小さなもみじの物語

2016 年 11 月 26 日 土曜日

 立冬を過ぎ、吹く風の中にも冬の気配が感じられるようになりました。ひよこ組の子どもたちは寒さにも負けず、園庭や公園で元気よく遊んでいます。色とりどりの落ち葉やどんぐりなど、秋の自然は子どもたちにとって宝の山。身近な自然に触れる楽しさをより感じられるようにしていきたいですね!
 今回は、園庭や公園で遊ぶ機会が増えたので、外遊びで見られた子どもたちの姿を紹介したいと思います。ひよこ組の子どもたちは、滑り台が大好きです。Aちゃんもお友達が楽しそうに滑り台で遊ぶ姿をみて、滑り台に挑戦!しかし、いざ滑ってみると怖くて、泣きだしてしましました。怖くて泣いてしまったAちゃんにあひる組のBちゃんが、「だいじょうぶ~?」と背中をポンポンしてくれました。お姉さんの優しさと、お姉さんが楽しそうに滑り台を滑る姿を見て、滑り台への怖わさがなくなったのか、もう一度挑戦!保育士が体を支えていなくても、一人で滑ることができました。「すごいね!上手にすべれたね!」と声を掛けると、拍手をして大喜び。滑っては拍手を繰り返すAちゃんの姿がとても可愛く、また成長を感じることのできた瞬間でした。
 もう一つは、砂場で遊んでいた時のことです。砂を触って遊んでいたCちゃん。お兄さんお姉さんがシャベルやカップを使って遊んでいる姿を見て、いつの間にかCちゃんもシャベルを持って砂をカップの中に入れて遊び始めました。保育士が声を掛けなくてもお兄さんお姉さんの遊んでいる姿をみて遊び方を覚え、夢中になって楽しんでいました。子どもの吸収力の高さはとてもすごいなと感じました。
 この2つのエピソードは、どちらも模倣から遊びが展開されています。子どもは相手の気持ちや心の状態を感じ取って模倣をします。模倣は、子どもがまねしたいと思うものをじっくり観察することから始まります。子どもは相手がだれでも模倣はしません。相手がどういう人なのか、どのような気持ちをもって、今、自分に接してきているのか、どういう心の状況なのか、ということを感じ取ってできることです。この相手の心や気持ちを感じ取ること「共感性」は人とのやり取り関係が発達していく第一歩です。様々な人と出会い、まねしたり、まねされたりする経験の中で、人は幅広い知識や技能を身につけ、心を発達させていくのだと思います。
 これからたくさんの人と出会い、いろいろな経験をし成長していくひよこ組の子どもたちが楽しみです。

佐藤 真衣

2016 年 11 月 19 日 土曜日

 ますます深まる秋を感じながら自然との触れ合いを楽しんでる子どもたち・・・あひる組の子どもたちはお散歩が大好きですが、散歩のときにこの子と手を繋ぎたい!という意思が出始めた時には「○○ちゃんが良かった~」っと泣いてしまう日もありました。
 Aちゃんは10月生まれで2歳になったばかりです。その日に近くの公園までBちゃんと仲良く手を繋いで行きました。公園でいっぱい遊んで園に帰る時間になるとAちゃんはBちゃんと手を繋ぎたくて側まで行きました。しかしその時Bちゃんはすでに他のお友達と手を繋いでいました。Aちゃんと来る時、手を繋いでいたからと声を掛けてもB ちゃんは他のお友達と帰る気満々です。Aちゃんは泣き出してしまいました。私はAちゃんに「Bちゃんは他の子と手を繋いでいるからひよこさんのCちゃんと手を繋いでくれる?Cちゃん小さいお友達だけどお願いできる?」っと聞いてみました。Aちゃんはクラスの中で妹的な存在でお友達に手を繋いでもらう事が多かったので1つ下のクラスの子をお願いするのは初めてでした。Aちゃんは少し考えて「うん!」と言ってくれました。 園までの帰り道、Aちゃんは時々Cちゃんを気にかけながらしっかり手を繋いでくれました。時々「Aちゃんすごいね~お姉ちゃんだね。Cちゃん嬉しそうだね。」と声を掛けると得意顔のAちゃんがい ました。
 AちゃんはBちゃんと手を繋ぎたいと泣いていましたが、話をしたら気持を切り替え話しを理解してくれました。Aちゃんは日々の生活や遊びの中でお友達がお世話をする様子を見ていたので私が話したときに自分もやってみようと思ってくれたんだと思います。Aちゃんは今回のお散歩で小さいCちゃんを面倒見ることが出来る自信や関わりを経験する事が出来ました。
 日々色々な事を遊びや生活の中で子どもたち同士が見て育つ・・・これからもその姿を伸ばしてあげられる環境を心がけ、その姿を一緒に楽しみたいと思います。

