園長日記

2015 年 8 月 31 日 月曜日

    園での給食には9割がた、ご飯が出ます。しかも、栄養価の高い玄米の部突き米です。秋田の農家から直接、玄米のまま送ってもらい、それを園の精米機で精米します。精米したてのお米はそうでないものと比べて格段においしく、それを園の子ども達はよく分かっていて、おかわりも良くします。
また、よりお米に興味を持ち、その栽培の大変さや難しさを少しでも分かってもらうために、秋田の同じ品種の種もみを送ってもらい、苗を育てる所から、米の栽培を行っています。収穫後の作業も行った上で、おにぎりパーティーを行います。その日は通常より多めにお米を炊いているのですが、それでもご飯がなくなってしまいます。いつもたくさん食べる子はもとより、あまりご飯を食べない子も、この日はたくさん食べるのです。今年ももうすぐ収穫です。大人も子どもも楽しみにしています。
 子どもは興味を持ち、自分でやった事への達成感を味わった時に、大人が想像出来ない程の結果を出します。また、その興味を持ったものへの想いや愛情、感謝といった心も一緒に育ちます。そのような気持ちの面もついてくるからこそ、お米一粒一粒を大切に、残さず食べようという想いや作ってくれた人に対する感謝の気持ちも出てくるのです。
「実るほど首を垂れる稲穂かな」。この言葉の根底にある、自然界の生きとし生けるものへの感謝の気持ちを、小さいうちから育てられたら良いなと思っています。

(おたよりの続き)
 学校給食の献立が洋風あるいは中華風の料理であることが多く、大人になった時の嗜好がどうしても和食離れになってしまっています。それは、給食の主食が長い間パンだったからです。その点、米飯というものは素晴らしく、和風はもちろん、洋風にも、中華風にも合います。洋食屋に行っても、「ライスにしますか?パンにしますか?」と聞かれますし、中華料理店に行っても、ライスを頼むことができます。しかし、和食屋に行って、パンはたのみません。
このように万能な米飯給食は長い間学校給食では行われませんでした。「日本人のひるめし」という本の中で、著者の酒井さんはこう指摘します。「パン中心の学校給食では煮魚ではなく魚のムニエル、ホウレンソウのおひたしではなく、ホウレンソウのバター炒め、つまり洋風の味付けをしたおかずが主役をつとめることになる。そのような給食のメニューを通して、児童の好みは次第に変化していき、成人した後の嗜好にも影響が現れてくるのである。」
最近の家庭の食事から、日本の伝統的な食事である和食が次第に姿を消してきたのは、これだけの理由ではないと思いますが、酒井さんの指摘には一理あるかもしれません。それは、今に始まったことではありません。戦後、食糧難の時代では、日本人には食べ物を選択する自由はなかったと言います。米が手に入らないのであれば、とにかく小麦粉をはじめとする放出の食糧を食べる以外に、生き延びる道はなかったのです。こうして、日本人は知らず知らずのうちに小麦粉を食べる習慣を身につけてきたと言われています。誰にでも悪評の高い脱脂粉乳でも、戦後の子どもたちの栄養をまかなうために、大いに貢献したのです。こんな時期では、好き嫌いも、残食もなかったでしょう。食べられるだけでありがたかったのですから。
酒井さんは、このころの食事に影響したのは、それだけでなく、豊かな国アメリカの食生活へのあこがれもあったと言います。その憧れもあって、日本で昔から行われてきた小麦粉を使ってうどんなどの麺類を作ることから、パンを作るようになり、戦前のパンがアンパンやジャムパンなどの菓子パンとして米飯の補助食やおやつとしての食べ物から、米飯にかわってパンが主食として食べる食習慣が広まっていったと言います。
子どもの頃には、朝食はパンが中心に変っていました。その理由の一つに、パンを食べた方が賢くなるという説が信じられていたからです。どの家庭でも競ってパン食に変わっていきました。その説は、今は、どこにいったのでしょうか?
実はここにアメリカの食糧援助戦略が関係していたのです。学校給食はアメリカで余った食料のまたとない受け入れ先だったのです。その主なものが、脱脂粉乳や小麦だったのです。同時に、その食糧援助が日本人の食習慣や嗜好少しずつ変えていったのです。その経緯が、祖田修氏の「コメを考える」という本の中に書かれてあります。
「昭和20年代から30代にかけて、“米を食べると頭が硬直してバカになる。小麦を食べると頭脳が弾力的になって賢くなる”、“三度三度コメを食べるとガンになる”などというまことしやかな説が、こともあろうに一部の農学者やジャーナリズムによって流布された。そして、最近、これらのキャンペーンが余剰穀物を処理する目的で、膨大な宣伝費を使い、意図的になされたものであることをアメリカは認めている。」と言っています。
いつの時代でも、どんな分野でも根拠のない説がまことしやかに語られることがあるようです。

