小さなもみじの物語

2015 年 7 月 25 日 土曜日

 長い梅雨が明け、暑い夏がやってきました!大人は、ジメジメとした湿気が嫌な梅雨の時期でしたが、0歳児ひよこ組の子ども達には、なんだか刺激的な梅雨になったようです。今日は、梅雨の間に見られた子ども達の姿を3つ紹介したいと思います。
 雨の日や外に行けない日は、0歳児〜2歳児クラスまで合同で遊んでいました。廊下に出した沢山のキャンディボールを、1歳児のAくんが、「ポーン」と両手で投げていました。それをジッと側で見ていた、まだハイハイをしているBちゃん。それまで、座ってボールを転がしていただけなのに、「あっ!!」と声をあげて両手でボールを投げました。ポンポンと転がっていったボールを見て、Bちゃんはニコニコ笑顔で自ら拍手していました。Bちゃんは、それがとても楽しかったようで、夕方の自由遊びの時間にも声を出してボールを投げることを繰り返していました。
 また別の日。
 保育室にラッパのように鳴る玩具があります。しかし4月から誰も鳴らすことが出来ず、ただ振ったり歯固めの様に遊ぶ玩具になっていました。ある日1歳児のCちゃんが、その玩具を吹くと音が鳴って、近くで見ていた0歳児の子ども達はビックリした様子。Cちゃんが居なくなった後、何人かの0歳児の子どもは試していましたが、なかなかコツが分からないようで音が鳴らずに苦戦していました。でも4月産まれのDちゃんが成功!!堂々と笛を吹くDちゃんに、周りの子も羨望の眼差しを向けているようでした。また数日あけてEちゃんも成功!!と、日に日に笛として遊べる0歳児の子が増えていきました。
 またまた別の日の午睡時間。
 皆が寝ている中、まだ寝つけなかった0歳児のFちゃんとGちゃんが保育室で遊んでいました。Fちゃんがプラスチックのボールを両手に持ちカチカチ鳴らしで遊んでいたところ、別の場所で遊んでいたGちゃんが、Fちゃんの側にやってきて近くにあったプラスチックのボールを両手に持ちカチカチ鳴らしました。Gちゃんは、Fちゃんの顔を覗くように見ながら笑顔でカチカチ鳴らします。そんなGちゃんにつられるように、Fちゃんも笑顔になって二人でニコニコとボールをカチカチ鳴らしていました。2人だけで笑顔で見つめ合いながらカチカチ鳴らして遊んでいましたが、1分くらいでFちゃんが別の遊びを始めてしまい、2人の遊びは終了してしまいました。
 この3つのエピソードの共通点は、「まねっこ遊び=模倣遊び」です。子どもは一体何ヶ月頃から模倣ができるのでしょうか?実は生後数日の赤ちゃんでも,模倣ができます。でもこの模倣は特別なもので、先ほど紹介したエピソードのまねっことは少し性質が異なります。生まれたばかりの赤ちゃんは、一人では何もできない無力な存在に感じますが、すでに他人の表情を模倣する能力をもっています。自分ではどこをどう動かせば舌が出るのかまだ分からないはずなのに、目の前でゆっくりと舌を出してみせると、赤ちゃんも同じように舌を出し、口を開けてみせればやはり口を開けるのです。不思議なことに、「新生児模倣」と呼ばれるこの模倣は生後2ヵ月ほどで消えてしまいます。生後8〜10ヶ月頃から、意図的な模倣が見られるようになります。意図的な模倣とは,子どもが模倣したいと思うものを見て、自分の手足もそれと同じように動かしたいと思い、意図的にまねをするという模倣です。その後、1歳、2歳と子どもの発達にともなって、模倣も上手になります。
 ヒトは他人と同じ経験を共有することで、 その時の心の状態を自分の心と照らし合わせて理解することが重要であるからだと考えられています。ヒトにとって模倣とは、コミュニケーションを円滑に行うための手段であり、生きていくために欠かせないものなのです。模倣は、子どもがまねしたいと思うものをじっくり観察することから始まります。模倣が、子どもの学習を支えているという学者もいます。そして、最初はお母さん中心だった模倣の対象も、大きくなるにつれてお兄ちゃんやお姉ちゃん、友達へと広がっていきます。さまざまな人と出会い、まねしたりまねされたりする経験の中で、ヒトは幅広い知識や技能を身につけ、 心を発達させていくのだと思います。
 誰かにやりなさいと言われたわけではないのに、面白そうだと思ったことを自ら模倣して学習していく0歳児ひよこ組の子ども達の姿には逞しささえ感じてしまいます。私は、もうすぐ産休に入ります。子ども達とのお別れは寂しいですが、更に沢山のことを学習して成長した子ども達に再会することを今からとても楽しみにしています!

