小さなもみじの物語

2015 年 8 月 29 日 土曜日

 幼児組で給食配膳をしているとき、その日は、人気メニューだったのか、おかわりをする子どもが多く、列ができていました。おかわりを取っている子どもの後ろから心配そうに、覗き込んでいる子、「一個だよ」「そんな取ったら、なくなる!」と、声に出す子と様々です。食べたいという気持ちを、言葉にあらわすだけでなく、その先どうなるか?もわかっているんです。
 また、「幾つ、取ってもいいの?」「どの位取ってもいいの?」と聞いてくる子もいます。「始めにもらった数〔量〕だよ」に、自信のない子達は、「この位?」と職員や後ろにいる子に聞いています。 不安な時は、聞くと言う事が身についてきたようです。それは、聞けば解決ができると言う経験を積んできたからでしょう。年少児にもそんな姿がみられます。異年齢児での生活には良い見本がいるからなのでしょうね。
 またこんなこともありました。年長児のお当番さんの子が、おかわりを取りに来たとき、(お当番さんのおかわり分は別皿に取っておいてあります。)「もっともっていけば?」と声をかけると、「他のお当番さんの分がなくなるからいいよ」と…今までは、自分の事だけを考えて言葉にしていましたが、どの位取ったらどのくらい残る、と数や量を理解し、まだとりにきていない当番さんがいる、その子たちの気持ちを理解し身についたからこそ、その言葉が出るのでしょう。年長児になれば、誰でも必ず出てくる言葉ではありません。
 それは、たくさんワガママ言って、友だちを困らせたり、友だちから迷惑をかけられたりすることを何度も経験し、その度に考え親や友だち、先生から言葉をもらい、自分の気持ちを話し、自分や他人の気持ちを理解しはじめたからこそ、でる言葉ではないでしょうか?
 先日小学校の先生とお話をしたとき、文字や計算が出来ることも良いが、集団の中で自分や他人の気持ちを理解して人間関係を作れる力が必要だと聞きました。
 これからも、子ども集団の中で、たくさん成功や失敗、などを経験できるように…。子どもたちと、生活していきたいです。


木村広美

2015 年 8 月 22 日 土曜日

 毎日暑い中、子どもたちは小さなプールにぬるま湯を入れて、水遊びをして夏を過ごしています。8月に入り、水遊びにもだいぶ慣れてきた子どもたち♪初めは泣いて、足を突っ張らせて入るのを嫌がったりしていた子も、今では自分からプールの方へ行き、入ろうとする姿も沢山見られるようになりました☆むしろ、プールから出るのを嫌がる子もいます(^_^)♪
 先日、「さぁ!プールに行くよー♪」と声を掛けると、水遊びが大好きなAちゃんやB君たちが扉から出てきました。みんなとても嬉しそうに、水着に着替える順番待ちをしていました。先に入ったAちゃんたちは、水遊びを満喫し、満足気に部屋に戻って行くのですが、後半に入るCちゃんは、まだ水遊びに慣れず、泣いてしまったり、保育士にしがみついてしまっていました。無理せず少しずつ慣れてもらおうと、まずはプールの外に座らせ、シャワーから出る水を保育士が触って見せたり、Cちゃんに触らせてみました。その後、玩具などを渡すと、少し気持ちが乗ってきたようで、笑顔が見られるようになりました。次に、足から少しずつ、ゆーーーーーっくり水に入れてみました。初めは引きつった表情をしたのですが、「気持ち良いね♪ほら、あったかいね」など声を掛けると、Cちゃんは自ら水に触り、水面を叩き始めました。それが楽しかったのか、Cちゃんは顔にかかるのもお構いなしに、水遊びを満喫していました♪子どもたちは、ついさっきまで出来なかったことや、怖がっていたものでも、少しずつ経験し、慣れていけば出来るようになるのだと、改めて感心した出来事でした☆
 水遊びは、夏を少しでも快適に過ごせるようにと、活動に取り入れているのはもちろん、水を直接手で触れたり叩いたり飛ばして遊び、その動きを何度も繰り返して水の飛び散る変化を楽しんだり、水自体の感触を味わったりすることによって、感覚・運動的発達段階の魅力的な遊びとしても楽しんでいます。子どもたちは、ホースから出てくる水や、コップに入れた水などにも興味を示し、見つめたり、触れたりしようとします。子どもたちの発達が進むと、自らコップに水を入れたり、他のコップに移したり、かき混ぜたりしていき、水をジュースに見立てるなどして、おままごと遊びに繋げていきます。水遊びの内容は、体が成長するにつれて、上記のように遊び方も変わっていきます。乳児期の頃から少しずつ水に触れ、慣れることにより、水への恐怖心や不安感もなくなり、積極的に水と関われるようになります。
 ひよこ組の子どもたちは初めての夏です♪向かいのプールでは、幼児組などが勢いよく水を飛ばしたり、大笑いしながら活動しているのを不思議そうに見ていたり、手を叩いて嬉しそうに見ている子もいます。そんなひよこ組も、これからもっと成長し、水遊びの変化などが出てくると思いますので、そういった面での子どもたちの成長を見るのが楽しみです♪

