園長日記

2016 年 1 月 29 日 金曜日

 最近、あひる組の子ども達がすごいっていう事をご存知ですか?何がすごいかと言うと、関わり方がすごいんです。例えば、あひる組の子どもがおもちゃで遊んでいる時に、突然ひよこ組の子どもがやって来ておもちゃを持って行ってしまうという事が起きます。通常このような時は、1歳頃の発達では、自分の物を取られまいと、噛みつきやひっかきをしてこれを守ろうとします。しかし、最近よく見かけるのは、仮におもちゃを取られても相手を見て、何も言わずに貸してあげるという姿があります。もちろん全員がこの様な事が出来るわけではありませんが、この様な関わりをする子がたくさんいるのです。
このような様子は何気ない関わりで、当たり前の様に聞こえるかも知れませんが、決してそうではありません。2,3年前でしたら木月保育園でもこのようなやり取りが原因の噛みつきが絶えませんでした。1人がやり始めると別の子がこれを真似て、更に別の子を噛むという負の連鎖が繰り返されていたのです。
しかし、このような連鎖を断ち切るべく、職員みんなで話し合いました。そして、出した答えが、「良い行いを真似してもらう、正の連鎖を起こそう」という事でした。これ以来、現在に至るまで、子ども達との1人1人に対する関わりや行動を先生が見本となり、良い行いを子ども達に真似てもらうようにしています。これらの活動を行ってきた成果が、今のあひる組の子ども達に見られるようになってきたのです。今ではひよこ組の子ども達にも正の連鎖が受け継がれているようです。
赤ちゃんが大人や周りの子どもを真似るという事は大昔からされてきました。一説には人類が今まで生き残れたのも、この真似るという行為があったからだとも言われています。そう考えると、あひる組の子ども達の姿はとても誇らしいですね。これからも、多くの人との関わりを通して、真似るという事を大切に保育をしていきたいと思う今日この頃です(^―^)V

(おたよりの続き)
赤ちゃんがヒトのまねをするという発達についての研究があります。この研究の経緯を見ると、いつ頃からするようになるかということが最初はテーマだったような気がします。そして、その模倣は、人類にとってどのような意味を持っていたか、他の生き物でも模倣をするかなども併せて研究されてきました。その中で、最近分かってきていることは、生まれたばかりの赤ちゃんでも、すでに他人の表情を模倣する能力をもっているということです。自分には舌があり、どこをどう動かせば舌が出るのかということは分からないはずの赤ちゃんが、目の前でゆっくりと舌を出してみせると、同じように舌を出し、口を開けてみせればやはり口を開けるということが分かっています。しかも、その赤ちゃんは新生児頃から模倣をするのです。
 ただし、この模倣は「新生児模倣」と呼ばれ、生後6-8週ほどで消えてしまいます。その後、生後8~12ヵ月ぐらいから赤ちゃんは再びまねをし始めます。この頃になると、大人のまねをして「おつむてんてん」や「ちょちちょち あわわ」などをやり始めます。しかし、同じ模倣と言っても、新生児のころとはまったく質が違います。まねをしながら楽しそうに声を出し、笑顔が見られます。それは、お互いの気持ちが共感し合い、重なり合ったコミュニケーションになっているのです。こうした模倣が、自然発生的に出てくるのはヒトだけだそうです。
 たとえば、よく「猿まね」ということがありますが、サルの中で優れた知能を持ったチンパンジーでさえ、まったく真似をしないわけではありませんが、とても苦手です。とくに、意味のない行為の真似は、その行為が簡単なものであってもほとんどしません。京都大学霊長類研究所で言葉や数を憶えたボルボというチンパンジーは、瞬間的な記憶能力は人間より優れていますが、そのチンパンジーでさえ模倣するのは苦手だそうです。
 しかし、生まれたばかりのチンパンジーには、ヒトと同じように新生児模倣が見られることが分かっています。これは、自力で母親にしがみつくことができないヒトとチンパンジーの赤ちゃんが、母親の注意を引きつけておこうとして行う、生まれつき備わった能力ではないかと考えられています。母親と生まれてすぐの赤ちゃんのコミュニケーションにおいて、模倣は大切な役割を果たしているのです。しかし、チンパンジーにおける模倣は、ヒトと違って、その後再度行われることはほとんどないそうです。
 では、この模倣は、どのように進化してきたのでしょうか?サルと人類が同じ祖先を持ちながら、どこで分かれてきたのでしょうか?

