小さなもみじの物語

2015 年 3 月 28 日 土曜日

ひよこ組に用事があり部屋に入ると、視線を感じることがあります。Aちゃんが私から目が離せずジーッと見つめています。私もなにをするわけでもなく、ただ目があっただけなのに、泣き出してしまう始末でした。また、数か月経っても同じような視線を感じ、「Aちゃん!」なんて声をかけたら、担任のところに走って(?)しがみつき、顔を隠すなど、なかなか慣れてくれませんでした。
Aちゃんがあひる組になっても、やはり私を見つけると釘づけになり立ちすくんでしまいます。数か月たつと、目が合うとなんと!『バイバイ』と自ら手を振ってきました。手を振る行為バイバイをすればその場から私がどこかに行くと思ったのでしょう、こうすればこうなるという先を見ることが少しずつできるようになっているのですね。私も申し訳ないので早々に部屋から退去していますが、ついつい、もう1度顔を出してしまい、最終的に泣いてしまいます。りす組でも、私を見つけるとさっさっと担任のところ走っていき、ずーっと私を見ています、泣くわけだはなく、ただずーっと、怖いもの見たさ?なのでしょうか?
しかし、Aちゃんが幼児組になると、だんだん挨拶を返してくれるようになり、私が他の子たちと遊んでいるのを見て、友だちがいれば一緒に遊んでくれるようにもなってきました。しかし、まだAちゃんからから話しかけてくることはなかったのですが、年長児になると急に『キムチ〜これどうやるの?』『これやろうよ』『手伝うことある?』など、自ら親しく(?)話すことが多くなりました。
幼児組になると生活空間が広がり、安心できる関係を基盤として、探索行動していきます、身近な人や身の回りにある物に自発的に働きかけていくようになるそうです。また、いろいろなことに、少しは我慢が出来るようになります。そして友達や相手を許したり認めたりする社会生活に必要な基本的な能力が身につくようになります。そこで私のことも友達を通して、この人は安全だ、一緒に遊んでもいい、何か頼んでも満たしてくれると思い感じ、仲間の一人として受け入れたくれたのでしょう?
そんな、Aちゃんも今年卒園します。今ではこうすればもっと面白いに違いないという自信と、今度はこうすればもっと楽しくなるに違いないという予想や見通しを立てる能力が育っています。これからどんな小学生になるのかたのしみです。これからも子どもたちの育ちの刺激の一部となり、育ちのお手伝いをしたいと思います。良い意味で刺激になり子どもたちと楽しい時間を過ごせるようにお部屋にお邪魔していこうと思っております。

 

木村 広美

2015 年 3 月 20 日 金曜日

少しずつ暖かい日が増えてきましたね。花粉症の方はこれから辛い日々が続くと思いますが乗り越えていきましょう。
最近子ども達が言葉をたくさん発する様になってきました。今までは自分の感情や気持ちを表現する時や伝える時に「きーっ」などの声を出したり威嚇する様にしていましたが言葉で伝える様になってきました。
Aちゃんがブロックで遊んでいる時にB君がその使っていたブロックを取ってしまった時に「やめて~」や「いやいや」などAちゃんが言葉で伝えていました。また友達が使っている玩具や絵本を使いたい時に「貸して」と言いながら手を出して友達が使っている物を借りようとする姿が多く見られる様になりました。またその時に「どうぞ」と渡す子どもや「イヤ」という子どもがいて、しっかりと自分の気持ちを伝えています。
他にも音楽をかけて踊っている時に「もう1回」と言ってやりたいことをアピールしたり知っている曲だとその名前をうっすらと言うことがあります。例えば‘アンパンマン’の曲を流して踊った後などは「アンパンもう1回」「パンマンもう1回」と言っています。
子どもは喃語から一語文・二語文と話すようになります。その成長の過程には私達保育者や保護者などの大人や異年齢児と関わる時にそのお兄さん・お姉さんが話している事や声掛けを聞いて理解していきます。また絵本の読み聞かせなどから「この時はこの言葉を使えば良いのか」「この動物はこういう名前なのか」と知ることが出来ます。その為子どもに対して多くの声掛けや子どもといる時に多くの会話をする事が大切になっていくと思います。
私達職員は絵本を読んで子ども達に「これは?」など聞いてみたり、絵本に出てくる物の「これはワンワン犬だよ」など説明をします。また子どもの気持ちを代弁してもう一度聞きたいときは「もう一回」と言うんだよと声を掛けたり、貸して欲しいときは「かして」と言うんだよと言いながら手を出すことを伝えています。
今、意志表示や喃語から一語文などを発語しようとするこの時期を保護者の方も子どもと一緒に言葉を使ってコミュニケーションをとってみたり、絵本の読み聞かせや子どもの気持ちを代弁して話してあげることで今より多くの言葉を知り、発していくと思います。子ども達との楽しい時間を共有しながら、今後も多くコミュニケーションを取っていこうと思います。
これからも子ども達の様々な成長が楽しみですね♪

 

