小さなもみじの物語

2015 年 6 月 27 日 土曜日

乳児期では、お座りから始まり、手足をばたつかせながらのずりばいや、ハイハイと様々な姿が見られる今の時期、一人ひとりの成長を目のあたりに感じる一瞬でもありますずりばいになりそうなのに片足が抜けず、一生懸命に全身で動こうとしているAちゃん。「がんばれー」と叫びたくなりますが、私の声でAちゃんの動きを止めてしまうのでは・・・と思い、時には、見守りながら心の中で声援を送る事もあります。全身を動かすと言う事は脳が刺激されている、すなわち、脳の発達も成長過程に伴って発達段階を経て行くと言われているからです。
ハイハイを充分にさせてあげないと、運動能力の低下、健康面、頭脳面等で多少なりに支障が出ると言われるようになりました。子どもたちの中には、手が出ても体を支えられずに顔を打ってしまう姿が見られる事もしばしば見られます。赤ちゃんは通常、上半身が不安定な時に、パッと手を出して体を支える能力がありますが、ずりばい、ハイハイを充分に経験してこなかった場合、手で体を支える事は難しくなります。ずりばい、ハイハイを沢山経験する事は、手から足まで全身を使った運動をしているわけで、脳への刺激により、言語能力や集中力等が高くなるとされています。
反対に、ずりばい、ハイハイを一番大切な時期に適度な硬さの床で思う存分やってきた子どもは、転んだ時に顔を守れるようになると言われています。我が子の成長を願うあまり、ついつい早く立っちが出来る事を望み、その前のずりばい、ハイハイの段階が重要である事を見落としがちになります。ハイハイ、つかまり立ち、伝い歩き等の経験を沢山させる為に環境を整えてみませんかー。
好きな玩具で興味をひいたり、声をかけて興味を高めたりする事で、意欲が高まって行くものなんですよ。私は、じっくり・・ゆっくり・・待ちながら・・保育を楽しんでいます。
子育て中のお母さん・・のんびり・・ゆっくり・・子育てを楽しんでみませんかー

福村 千賀子

2015 年 6 月 20 日 土曜日

子どもたちが入園してから2ヶ月が経ちました。ひよこ組の子どもたちは保育園での生活に慣れ始め、少しずつ成長してきています。自らの足で歩き回ることを楽しんだり、ずりばいで玩具を取りに行ったり、ハイハイで気になる場所まで動いたり、寝返りで保育室を動き回ったり、と動くことに関して発達差はもちろんあります。
今、0歳児では歩いたりハイハイのできる子どもたちは給食の時間になると、「Aちゃん、おいで」という掛け声を合図にハイハイでレストランまで行っています。中には歩いていく子どももいれば、保育士に抱っこして連れて行ってもらう子ども、他の子どもが抱っこされたのを見て手を広げてじっと保育士を見つめる子どもなど様々です。また、子どもたちの発達に合わせて玩具を置く場所に高低差をつけています。振ると音が出るガラガラなどは低いところに置き、ずりばいやハイハイで取れるように、そして高いところには穴にボールを落として遊ぶ「くるくるちゃいむ」などがあります。棚に置く玩具を個々の発達に合わせることで子どもたちは自分で手を伸ばして自ら動いて取ろうとします。
子どもにとって動くことは、一定の位置からしか見えなかったものが動くことにより多方面から見え、気になる玩具や物を手にすることができる手段になります。そして動きは発達に応じます。寝返り、ずりばい、ハイハイ、座位、歩行。動きが活発になるにつれて、子どもの視界や行動は大きく広がります。寝返りや仰向けで上しか見えなかったことがずりばいができるようになることで視界は前へと変わり、ハイハイによって見えた玩具に興味を示し、座位によって一定の位置から周囲を見て楽しむことができるようになり、歩行することにより好きな玩具を取り、好きな保育士や保護者の下へ自由に行くことができるようになります。ひよこ組の子どもたちは月齢や発達が様々ですがこうした動く喜びを日々楽しんでいます。
これから子どもたちは使いたい玩具を自由に取って遊ぶために様々な動きを見せたりわらべ歌や音楽に合わせて身体を動かしたりするでしょう。このように私たちは子どもたちの動きに合わせた環境作りをして、子どもたちの発達を日々促していきます。

 

 

