小さなもみじの物語

2015 年 11 月 28 日 土曜日

 朝晩の寒暖差が大きくなり、少しずつ冬が近づいてきていますね。体調を崩しやすい季節の変わり目なので、手洗いうがいや、生活リズムに気を付けることで、楽しく冬の生活になっていきます☆新年度から春、夏、秋、冬と四つ目の季節が訪れようとしています。色々な行事で経験や自信を積んできた子どもたちが、また1つ新しいステップを踏み出しました。
 幼児組では、お当番活動を行って来ました。朝、事務所に出席人数を出してくれる当番や、給食室に人数を伝え献立を朝の会でみんなに知らせる当番、お手紙をみんなに届ける当番があります。その他にもお昼のレストランの用意やおやつ後のパトロールなど、お当番の日にしか出来ない特別な事なので、お当番活動を楽しみにしている子も多く、お当番の日はいつも以上に気合いを入れて過ごしています☆
 お当番活動の花形とも言えるのがお昼の配膳です。年長のぞう組しかやってないことで、みんなに『ちょっとふつうどっちですか?』と聞き、おかずを盛り付ける姿はうさぎ組やきりん組の憧れの的になっています。・・・いや、『いました!』の過去形なのです。11月になり今、幼児のレストランにはきりん組がエプロン、三角巾、マスクをして配膳をしている姿が見られます!傍でぞう組のお兄さんお姉さんがアドバイザーについていますが、今まで、お当番さんに『ちょっとふつうどっちですか?』と聞かれていた事や、よそってもらった事を思いだし、その経験を同じクラスの子やうさぎ組、ぞう組の子にしてあげている姿が見られてます。まだ、見本を見ても量がわからなかったり、溢してしまう初々しい姿もありますが、中には、今までの経験から、アドバイザーが何も言わなくても自然に配膳をしている子も見られます。
 さて、ぞう組のお当番は何処に言ったかというと・・・下のクラスのりす組にいました。勿論、エプロン、三角巾、マスクを着けて、配膳しています。こちらはもう慣れたものでスムーズに配膳をしています。ご飯を食べ終わっても、部屋には戻らず、子どもたちの方から着替えや、寝かしつけの手伝いをしたいと言い、自主的にお手伝いをしています。りす組さんも配膳していたり寝かしつけをするぞう組さんを見て、とても楽しそうにご飯を食べ、スムーズに眠っていました☆上に帰って来るとほとんどのぞう組さんはとても嬉しいことがあったようで、満面の笑みを浮かべています!今までよりもお兄さんお姉さんになれたことが実感出来るようでとても嬉しく、早く当番の日にならないかなと心待にしている子もいます!このようなお当番活動はお当番活動をしたクラスだけでなく、関わったクラスにも影響があります。りす組やうさぎ組の子は年上の子に優しくしてもらったり、やってもらった事をしっかりと覚え憧れます。そして、自分が配膳することになった時に意欲を持って取り組み自信や責任感がついていきます。
 新しく配膳当番が始まったきりん組は、配膳だけでなく他の当番活動や、普段の生活にも少しずつ責任感や主体性が見られるようになり、今まではぞう組さんについていくだけのお当番活動が、自分たちで考えて取り組むようになるなど、自信を持っての行動が増えて来ました。
 ぞう組は配膳だけでなく、寝かしつけやお手伝いなど、更なる役割を求め、経験することで、より責任感や年長としての自覚が出てきました。また、下の子に対しても、優しくしようと思う心の成長がよく見られています。
 今までの卒園していったぞう組さんから新しいぞう組さんへ代々受け継がれてきている責任感というバトンが、今のぞう組から、今のきりん組に少しだけ渡されました。それを見ていたうさぎ組も来年の今ごろには同じようにバトンを少しだけ受け取ります。また、新しくぞう組と関わり幼児組になる準備をしているりす組も憧れのぞう組さんの姿を覚え、自分の番がきたら意欲的に取り組む姿が想像できますね。こうやって代々受け継がれてきている責任感や、責任感を持つことで成長していく自主性や主体性。今後も続いていくバトンリレーでの成長からますます目が離せなくなりますね!

