小さなもみじの物語

2014 年 11 月 29 日 土曜日

 陽が落ちるのも早くなり、すっかり冬の気配を感じるようになりました。子どもたちは少し寒くても、戸外で元気に走り回っています。たくさん外で遊んで、室内に帰ってきて、まずやることが“手洗いうがい”ですよね。これからインフルエンザの季節ということもあり、幼児組の11月の目標は『手洗いうがいをしっかりしよう』でした。子どもたちは面倒だったり早く遊びたい気持ちが強く、手洗いうがいをサッと済ませようとしてしまいます。
 木月保育園では数年前からビオレの手洗いのうたと、うがいをするために見上げれば水道の上に見える“とまとさん〝を見ながら、「とまと」と言ううがいを子どもたちに伝えています。
 目標の話をした時に、隠れキャラのとまとさんを思い出してもらいたくて、「みんな、とまとさんは見えてるー?とまとさんを見ながらとまとって言えるとすごいんだよ!ちょっと下手っぴさんだと…水を飲んじゃうからね!飲まないでできるかな~?できたら教えてね☆」と言うと…みんな笑いながら「できるもん!!」と自信満々!!その日から、園庭から帰ってくるとすぐさまAくんは「とまとって言えたよ!」と笑顔で言ってくれたり、はたまたBちゃんは「とまとって言ったら失敗して服が濡れちゃった☆」とびしょびしょの服を嬉しそうに見せてくれました♪
 ちょっとした言葉ですが「こんなことできるかなー??」と挑戦状を叩きつけられると、無邪気に挑戦する子どもたち。少しのきっかけを与えれば自分たちで楽しみながら成長をしてくれます。大人にとっては当たり前ですが、子どもたちができるようになることはとてもすごいことです。ささいなことでも「できたよー」とアピールしてくる子に「すごーい!!」と言うだけで、喜び、また次も頑張ろう、次はこんなことができるようになりたい、と思ってくれます。忙しいと小さなことに反応できない時もありますが、少しの余裕を持って、子どもたちとできるようになった喜びを共有し、成長へとつなげられるといいですね。
 これから益々寒くなってくるので、手洗いうがいをしっかりして、体調を崩さないようにしたいですね。是非親子で『とまと』にも挑戦してみてください。img_3644

 

森田淳子

2014 年 11 月 22 日 土曜日

 ひよこ組の子ども達も全員が1歳になりました。出来る事や遊びなどが増えてきており、成長を感じます。みんな活発に動いたり遊ぶ様になり子ども達からの主張なども見られる様になりました。
 室内で遊んでいる時のことです。AちゃんとBちゃんがコップを持ち遊んでいると飲む真似をして「ゴクゴク」と言っていました。するとAちゃんが職員に「どうぞ」として一緒にやろうよと言わないばかりにコップを差出してくれ職員も一緒に行いました。別の日にはAくんがお椀を持ちながら歩いていると急に座り込むとつかみ食べをする仕草をして「モグモグ」と口を動かしていました。職員も一緒に食べるしぐさをしており、Aちゃんと目が合うとニコッと笑っていました。(食事中の光景を見ている様でした)それを見ていたCちゃんも見よう見真似に一緒に同じことをしており、お互いが同じ事をしているのに気付いた2人は互いに譲り合い「どうぞ」をしていました。
 今のひよこ組の子ども達は模倣や見立て遊びを楽しんでいます。“模倣”は周囲の大人やお友達がやっている事などの真似をすることです。“見立て”は実際にないもの(事)を実際にあるかの様にイメージして行うことです。これを遊びで行うことでイメージする想像力が育っていき、成長と共にごっこ遊びという形に変化していきます。
 見立てや模倣を多く行う事で、話す能力や表現力がつくようになり、泣いて表すことから徐々に言葉や表情というもの中心に表していく様になるので非常に大切なことです。
 保育園では遊びの中で生活に繋がる様に子どもと一緒に見立てや模倣をしていきます。ご家庭でも忙しいとは思いますが子どもと一緒に行ってみて下さい。子ども達の成長が改めて実感するかもしれないですよ♪

 

 藤内 駿

2014 年 11 月 15 日 土曜日

  冬の足音がすぐそこまでやってきているような寒さが、日一日と感じられる今日この頃。色々な行事を経て、体力的にも精神的にも著しい成長を見せ始めているあひる組の子ども達です。最近、お友達との関わりが以前以上に増えてきているようです。お気に入りの友達と遊ぶ姿をよく見かけるようになりました。好きな遊びが同じだったり、盛り上がりを共感できたり、お気に入りの感覚はそれぞれですが、何故か気がつくと、いつも一緒に遊んでいる友達が同じという光景が見られます。今までは、1人で玩具を所有したい気持ちが大きかった子ども達でしたが、最近では、お友達と一緒に共有して遊ぶようになってきたのです。img_0773