岡本 万太郎

2015 年 6 月 13 日 土曜日

新年度を迎えて早2ヶ月!あっ、という間に時が過ぎていきました。あひる組の子ども達は、いろいろな面で日々成長を見せています。新しくあひる組の一員になった、新入園児の子ども達は、新しい環境や新しいお友達、お父さんお母さん以外の大人『保育士』との出会い。そして、新しい同じ歳のお友達。
保育園では年齢の違う子ども達(異年齢児)と関わる事が多々あり、その中で、いろいろな事を学び、知り、成長していくというメリットがあります。でも、あひる組の年齢では、人見知りがあったり、兄弟姉妹のいない子ども達にとっての異年齢児は、なかなか遠いそんざいだったりする事もあり、スムーズに関わりをもてるわけではないときもあります。でも、よく考えてみると、クラスの同じ歳のお友達の中でも、月齢の違いで、異年齢(もしくは異月齢)児との関わりが成立している事に気付くのです。
こんな事がありました。
あひる組では、手先の遊びとして、プラスチックの蓋つき容器の蓋に穴をあけ、ペットボトルの蓋を2つビニールテープで張り合わせた玉を『ポトン』とおとすのですが…3月生まれの月齢の一番小さいBくんは、初めは容器の蓋を開けたまま、玉を入れたり出したりしているだけの遊びでした。保育士が一緒にやって見せたりもしましたが、一番Bくんにとって、よくわかった見本は、やはり、同じクラスの高月齢のお友だちの遊ぶ様子を見る事でした。ジッとそばで見ていたり、時には横からちょっと手を出してみたり、繰り返し関わっていくことにより、徐々に出来るようになってきました。同じ年齢の中でも、月齢の高い子を見ながら、月齢の低い子が影響を受けたり、月齢の高い子は月齢の低い子と関わる事により、自分より小さい友達への労りや優しさが養われていくのです。異年齢児との関わりは、たくさんの影響を受け、学び、出来る事が増え、お互いに成長出来る事がたくさんあると思いますが、まず初めの一歩として、同じクラスの同じ年齢の月齢の違いでも、関わる事により、たくさんの影響を受けるのだという事を知る事が出来ます。
何でもすぐに、大人が教えたり関わるだけでなく、子ども達同士の何気ない関わりの中でも、たくさんの刺激を受ける事が出来るのです。時には自我を主張して、トラブルになる事もありますが、初めの一歩としての異月齢での関わりを温かく見守ることにより、異年齢児との関わりへと力をつけていけるよう、大切にしていきたいと思っています。

 

中谷美帆

2015 年 6 月 6 日 土曜日

夏のような暑さが毎日続いています。
園庭の虫たちも活動を始め、りすぐみ(2歳児クラス)の子どもたちも虫カップ(ゼリーのカップ)を持ってアリをつかまえるのに夢中です。初めはアリを触る事が出来なかったAくんは幼児組のお兄さんのアリを見せてもらっていました。何日かすると自分で虫カップを持ってお兄さんたちの後を追いかけ自分のカップの中にアリを入れてもらっていましたが、毎日見ていたからか時には逃げ足の速いアリに四苦八苦しながら上手につかまえられるようになりました。
Aくんの虫カップは沢山のアリたちでいっぱいです。Bくんはカップの中身を「すごいねー」っと言いながら見ていました。やがてBくんは自分の虫カップを取りに行くとAくんの様子を真似し始めました。 逃げ足の速いアリをやっとつかまえても逃げられてしまったり強くつかまえすぎてカップの中で弱ってしまうアリ。  Bくんのがっかりしている様子に気づいたAくんがBくんの虫カップの中にアリを1匹とって入れてあげたのです。  Bくんは「ありがとう。」と本当に嬉しそうでした。   それから2人は「こっちにいるよー」っと声を掛け合いながら一緒にアリをつかまえはじめました。
Aくんは幼児組のお兄さんにアリをとってもらい嬉しかった経験をBくんに伝えていったんだと思います。 一緒につかまえることで楽しさや喜びの共有をし友情が芽生えた瞬間でした。また、アリをつかまえることで巧緻性の発達を促す事ができ、この能力を乳児組から鍛えることは子どもの知能への発達にも繋がっていきます。
2人の楽しさが他の子どもたちにも伝わり、今では虫カップを持ってアリをつかまえる子どもたちがいっぱいです。みんなで「いたよー」「こっちだよー」っと声を掛け合いながら楽しそうな子どもたちの様子を見ると、大人には入れない子どもたちの世界を伸ばしてあげたいと思います。


斉藤 操