園長日記

2016 年 2 月 29 日 月曜日

   2月に行われたクラスの移行に伴い、ぞう組の子ども達は、今までの異年齢のクラスではなく、小学校での生活を意識した同年齢での生活を始めました。これは、小学校に行ってからの生活に少しずつ近ずけていくためで、今までは出せなかったより高度な遊びやゲームも楽しめるようにしています。1人で楽しむのではなく、数人で行うゲームを通して、人との関わりを増やしていきます。また、文字や数字にもたくさんふれる機会が出来るように数独や点つなぎ、児童書等も用意されています。
  この様な環境で過ごしていくことで、「年長らしさ」の様な姿を目にする機会が今まで以上に多くなりました。時計を見ながら遊びを切り上げ、次の活動に移ったり、外での活動の時には帽子を自分で取りに行き準備をして待つ等の姿も見られます。誰かが気が付くとそれに別の誰かが気づき、次第に自分から行動に移せるようになってきているのだと思います。このように園での生活は日々社会を学ぶ場となり、子ども達の成長を促しています。もうすぐ一年生。立派な小学生になれそうですね。

(おたよりの続き)
   大昔から人類は、危機を乗り越えるために、社会を作り、協力して生存してましきたが、そのキーワードが「模倣」だと言われています。相手を自分と重ねて見て、相手になりきり、相手の期待を捉えて応えていけばいいのですが、その「相手になりきる」ために獲得した機能が「模倣」ではないかと考えられています。しかし、チンパンジーもヒトも 新生児期にはある程度の模倣能力を持っているのに、ヒトだけが模倣能力をぐんと発達させていくのはなぜなのか?その機能を引き出すための環境が影響しているのではないかと言うのです。「周囲の大人が無意識に子どもに模倣させるような育て方をしているからだと思います。」と言うのは、明和政子さん(京都大学大学院教育学研究科准教授)です。彼女はどのような環境が模倣の能力を増していったかを言っています。
ヒトの場合は、模倣を中心としたコミュニケーションを通じて、他人からたくさんのことを学びます。まずは他人の模倣をすれば、一人でゼロから試行錯誤的に学ぶ必要はないわけです。まず真似て、そこから修正していった方が効率的です。人類の脳の機能は、まずいろいろとすべてをつけ、そこから削っていく方が効率的だということで、そのようにできているのです。
   そして、人類は、身につけたこと、獲得した高度な機能を次の世代に伝えていかなければなりません。そのときの手段では、もちろん言語によることが多いのですが、この模倣によるところが非常に大きいと思います。模倣は、ヒトの文化を大きく発展させた一つの要因だと考えられています。
模倣の苦手なチンパンジーですら、少なからず環境の影響を受けるということがありますが、逆にヒトもまた、ヒトらしい環境で育てられない限り、ヒト特有の模倣能力を発達させることはできないといいます。
それでは、ヒトらしい環境とはどのような環境なのでしょうか?なぜヒトは他人の身体 の動きまでそっくりそのまま模倣するように進化してきたのでしょうか。ヒトにとって模倣とは、コミュニケーションを円滑に行うための手段であり、生きていくために欠かせないものだということは、コミュニケーションをとる相手の模倣から始まります。まず、身近なお母さん、次第に、きょうだい、祖父母、次第に友達、地域の人たちへと広がっていきます。そして、思春期になると、スポーツ選手や、イメージの中の理想の人物だったりするでしょう。さまざまな人と出会い、まねしたりまねされたりする経験の中で、ヒトは幅広い知識や技能を身につけ、心を発達させていくのです。
 ぞう組さんのあの「年長らしい」姿もこうして身に着けていったのですね。小学校に行くと、益々、人との付き合いの幅が広がります。更なる成長が楽しみです。

模倣させる環境について3月15日ごろHPに載せます

2016 年 2 月 13 日 土曜日

この模倣という行為は、現在の研究では、われわれヒトの祖先がチンパンジーの祖先と枝分かれした後、およそ500万年前に比較的に獲得してきた、ことばに匹敵するほど重要な能力であるということが分かっています。
 ではなぜヒトは身ぶりを模倣できるようになったのでしょうか。ヒトは、社会を形成し、そこで助け合い、協力して生きてきました。当然、そのためには他者とのコミュニケーションが大切になってきます。その際、言葉だけに頼るのでなく、他者の身ぶりを頻繁に模倣し、また同時に模倣されていることに気付きます。他者の身体の動きに注目した模倣は、他者と同じ経験を忠実に繰り返すことを可能になっていきます。その結果、自分の心と他者の心をしっかりと重ね合わせることができ、他者がなにを考えているのか、何を意図しているのか、といった心的状態を、他者の行為を観察するだけで読み取ることができるようになります。それが対人知性と呼ばれるスキルで、現在生きていく上で、最も大切な知性であるといわれています。これは、自分が属する社会のメンバーと円滑にコミュニケーションするうえで、欠くことのできない能力であるからです。
一方、猿は「猿まね」とは言うものの、実は、ものを操作しないような「身体の動き」の情報しか含まない行為を模倣するのは、サルにとって非常に困難であるようです。ヒトとチンパンジーの模倣能力の違いの実験をテレビで見たことがあります。それは、こんな実験でした。くま手を使って遠くの物を引き寄せるという行為を、チンパンジーとヒトの赤ちゃんがどう模倣するかを比較した研究です。くま手を「くるっと回転 させる」という意味のない行為を挟んだ後に、物を「引き寄せる」行為を見せた場合、くま手を「回転させる」 行為まで模倣したのは、ヒトだけでした。チンパンジーはこの行為は無視して、「引き寄せる」という部分だけを模倣したのです。どうやら、チンパン ジーは他人の行為を模倣するときに、他人が扱う物の機能や因果関係、最終目的といった情報を手掛かりにしているようなのです。
 それに対し、ヒトは、例え意味のない行為であっても、他人の身体の動きまで忠実に模倣します。つまり、見たままにまねる「猿まね」をするのです。猿まねという言葉には、独創性に欠ける、考えなくてもできる、などあまりよくないイメージがありますが、実はわれわれ人類が進化の過程で独自に獲得した極めて重要な能力だといえるようです。
ということから、サルとヒトが分かれていく進化の過程で、ヒトは「模倣」という行為を発達させていったようだと考えられています。では、なぜ、人類だけが模倣する能力を発達させたかというと、社会を形成し、その中でコミュニケーションをとるために必要だったのです。
霊長類に固有の機能として「共認機能」というものがあります。これは、同類と言われる周りの期待に応えることによって、安心や喜びなどの気持ちの充足を得る回路で、サルや人類は、この周りの期待に応える充足(期応充足)を最大の活力源にしているのです。 そして、人類は、この期応充足というニューロンによって、皆で状況を共認し、課題を共認し、役割や規範を共認していきました。そして、意識を統合することによって、秩序化をはかり、その秩序によって、集団を統合し、次第に社会を統合していったのです。