それと同時に、保育士の仲立ちにより、同じ玩具を『代わり番こ』で使う事も出来るようになってきました。img_08331


   兄弟姉妹がいないご家庭では、どうしても『代わり番こ』や、『分け合う』という経験が少なくなりがちですが、ちょっとした毎日の生活の中での工夫で、周りと共有する気持ちが芽生えてくる事もあります。例えば、お菓子なども、袋ごと与えるのではなく、お皿に盛り、『お母さんお父さんと一緒に食べよう?』と、分け合う。遊びの中でも、『お母さんにもやらせて?〇〇ちゃんと、代わり番こでやろうね!?』など、代わり番こや順番を待つ経験をさせてみても良いかもしれません。公共の場でも、『よその人がやっているから、次にやらせてもらおうね!?お母さんと一緒に待っていようね!?』などと、声をかけてあげてみて下さい。
  二歳前後の年齢は、周りの人の存在を、子ども達なりに試行錯誤しながら感じとろうとし始める時期なのです。こんな時、一番大切な事は、言葉でその感情を知らせていくのではなく、子ども達が、実際に経験し、感じ、考えていかれるよう、その見本を大人が見せていく事が大切なのではないかと思っています。子ども達の前で、小さな事にも感動し、その感動を体で・言葉で表現して見せてあげることで、色々な気持ちの感情が芽生え、それを自分なりに表現し、周りの人達に、思いを伝えていけるようになるのではないでしょうか?
  周りの人達に、思いやりや心遣い、感謝や慈しみの気持ちを素直に表現出来る子ども達に成長していけるよう、私達職員一同、たくさんの経験と共に、喜怒哀楽を共感していきたいと思っています。

 

中谷美帆

2014 年 11 月 8 日 土曜日

 台風が来ると心配されていた10月11日。みんなの願いが通じたのか、お天気にも恵まれ、無事に運動会を開催することが出来ました。りすぐみはかけっことクラス競技に参加しました。
 鉄棒の練習をはじめる前に、子ども達にはまず、ぶら下がりのやり方を教えました。足を地面につけず、体を浮かせることは全員見事クリア!!ステップアップで豚の丸焼きの見本を見せ、出来そうな子にはこちらから声をかけました。そのうちの1人、Aくんはぶら下がることが楽しくて何度もぶら下がりに挑戦していました。握力があるので、『先生と一緒に豚の丸焼きに挑戦してみよう?!』と言うと、『うん!!』とやる気を出してくれました。しかし1度、自分の力で体がなかなか持ち上がらないと、気分が乗らずに次に挑戦しなくなってしまいました。しかし自由遊びの中でも声を掛け続け、『一緒に頑張ろう!』と言うと力強く『うん!頑張る!!』と返事をしてくれ、本番直前まで一生懸命練習に励んでくれました。
 いよいよ本番当日!恥ずかしそうにしながらもやる気に満ちているAくんの顔を横目に、私の方が緊張していました。本番では自分の意思で豚の丸焼きを選択し、見事成功しました!!
 2歳という時期は運動能力と自我が芽生え、自立心が非常に発達する時期なので、自分から挑戦するという気持ちを尊重することが大切です。また、発育・発達の面では個人差が大きく出る時期でもありますので、個々の特性を見ながら無理のない選択が出来るようにしています。
 来年の運動会ではまたどんどん出来る事が増えていると思います。楽しみに待っていて下さいね!!

 

豊田 幸代

2014 年 11 月 1 日 土曜日

 先日、天気にも恵まれ木月保育園では、運動会が行われました。
 少し緊張している子、朝から張り切っている子等々ひとりひとり楽しみにしている様子が伺えました。
 運動会が近づくにつれて、幼児組では、「飛び箱やりたいからホールあけて」という声や、園庭では「鉄棒やりたい」「先生見てて」と一生懸命縄飛びに取り組む姿を見せてくれました。
 その中でも私が印象に残っていたのは、飛び箱を見ていた時でした。毎朝のように飛び箱へ向かう子どもたち。飛び箱を目の前にすると、高さや勢いは充分なのに少し怖いという思いも生まれ、途中で勢いが止まってしまう事も度々ありました。また、あと少しという所でお尻が飛び箱の端に当たってしまい悔しそうにしていたり、子どもたちの眼差しは真剣でした。「絶対飛べるよ!」「あともう少しだよ!」「手をもう少し前についたらいいんじゃない?」と友だちや職員からの励ましやアドバイスを背に何回もチャレンジしていました。
 ある日いつもと同じように、何人かの子どもたちがホールで飛び箱の練習を行っていました。そのうちの1人の子がいつになく真剣な顔つきで飛び箱の前に立ちました。「強気いく!!」と呟くと飛び箱をしっかり見つめながら走り出しました。すると、今まで飛べなかった5段を飛び越していました。自分でも飛べた事にビックリした表情でしたが、次の瞬間「飛べた!」と少し驚きながらも、笑顔になっていました。すぐにお友達にも「飛べたよ!!」と嬉しそうな表情で話していました。私も自分の事のように喜びました。
 子どもは、何かにチャレンジする時、人と競って行うだけではなく、その子自身が前よりも色々な事が出来るようになりたいと思ったり、自分自身が楽しみながら取り組む事が大切だと感じました。また、その喜びを一緒に喜んだり、認めあえる友達や大人がいるという事も次の物事にチャレンジする大きな力になるのではないかと思います。
 1つ1つの行事や日々の生活を通じて、前に進もうとする子どもたち。認め合い協力していける保育園ならではの生活の中で、そんな場面にいくつ出会えるのか、楽しみに過ごしていきたいと思います。

 

中川智香子