鈴木辰徳

2015 年 11 月 21 日 土曜日

 秋も深まり、子どもたちの食欲もより増してきています。ある日、ひよこ組とあひる組の食事の様子を見に行くと、Aくんがお椀を持っておかわりを欲している場面がありました。一見、日常的な場面ですが、Aくんは少し前まで食が細く、玄米ごはんや野菜が苦手で、食に関してあまり意欲がない方かと感じていましたが、数ヵ月の間にとても良く食べるようになりました。給食の味付けも理由の一つかと思いますが、今回は味付け以外の給食に関する工夫についてお話ししたいと思います。
 木月保育園の1歳半からの乳児の給食は、乳児用として別には作らず、提供は多くの場合が幼児と同じ給食です。そのため、具材の大きさや硬さは、乳児でも頑張れば食べられる、幼児でも食べやすい適度なものとなっています。全体の給食を、乳児に合わせて作るとなると、具材を小さく軟らかくするだけですので、比較的簡単かと思います。ですが、具材が小さく軟らかい場合、誤飲や丸飲みに繋がり、咀嚼力も付きませんので、小さければいい、軟らかければいいというわけではありません。あえて具材は大き目に切っています。肉には肉の、魚には魚の、野菜には野菜の本来の硬さがありますので、それらを生かしつつ調理しています。このような配慮により、食事の際に大きい具材を歯で噛みちぎったり、かぶりついたりすることで、必然的に噛む回数が増えるので咀嚼力が鍛えられ、唾液の分泌量も増えることで、具材を口の中で上手にまとめる機能も発達します。誤飲の心配もありますが、各クラスの保育士が注意深く見守りながら子どもたちと一緒に食事をする、安心できる体制をとっています。
 Aくんは少し前まで体系もやせ型で心配でしたが、今では身長も伸び、体重も増え、日中も活発です。食事中はいつもニコニコで、お友達や先生と楽しそうに食べています。おかわりは食への意欲と直結しますので、こんなに食べられるようになったのかと本当に喜ばしい気持ちになりました。各クラスのお友達も保育園にだいぶ慣れ、最近ではAくんのように食への意欲が高い子が増え、クラスから「おかわりをもっと下さい」と毎日聞こえてきます。これからも、おかわりをしたくなるような美味しい給食作り、子どもの食事機能の発達を促す給食提供に励んでいきたいと思います。

 

栄養士  中島 啓太

DSC_0117

2015 年 11 月 14 日 土曜日

    秋の深まりとともに、朝晩の風も冷たく感じられるようになりました。体調を崩しやすいこの季節、気を付けて過ごしていきたいですね。
   新年度が始まってあっという間に半年が過ぎました。あひる組の子どもたちの遊びも少しずつ変化してきています。今回はそんなあひる組のブロック遊びでの変化についてお話します♪
お部屋での自由遊びの時間。あひる組の高月齢のAちゃんと低月齢のBちゃんが一緒にブロック遊びを楽しんでいました。ブロックをつなげて作った車のようなものを「できた~」とBちゃんに見せるAちゃん。するとBちゃんはぞうを渡し、車に乗せようと提案します。Aちゃんも乗せようとしましたが、このぞう、結構大きくてAちゃんが作った車には乗りません。どうするのかな?とみていると、2人で車にブロックを足し始めました。足しているのは長めのブロック。土台が大きくなったので、無事にぞうは乗りました♪その様子を見ていて、ブロック遊びが本当に上手になったな~と感心しました。
   ブロック遊びはやってみると、結構難しいですよ。 ブロック遊びの基本、つなげるという行為も、指先が発達していないと難しいですもんね。特に低月齢児の子どもにとって、ブロックをつなげる、という行為は難しいようで、カゴからじゃーっと出して楽しむ子どもがたくさんいました。
そこでまず、保育士がつなげたり、高く積み上げたりして色々な物を作るところから始めました。そして、子どもたちにも一緒につなげてもらったりしました。そのうち、高月齢の子どもたちが自分たちで作れるようになりました。それは「電車」だったり、「飛行機」だったり「お家」だったり・・・。大人から見たら、「ん?それが電車」みたいな形の時もあります。でも、それでもいいんです。組み立てたり、バラバラにしたりを繰り返しながら、『子どもが自分たちで想像して作る。』それがブロックの醍醐味ですよね♪
   ブロック遊びは無限の組み合わせの中で、「想像力」と「創造力」を発揮することができます。自分の手を使って物を作ることで脳(特に右脳)に刺激を与えてくれると言われています。子どもたちの感性で素敵な作品をどんどん作り出していく姿を、これからも見守っていきたいと思います!!

早野 恵美

2015 年 11 月 7 日 土曜日

 季節は秋から冬へと変わりつつある日々。この時期はいろんな行事があります。中でも運動会は、子ども達をまた少したくましく成長させた行事のひとつだと思います。
 最近、園庭で「かけっこしよー!!」と言う声を聞くことがあります。誰かが言うと何人かの子ども達が、その声と共に楽しそうに園庭を走り回って遊んでいる姿が見られます。鬼ごっこの様に全速力で園庭をかけ回っていると、時々転んでしまうこともありますがひとりで立ち上がって何事もなかった様にすぐ走り出している姿も見られます。また、一緒に走っていたお友だちが助けに来てくれて優しく手をさしのばしてくれる姿もあります。運動会でゴールテープをきった時の嬉しさ、走りきった時の満足感など走る楽しさを体験出来たからなのかなと思っています。そしてお友だちを助けてあげる優しさ、思いやりにも嬉しく思う瞬間です。
 この時期は運動能力と自立心が飛躍的に発達します。積極的に身体を動かす事によって下肢、手足の動きをコントロールする神経が発達し筋肉や関節の動きがスムーズになり身体のバランスを上手にとることが出来る様になっていきます。これから益々身体を動かす事が楽しくなっていくことでしょう。
 天気の良い日は外へ出て子ども達とたくさん身体を動かしていきたいと思います。

藤田 由紀