「猿まね」ついて2月15日ごろHPに載せます

2016 年 1 月 15 日 金曜日

 身体の「しぐさ」による表現を脳の働きから見ると、どのようなことが起きているのでしょうか。それを説明するのが、何度かブログに登場している「ミラーニューロン」の働きに関係するようです。このニューロンである神経細胞は、自分の動きでも、他人の動きでも同じように反応するという物です。この発見は、まだまだ懐疑的な意見ももちろんありますが、近年の神経科学の中で、最も重要な発見で、画期的と言われています。それは、この発見によって、神経科学のみならず、多くの周辺領域に影響を与えることになりました。
  このミラーニューロンの最も重要な点は、他者の動きそのものに反応することではなく、他者の行動の目的に応じて反応することです。こんな例が提示されています。
 例えば、実験者がボウルの中に入った果物に向かって手を伸ばします。すると、それを見ていたサルのミラーニューロンは、自分の手を伸ばしていないのに、他人が行う行動をただ見るだけでも活動します。しかし、まったく同じような運動を行ったとしても、サルがボウルの中に果物が入っていないとわかっている場合には、反応を見せないというのです。
  つまりこれは、ミラーニューロンが単純な視覚刺激に対する反応ではないことを示しています。この結果を通じて、ミラーニューロンを発見したリゾラッティらは、ミラーニューロンが反応しているのは、他者の行動意図の内容を理解した反応だと主張したのです。この他者の行動意図の理解に関与しているという発想は、非常に斬新的なものでした。これは、「心の理論」とも密接なつながりを持つ重要な主張ですし、私たちが様々な学習を行うとされる模倣行動を通じて行動の意図が共有できるというように発展できるからです。
  意味の通じない「しぐさ」や行動、模倣、これら全てが意味があり、子ども達の育ちには重要なのです。どうか少しでも、子どもの行動や「しぐさ」を理解して、共に分かち合える関係を作っていきましょう。

2016 年 1 月 1 日 金曜日

   あけましておめでとうございます。今年もこの園長日記を通して、日常の園の様子や子どもの育ちについて、保護者の皆様にお伝えして、家庭と協力しながら子ども達のより良い成長につなげていきたいと思っています。
  さて、冬になると色々な感染症が流行ります。年度末にも0歳児の子どもが病気になり他の子どもに感染しない様に事務所で見ていました。すると、とてもつらかったのでしょうか、言葉では表せない様な声で私にうったえかけてきました。「何をしてあげたら良いのだろう?」 一生懸命何かを伝えようとしているのはわかるのですが、なかなか思いを理解してあげる事が出来ませんでした。色々と試してはみましたがその子の意図をくんであげることは出来ませんでした。ただ、最後に「すごくつらいんだね」っと辛さを共感してあげた時、なんだか落ち着いた様な表情を浮かべました。きっとこの辛い気持ちを分かってもらいたかったのでしょう。
   赤ちゃんは顔の表情や目、そして、しぐさからも情報を伝えようとします。しかし、多くは大人が理解できないことが多いような気がします。特に、言葉では伝えることができない、心の内面はなかなか理解してあげる事は難しいです。この事がお互いに伝わることが信頼関係なのかと思います。多くの子どもとの信頼関係を深め、1つ1つの「しぐさ」を大切にしていきたいです。

(おたよりの続き)
  少し前に、テレビで昔の番組を放送していましたが、そのなかに「ジェスチャー」という番組がありました。この番組は、1953年から1968年までNHKテレビで放送された超人気番組です。この番組は、テレビ放送が始まって少したって始まった番組ですが、それまで中心だったラジオ番組と大きく違うテレビの特性を生かした物です。それは、声だけでなく、姿が映るようになったことを利用して、人が示す姿から何を伝えたいかを当てるゲームです。ジェスチャーゲームは、今でもレクリエーションなどで行われているゲームですが、そのジェスチャーという言葉は、和製英語です。このような遊びは、英語ではcharadesといいます。しかし、ジェスチャー(gesture)という英語もありますが、それは、本気でやる気がないのにかっこうだけして見せる「思わせぶりな言動」という意味で使われます。
   このゲームではありませんが、顔の表情や目からの情報だけでなく、ヒトは、「しぐさ」からも情報を伝えることをします。特に、その情報は、言葉では伝えることができない、心の内面を伝えることができるのです。この伝達方法も、私は、子どもの方が大人より繊細な気がします。ですから、大人は、とかくその言いたいことを見逃してしまうことが多いような気がしています。子どもの権利条約12条には「 締約国は、自己の意見を形成する能力のある児童がその児童に影響を及ぼすすべての事項について自由に自己の意見を表明する権利を確保する。」とあります。子どもの意思の表明の多くは、態度で表すことが多いのです。
   このように身体の「しぐさ」による表現は、内面を伝えるのには有効な方法ですが、それは、脳の働きから見ると、どのようなことなのでしょうか?


1月15日ごろ脳の働きから見た「しぐさ」の意味について載せます