 

パン給食から変われない給食ついて9月15日ごろ載せます。

2015 年 8 月 13 日 木曜日

 学校給食は、昭和29年6月3日、学校給食法が制定されました。ここで注目すべきは、当時の文部大臣による学校給食法案の提案理由説明に「小学校等において、その教育の一環として学校給食が適正に実施されるということは、とりもなおさず、児童がみずからの体験を通して、望ましい日常の食生活の営みを学びとることであって、学校給食が児童の現在及び将来の生活を幸福にする所以であり、教育的に実施される学校給食の意義はまことに重要であると存ずるのであります」とある通り、まだ食料事情も十分でない状況の中でも、学校給食を単なる栄養補給のための食事と捉えるのではなく、教育活動の一環として明確に捉え、実際に同法第2条において、「小学校教育の目的を実現するため」と明記している点です。しかし、ここでの問題も、「教育」という捉え方です。決められた摂取量を無理やりに子どもの口の中に押し込むことが教育だと思ってしまう人がいることです。
   この学校給食法は、学校給食の根拠法として戦後の学校給食の復興と発展の基盤となるとともに、その時々の状況に応じ、必要な改正を行ってきました。主な改正内容として、まず、「法律の目的(第1条)」があります。当然、学校給食の目的は時代によって変化をしてきます。まず、学校給食法において定める事項として、従来の「学校給食の実施」に加え、「学校給食を活用した食に関する指導の実施」を新たに規定しています。これは、学校給食が、教育の一環になったことに対する改正です。また、教育の一環というだけでなく、食の教育という事で、食育の考え方を示しています。それが、より具体的になったのが、平成17年6月に制定された食育基本法や、次の年の3月に策定された同法に基づく食育推進基本計画です。ここには、食育の推進が我が国の重要な課題となっていることや、学校における食育の推進に学校給食は大きな役割を果たしていることから、その改正では、法の目的として従来の「学校給食の普及充実」に加え、「学校における食育の推進」を新たに規定したのです。
 次に改訂されていったのが、学校給食の目標(第2条)です。昭和29年の学校給食法制定当初から、学校における教育の目的を実現するために学校給食の目標が規定されていたものの、そこに設定されていた事項は、当時の状況を色濃く反映したものでした。そこで、食育の観点を踏まえ、新たな目標も加えつつ改正が行われています。そこには、7項に整理・充実しています。
「適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること」「日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと」「学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと」「食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと」「食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと」「我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること」「食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと」
 これを読む限りでは、学校給食が単なる栄養補給のための食事にとどまらず、学校教育の一環であるという趣旨がより明確となっています。明らかに口の中に栄養のためと言って食べ物を押し込むことは間違いです。自ら食に興味を持ち、思いっきり体を動かして、お腹がぺこぺこになった時、どれだけ食に対する意欲が上がるかを、誰でもが経験したことがあるはずです。これこそが「食育」だと思います。この当たり前の事が、日常生活で行われるようになると良いですね。