小さなもみじの物語

2015 年 12 月 19 日 土曜日

 ひよこ組のお友達は絵本を読んでもらうのが大好きで、読みたい絵本を職員に持ってきたり、指を指して“読んで!”とアピールをしています。絵本の前には「おーはーなーしおーはーなーしーパチパチパチパチうれしいおーはなし♪楽しいおーなはし♪しーっしーっしーっ♪しーずーかーにききましょう♪」と、手遊びをして子ども達の気持ちを向けてから読むようにしています。その手遊びが聞こえると、今まで他の遊びをしていたお友だちも、職員の前に集まり、口元に指を当てて「しーっ(静かに)」のポーズをして座ります♪読み始めると、5~8冊は平気で見続ける子ども達の集中力は驚きです!
 先日行われた生活発表会では、上記のような姿を保護者の方に見てもらいたく、ひよこ組は「ひよこ組のある1日」と題して、絵本の読み聞かせや、朝の会をしました!始めの頃は、まだ絵本に興味のない子も多く、2・3人しか座っていないこともありましたが、今では、ほとんどの子が集まり、みんなで絵本を楽しんでいます♪日頃、空いた時間や、ご飯の前の時間に、絵本を読む機会があるのですが、何度も繰り返し読んでいると、子ども達は自然と絵本の内容を覚え、職員の読み聞かせに対して反応をしてくれるようになりました‼「いぬ…わんわん!」「ねこ…にゃーにゃー」「ちょうちょ…ひらひら」など、職員が鳴き声や手振りなどを付けて読んであげることで、子ども達も自然と声に出したり、真似をしてくれるようになりました。
 絵本の読み聞かせは、読み聞かせる側(大人)と、聞き手(子ども)との間で同じイメージを共有するという体験をさせてくれます。共有体験は、聞き手側のコミュニケーション能力や社会性、言語の発達を促進するだけでなく、想像力、感性を育んでくれるとも言われています。絵本の読み聞かせの前に、手遊びで導入してあげると、子どもたちは絵本の世界に入り易くなります。
 絵本の読み聞かせは、子どもとのコミュニケーションだけでなく、子ども達の成長にも繋げていくことが出来ます。
 乳児期に読み聞かせる絵本の絵は、原色が使用されることが多く、理由としては、乳児期は視力の発達がまだ未熟な為、明るい色彩の方が分かりやすいからと言われています。他にも、黒で縁取られるなど、はっきりとした輪郭なども知覚されやすいようです。
 このように、乳児期の絵本には色々な意図があって作られている物が多くあります。楽しい雰囲気の中で、子ども達の発達に合った絵本を取り入れ、一緒に楽しみを共有しながら、子ども達への成長へと繋げていきたいと思います!!

鈴木 翠

2015 年 12 月 12 日 土曜日

   最近子ども達のお気に入りの場所があひる組の部屋に現れました。そこは…秘密基地なのでしょうか?でも丸見えの基地なので人気スポット?と呼ぶべきなのでしょうか??子ども達がどんな遊びをしていても、一人がそこに座ると、また一人と、色々なものを手に集まってくるようになったのです。
 秘密基地?人気スポット?と思われる場所は今、2箇所ありますが、今日はそのうちの1つでどのように子ども達が過ごしているのかご紹介をしたいと思います。
 いつも集まるその場所は、とても狭いので子どもが集まっていると、肩を寄せ合って内緒話をしているかのようです。(だって、そこに座っている誰かと目が合うと目を細めてフフフって笑うんです)そんな姿がとてもかわいいので、私は少しはなれたところからこっそり眺めています。もう座れないくらいのところに座りたくなったAちゃん、「いーれーてー」と。するとそこに、座っていたBちゃん、Cちゃんが「いーいーよー」と、おしりをずりずりっと動かしながらAちゃんを入れてあげるのです。Aちゃんはにっこり!!でも、時々、「いーれーてー」の願いが叶わず場所の取り合いが始まってしまうことがあります。泣き声が・・・「先生助けて!」と言っているかのように聞こえ、「どうしたの?」と仲裁に入ると、「○○ちゃんが~」と、自分の気持ちも言葉になりません。ゆっくり、ゆっくり気持ちを聞いていくうちに、落ち着き始め、入れてもらえなかったことを伝えてくれることも出来るようになってきました。
 「自分の気持ちを少しずつ言葉で表現できるようになる」ということを月の目標に持ち始めたのは9月頃からでした。初めは、嫌なことがあると泣いて相手を叩いてしまったり、押してしまったりしていました。でも、自分のやってほしい事や思っている気持ちを言葉で表現できるようその都度話しかけていきました。すると、ゆっくりと、ゆっくりとですが子ども達の気持ちに変化が見られるようになり、今自分が思っていること、やって欲しいこと、やって欲しくないことが一言、二言ずつ表現できるようになってきたのです。まだ、仲裁が必要な時期ではありますが、子ども達が自分の気持ちを表現する言葉が増えてきました。気持ちを表す言葉って、大切ですね。
 これからも、遊びの中で子ども達は色々な思いにぶつかっていくと思います。そんな時に自分の気持ちをお友達に伝えることができるように成長していって欲しいと思います。

IMG_2107

 

近野 典子

2015 年 12 月 5 日 土曜日

 寒い日も増えますます冬の足音が近づいてきていますが、りす組の子どもたちは元気いっぱいです!最近のりす組では幼児組に上がる練習として本格的な配膳が始まりました。今までは保育士が量の調節をしていましたが、現在ぞう組のお兄さん、お姉さんの力を借りてごはんと味噌汁以外はぞう組さんに配膳をしてもらっています。お兄さん、お姉さんの配膳している姿はかっこよく見えるようで毎回キラキラした目で見ています(笑)そのあとのお昼寝もお兄さん、お姉さんにトントンしてもらうのも楽しみなようで着替えもがんばっています♪
 また、先日幼児組のおかえりの会を見に行った時りす組子どもたちは、目を見開いて様子を見ていました(笑)それからお帰りの会でに上手に座れていない時に「2階のお兄さんお姉さんはどうやって座ってた?」と聞くと背中をピンとさせて上手に体育座りをします。
 子どもは、大人ではなくて少し年上の子に憧れ、真似をしたがります。そんな年下の子の存在が上の子に自信を持たせ、やさしくさせるのです。だからこそ子どもどうしの育ち合いが必要なのです。子どもは「物事を感じ、それを吸収する」能力に優れているのです。言葉にしなくても子どもは自然に自分たちが興味あることは吸収していつのまにか、自分のモノにしています。子どもたちは私たち大人が思う以上にいろいろなことを思い、考え、行動していて、日々成長する姿が見られます。 
 もうすぐ、幼児組での生活が始まります。カッコいいお兄さん、お姉さんになれるようにりす組の子どもたちもがんばります!!

 

阿部 梨絵