藤内 駿

2015 年 3 月 14 日 土曜日


日中は暖かい日差しが差し込み、春の訪れが待ち遠しい季節になりました。今回は『26年度あひる組ブログ』最後の章となりましたので、少しかしこまったお話を…(^-^)
まだまだ幼いと思っていたあひる組の子ども達ですが、部屋の移行をしてからというもの、急に表情がお兄さんお姉さんになり、身の回りの事に興味・関心・意欲を見せ始めています。
2歳のこの時期は、人間がその時期に必要な事を獲得するために、環境中のいろいろな事柄に対して特別に敏感な感受性が現れてくる時期です。『敏感期』と言われる時期なのですが、子ども達はこの敏感期に湧き出してくる強烈な生命力に押されて、燃えるような情熱を持って環境中のいろいろな事に関わっていきます。関わる要素や内容は、その子どもによってそれぞれ違い、環境の中から個々に選んでいくのだそうですが、それは、子どもが手を使って動作を繰り返していくうちに、いつのまにか関わっているその事柄との間に生命が通い始め、その一つ一つが成長の糧となるようです。友達と関わって共同作業をする姿も見られ始めますが、逆に個々に熱中する作業・動作・遊びが見つかり、一人で集中する姿も見られるようになります。
『最近〇〇をするのがブームのようで、いつもやっている』『道を歩いている時に、必ず塀を手でなぞって歩く』『危ないと注意しても、狭い場所で走りまわる』など、こんな姿を見かける事はありませんか?あひる組の子ども達も、最近散歩に出かけると、よく、一軒家の駐車スペースと道の間に、小さなスロープが置いてありますよね?必ず2~3人の子が、列を乱してまでも、そこに登ります。転んだりしては危ないと思い、『よそのお家だから、登るのやめようね!?』と言うのですが、だいたい毎回登る子は決まっています。ある子は、たくさんあるパズルの中から、いつも熱中するパズルは一つと決まっています。ただお気に入りというだけではなさそうです。
このように、子どもが繰り返している事は、外からは同じことをやっているように見えますが、その一回一回は決して同じものではなく、一回毎に、子どもの内面では何かが熟し、変わっていっているという事のようです。その繰り返しを通して、ある一定のレベルに達すると、子どもはその繰り返しをやめます。それをやめるという事は、何らかの成就を体で感じ、心底から満足したという事であり、このような事があった後は、心がオープンハートになり、皆に対して優しくなれたり、喜んで相手を助けたり、また、良い子でありたいという願いで一杯になったりと、一つ、成長出来るのだそうです。その繰り返しから、子ども達は、周りとの調和をうまくとれる感情のコントロールを調整していっているのです。そう考えると、良い事も悪い事(危険に繋がる事は別として)も、子ども達にとって、その行動はその子が生きる為に必要な要素なんだという事に気付かされます。そんな敏感期の中にある子ども達の感受性を、小さな事で良いので見つけ出し、より一増、集団の中での個々のカラーを引き出していきながら、自然と周りへの優しい気持ちや、協調性が芽生えていけるよう、見守っていく事も必要なんですね!?
もうすぐりす組です。子ども達の体も心も、たくさんの経験を通して、自分で自分の生命力を見つけ出し、成長していく姿を、楽しみにしたいと思います。

 

中谷 美帆

2015 年 3 月 7 日 土曜日

幼児ぐみへ移行してから、早一ヶ月が経ちました。移行前は早くお姉さんになりたく「あと何回寝たらお2階に行くの?」と移行を待ち遠しくしている子供や、2階へ上がる事が不安でいっぱいな子供達、様々でした。いざ移行が始まると、私たちの期待以上に、とても張り切って頑張っています。
幼児ぐみでは、様々な遊びのなかでのルールがあります。その中のひとつで「けいぞくカード」という個人のカードがあります。自由遊びの時は常にカードを持ち歩き、お片付けの際、作ったレゴブロックや積み木の作品等、継続したいものにカードを置くというルールになっています。
移行が始まる前に、りすぐみのお部屋の中でも「けいぞくカード」を用意し遊んで過ごしました。Aくんはカードを持つ前に好きな遊びを始めてしまったり、カードを持ち遊び始めてもカードを無くしてしまったりとカードの存在が中々定着しませんでした。幼児ぐみへ移行後もカードを忘れてしまう事もありましたが、お姉さんに「けいぞくカードを持たないと遊べないんだよ」と何度か声をかけてもらう中で、Aくんの中でけいぞくカードの大切さの意識も芽生え始めてきました。今では私たち職員に「カード持たないといけないんだよね」と声をかけてくれたり、同じりすぐみのお友だちへ「カード忘れてるよ!持っておいで!」と声をかけてくれたりと成長した姿が見られるようになってきました。
移行が始まり幼児ぐみのお友だちと過ごす中で年上のお友だちへの興味や、憧れが強くなりチャレンジ精神旺盛になったり、新しいことをおぼえようとする気持ちが強くなっています。また子供達同士で解決しようとする自立心も芽生えてきます。異年齢保育をする中で、子供達の成長を様々な場面で感じています。
これからも子供達の気持ちを大切にしながら子供達の成長を見守っていきたいとと思います。


百々 麻美