小さなもみじの物語

2015 年 9 月 26 日 土曜日

 ひよこ組の子どもたちが入園してから半年がたちました。最近子どもたちに益々驚くほどの成長を感じます。特にそう感じられるのが周りのお友達との関わりです。
 Aちゃんはクラスの中でも月齢が高い子です。Aちゃんは最近自分よりも小さいお友達が分かってきたようです!クラスの中でも月齢の低い友達Bちゃんにとっても優しく、自ら近付いていくようになりました。近付いていき、じーっと興味深げに見つめたり頭をなでたりしています。Bちゃんが転ぶと近付いて背中をさすったり、午睡のときには布団をかけてあげたりと気分はお姉さんです!
 以前までは同じくらいの月齢の近いお友達と手を繋いで歩いたり玩具の取り合いをするような関わりが多く見られていました。自分より小さいお友達を意識するようになったのはきっと,周りを見たり関わったりしている中で違いに気付いたのだと思います。実は、Aちゃんは月齢が高いこともありあひる組で過ごすことも多く、その集団の中では自分が一番小さくてあひる組のお友達に優しく接してもらう経験がありました。その経験があったからこそ、ひよこ組でも小さいお友達に優しく接してくれているのだと思います。
 入園当初は大人との関わりが中心だったひよこ組の子どもたち。そこから、同じクラスの友達との関わり、他クラスの友達との関わり、というようにどんどん世界を広げていっています。周りを見て様々な関わりをしていく中でお友達との関わり方を学んでいるようです。クラスもあっという間に残り半年となりました。その間にどんな関わりが見られるか楽しみです!!

広瀬 美穂

2015 年 9 月 19 日 土曜日

 雨が多く続いた室内遊びでのあひる組の出来事です。
 Aちゃんが何人かのお友達をおままごとに誘いました。そこにB君がきて、Aちゃんの使っていたおままごとの玩具を取ってしまいました。AちゃんはB君に「やめて~Aちゃんの」と言うとB君は「ごめんね~」と言って取ってしまった玩具を渡して、B君はAちゃんに「貸して~」と言うとAちゃんはB君に「じゃあB君はこれを使って」と言って一緒に遊ぶ姿が見られました。
 あひる組の子ども達はお話しがとても上手になり、自分の気持ちを言葉で伝えることが多くなりました。この時期の子ども達は自我がはっきりとすると同時に自分の欲求の通りに動いてしまいます。そこで職員は相手(玩具を取られた子ども)の気持ちを代弁しつつ、取ってしまった子どもを理解しながら声を掛けています。例えば「いまAちゃんが使っていたよ。B君も使っていた物を取られたら嫌だよね?ごめんねして一回返してから、貸して~してみようね」などと声を掛けています。するとそれを見た子ども達が少しずつ自分達でそのやり取りができるようになりました。子ども達は自分や友達の名前を認識すると同時に自分の物や相手の物ということが認識できるようになり、物や人を少しずつ大事に思う気持ちが芽生えています。
 職員はこの大事な時期に子ども達にしっかりと関わり方を伝えていこうと思います。あひる組の子ども達の遊びが進歩していることで新たな成長を感じますね♪これからもあひる組の子ども達の成長が楽しみですね!

 

藤内 駿

2015 年 9 月 12 日 土曜日

 夏の暑さも落ち着き、涼しくなり過ごしやすい季節になってきました。新しいクラスになり半年を迎えようとしているりす組さん。半分くらいの子どもたちが2歳から3歳になりました。トイレトレーニングや給食の配膳、着替えなど子どもが自分で出来ることが増えてきています。
 最近の子どもたちの様子としてこんな場面がありました。
 いつもお母さんと登園しているりす組のA君。園に着きA君が靴を片付けている間に、お母さんが保育室のドアを開けて入室した途端、「自分で開けたかったー」と大泣き。みんなの所にお母さんよりも先に行きたかった気持ち、ドアを開けたことでお母さんにありがとうと言ってもらえるかもという気持ちなどから自分で開けたかったのかもしれません。他にも、荷物を自分で持ちたいなど「自分で○○したい」という気持ちが日々あふれています。園での生活においてもお当番活動やお片付け、お着替えまで全部やると言ってすっかりお兄さん・お姉さん気分のりす組です。ただすべてがうまく自分ですることができないので、泣いたり怒ったりと感情を爆発させてしまいます。
 段々と自我が強くなり、自分の世界が広がることにより何でも自分でやりたいという気持ちが強くなっています。もちろん自分ですべての事が出来るわけではないのでかんしゃくを起こす子やかたくなに黙ってしまう子もいて大変だと感じる時期かもしれません。しかし、2歳から3歳になると少しずつ先の見通しが出来るようになってきて我慢も出来るようになってきます。記憶力やイメージする力も身についてきている時期でもあります。大人が子どもに振り回されることなく、子どものやりたい気持ちを受け止めながら「明日はお願いね」など分りやすい言葉で伝えていきゆっくりと見守っていきたいですね。

蛭崎 晶弘