小さなもみじの物語

2014 年 8 月 30 日 土曜日

 毎日うだるような暑さですね。夏休みを利用しておでかけしている子どもたちからは、どこにおでかけした、何をした、と楽しいお話が聞こえてきます。保育園でも毎日プール!お水は冷たいのですが、子どもたちは「つめたーい!」といいながら笑顔を見せています☆プールで疲れた子どもたちはよく食べ、よく寝ます。午睡の時間はスヤスヤ寝息が聞こえてきます。。。
 そして、午睡が終わるとおやつ!疲れ切った子どもたちは中々、起きません(笑)職員は起こすのに必死(*´∀`)しかしおやつの準備も進めなければいけません…そこで登場するのが『お手伝いマン』!!すでに起きて遊んでいる子どもたちに「大変!このままじゃおやつの時間に間に合わないかも。誰か手伝ってくれないかなぁー」と言うと、何人かの子どもたちが「お手伝いマーン!!」と現れます(*´∀`)お手伝いマンのお陰でおやつの準備はサクサク進むので本当に助かります!そして最後に「ありがとう!」プラスぎゅっ☆をすると照れながらも喜んでくれ、またお手伝いマンに変身してくれる素直な子どもたちです。
 自主的に何かをしようと思うような声掛け、誰かの役に立てる喜びや達成感、そして「ありがとう」という感謝の気持ち、これはどの場面でも大事なことです。子どもが意欲的になる、つまり自主性を持つことで可能性は広がります。そのため、保育士として子どもの自主性を育てることに日々努めています。自主性を育てるためには、好奇心や興味を引き出せるような提案や活動を入れていき、子どもたちの気持ちが向上するようにしていきたいと考えています。また、「ありがとう」も大事なコミュニケーションの1つです。子どもたちが素直に「ありがとう」を言えるように関わっていきたいと思います。
 これからも「お手伝いマン」は大活躍です!!

森田 淳子

2014 年 8 月 23 日 土曜日

 入園して初めてのプールも始まり、最初は大泣きしていた子も今では笑顔でプール遊びを楽しむ姿も見られるようになってきました!!そんな成長する子どもたちの姿からかわいい光景を目にしました(*^ー^)ノ♪
 入園当初からひよこぐみではわらべうたや手遊びを子どもたちと一緒に楽しんでいます。最近の子どもたちのブームは“一本橋こちょこちょ ”です!腕をトコトコ登っていき、最後にこちょこちょくすぐられるのが、楽しみな遊びです!ひよこぐみの子どもたちは、やってほしいときに手のひらを見せ、指さしをして「やって!!」のアピールをします(^^)その姿もかわいいのですが、リズムを覚えていてこちょこちょの前に少し間を置いてもこれから来るぞ来るぞ!という期待の顔で待っています!その後のこちょこちょの時の笑顔もとってもかわいいです(  ^∀^)一本橋こちょこちょには最後のこれからくすぐられる!という予測を立てることが良い刺激になると言われています。
 一本橋こちょこちょ以外にも日本には古くからわらべうたがあります。わらべうた遊びには、大人が子どもの体を触ってあげる遊びがあります。この遊びには、親子の肌と肌の温かい触れ合いがあり、お子さんは大人に触ってもらうことにより安心し、穏やかな気持ちが育ちます。 また、遊びながら子供の成長を確認することも出来ます!
 このようにわらべうたは親子のコミュニケーションをとれるだけではなく、こんな表現も出来るようになったのだと改めて感じることの出来る遊びなので、ぜひ、ご家庭でもお子さんと触れあってみてください♪たまには、大人同士でも楽しいかもしれませんね♪

 

西山 梨絵

2014 年 8 月 15 日 金曜日

 入園・進級から5か月がたち、クラス全体として落ち着いてきました。生活や遊びの中で一人ひとりの発達において、個々の段階を着実に進む姿が見られることを毎日楽しんでいます。そんな中からこんなエピソードです。
 今あひる組さんは色々な遊びが上手になってきています。ブロックやままごと、絵本を見ることなど集中して遊べるようになってきました。しかし、まだまだ興味があるものに突き進んで行ってしまうAくん。お友達が遊んでいるものに手を出してしまうことが多く遊んでいる子に「やめて~」や「あ~~~」と怒られていることもあります。もちろん保育士としては遊んでいる子の遊びを守らなくてはいけないのですが…他の子の上手に遊ぶ姿を見て少しずつ覚えていくこともありますので難しいところかなと思います。Aくん自身は怒られている意識はもちろんなく、ただ目につく面白そうな遊びに向かっているだけなんだと思います。
 もう一つです。大人の様子を見ながら壁に隠れるBくんがいます。子どもにはよくある話ですが、身体を隠してはいるのですがこちらを見ているので顔がバッチリ見えてる感じです。しかしBくん自身は隠れているつもりなので、ちょっぴりいたずら顔でウキウキしてるのが伝わってきて本当にかわいいです。
 この二つのエピソードでわかることがあります。今の時点ではまだ、「他人には自分がどう見えるか」という自意識を持っていないということです。簡単に言うと「相手の立場になって考えることができない」ということです。その自己中心性が「いい」とか「悪い」とかいうことではなくて、発達段階としてそういう時期なのです。「自意識のない」状態から成長・発達していくためにも、その過程においては普段の生活の中での保育士や他児との関わりや遊びがとても大切なんだと感じます。
 子どもとの関わりの中で無駄なことは一つもありません。一言の会話や大人からの視線ひとつにおいても子どもたちには大切な成長のパーツになるはずです。なので、一緒に子どもに寄り添い成長を見守っていきたいと思います。

