小さなもみじの物語

2014 年 6 月 28 日 土曜日

 先日、2歳児クラスに入りました。もうすぐ朝の片付けという時間に、私は落ちているままごとのエプロンなどをなんとなく畳んでいました。するとAちゃんが横に来て自分が持っているものを片づけはじめました。もう少し時間があったので、「どうしたの、もうお買いもの行かないの?」と尋ねると「もう朝のおやつの時間だからおしまい!」と、かたづけを初めて手を洗いに行く行動に驚かされました。また遅番の時間では、クラスに入るとすぐにB君が「桃になったら、お片付けだよね」と私に話しかけてきました。また別のC君も「もう桃だよ」と大きな声で友達や保育士に知らせる姿もあり、「すごいね、よく知ってるね」と声をかけると「うん!先生が(担任)が言ってた」とうれしそうに答えてくれました。それは、毎回の活動の中で保育士が知らせているからです。「お片付けの時間は長い針が桃になったらだよ」、お昼の時間でも、「おかわりタイムは栗までです」などと、時計を見せながら数字の横にある果物を指さして言っているのです。毎日の積み重ねから、数字(果物)をみて行動することを意識しはじめてたのでしょうね・・・
 園では、乳児クラスから、数の始まりとして遊びながら『ある』『ない』を知ります。その後お片づけをしながら、同じブロックの色を集めて片付ける・同じ種類の車などあつめて片付けるなど『物の集まり』を知ります。また車や電車などをつなげて、『長い』『短い』や給食の時は『いっぱい』『ちょっと』を知り、園庭で虫探しをする時には植木鉢を動かしながら『重い』と『軽い』等を遊びの中で体験を通して知っていきます。また幼児組になると『いくつ食べられる?』と数の『1個』『2個』についても知ったり、『このくらい食べられる?』と量について『多い』と『少し』を知ります。このような経験を通して色々な所に【さんすうのはじまり】を五感で覚えていきます。
 生活の中でも常に数字等に触れることができるようにお部屋の中の物や、日々の声掛けや身近な環境を工夫し【かず】への関心・意欲が、【芽生えて、育み、発揮】でき、一つ一つの経験ができるような生活をこらからも心掛けていきたいです。

                                                         
主任  木村 広美

2014 年 6 月 21 日 土曜日

 梅雨に入り、室内で過ごす日が多くなりました。外に出られない日には、室内で身体を沢山動かして、体力を発散できるように、室内固定遊具の滑り台を使っています。3段ほどの階段があり、階段を上がると今度はトンネルがあり、その先に滑り台があるのですが、この遊具がひよこ組のお友だちは大好きです♪階段を上るのも、ハイハイで上がる子がいたり、掴まり立ちをしながら上ったりと、個々によって様々な姿が見られます。トンネルも、ハニートンネル(長さ2mくらいの布製のトンネル)で遊び慣れているので、余裕の表情でくぐって行きます♪最後の滑り台も、自分達で方向転換し、頭から滑らずに、お尻を下に向けて上手に滑ります♪みんなとても楽しそうに遊んでいます☆まだハイハイが難しいお友だちも、広い廊下でみんなに追いつこうと、ずり這いをして、色々な物を見上げて、楽しそうです♪この様に、ひよこ組のお友達はハイハイをする友達が多くなりました☆
 ハイハイがとても上手になってきたひよこ組のお友だちは、自分が興味のある場所へ自ら向かうようになりました。そんな子どもたちのハイハイスピードが一番速くなるのは給食の時間です♪保育士がエプロンを付けて「ご飯食べるよーおいでー♪」と声を掛けると、あの長いレストランまでの道のりを、目を輝かせながら、猛スピードハイハイで向かっています!!中には“あー♪んまっ♪”と声を出しながら進む子もいます♪一人歩きが出来るようになってきている子もいますが、まだ不安定さもあるので、歩くよりもハイハイの方が断然進む速度が速いことを、子どもたちも分かっているのか、一度つまずくとそのままハイハイで進んでいます(^_^)
 ハイハイは、手のひらを使い、手指の働きを力強くしてくれるので、手先の器用さに繋がります。また、足の蹴る力も強くなる為、内股歩きや外股歩きになりにくくなります。そして、床と親しむ機会も増え、転んだ時に咄嗟に手が前に出るなど、上半身や股関節の運動神経発達に欠かせない動作になります。その為、保育園ではハイハイという大切な時期を出来るだけ長く行えるように、活動の中や、日常生活の中でハイハイをする機会を作っています。子どもたちの無理のないように、必要な運動能力を楽しく育てていければと思っています。ご家庭でもハイハイして追いかけっこをする等、意識して取り入れてみてはいかがでしょうか。
 ハイハイ競争オススメです♪♪

