小さなもみじの物語

2015 年 5 月 30 日 土曜日

先日、自由遊びをしている机の上で子どもが描いた地図を見つけました。

img_4720


今年、幼児組では地域交流の一環として地域探検をして、見つけたものを子どもたちと確認したり、地域の人との交流を持ったりそれと同時に、自分たちだけの地図作りをしています。
今まで散歩は、公園へ行く事が目的で遊具で遊んだり鬼ごっこ等をしていました。しかし、今年は4月の散歩から際に公園に行くまでの間、お店や建物を見つけ地図に書き込んでいます。平和公園まで散歩に行った時も、始めのうちは保育士が「こんな所にも公園があったね」「公園には何があるかな?」とやりとりをしていましたが、段々と「小杉タワーが見えた」とA君が教えでくれました。B君も「森だ」と言って竹が沢山生えている場所を見つけてくれました。大人では気付かない発見や発想にも驚かされました。
また、建物や目印だけでなく近所の方も子どもたちを見かけると話し掛けてくれて、庭にある花の名前やいつ花が咲くのかを教えてくれました。「咲いたら見においで」と声を掛けられて子どもたちも嬉しそうでした。
都市化が進み社会が複雑になり、社会の分業化が進むにつれて人々の意志疎通が困難になってきています。このような時代だからこそ散歩をしたり、地域の方と接する事で自分たちが住んでいる周りに何があるのか興味を持ったり、保育園という場所を通して地域の様々な関わりを増やしていき、地域ぐるみのお付き合いが増えていきます。地域の方とつながる事で、困っていたら助け合い、成長を喜んで温かく見守ってくれる存在がいてくれる事は子どもたちにとっても幸せな事だと思います。
地域を大切にして育った子どもたちが将来地域の担い手にってくれたらいいなと思っています。


中川智香子

2015 年 5 月 28 日 木曜日

園生活にも少しずつ慣れてきた子どもたち。今までは環境に慣れず泣いてしまったり安心出来る保育者を求めて泣いたり好きな玩具を探して遊ぶ姿が多く見られました。それが少しずつ慣れてきたことで興味の幅も広がってくるようになりました。
慣れてきたとはいっても、0歳児クラスはまだつられ泣きが多いです。1人泣くと2人泣きそれを見て3人泣き、と続いてしまい落ち着かなくなってしまう時間があります。そんな子どもたちがつられ泣きをして落ち着かなくなった時にピタっと静かになる方法があります!それは歌を歌うことです。それもただ歌うのではなく振りつきで行います。すると泣いている子どもピタっと泣き止み凝視しています。歌うものとしては、わらべうたや手遊び、ダンスなど。多くのものをやるのではなく子どもたちが興味を示したものを繰り返し行っています。こちらが歌い始めると子どもたちはじっと見ているのですが、これはただ見ているだけでなく見て覚えようとしている様でした。日々繰り返していると月齢の高い子どもたちは見て覚えて模倣してくれるようになりました。それを見ていた月齢の低い子どもたちも一生懸命身体を揺らしてその子達なりに模倣しています。
この頃の0歳児クラスの子どもたちは模倣が出来るようになってきます。実はつられて泣くことも模倣の一つです。周りを見て吸収して模倣するようになります。誰かが泣いているのを見て泣くという行動は周りと同調している証拠でもあり、とても大事な経験でもあります。周りと同調しながら泣いたり楽しんだりする経験が、子どもたち自身の安心感に繋がっていきます。歌は一緒に歌うことはまだ難しいですが聴くことで心を落ち着かせたりする効果があります。そして、身体を動かして一緒に楽しむことが出来ます!
まだ不安定になってしまう時間もありますが、毎日元気に歌を歌いながら明るい雰囲気作りを心掛けています。

