園長日記

2015 年 6 月 30 日 火曜日

幼児組では昨年より「サイエンス」という時間があります。月に1度か2度、朝のお集まりの前のほんの10分ぐらいの時間を使って、理科や科学のお話しや実験をする時間として設けています。
今年4月に行った実験ではペットボトルに入浴剤を入れて、ロケットを飛ばす実験を行いました。子ども達は「このロケットが本当に飛ぶのか」と期待と不安でその時を待ちます。そして、カウントダウン!3・2・1「発射」の合図と共にロケットは見事打ちあがりました。距離にしたら2階か3階までロケットが打ち上がり、子ども達は大喜びでした。
子ども達はいつも、色々な事に興味や関心を持っています。また、新たな事を見つけると、事細かく研究をしていきます。この「好奇心」こそが、過去の偉大な発明を生み出しました。この「好奇心」がなければ、今の我々の快適な暮らしはありません。飛行機や電気、PCといった物は、全て、この「好奇心」から生まれたのです。
子ども達の無限の「好奇心」がこれからも湧き上がってくるような取り組みを今後も考えていきたいと思っています。

 

img_46091

(おたよりの続き)
アメリカで行われているミニスコープを使った取り組みは、科学に対する子どもたちの関心を高め、興味を喚起する「理科離れ」対策の効果的なプログラムとして、民間団体、州政府までがその成果に期待を寄せています。この理科教育イベントを全米で支援しているのが、なんと日立ハイテクの米現地法人である日立ハイテクノロジーズアメリカ会社なのです。この会社は「ミニスコープ」のプロモーションを展開しながら、全米の高等教育機関を訪問し、「ミニスコープ」を貸し出すなど、独自に理科教育の支援活動を継続しています。こうした地道な活動により、「ミニスコープ」は「理科離れ」対策に最適なツールとして、全米で認識されるようになったのです。
ウィスコンシン大学マディソン校のサイエンス・キャンプには、24名の子どもたちが参加しました。同キャンプの理科教室プログラムでは、ホウ珪酸塩といった試料を硝酸亜鉛などの溶液に浸した時、試料がどのように変化するかを「ミニスコープ」で観察するという実験でした。その実験を行った子どもの様子は、このようなことだったようです。「劇薬を扱うため、白衣と手袋、メガネの着用を義務づけられた子どもたちは、最初、緊張した面持ちだった。しかし、実験と観察が進むに連れ、その瞳はキラキラと輝きはじめ、パソコンのディスプレイに映しだされた画像を食い入るように見ていた。キャンプに参加したとある女の子は“こんな形が、世の中にあるなんてすごい”とミクロの世界の造形美に感動する。地元の野球チームに所属する男の子は“こんな装置があるなんて知らなかったよ”と“ミニスコープ”に興味津々だった。」
子どもたちは、実際に触ったり、実際に観察したり、実験したりすることが好きなよぅです。顕微鏡を与えると、「こんどは自分の野球グローブをこの顕微鏡で見たい」という男の子が現れるようです。探究心が促されるのです。また、「ミニスコープ」を使った写真コンテストを実施したりもしているようです。ちなみに、最優秀賞に選ばれた受賞作品は、発泡スチロール製カップの表面を拡大したものでした。
この「ミニスコープ」と呼ばれる顕微鏡は、ミクロの世界を体験させてくれる重要なツールで、この卓上顕微鏡Miniscope『TM-1000』は、電子顕微鏡にもかかわらずデスクトップに置けるコンパクトな設計、1万倍という光学顕微鏡をはるかに凌ぐ観察倍率、簡単なレクチャーで子どもでも使いこなせる操作性が実に画期的でした。「子どもたちはこうした先端技術にもっと触れる必要があると感じた」との声が多いようです。
「ミニスコープ」を覗いてミクロの世界の魅力に引き込まれてしまった子どもは、教科書の理科から離れ、教室を飛び出し、その先のワクワクするような世界へ連れ出されるのです。

 

EUの理科離れの取り組みについて7月15日ごろ載せます

2015 年 6 月 13 日 土曜日

日本の若者が、どうして、こんなに理科や数学が嫌いになってしまったのでしょうか?どうも、若者の間での理系のイメージが悪いようですし、理系は文系より不遇という社会的通念の存在があるようです。今回のノーベル賞受賞で、少しはイメージが良くなり、それを目指す子どもたちが増えるといいのですが。そして、日本がとるべき理科離れ対策で欠かせない点として次のようなことがあげられます。それは、すべての国民の科学技術リテラシー向上、21世紀型の「科学する心」を芽生えさせること、理数系教育の改革、科学を文化・教養の一部にすること、「科学の演奏者」の育成、リアルな実験体験、理系の地位・待遇の向上、などの重要性が指摘されています。
しかし、近年、日本の理科離れ阻止に向けた官民の取り組みは行われていますが、国策として息の長い時間軸で科学技術と社会をつなぐ活動を推進することが少なく、そのために幼少期からの取り組みが少し足りないのではないかと思います。日本では、すでに初等教育において理科や数学が面白いと思う生徒の割合が国際的にみて最低レベルなのです。また、将来理科や数学に関する職業に就きたいと思う生徒の割合も低いようです。
また、国際数学・理科教育調査における中学校の成績順位をみると、理科は1970年の1 位(18 カ国中)から2003年は6位(46カ国中)に後退、数学は1970年の1位(16カ国中)から2003年は3位(25カ国中)に後退しています。何も順位が大切でないというわけではありませんが、どうも、この数字が国では気になるようで、何とか成績を上げるような施策が多い気がします。それ以上に、高学年に進むほど、理科の勉強への関心が低くなる傾向があるという事で、その面白さを感じる授業がされていない気がするのです。という事は、若者の進路選択時における理工系学部離れが起きるという事なのです。
最近の傾向として、高校生が進路選択時に早々と理科や数学から離れてしまい、大学の理工系学部(特に工学部)が敬遠される傾向が強まっています。工学部の志願者数は1995年の57.4 万人から2006 年には30.4 万人に減っているのです。(文部科学省「学校基本調査」による)。
では、幼児期から子どもたちは科学が嫌いなのでしょうか?私は、子どもたちは非常に好奇心が強く、不思議なことが大好きなはずです。何かをやろうとする意欲や、実際に触ったり、経験したり、目に見えることが好きです。という事で、小学校に行っても、実際に行なってる実験は、子どもたちは大好きです。実際に、小学生を対象とした理科実験教室も年々増加傾向にあり、今の小学生は決して理科への関心や実験への興味を失っておらず、この意味では「理科離れ」は見られないと思います。
また、最近は、テレビ教養娯楽番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系列)でもたびたび登場しますが、米村でんじろうの科学実験は、とても人気があるようです。彼は、元は自由学園の高校の理科教師で、実験を主体とした斬新な授業が受け入れられていました。しかし、実験は、その後の赴任先である都立高校では、「生徒に怪我をさせては大変だ」「くだらない実験よりも成績を上げるための授業を優先するように」という保護者や学校側の意見が多く、教えたいと思っていた多くの実験が教えられないことを知りショックを受けます。子どもたちは、やはり実験が好きで、「実験を通じて科学を好きになって欲しい」という事で退職し、独自に、実験を通して子どもたちに科学を好きになってもらおうと活動しています。
子ども達も大好きな教科であるのに将来の事を考えると・・・という風潮が、日本にはまだ多いようですね。本当に好きな事を社会貢献のために役立ててくれる子どもが、木月保育園から出てくれると良いな~っと思って色々な事に挑戦しています。

rimg12571