img_0535
伊藤 翠

2014 年 6 月 14 日 土曜日

  6月に入り1歳児クラスの子どもたちはようやく落ち着いてきました。今となっては子どもたちとの関係もできてきましたが、4月の子どもたちは新しい環境や新しい担任に戸惑う姿も見られました。 
  Aちゃんは入園当初黙々とひとりで遊んでいることが多く、声をかけると逃げてしまいました。そこで私は少しでも早く自分に慣れて安心して過ごして欲しいと思い、関係作りのきっかけとしてわらべうたを行っていました(わらべうたとは昔から語り継がれてきた歌のことをいいます。有名な歌だと『げんこつ山のたぬきさん』や『にらめっこ』などがあります。ひとりで歌えるものもあれば触れ合って遊べるものもあります)
  あひる組の子どもたちは触れ合えるわらべうたが大好きです。わらべうたを子どもたちと数名で歌っているとAちゃんは遠くからこちらを気にして見ていました。でも自分から仲間に入ろうとはせず、興味をもって聴いている様でした。毎日やっていくうちに、ある時Aちゃんが自分から近づいて来て「やって」とアピールをしに来てくれました。わらべうたを歌いながらスキンシップをとると楽しそうな笑顔を見せてくれました!その出来事をきっかけにAちゃんは自分から関わりを求めてきてくれるようになりました。黙々とひとりで遊んでいたAちゃんは表情も豊かになり自分を出してくれるようになりました。
  子どもたちの中には新しい環境や人にすぐに慣れてしまう子もいれば少しずつ慣れていく子もいます。ひとりひとりのペースを大事にしながらも関わり合うきっかけを与えるのは保育士の役目だと思います。そのきっかけのひとつとしてわらべうたを行っています。わらべうたは人と人が関わり合うきっかけとなり、関わりを広げてくれるような魅力があります。昔ながらの聞き慣れない言葉とゆったりとしたテンポの歌が特徴的で歌うと不思議と気持ちも和みます。
  Aちゃんは今でもわらべうたが好きで、よく「やろう!」とアピールしにきてくれています。職員と子どもでやっていたわらべうたが今では同じクラスの友達同士でやるようになり、そこから幼児組の子どもたちともやるようになりました。関わりはどんどん広がっていきました。これからも一人一人の子どもたちが人と関わり合うことを楽しい!と感じてもらえるよう、わらべうたを取り入れていきたいと思います。ご家庭でもやってみてくださいね。ぜひおすすめ聞いてください!

 

広瀬 美穂

2014 年 6 月 7 日 土曜日

 りすぐみに進級して2ヶ月半が経ちました。担任にもすっかり慣れ、朝出勤すると「おはよ?!」っと元気に声をかけてくれる早番の子どもたち…。朝おやつが始まる前に、子どもたちのオムツ替えが始まります。「おやつが始まるよ!」とか「今日はお天気だからお散歩行くよ!」とか「あっオムツ濡れてないよ!すごいね!オシッコトイレで出来るよ!」など沢山の言葉をかけて誘います。 それでも「あとで行く?!」とか「でないもん!」っと言われてしまう事もあります。
 Aちゃんはトイレに誘うと「オムツ濡れてないとお姉さんパンツになれるんだよね?」っと必ず言って来てくれています。5月の初めの頃は濡れている時と出てしまった時と半分ぐらいだったのですが、この頃 ずっと濡れていなくてオムツも1日1枚…  担任で話をしてAちゃんのお母さんにお姉さんパンツを用意してもらえるか話をしました。トレーニングパンツではなく普通のお姉さんパンツ??翌日朝出勤するとAちゃんが「ママがね、ミッキーさんの可愛いパンツ買ってくれたの!」 Aちゃんの棚を見たらAちゃんの言う通りミッキーさんの可愛いパンツがきちんと入れてありました。Aちゃんに「ミッキーさんの可愛いパンツ見せてほしいなぁ」っとお願いする「いいよ!!」っと言って私の手を引き自分の棚へ…  とっても嬉しそうに1枚、1枚を広げて見せてくれました。Aちゃんに「どれにする?」っと聞くとしばらく迷って、「これ!」パンツを手に取り早速トイレに…「出たよ!」「やった!」トイレから出てきてハイタッチ. 「すごいね!可愛いお姉さんパンツ履こうね.」「可愛いパンツだから頑張る!」っとAちゃん…  パンツを履いた後も他の先生にも「Aね,お姉さんパンツ!!」っと見せに行っていました。園庭に出てからも昨年度の担任にパンツを見せるAちゃん… 本当に楽しみにしていたんだなぁっと思いました。
 りすぐみ(2歳児クラス)ではこれからトイレトレーニングがどんどん始まります。トイレトレーニングは月齢が早いから、この年齢にきたから出来るわけではなく、オシッコを溜められるようになる事、オシッコがしたい!っという間隔がわかるようになる事、 その子、その子、一人一人の1日のリズムをつくる事が大切です。溜められるようになっても遊びに夢中で失敗してしまったり、タイミングをつかめなかったりと失敗と成功をくりかえして出来るようになります。 成功したら子どもと一緒に喜んであげる事,失敗してしまったら「次は大丈夫だよ!頑張ろうね。」っと子ども自身のやる気をなくさないようにする事!そして、何より家庭と保育園との協力が絶対必要です。
 私自身、子ども達の成長を…お兄さん、お姉さんパンツになりたい!なれた!っと喜ぶ子ども達の姿を一緒に楽しみ、あせらずゆっくり進めて行きたいと思います。

 img_2359

斉藤  操