広瀬美穂

2015 年 5 月 16 日 土曜日

新入園児と在園児が同じ部屋で新しい環境の中で過ごす様になり、1ヶ月が経ちました。少しずつ子ども達は新しい環境に慣れてきています。子ども達は新しい環境の中で一緒に生活している事で徐々に新しい友達とも関係を作り友達意識が芽生え始めました。今までいた友達と新しい友達と生活を通して刺激を受けて様々な事を吸収しています。
その中での子ども達の姿です。
園庭に出て子ども達は自分達が遊びたいと思う遊びを行っている中で砂場で何人かの子ども達が遊んでいました。B君とAちゃんが遊んでいるとAちゃんが使っているシャベルがなくなってしまいました。その困っているAちゃんにB君から「はい、どうぞ」と近くにあったシャベルを渡しました。するとAちゃんはニコッと笑顔になり、二人でコップの中にシャベルで砂を入れてパカッと出して型抜きを楽しみました。
子ども同士のやり取りは日常の中で、気持ちを代弁して「A君が使っているよB君“かして”と言うんだと」などと関わり方やその場に応じた言葉掛けを保育士が遊びや生活の中で子ども達に関わって、丁寧に行っています。子ども達はその様子を見ていて、少しずつ言葉で伝える様になり、泣いて訴える事も少なくなり、友達という存在を意識してきています。
子ども達は保育園という社会の中で生活の力や知識、遊び方を学ぶと共に対人関係を身に付けています。その中で一緒に過ごしている友達を友達として捉えられる様になり、少しずつ友達という存在を気にする様になります。今の時期に子ども達が感じる友達との関係が発展し成長する事で相手の事を考えたりしていく様になります。なので保育者も子ども達同士の関わりが上手にできる様に援助していこうと思います。
これからの子ども達の更なる成長が楽しみですね♪

 

藤内 駿

2015 年 5 月 9 日 土曜日

ある日、りす組のおままごとコーナーでAちゃん、Bちゃん、Cくんが遊んでいました。Aちゃんはおままごとコーナーにあるお椀にチェーリングをたくさん入れかき混ぜ、何かを作っている様子でした。混ぜ終わったあと、Bちゃん、Cくんに作ったものを配っていました。その時の会話です。
「どうするー?へらすー?」
「うん。へらすー」
その光景を何気なく見ていたのですがふと“何か聞き覚えのある言葉だな… ”と聞いていて“あっ!給食を配膳している時の保育士の声掛けだ”と気が付きました。給食の量は自分の好き嫌いがわかってきているので、配膳の際に保育士が声掛けをして自分の苦手な物、食べられる量を調節しています。まだまだみんなが理解している訳ではないので、制作の中にも取り入れ、子どもたちの理解にも繋げていきたいと考えています!
2歳児になると、模倣が盛んになり、みたて行為やごっこ遊びがみられたり、おとなの言葉、表情を真似ることが多くなります。また、語彙が急に増え、言葉で要求が出せるようになり、多語文を話すようにもなります。
言葉の他にも色々な物を吸収する年齢です!私たちも子どもたちの見本になるような保育をしていきたいと思います♪

 

阿部(西山) 梨絵

2015 年 5 月 2 日 土曜日

新年度を迎え早1ヶ月が過ぎました。新しい担任にも慣れ始め子どもたちとの信頼関係もできてきました。幼児組ではきりん組になるとお当番さんのお仕事が1つ増えます。それはお昼ご飯時にお茶の配膳をするお仕事です。お友だちみんなに「ふつう・ちょっとどっちですか?」と聞きながらコップにお茶を入れてあげます。
そんなある日、初めてお茶当番をしたAちゃんの出来事を紹介したいと思います。ちょっぴり恥ずかしがりやのAちゃん。朝の会で名前を発表するときも中々大きい声で言えないときもありました。そしてお茶当番の時間になると勢いよくエプロン、三角巾、マスクをつけやる気は満々‼私もそっと見ていましたが、心配などはいらなかったようです。お友だち一人ひとりの顔を見ながらしっかりみんなに聞こえる声で「ふつう・ちょっとどっちですか?」と配膳をしていました!その姿は今までの恥ずかしがりやだったAちゃんとは違い、とってもたくましく見えました。配膳が終わりAちゃんに「お当番さんおつかれさま♪どぉだった?」と聞くとちょっとホッとしたような顔をし「うん‼ちゃんと出来たよぉ!だってきりん組さんだもんねっ(^-^)」と返ってきました。きりん組になりお姉さん意識が出てきたんですね。「ありがとう!きりん組のAちゃん♪」と言うと誇らしげにうなずいていました。
幼児組の中では一番小さかったうさぎ組から一つお兄さん、お姉さんになったことで子どもたちのやる気スイッチが一気に入ったように感じました。
集団生活の中で役割を担うことは子どもたちにとって大仕事です。役目を果たそうと恥ずかしがりやだった自分の姿すら見えなくなってしまうほどですからね!与えられた役割をやり遂げたときの喜びは自分への自信にも繋がります。きりん組さんだけの特別なお仕事だから頑張る!私がやらなきゃ!という責任感も出始め、また成長への1歩を踏み出した姿を感じた場面でした。

img_4741

熊谷直美