小さなもみじの物語

2014 年 10 月 25 日 土曜日

 入園して半年が経ちました。この半年で、子ども達は様々な事を知り、学び、経験をしてきました。今までは保育士が片づけをしている姿をただ見ていただけだったのですが、「おかたづけ~♪おかたづけ~♪」と、歌を歌い始めると「ないない」と言いながら、玩具を箱の中にいれてくれるようにもなりました♪そして、「○○ちゃんすごーい!!」と。拍手をすると子ども達も一緒に拍手をしてくれます☆☆今までは保育士が見本となって取り組んできていたことが、自然と身についてきている様子が伺えます。
 子ども達の成長は、興味のある玩具からも見つけることができます♪今までは、手触り・音などに興味を持ち、様々な物を触ったり、噛んだり、鳴らしたりしていましたが、最近の子ども達のブームは絵本です!絵本は、子ども達の想像する力を育ててくれ、絵本によっては「水、じゃーじゃー」「ねこ、にゃんにゃん」など、物と音・泣き声を繋ぎ合わせて楽しむ絵本があります。子ども達の中には、絵本の中の動物の鳴き声を見て、「にゃんにゃん!」と教えてくれ、園外に出たときに実際の猫を見て「ねこさんだね」と教えると、「にゃんにゃん!」と絵本の中の動物ときちんと結び付けて楽しんでいる子もいます。
 言葉を覚え始めた子ども達は、大人が発する言葉にとても興味を持ち、耳で聞きながら自分で声に出しながら、楽しく言葉の意味なども覚えていきます。あまり言葉を発していない時期の子どもでも、目には見えませんが、言葉を発する準備をしているのですね。何も出来ないと思われていますが、この時期こそ、絵本を読み聞かせてあげたり、話し掛けをしてあげることが大切ですね☆

 img_0666

伊藤 翠

2014 年 10 月 18 日 土曜日

 最近の1歳児クラスの子どもたちは言葉が盛んに出てくる様になりました。お友達や職員の名前を呼べるようになった子もいます。呼べるようになった喜びから何度も呼んでは嬉しそうに微笑む姿も見られます。
 1歳児クラスは一番言語面の成長が見られる時期だと思います。しかし言語面の成長は個々によってペースが違います。月齢や発達によって成長に個人差があるので、よく話せる子もいれば喃語で話している子もいる時期です。
 Aちゃんは春頃まだ言葉がまだ出ず、何か伝えたいことがあるときには泣いて訴えていました。夏頃Aちゃんは型はめブロックに興味を持ち始めました。興味を持ったものの、なかなか型はめブロックの蓋が自分で開けられませんでした。開けたいときには職員の方を向いて「あー!あー!」と叫んで訴えていました。そんなとき私はすぐに蓋をあけてあげるのではなく「そういう時はあけてって言うんだよ」と話しをしながら開けていました。そんなやりとりを繰り返していくうちに最近自ら「開けてー」と言って言葉で伝えられるようになりました!言葉はそうやって遊びや人との関わりを通じで覚えていくものだと思います。
 1歳児になると自分のやりたいことや思いを表情や行動で伝えられるようになります。それが出来るようになったら次は少しずつ言葉で伝えることが出来るように私たち職員は遊びや関わりを通して子どもの気持ちを代弁することを繰り返し行っています。
 時々保護者の方に「うちの子言葉が遅いんですが大丈夫でしょうか?」と聞かれます。その子その子の成長のペースがあるので焦ることはないと思います。保育園ではお友達が喋っているのを見たり聞いたりすることも刺激になっています。これから少しずつ言葉が増えていきます。ゆっくり成長を見守っていきたいですね。私も今後子どもたちからどんな言葉やお話しが聞けるか楽しみです!

img_07671 

広瀬 美穂

2014 年 10 月 6 日 月曜日

 木月保育園では毎年1才児クラス、2才児クラスの合同保育を行っています。今年も1才児のあひる組さんとの合同保育が始まりました。お散歩の大好きな2才児クラスの(りす)組ですが1つ下のクラスのお友達の手を引いてお散歩に行くのは大人の目で見ると大変な事です。しかし朝の会で1才児クラスのお友達と公園へ行く話をすると担任の予想を裏切り張り切る子ども達。2才児クラスと1才児クラスのお散歩のスタートです。
 そんな中、A君は張り切って先頭で1才児クラスのB君と手をつなぎ歩きはじめました。A君に「B君と一緒にゆっくり歩いてね」と声をかけるとB君に「はじっこ寄ってね」と優しく声をかけていました。でも…公園までの道のりを半分過ぎた頃B君は疲れてしまったのか、泣き出してしまいました。 普段クラスでのA君はお友達におもちゃを取られてしまったりすると大きな声で泣いてしまったり「A君が使ってるだから取らないで!」っと怒ってしまう時もあります。でもその日B君に「どうしたの?疲れちゃったの?」と声をかけたり「僕がいるから大丈夫だよ!」っと何度も声をかけてくれました。公園に着くと「頑張ったね。公園に着いたよ。」っと優しいA君に感激です!「A君すごくお兄さんだったね。B君最後まで頑張って歩けたね。」っと声をかけるととっても嬉しそうで得意顔のA君でした。
 自分より小さなお友達との活動で、小さな子を思いやり小さな子に合わせてゆっくり歩いたり優しい声をかけたりする心が活動の中で育っています。お手伝いなどの活動は、自分が役に立つ事で自尊感情を高め更に役に立つ事をやろうという意欲を育てます。また親切にされてきた経験があると喜ばれる事自体を自分の楽しみに経験する事ができます。その優しさがお友達にかける声がけに繋がったりしていきます。小さなお友達への思いやり、お友達に対しての思いやりをこれから先も活動や生活の中で一緒に育て大切にしていきたいと思います。
img_06721

 

斉藤  操

2014 年 10 月 4 日 土曜日

 朝夕はすっかり涼しくなり季節は秋になりましたね。読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋。みなさんはどんな秋を過ごしていますか?
 さて、先日ある保護者の方から「木月屋台で出されたピーマンはどんな味付けをしたんですか?」との質問を受けました。「塩だけですよ」と答えると保護者の方は驚きながら「えーっ?」と。よく話を聞くと、いつもピーマンは苦手で食べられないのに木月屋台のピーマンはおいしく食べられたから先生に作り方を聞いてほしい!とそのお子さんが言っていたそうです。
 今年度初めて試みた木月屋台。食育の一貫として自分達で育てた野菜を収穫し、その場で見せて調理してみようとテラスに屋台を開きました。
 種まきから水やりをして育ててきた野菜。花が咲き実になると「もう取ってもいいんじゃない」「もう少し大きくなるまで待とうよ」「まだかなぁー」と苦手な野菜でも関心が出てくるものです。このピーマンはどんな味なんだろう?ちょっと食べてみようかな?という気持ちが芽生えてくるのではないでしょうか。
 このように苦手なものでも自分から食べてみようと思える雰囲気や環境を作っていくことが大切ですよね。食べられた事の喜びは自信につながります。これこそ一番の隠し味♪
 「木月屋台のピーマンおいしいね」と笑顔いっぱいの子ども達で屋台は大盛況でした!

 

熊谷  直美