小さなもみじの物語

2016 年 12 月 24 日 土曜日

 先日木月保育園では生活発表会が行われました。ひよこ組では、担任四人で何をやろうか?話し合いながら考えてきました。子どもたちが出来るようになったことを披露したいので、朝の会の歌を歌うことと名前を呼んで返事をしてもらうことは決まっていました。子どもたちの好きなことはなにか?考えたときにまず思い付いたのが四月から読んできたわらべうたの絵本にでてくるわらべうたでした。果物も好きなのでフルフルフルーツというダンスもやることに決めました。 そこで、まずは職員が果物のお面を被り、踊ることを始めてみました。すると、早速Aちゃん、Bちゃん、Cくんが踊りたい!お面を被りたい!とアピールしてくれました。その後子どもたち用のお面を作り被せてあげると目を輝かせていました。Aちゃん、Bちゃん、Cくんは月齢が高いのもあり、踊りを始めたその日から覚えて踊り始めていました。毎朝担任の顔を見るとCDデッキとお面を指さし、自ら踊りたい!とアピールしてくれるようになりました。はりきって自主練習していました。そんな三人の姿を見ていたDちゃんがいました。Dちゃんは音楽が流れると遊んでいた手もピタッと止め、Aちゃんたちの姿をじっと見つめていました。1ヶ月間は見ているだけでした。それがその後急に踊り始めるようになりました!すぐに覚えて踊り始めるAちゃん、Bちゃん、Cくんとは違い、Dちゃんはしばらくの間見て覚えて吸収していたのだと思います。本番が近付く頃には三人と同じくらいDちゃんも上手に踊れるようになりました!!
 予行練習当日、慣れないホールに泣いてしまう子もいれば興奮してしまい観客席まで行ってしまう子もいました。本番はどうなるか?ドキドキしました。
 発表会当日。幕が開く前の子どもたちは楽しそうに歩きまわっていました。それが、幕が開いた瞬間!たくさんの保護者の方々を目の前にビックリした様で、歩きまわっていた子も動きかピタッと止まり静かに座り始めました。その表情は忘れられません!朝の会のうた、わらべうたを笑顔で披露し、名前を呼ばれたらしっかり返事をして、最後のダンスは本当に楽しそうに踊っていて輝やいていました!!!もちろんAちゃん、Bちゃん、Cくんも練習の成果がバッチリ出てましたし、ゆっくり覚えていったDちゃんも負けないくらい上手に出来ました。たくさんの観客を目の前に堂々とやり遂げる逞しさには感動させられました。どの練習の日よりも本番が一番素晴らしかったです。
 保育園での発表会は、子どもたちが日々楽しんでいる好きなことを披露する場です。取り組み方も覚えるペースも子ども一人一人違います。Aちゃん、Bちゃん、Cくんのようにすんなり覚えて意欲的にやる子どももいれば、Dちゃんのようにゆっくり時間をかけて覚えていく子どももいます。その仮定があるのも発表会の魅力の一つだと思います。どのクラスもその子らしく参加することが出来ていました。上手い下手ではなく、一人一人の個性が発揮されるような発表会になったら大成功ですね!
 来年は子どもたちがどんな姿を見せてくれるのか今からワクワクしています。

 

広瀬 美穂

2016 年 12 月 10 日 土曜日

    運動会が終わって数週間経った土曜日。子どもたちはいつものように三輪車で追いかけっこを楽しんだり、ボールを投げたり蹴ったり、砂場ではケーキやお団子を作って遊んでいました。

 そんな中、あひる組のAくんが靴を脱いでテラスで遊び始めました。最初はちょこんと座っていましたが、テラスから落ちないようギリギリまで行ったり来たりする遊びを楽しんでいました。そんなAくんの遊びに気付いた他のあひる組の子どもたちは一緒になって同じように遊んでいました。すると、Bちゃんが先生のように「ピー!なーらんでー」と言いました。その声に子どもたちは壁にペタッとくっ付きます。Bちゃんが名前を呼び始め、最後に「よーい、ピッ!」と合図をすると壁にくっ付いていたAくんたちはかけっこを始めました。子どもたちはその後も順番に先生役を変わり、「よーい、ピッ!」「ウッキー!」と運動会で子どもたちが行ったことを遊びに取り入れていました。

 この遊びはAくんがテラスで遊んでいた姿を見て、同じ遊びをし始め、さらにBちゃんの「ピー!ならんでー」という声でできたごっこ遊びです。

 ごっこ遊びとは何かになりきろうと想像し、物事を真似して子どもたちで一緒に遊ぶことを言います。子どもたちは走るだけでも遊び。しかし、そこに子ども自身や子どもたち同士で役割やルールを考え、遊びをもっともっと面白いものにしていきます。