 

中澤 明日香

2015 年 7 月 18 日 土曜日

 暑さも日々増していき、本格的な夏の季節もすぐそこまで来ているようです。子どもたちは汗をかきながら、毎日元気いっぱいに遊んでいます♪
 あひる組の子どもたちはふれあい遊びが大好き!!今回はそんなふれあい遊びでのエピソードです。
 「つんつんつん、とんとんとん」というふれあい遊びのダンスがあります。「身体の調子はどうですか♪」という歌詞に合わせて、身体や足を触ったり、人差指でつんつんしたりコチョコチョくすぐったり・・・一度やってみたときから、あひる組の子どもたちは大好きになり、楽しんで行うようになりました。
 ある日、室内でひよこ組と合同で遊んでいる時のこと。ふと私が「♪身体の調子はどうですか~♪」と口ずさむと、それを聞いていた子どもたち。近くにいたお友だちと一緒に踊り始めました。今まで職員と行っていたふれあい遊びも、いつのまにか子どもたち同士で出来るようになっていたのでした。そんな様子をじっと見つめる低月齢のAちゃんと、ひよこ組のBちゃん。「もう1回っ!!」のリクエストにもう一度歌い出すと、今度はAちゃんやBちゃんと一緒に加わりました。AちゃんもBちゃんも、周りの子にされるがままですが(笑)、やっていることをじっと見ています。
 それから数日後。子どもたちのリクエストで、「つんつんつん、とんとんとん」を歌うと、一緒に踊る中にAちゃんの姿がありました。先日はされるがままだったAちゃんが、今回は自分でもつんつんしたり、身体を触っています。見て、体験して、自分でも出来るようになっていったのでしょう。「すごいね、Aちゃん。上手だね。」と声を掛けると、嬉しそうに笑っていました。
 子どもたちは、日々の生活の中で、色々な物を見て、聞いて、経験し真似(模倣)することで、吸収していきます。模倣は、周囲の人の行動に関心の目を向けるようになることから始まります。また模倣したことを褒められたり、反応されたことで、自信につながったり、認められたという気持ちが生まれます。模倣とは、心の発達にも関わってきているのです。
 一緒に遊んでいたBちゃんが、真似っこして踊る日も近いでしょう♪

ブログ写真

早野 恵美

2015 年 7 月 11 日 土曜日

 蒸し暑かったり 肌寒かったりするこの季節。手足口病が少し流行ったりす組ですが、みんな元気に「先生 おはよう!」と、言って登園してきてくれます。お天気の日が多い今の時期。園庭遊び,散歩と、外へ出る機会が増えています。
 帽子をかぶり 靴、靴下を持ってテラスまたは玄関へ。みんなが靴下を履いていると…Aくん「できなーい!」。Bくん「やってー!!」と、言う声が…靴下を足先に入れて履こうとするのですが なかなか上手く入らず悪戦苦闘。Aくんの靴下はちょっときつめ。Bくんの靴下はちょっと長め。ふたり共、引っ張り上げるのに力が少し足らず。ちょっとだけ手をかして一緒に履くと履けるので 保護者の方に履きやすい靴下をお願いしたところAくんもBくんも足先に靴下を入れ引っ張り上げると スルスルスル~と履け、とっても嬉しそうな笑顔。履けた時のあの笑顔は自信に満ち溢れていました。
 少しづつ いろんな事が出来てくると自信がつき自立への階段の一歩となります。自身がもてる様になると、いろんな事を自主的にする様になります。その自主性を大人や友達との間で妨げられたりすると、かんしゃくを起こしたり反抗したりすることもあります。そういう時、言葉で相手に伝えられる事が出来るように、見守り応援しポイントポイントで手をかし、いろんな事にチャレンジしたくさんの自信をつけていける様にこれからも関わり、指導していきたいです。
 履けた時の「先生できたー!!」と、言って走って見せに来てくれたAくんBくんのあの笑顔 忘れられません!

 

藤田 由紀

2015 年 7 月 4 日 土曜日

 ムシムシと蒸し暑い季節がやってきました。子どもたちは暑さにも負けずに園庭を鬼ごっこやドロケイをして走り回ったりダンゴムシ集めや綺麗などろ団子作りに精を出しています。
 そんな中、先日とてもうれしい事がありました。ある給食での場面です。その日の給食は洋食でトレーにはデザートのヨーグルト、パンやスープ、サラダ、おかずを器に盛ってもらい皆でおいしく食べていました。その中でヨーグルトのふたをなかなか開けられない男の子のAくんが居ました。普段のAくんはヨーグルトのふたを少し触っただけで「うわーん!」と突然泣き出し「ヨーグルトが開けられない!!」と訴えていました。しかし、すこし触っただけでは開かないのは当然です。「もう少し挑戦してみたら?」と声をかけ何度か挑戦したのちに、少し開けてあげたりして対応していました。
 しかし、その日のAくんはいつもと違っていました。配膳のところで子どもたちにスープを盛りつけていた私にAくんは「しょうせんせーい、自分でヨーグルト開けられた!!」と教えてくれました。Aくんの泣き声は聞こえず、さらに、まわりに先生はいませんでした。手伝ってくれた痕跡は見られません。そして、そこにはふたのとれたヨーグルトカップ…私は思わず親指を立てて、「やったじゃん!!すごいね!!」と自分のことのように喜んでいました。実は、一度ふたを開けてあげるフリをして少し触っただけで「これで開けられる。やってごらん?」と返したことが以前ありました。Aくんはヨーグルトを手に取ると自分で開け、「おぉ!すごいじゃん!実は今しょう先生も少し触っただけだったんだよ、これで次は開けられるね!」というやりとりをした事がありました。その時の経験が自信につながり、その日の挑戦が生まれたのだと感じました。
 出来ないこと→カッコ悪い。というAくんの考え方が
 出来ないこと→何度かやればできる。とAくんの中で変わってきたのを感じました。
「やれば出来る」を知ったAくんは、その日を境にいろいろなことに挑戦するようになっていきました。そして、出来たことや挑戦したことを逐一教えてくれるようになりました。そんな姿を見てこれからも何事にも挑戦していってほしいなぁとしみじみ感じました。


一柳 翔平