小さなもみじの物語

2016 年 9 月 24 日 土曜日

 ひよこ組の子どもたちの中で最近よく見られるようになった行動があります。それは、「物を渡す」という行動です。玩具をとってきては「あい!」と言って渡してくれます。渡して一緒に遊んでもらいたいアピールをしている子もいれば、渡したら満足してその場からいなくなる子もいます。私はこのやりとりがとても重要に感じています。そのことをあひる組の子どもたちのやりとりを見て実感したのです。
 木月保育園ではひよこ組、あひる組が異年齢保育といって一緒に過ごす時間も多く取り入れています。先日、ひよこ組の部屋にあひる組の子どもたちが何人か遊びに来ていました。そのときにクラスに一つだけある太鼓の玩具を出しました。取り合いになるかな?と思いながらも出してみることにしました。すると、あひる組のAちゃんBちゃんCちゃんの三人が集まってきました。最初にAちゃんが使っていると、周りの友達も使いたがりました。私は「順番で使ってね」とだけ声をかけて見守っていました。すると、3人の子どもが円になって向きあって座り、最初に使っていたAちゃんが「はい!」と言ってBちゃんに渡しました。渡されたBちゃんも嬉しそうでした。その後はきちんとCちゃんにも貸してあげていました。貸してあげる子も貸してもらった子が嬉しそうにしているのを見て嬉しそうでした。もちろんその後は取り合いになることもありましたが、Aちゃんがその場を仕切って順番に太鼓をまわしていく姿も見られました。私は友達同士で貸借りをする姿を見て驚きました。そのやりとりが出来るようになるには0歳児からの経験が重要だと思います。あひる組の子どもたちはひよこ組のときに物の貸し借りの基礎を経験しているからこそ身についています。 まずは大人との関わりが大切でそこから友達同士での関わり方に繋がっていきます。
 今意識して行っているのは大人が子どもと物を貸借りするということです。子どもが玩具を渡してくれたら「ありがとう」と伝えたり、こちらから子どもに「ちょうだい」と言葉をかけたりしています。子どもたちは「ありがとう」と伝えると嬉しそうな表情を見せてくれます。渡すことで相手が喜んでくれるということが知れたら良いなと思います。ひよこ組の子どもたちの中で物を渡すのがブームになっているのは相手の反応を見たいのです。まずは大人がそういった貸借りのやりとりをしていくことで、友達との関わり方が身についくるのだと思います。そのことを意識しながら子どもからの投げかけを大事しながら受け止めていきたいです。

 

廣瀬 美穂

2016 年 9 月 17 日 土曜日

 夏の暑さも徐々に和らぎ、吹く風もだいぶ秋らしくなってきました。プール遊び・寒天遊び・氷遊び等、夏ならではの遊びを楽しみ、また一回り成長した元気いっぱいのあひる組の子どもたちです♪
 汗をかいたり、シャワーをしたり。この季節、着替える機会が多くあります。オムツを替え終え、ズボンを履く時。ズボンを履かせようとすると、「んっ!!」とズボンを守るように取る、10月生まれのAちゃん。「自分で、履くの??」と聞くと「うん」と頷いて、一生懸命足を通そうとしています。「ここに座ると履きやすいよ」と牛乳パックで作った椅子に座るよう促し、Aちゃんが頑張って履く様子を見ていました。「出来なかったらやってって言ってね」と声を掛けると、しばらくして「って!!」と声を掛けてきました。両方の足を1つの穴に入れてしまい、ズボンがお尻まで上がらず困っている様子。「凄いね、自分で出来たね♪」とAちゃんの頑張りを褒めながら、「同じところに足が入っちゃったから、ちょっと直そうか」と少しだけお手伝い。最後は自分でズボンをあげて、満足そうにお部屋に戻っていきました。
 4月当初から、着脱に意欲的な子どもたちにはズボンを脱いだり履いたり、洋服を脱いだりと自分たちで出来るところは自分でやれるよう促していました。最初は全く着脱に興味のなかったAちゃんですが、お友だちがやっているのをじっと見ているなあと思っていると、少しずつ、ズボンを脱ごうとする姿が見られ、ついには自分で履こうとする姿も!!Aちゃんに限らず、今あひる組の子どもたちは、自分たちで脱いだり履いたりしようという姿が多く見られるようになっています。
 私自身、2児の母で現在あひる組の子どもたちと同じ月齢(5月生まれ)の子どもの母でもあるのですが、うちの息子は着脱に関して全くやる気がありません(笑)すぐに「ねね、やってー」と長女にお願いしています。私も長女の時には、自ら出来るように促していたのですが、息子に対してはそんなに働きかけてもいない気がします。
 一方、私たち保育士も、子どもたちが自らやりたくなるような言葉掛けを心掛けて、子ども同士の関わりを大事にしながら日々保育を行っています。また、子どもたちが着脱しやすいように牛乳パックの椅子を用意したり、お部屋に靴下やズボン、スカートを用意し遊びの中で着脱に興味が持てるようにしています。
 わが子の様子や、あひる組の子どもたちの様子を見ると、環境って大事だな、と強く感じます。あひる組の子どもたちは、まわりのお友だちが頑張る姿を見て、「自分もやりたい」「ああやって履くんだ」等色々なことを学んで、自らやろうという気持ちが育っているのでしょう。
 大人との関わりや、子ども同士の関わり等の人的環境、子どもたちが自分でやろうと思えるような空間を作る物的環境。子ども自らトイレに行こうと思える空間的環境。それぞれの環境を整え、常に見直しながら、子どもたちが楽しく過ごせるような保育を日々心掛けていきます♪