 

蛭崎 晶弘

2014 年 8 月 9 日 土曜日

 「かーしーてー!」「翔先生!!遊ぼうよ!」「スカイツリー作ろうよ!!」最近2歳児クラスりす組の子どもたちから、自分の気持ちを主張する言葉が増えてきました。しかし、お互いが主張をする為「痛かったよ!!」「やめて!」「○○が使ってた!!」という声もよく聞くようになりました。お互いが気持ちをぶつけ合うので、気持ちが高ぶってしまいどうしていいのかわからなくなり、どう言葉で伝えていいのかわからなくなってしまいます。そして、つい手を出してしまったりすることも多々あります。そんな時、職員が間に入り、お互いの気持ちをくみ取りながら、代弁しながら言葉でどのように伝えるのかのやりとりをします。
 そんなある日、こんな光景を目にしました。おままごとコーナーで遊んでいたAちゃんとBちゃん。そこへCちゃんがやってきて、Bちゃんの使っていたおもちゃを取って行ってしまいました。Bちゃんは突然のことで泣いてしまい、言葉になりません。その時に、傍にいてすべてを見ていたAちゃんは、「嫌だったね、今使ってたのにね」とBちゃんのことを気遣い、思いやるような声をかけながら、Cちゃんに「Bちゃんが使ってたんだよ」とやさしくさとすように声をかけていました。いろいろなお友達を気遣うAちゃんの姿は、まるで先生のようでした。
 2歳児になると「語彙の爆発」という専門用語まであるように、飛躍的に言葉の数が増えます。また、少しずつ社会性も身についてきます。個人個人の間でも、発達には差があるもので、言葉で伝えることが苦手な子や、人の使っているものを持って行ってしまう事もまだまだある年齢です。しかし、少しずつ他人のことを思いやり、上記のような、まるで先生のような言葉のかけ方をする子もいたりします。Aちゃんのような気持ちが少しずつ広がっていき、クラスみんながお友達のことを思いやれる子になってくれることをひそかに祈っています。


一柳 翔平

2014 年 8 月 2 日 土曜日

 園庭の木から蝉の声が聞こえ、夏の到来を感じます。蝉、かぶと虫、くわがた、しおから蜻蛉など子どもたちの虫ブームも、これからが本番ですね!
 7月は11日に開催された盆踊りや、収穫した野菜をその場で調理し、提供する『木月屋台』、水遊びの安全を祈る『水遊び安全祈願』など、こどもたちは様々な行事に取り組みました。その他にも幼児組では畑に植え、水やりをして育てた夏野菜を収穫し 、『調理会』で夏野菜カレーを作ったり、劇、合奏、リトミックを選んで他のクラスの友だちに見せる『お披露目会』もありました。
 たくさんあった行事の中で、お披露目会の前にあった話です。その日の活動は園庭とコーナー遊びでした。『暑いからコーナーにしたい』や、『外で一杯走って遊ぶんだ』と、自分のしたいことが会話の中から聞こえている中で、『お披露目会の練習がしたい』と言う年長の子がいました。近くに行き話を聞くと、『お披露目会が近いのに、まだ上手に出来ない。せっかく見てもらうなら、上手にかっこいいところを見て欲しい』と言っていました。『同じグループの友だちを誘ってみたら?』と言うと、すぐに同じ年長の友だちの所へ行き声をかけていました。すると『僕も上手にやりたい!』と言っていました。一人が二人に、二人が四人に、四人が八人に、、、とあっという間に人数が増えて行き、グループの全員が練習すると言っていました。その次の日からも、自由遊びの時には友だち同士で声をかけて、一緒にセリフの練習をしたり楽しむ姿も見られるようになってきました。それだけではなく、その姿を見た他のグループの子も、『私たちもやろう』と楽しみながらも真剣に取り組む姿が見られました。
 普段の生活の中で、時にはケンカをしてしまうこともある子どもたち、しかし、その度にしっかりと話をして(話が難しい時は大人が間に入り)解決しています。この、自分の気持ちだけでなく相手の気持ちを聞き、理解することがとても大切です。今回のエピソードも、友だちに気持ちを伝え、伝えられた友だちがその気持ちに同調したことでこのような取り組みかたになり、広がっていったのだと思います。日々の生活の中、会話をすることの大切さを改めて考えてみるのもいいかもしれませんね。
 本番の発表会では、少し緊張してしまう子や、恥ずかしくて照れてしまう子など、いつもとちがう様子が見られました。しかし、今までやってきたことを見せようと頑張っている年長さん、それを見て頑張ろうとする年中さん、年少さんなどいつも通りの様子を見せる事が出来ていました。
 お披露目会の後には『次は何をしようかな?』や、『(劇の)他の話もやりたい!』など、すぐに次の事を考えている子どもたち、今後の活動が益々楽しみです!!

鈴木 辰徳