 このように今、あひる組ではごっこ遊びが流行っています。最近のブームは「大きなかぶ」ごっこ。何かを引っ張る時に「うんとこしょ、どっこいしょ」と声を掛けながら、大きなかぶごっこを楽しんでいます。生活発表会後の子どもたちのごっこ遊びが楽しみです。

 

岡本万太郎

2016 年 12 月 10 日 土曜日

 運動会も終わった10月後半。りす組では発達にあっていなかったため今まで出せなかったアイロンビーズや粘土、色鉛筆による塗り絵やはさみを用いた工作などを、朝の会までの間の自由遊びで、幼児組に移行してから自由に使えるように、今まで以上に丁寧に使い方を伝えています。
 最近では、アイロンビーズは子どもたちで置き方が違い、周りから置いていく子や、無作為に置く子、配色にこだわる子などがいたりして、面白いなぁと関心してしまいます。塗り絵も線をはみ出す子が少なくなってきました。
 そんな遊びの中で粘土で面白い出来事がありました。
 各遊びは1週間ごとに入れ替えます。このときの粘土遊びは2回目でした。1回目の粘土遊びでは箱 から出した粘土を丸めたり、叩いて伸ばしたりして粘土を楽しんでいました。2回目にも同じようなことをしていたので、何か遊びの刺激になればと思い、私は一緒に遊んでいる子の顔を作ってみました。すると、「すごーい」という声と共に黙々と子どもたちも何かを作り始めました。
 1回目の時には丸めたりして感触を楽しんでいたかのようでしたが、少し刺激を入れることで「見て~バス!」「船作ったんだよ~」とそれぞれの作ったものを見せてくれました。「すごいねぇ!」という声掛けと共に得意げにまた集中して粘土に向き合う子どもたち。しばらくして飽きてきた子は「先生、うさぎ作って」と言ってリクエストをしていました。するとAちゃんが「見てみて、お母さん」と言って見せてくれま した。そこには体から手足、頭がある誰が見ても人間の形をした粘土を見せてくれました。
 立体で物を捉え、それを立体で表現するということは、本来とても高度で難しいものです。今回たまたまAちゃんがその能力に長けていたのですが、Aちゃんを含む他のお友だちも、何か表現をし、それを保護者や保育士に受け止めてもらうことで意欲が芽生えていきます。するとそれが自己肯定感や、自信、意欲などに繋がり、ドンドンいろいろなことに取り組んでいくようになります。朝の自由遊びの時間にこれらの遊びを取り入れるようになってから、苦手なことにも少しずつ取り組むようになってきていることを実感しています。
 遊びの中での表現、生活の中での表現。少しのことでも受け止めてみると、子どもたちの目の輝き、心持ちが変わっていきます。意欲的で豊かな生活が送れるといいですね。

 

一柳 翔平

2016 年 12 月 3 日 土曜日

 12月になり、今年も残すところあとわずかですね。そしてこの時期になると、1年があっという間に過ぎているような感覚になります。しかし、春の頃を思い出すと今の子どもたちの成長を感じることができますね。
 幼児組では、生活発表会に向け動き出しています。4月から表現遊びとして劇・合奏・リトミックを行ってきて、そのいずれかを自分で選び発表会に向けて練習を行っています。そんな中、劇を選んだ年長組の女の子は、お当番活動などでみんなの前で話をするのが苦手ですが劇遊びを選びました。普段は自分から何かを決めることをほとんどしないので、始めは大丈夫かなと心配をしていましたが、今回の劇での配役に関しては、どうしてもやりたい役があったのか、自身で役柄を決め、セリフも自分で考えて決める事が出来ました。すると、話の流れを覚えて年下の子にも「○○ちゃん次はここだよ」などと引っ張りながら大きな声でセリフを言う事が出来るようになっているのです。
 女の子同士では今まで行ってきた表現遊びとしての劇遊びを通して、人前で話をする楽しさや表現をする楽しさなどを身につけていたんだなと感じます。そして、少しずつではありますが、お当番活動でもみんなの前で自信を持って話をしたりすることが出来るようになりました。
 年少組から行なってきた表現遊びですが、日々の積み重ねをしていく事で好きな事を見つけ自信にもつながり、少しずつ子どもたちの中で成長するための力となっていくんだなと思います。
 今後も今回のような成長の一歩の手助けを続けていき、将来のヒロインがうまれてくれればうれしいですね。

 

蛭崎 晶弘