 

早野 恵美

2016 年 9 月 10 日 土曜日

 りす組ではプール遊びの他に泥んこ遊びや色水遊びをしました!今日は泥んこ遊びでのエピソードを…♪
 どれだけ汚れてもいいようにお着替えを済ませ、普段何気なく遊んでいるお砂場へ。お水がたっぷり入ったお砂場。いつもと違う姿に戸惑っている子もいました。『今日はどれだけ汚れてもいいよ!お洋服が汚れても大丈夫だから、たくさん遊んでね!!』と子どもたちに声を掛け、いざ泥んこ遊び♪『わ~~いo(*゚▽゚*)o』と目を輝かせ、全身の汚れなど少しも感じさせずにあそび出す子もいれば、恐る恐る足を入れ、感触を確かめている子、控えめだけどあの独特な泥んこの感触を楽しみ出す子など、様々な姿が見られました。最初は控えめだったり、恐る恐るの子も、大胆に遊んでいるお友達を見て『あっ、汚れてもいいんだ、こんなに楽しいんだ♪』と感じた子が多く、数分もすると全員で足踏みをし、足の裏で感触を楽しんでいました(*^_^*)
 Aくんは足を踏み入れた瞬間からすでに泥遊びの虜!『さち先生見て見て~!今ね、お山作ってるの♪』と教えてくれたり、型はめを楽しんでいました。お友達とお山作り・川作りをその後楽しんでいました。Bちゃんは長座して座り、自分の足に泥を掛けていたので、『なにしてるの?』と声を掛けると『今ね、お風呂に入ってるの♪気持ちいいんだょ~♪』と終始足にかけたり、腕にかけたりとまるで泥パックでしたΣ(⊙ω⊙)『さち先生もお風呂入ろうよ~♪』とお誘いを受けたので、一緒に足パックを楽しみました(*^_^*)その後は皆様想像通り、素晴らしい姿になっていました(笑)
 最近はお砂場でもスモックを着たりと汚れを気にしているご家庭も多く感じます。確かに今、ゴミが簡単に捨てられており、体に害があるもの、触って欲しくない物が子どもたちの身近にもあふれています。しかし、昔から身近にある泥んこや砂での遊びに触れることで、子どもたちの未知なる感性を開く道筋になります。1粒1粒はとても小さな砂…ただ砂があるというだけのお砂場でも、子どもたちは創造力を働かせ、様々なものを作ります。砂に水を混ぜて砂の性質や状態に関わる遊びをするようになり、ごっこ遊びや砂山作りなどへと発展していきます。砂でプリンを作るために自分で考え、試しと試行錯誤を繰り返していく中で、色々な発見がある砂遊び。自分が遊びの中で発見した体験が学びへと繋がっていくのです。
 砂で汚れてしまって洗濯が…とついつい考えてしまいますが、今しか出来ない大胆なほどの砂遊び、是非お子さんと楽しんでみてはいかがでしょうか(*^_^*)

 

豊田幸代

2016 年 9 月 5 日 月曜日

 水遊び安全祈願後から中々晴れずにプール遊びができませんでしたが、8月にはいるとプール遊びが盛んでしたね‼いつも子どもたちからは「いつプールに入るの?」「プールまだー?」と言う期待の声が聞こえていました。プール遊びが始まると着替えもいつもの倍以上の早さで終わらせるほどプール遊びを楽しみにしていました!
 はじめは水を顔につけるのも嫌だったザリガニグループ(水が苦手なグループ)のAちゃんとBちゃんは、何度か自分で水をかけているうちに、このくらいだったらお友達にもかけても、大丈夫かなと思ったのか、Aちゃんは少しずつBちゃんに水をかけだしました。するとはじめはお互いに遠慮がちだった二人が、相手の腕から肩に笑いながらかけていました。そして繰り返しているうちに水の量も多くなっていきました。最終日にはまるでクジラグループ(水が得意なグループ)のように水を楽しむ姿が見られようになりました。それは、水が苦手という気持ちが同じ子ども同士で一緒にかかわることで、水に対する怖さがお互いにわかり、相手にかける水の量を自分のことと置き換えることができたことで、共通理解できたことで掛け合う水の量が増え始め、クジラグループのように楽しめるようになったのではないでしょうか。
 子どもは水と触れ合って遊んでいますが、その時に一番、重要なのは『気持ち良さ』です。子どもの遊びのなかで最初のベースになるものとして『感覚遊び』というのがあります。目や耳、皮膚感覚など、五感を通して自然物と接していくなかで、様々な物事に対する認識を深めていきます。水は子どもの感覚を磨いてくれる“万能素材”なんです。夏の暑い時期、水に触れるだけでも心地良かったり、水温の変化を感じることもできます。ときにはしずくが光に反射してキラキラ輝くのを見たりするだけでも、幼児期の子ども達はその“不思議さ”や“美しさ”と出会えるのだと言われています。
 また、運動能力を高めるには、3~6才までに多くの刺激、多くの経験を与えることが大切だと言われています。プール遊びを行うことによって、身体の発育・発達を促し、心身の健康保持・増進を図るうえに大きく役立ちます。また、多くの人が利用するプールの規則やマナーを知り、守ることから社会的態度を養う機会となります。
 夏という季節は短いですが、夏ならではの遊びの中で子どもたちの感性を引き出したしたり、また思い出の1つになれば良いなと思います。
 保育園ではなぜ夏にプールに入るのか?“夏だから”“暑いから”だけでの理由ではないんですね

 

阿部 梨絵