斉藤 操

2016 年 11 月 12 日 土曜日

 すっかり涼しくなり秋が深まりました。あっという間に年末になりそうです。1日1日を大切にしていきたいですね。最近2歳児クラスでは、幼児組への移行に向けて担任が1人減り、子どもたちは大人の手が減った分自分たちでがんばることが多くなってきました。「幼児組になるんだ!」という意識の強いりす組の子どもたち、今はルールのある遊びをするようになってきました。ちょっと難しいルールのある遊びをすごく楽しむ姿が見られます。椅子取りゲームやしっぽとりゲームもやりました。段々とルールがわかるにつれて負ける悔しさも味わうようになり、負けると泣く姿も見られます。そんな子どもたちのブームは「あぶくたった」です。
 外に出ると「あぶくたったやろ〜」と誘われ、「じゃあAがおばけやるね!」と数名がおばけ役をやってくれます。丸くなって歌を歌い始めるとどんどんおばけが増えていきます(笑)お家に帰って寝ると…「とんとんとん」「何の音?」「風の音!」「あーよかった。」「とんとんとん」「何の音?」「…おばけの音‼︎」「キャーッ」逃げ出すとたくさんのおばけが追っかけてきます。何度も何度もおばけ役を変えながらやると本当に疲れます。けれど楽しそうな子どもたちを見ているとこちらも楽しくなります♫
 そしてこのやりとりを劇遊びにして遊ぶことにしてみました。お面をつけて気分は動物☆「とんとんとん」「だぁれ?」「ねずみのBです。チュウ!」「どうぞー」いつものやりとりと間違え「何の音?」と言う子もいましたが、みんなすごく楽しんでくれました。色んな動物になったり、先生役をやったりと室内でお面を出すとすっかり劇遊びに夢中です。
 役になりきりセリフを覚え、やりとりをするという少し高度な劇遊び。それでも幼児組に近づいていっているりす組は、楽しめるようになってきました。現在の2歳児クラスはもう乳児ではなく幼児です。幼児のように接すること、幼児と同じようなことをすることでたくさんのことを吸収し成長していきます。乳児扱いせずに幼児のように扱うことで、子どもたちも「自分たちはお兄ちゃんお姉ちゃん。できるんだ!」とやる気も出てきます。子どもたちのやる気、そしてたくさんの経験による自信をつけて、1月の移行が子どもたちにとって負担のないようにしていきたいと思います。

 

