地域の中で少ないということです。そこには、大きくふたつの意味があります。ひとつは、子ども集団がなくなってきて、そこから学ぶ機会が少なくなってきたこと。もうひとつは、親子の距離が近くなりすぎてきたことです。ドイツのミュンヘンでは、3歳まで取れた育児休暇を18ヶ月にする様になりました。私は、これは最初、後退かと思ったのですが、少子社会では、3歳まで、家庭に置くと、母親とだけ接する様になってしまうので、集団の意識ができてくる18ヶ月くらいから子ども集団に出すべきだと思っているからだと思います。
 多子社会では、自然と社会の中で子どもが走り回っていたけれど、少子社会となり、その様な機会がなくなってしまったなら人工的にもう一回、自然や社会を取り戻さなければいけない。その社会が、ある意味で幼稚園や保育園だと思うのです。昔は否応なく子どもと親との距離が離れざるをえないこともありましたが、今は自分の意思で距離を決められる。だから簡単に母子で密着できてしまいます。それを適当な距離にするのは園の役目です。子ども達は0歳のころからいろんな大人と異年齢の子どもの中で育っていきますが、3歳になると今度は子どもだけの集団も必要になる。だからそこに移行することを保障していかなければならないのです。ただその時に常に特定の大人とだけでいるようであればそれは問題です。3歳までお母さんと二人きりで3歳から突然、さあ子ども同士でと言われても難しいと思います。
 子どもは自ら育とうとする力を持っています。そうは言っても、1人で大丈夫なわけではありません。社会という、大きな人間関係の場での経験が「自立」を助けます。手をかけすぎず、ゆったりと「見守って」いきたいですね。

「見守る」ことについて2月15日ごろ載せます。

2017 年 1 月 14 日 土曜日

 園にある伝承遊びは主に室内遊びが多いのですが、「あやとり、折り紙、お手玉、こままわし、めんこ、けん玉」などが置かれています。
 これらの伝承遊びは古くから日本で遊ばれているものなので、よく外国の幼児施設への訪問の際のお土産にする場合が多くあります。しかし、実際はその遊びのルーツは外国のものであることのほうが多いようです。以前、長崎県で開かれた「長崎こと初めて」という展示会の中で、「けん玉」がありました。
 けん玉は、江戸時代中期にシルクロードを通って、唯一、外国に開かれていた長崎に入ってきたとされています。もともと、ワイングラスと毛糸球やシカの角と木製の玉など2つのものを糸または紐で結び、一方を引き上げたり振ったりして、もう一方に乗せるとか穴を突起物にはめるような玩具は昔から世界中に存在していました。日本にけん玉が入ってきた時には、鹿の角に穴をあけた玉を結びつけた形のけん玉でした。しかし、このけん玉は、子どもの遊びではありませんでした。大人の酒の席での遊びでした。もし失敗したら酒を飲まされたという遊びだったようです。
 それが、子どもの教育玩具となったのは明治9年に文部省発行の児童教育解説書に「盃および玉」という題で発表されてからです。そして、大正7年、従来のけん先と皿1つで構成された「けんに鼓」をヒントに、皿胴を組み合わせた「日月ボール」(または「明治ボール」)を広島県の江草濱次さんという人が発明し、現在のけん玉の形がほぼ完成しました。そして、1977年「けん玉ルネッサンス」といわれる爆発的な大流行となったのです。
 新しいものに飛びつきやすいですが、長いあいだ人気のあるものにはそれなりの理由があるものです。

2017 年 1 月 1 日 日曜日

 あけましておめでとうございます。今年もこの園長日記を通して、日常の園の様子や子どもの育ちについて、保護者の皆様にお伝えして、家庭と協力しながら子ども達のより良い成長につなげていきたいと思っています。
 さて、今、3、4、5歳児の幼児組では、伝承遊びゾーンがとても流行っています。コマやお手玉、それに今まではあまり人気がなかったけん玉もちょっとしたブームになっています。
 けん玉が今まで人気にならなかった理由としては、高い技術力が求められるからだと思います。バランス感覚やリズム感、そして、玉や糸にまでも神経をかよわす集中力です。これらの力が平均してついていないと、一番簡単な大皿にのせるのも困難です。
 あともう一つ流行のきっかけになったのは、やはり、上手に出来るお兄ちゃん、お姉ちゃんの存在だと思います。上手な子の技に憧れ、「自分もいつかは同じように出来るようになりたい。」そう願いながらコツコツ練習をするようになるのです。
 昨年の発表会で幕間としてお見せしたあのけん玉も、簡単そうにやっていましたが、実は、高い技術を持った二人だったからこそ成功できましたし、あそこまで出来た子は今までいませんでした。
 このようにして、伝承遊びはいつの時代も受け継がれてきたのだなとしみじみ思いました。

(おたよりの続き)
 園の中の3、4、5歳児の保育室内に「伝承遊びゾーン」があります。そこには、子どもが子ども集団の中で古くから受け継いできた遊び道具が置いてあります。なぜ、伝承遊びの道具が置いてあるのかというと、伝承遊びといわれる遊びは、個人的に楽しむものや一人二人と徐々に仲間を増やして楽しむもの、大勢でいっしょに楽しむものなど様々な遊びがありますが、そのどれもが、遊びながら他の子どもとの関わり、他者との関係性を構築することによって、他者への理解、社会的ルール、コミュニケーションの能力などが育っていくことで、社会性が養われていきます。また、数的概念や科学的体験が入っていたり、問題解決能力や洞察力、忍耐力などが養われていきます。
 そのほかにも伝承遊びのよさにはこんなことがあると言われています。まず、手や足や身体を直接使って楽しめるものが多くあります。いわば、手足を使うことによって、脳が刺激されるのです。つぎに、歌やリズムに合わせて遊ぶものが多く、リズムの楽しさを味わうだけでなく、遊んでいる子の周りのムードも楽しくなり、周りの子を仲間に入れていく効果があります。次に、遊びがとてもシンプルな物が多く、しかも、遊びの技術が次第に高度に発展していくものが多いので、同じ遊びを長く続けていても飽きることなく、チャレンジする楽しみがあります。さらに、伝承遊びというのは、長いあいだ子どもの世界で受け入れられて来たために、子どもの興味関心、発達にマッチしたものであり、また、危険性などについても長い間の実証があるので安心です。
 正月の行事として園でも、毎年、伝承遊びの会を実施しています。この日は、普段はない福笑いやだるまおとし、はねつき、おはじき等も用意して地域のお年寄りを招いて行なっています。この方々こそ、子ども達に流行の火をつけてくれる火付け役なのです。お年寄りの技術に魅せられ、自分の技を磨こうと思うのです。考えただけでもワクワクしますね。
 さらなる流行を期待しましょう。

伝承遊びのルーツについて1月15日ごろ載せます