鈴木 翠

2015 年 8 月 13 日 木曜日

 うちわ制作、七夕制作でも簡単なフィンガーペィンティングを経験していたあひる組のみんなでしたが、今回は・・・夏にしか出来ないダイナミックな遊びとして、好きなように、おもいっきり描けるよう模造紙を使って行いました。色は目にすることの多い、赤・青・黄色・ピンク4色用意しました。テーブルの上に用意された大きな模造紙と絵の具の入ったおさらに興味深々のみんな。先ずは、保育士が手を絵の具のお皿の中に入れて・・・手形や、線を描いて見せました。「みんなもやってみようか~」と誘いました。一番先にお皿の絵の具に手を出したA君。初めは恐る恐る・・・絵の具のおさらに手を伸ばし、手に絵の具をつけていましたが、手についた絵の具が自分の力で動かすことで紙に絵の具がつくことを不思議がって何度も繰り返したくなっているかのようでした。「わっ!楽しい!!」と思ったのでしょう。恐る恐るだったことが嘘のように、次からは、お皿を自分で抱え込み始め、絵の具を手のひらにつけては紙に塗り、また絵の具をつけて・・・と。一瞬で、つるつるすべる感触にすっかりはまってしまったのでした。そんな姿をそばで見ていたB君、自分もやってみようと思ったのでしょう。やはり初めは恐る恐るでしたが、すぐにつるつる感触にはまって楽しみ始めました。手に絵の具を付けては「ペタぺタ・・・グルグル・・・」張り切りすぎてしまい模造紙が破けてしまうほどの熱中振り!!
 指先の機能が発達してくる年齢なので触れて体験することで“触る”という感覚を豊かにします。様々なものに興味をもって関わり、遊びを楽しむそんなねらいでこの遊びを取り入れています。フィンガーペインティングでは、手指の感覚や集中力の向上と体験から色の変化に気づいていくというねらいのもと、子どもたちは、指や手のひらで絵の具の感触を味わいながら絵を描く事を楽しむことが出来るのです。絵の具を、筆を使って描くのではなく、手で触って感じ、身体でも感じて、おもいっきり描くことができました。
 大好きな友だちと思いっきり楽しんだフィンガーペインティングは、心も体も元気になれる活動になりました。来月もう一度行う予定なので、子ども達の笑顔が楽しみです

あひる組 近野 典子

2015 年 8 月 8 日 土曜日

  蒸し暑い日が続きシャワーの回数も増えたためか、着替えが上手になってきたりす組さん!4月の頃は「やってー!やってー!」と言っていた子どもたちも今では1人で脱いで、1人でいつのまにか新しい洋服を着て椅子に座っています(笑)なんでも出来るようになったりす組さんもいよいよお当番活動が始まりました!!
 りす組のお当番活動は朝先生と一緒に給食室に今日のデザートを聞きに行ってみんなの前で発表したり、お昼寝のあとに先生とおやつを聞きに行ったり、朝の会や帰りの会の時に前に出てきて先生と一緒に進行をしてもらっています!
 子どもたちにとって、当番=特別という意識があるようで、「お当番さん行くよー」の一声で片付けもパッパッと終わらせたり、普段午睡明けの寝起きが良くない子もすぐに起きてお着替え終えているくらい、お当番の子どもたちの動きが機敏になるのです(笑)
 お手伝いは、子どもが成長していく上で必要な知識や知恵などの「生きる力」を身に付けることができるよい機会です。
 日常の中で特別という感覚を味わうことはかず少ないと思います。りす組の子どもたちにとってお当番は特別なお仕事に見えるようです☆大人にとっても特別という言葉は素敵な意味が込められている言葉ですものね♪
 さぁ、今日もその使命感に燃えたお当番さんたちと特別な1日を務めていきたいと思います!!


阿部 梨絵

2015 年 8 月 1 日 土曜日

 毎日暑い日が続いていますね。プールから聞こえてくる子供たちの楽しそうな声が園庭に響いています。きりん組担任になり4ヶ月がたとうとしています。今年度は持ち上がりのクラスだったため1年前を思い出すと日々の子供たちの成長に驚かされます。

 そんなある日のきりん組の子供たちの様子を紹介します!

 いつも一緒に遊んでいるAちゃんBちゃんCちゃん。何をするにも一緒です。ところがここ最近よくけんかをするようになりピーステーブルで話する姿を見かけます。今までは泣いて職員に助けを求める事が多かったのですが、自分達で解決しようとする姿がみられるようになったのです。これも成長♪と嬉しく思っていた私。話し合い後、ピーステーブルでの話を聞くと「一緒に遊んでくれなかった」「一緒に並べなかった」とのこと。自分の主張が強くなり、また言葉もはっきりしてきた事で、相手を傷つけてしまう言葉にもなっていたのです。また自分の気持ちを相手に押し付ける、言うことを聞いてくれないと嫌、等々。子供たちもそんなことはダメとわかっていても、大好きな友達と一緒がいい。という自分の気持ちが勝る事で言ってしまうんですね。そんなとき私はいつも「自分がされて嫌なことはお友だちも嫌だと思うよ」と話しています。頭ではわかっていても難しいことですよね?

   自分の主張だけではなく、相手の話を聞いて、自分の考えを変える事。言葉・表情・動作で相手の気持ちを考える事。お互いを思いやる気持ちを育てるために、今はけんかも大切な関わりの1つです。

 けんかするほど仲がいい!とも言いますしね♪すべて大人が仲裁するのではなく、子供たちが自分で考えて解決できるよう見守りながら、時には解決できるよう導きながら日々保育しています。

 たくさんの成功体験、失敗体験を繰り返しながら絆を深めていってほしいと思います。

DSC_0064

 

 

 

 

 

熊谷 直美