新屋 淳子

2016 年 11 月 5 日 土曜日

 先月の話になってしまいましたが、木月保育園の子ども達が楽しみにしていた運動会が開催されました!残念ながら雨の為2日順延してしまいましたが、保護者の方々に応援して頂くことが出来て、子ども達の表情はいつも以上にキラキラ輝いていました!
 幼児組では4月からの運動遊びや自由遊びの時間の中で、鉄棒やマットなどの運動遊びを楽しんできました。しかし運動会の1ヶ月くらい前から子ども達の練習に一段と力が入ったように思います。特に年長さんは、最後の運動会!その中で私が印象に残った2人のお子さんのエピソードを紹介します。
 1人目はAちゃん。Aちゃんは、1ヶ月前は前回りが出来ませんでした。腕の力で身体が鉄棒に持ち上がらなかったのです。苦手意識もあるのでしょう。年長の女の子が鉄棒を盛んに練習する中、自由遊び中は鉄棒に近寄りもしなかったのです。運動会をきっかけに、保育士や友達に応援されて、なんとか身体が鉄棒に持ち上がるようになりました。でも次は怖くてクルンと身体を前に回せません。恐怖のあまり、お布団のような状態になってしまうのです。しかし、大丈夫!大丈夫!と皆に励まされ自力でクルンと回れる様になったのです!運動会直前には腰にアザを作りながらも頑張って練習して当日には立派に前回りを披露することが出来ました。運動会後も、Aちゃんは鉄棒の練習をしています。皆んなから刺激を受けて、なんと逆上がりの練習をしています。
 2人目のBくんは、なかなか跳び箱が跳べませんでした。ホールに跳び箱を出している日もあったのですが、保育園では練習する様子はありませんでした。ところが運動会の数日前…「5段跳べるようになった。」と、お父さんと報告してくれたのです。園庭に跳び箱を出すと、ピョンと綺麗に5段の跳び箱を飛び越えたのですビックリ!Bくんの保護者にお聞きすると、なんとお家の方と一緒に、お休みの日にわざわざ跳び箱がある施設まで出かけ、練習して跳べるようになったとのこと。Bくんは、運動会でも見事5段の跳び箱を跳ぶことが出来ました。すっかり自信のついたBくん。来月の生活発表会では、この楽器をやるんだ!と新たな目標を持っているようです。
 紹介したのは2人だけですが、他の子ども達も手の皮が剥けるまで鉄棒を頑張って練習し、皮が剥けて痛くなったから縄跳びを練習するんだ!と毎日頑張っていました。Bくんのように保育園だけでなく、休日にお家の方と一緒に練習した子も多かったのではないかと思います。私は年長児の担任ではありませんが涙ぐましい努力を重ねて練習をする子ども達を真近で見て応援することが出来ていたので、運動会当日は子ども達の晴れ姿に胸が熱くなってしまいました!
 こうした目の前の出来ないことを、自分で考えたり工夫しながら挑戦し、出来た!という喜びや達成感を沢山幼児期に体験することは、将来的に「やり抜く力」を育てるそうです。「やり抜く力」は大人になっても必要な力で、世界的にも成功者に必要な力の1つとして注目されています。やり抜く力を持つ子どもは、自ら取り組む意欲が高く、色々なことに挑戦したり、自分でやり遂げたり、課題に取り組むことを楽しめるのだそうです。しかし難しい課題に直面すると、子どもは出来ない!嫌だ!イライラする!という投げ出したい気持ちになります。そう言った時は、特に幼児期には身近な大人がしっかり受け止めてあげるパートナーとなり、サポートする環境を用意してあげることで「やり抜く力」は育つそうです。結果ではなく努力を褒めたり、失敗談を話したりして失敗から立ち上がるサポートをすると良いそうです。Aちゃんは、出来なかった鉄棒の前回りが出来たことで自信につながり、また逆上がりという新たな目標に取り組んでいます。Bくんは、保護者の方にしっかりサポートして頂くことで、途中で投げ出さずに跳び箱をマスターしたのだと思います。2人の中には運動会の目標を達成して「やり抜く力」が芽生え育ち始めていることでしょう。
 「やり抜く力」は、子どもが将来生きて行く上で、とても大切な力だと思います。身近な大人代表として、子ども達の「出来た!」を応援しながら一緒に沢山積み上げて「やり抜く力」を育てて行きたいと思います。
 まずは来月の生活発表会!子ども達の「出来た!」の体験が増えるように私もサポートがんばりたいとおもいます。

 

中澤 明日香