小さなもみじの物語

2014 年 4 月 27 日 日曜日

 初めて、家族の人と離れて過ごす保育園の時間は不安でいっぱいです。特にひよこ、あひる組は不安を泣くことで、アピールしています。私は、フリーの立場でお手伝いに入っています。子どもたちは私が毎日お部屋にいないことや、担任じゃないこともわかっているようで、部屋から出してくれる人と感じて手を伸ばす子どももいます。
 先日、園庭であひる組の新入園児を抱っこしていました。泣き止んでいたので、しゃがみこんで抱っこしていた手をゆるめると、トコトコと歩き出し周りを見ながら散策を始めました。しかししばらくすると泣き出し、ふりむいて私をみつけると、泣きながら戻ってきました。何度か同じことを繰り返しているうちに少しづつ離れる距離が伸びていきました。
 子どもは不安になったり、怖くなったときに、保育士のところにもどり、怖かった気持ちを受け止めてもらたり、大丈夫と励ましてもらったりと、気持ちの制御、調整、回復しようとします。その日は、私がその子の安全基地になりました。その行動は、成長して幼児組になると、その基地から自分は愛してもらっている(信頼関係と自己信頼)・1人でいることができる(自律.感情の調整・自発行動)・自分や他者の気持ちの理解と思いやりを持つことができるように発達するそうです。
 そういえば、年長組の部屋にいた時、年長児に見られていることを感じたことがありました。それは『ん?なんだ?どしたぁ?』という時もあれば、暖かい気持ちの『ん?』とうなずく時もありました。子どもたちが『今からやるよ、そこで見ていて』、という気持ちだったのでしょうか。なにかあったら、先生は来てくれるんだ!という関係が出来ていたからこそだったのでしょう。保育士が子どもの安全基地になっていれば、くじけたり、悲しかったり、痛かったの気持ちを癒し回復して、そこからまた出発していくのでしょう。泣いている子は、安全基地を探しているのです。そのような時には、『歌が好きかな?』『手遊びは?』『こんなおもちゃは?』『すべりだいは?』『お外は?』等興味があるものに、子どもたちの手を伸ばせるように、保育士は基地建設中です。
 子どもたちがいろいろな刺激を受けることができるような活動を、用意してあげなくては…たくさんの経験ができ刺激のある園生活楽しむことができるように…。
 現場監督は、がんばっています??

木村 広美

2014 年 4 月 20 日 日曜日

 ひよこ組の子どもたちが入園して3週間が経とうとしています。お父さん、お母さんと離れて社会への一歩を確実に歩み始めています。
 最近ひよこ組の部屋でこのような場面に出会いました。ひよこ組の子どもたちが大好きなおもちゃがあります。それはコロコロチャイム(ボールを穴に入れるとコロコロ落ちるおもちゃ)です。ボールが落ちる様子を見ると泣いていた子も目をうばわれ泣き止むこともあります。4月当初は保育士がその遊具にボールを入れて子どもたちに遊ぶ様子を見せていました。何日か後にはまず、Aちゃんが保育士の遊ぶ様子を見て自らボールを入れてコロコロチャイムを楽しむようになりました!Aちゃんを皮切りにAちゃんの様子を見ていたBくん、Cちゃんが自らボールを入れるようになり、今ではボールのとりあいになる姿も見られるようになりました(笑)
 Aちゃんを見ていたBくん、Cちゃんが出来るようになったのは保育士やAちゃんを見て模倣したからです。『人は模倣を中心としたコミュニケーションを通じて他人からたくさんのことを学ぶ。』と言われています。模倣して出来るようになった様子から、まだ言語が発達する前の0歳では模倣することで遊びが伝わっていきます。模倣することは、今後、人とのコミュニケーションにも繋がっていきます。これからもたくさんのことを模倣して、成長していくひよこ組の子どもたちが楽しみですね♪


西山 梨絵

2014 年 4 月 13 日 日曜日

   3月は旅立ちの季節です。私は2月から年長さんのサポートとしてクラスに入っていました。たった2か月間ではありますが、毎日子どもたちと一緒に遊び・生活をすることができ、私自身とても楽しい時間を過ごすことができました。以前担任をしていたころと比べると、身体の大きさはもちろん、運動能力や細かな手先遊びなど成長は著しいものがあり毎日が驚きの連続でした。
   そんなクラスの中で、少し恥ずかしがりやで他児との遊びでも自分の気持ちなどをストレートに言えずにいる子はどのクラスにもいると思います。このクラスのA君は、朝の受け入れの時の「元気かなチェック」でも照れくさそうに私の所にやってきて、視診が終わるといつもすぐに絵本を一人で読んでいます。そんなある日、A君は視診が終わるとすっと背を向けて遊びに行ったかと思うと、「これやろう」と小さな声でジェンガを持ってきました。前日に他児と私がやっていたのを見て持って来たようでした。普段は自分の気持ちを言葉にしないA君だったのでびっくりしました。「いいよ」と言うと嬉しそうに積み上げ始めるA君、遊びながら話をするとかなりお家でやっているようでとても上手でした。何度か繰り返して遊んでいるとしばらくして、そんなA君の姿を見て他の子も参加したいと集まりだしA君も他児と楽しそうに話をしながら盛り上がって遊んでいました。
   いろいろな個性のある子が集まる保育園には、恥ずかしがり屋の子どもや自分のことをなかなか表面に出せない子どもがいます。このような子が徐々に自己発揮をする場面を見つけ自信につなげていくことが大切だなと思うエピソードでした。この一人ひとりの個性を見つけ広げてあげる事で、その子の得意な遊びが大人や他の子どもとの関わりを持つ機会を増やしていくんだと思います。
   4月は始まりの季節、新しいクラスになり新しいお友達も増え、これから子どもたちの笑顔と成長を見守りながら、旅立ちの時までの新たな手助けが出来たらと感じています。

蛭崎 昌弘

2014 年 4 月 6 日 日曜日

   私は昨年度の下半期をフリー職員として過ごし、現在のりす組があひる組のときに担任の先生に代わってクラスに入ることもありました。最初のうちはまだ慣れていないこともあって、声をかけてかかわろうとしている私に対して、子どもたちの反応がないことがありました。しかし、回数が増えるにつれて次第に子どもたちとかかわることが出来るようになりました。
   ただ、活動の節目(トイレに行ったり、着替えをしたり)にはどうしても担任の先生でないとダメ!という子どもが数名いました。そんな子どもたちの中に、午睡の寝かし付けは担任の先生、特に女性の先生でないと頑として寝ないA君がいました。A君が担任以外の先生と寝ることが出来るきっかけを作りたいと思い、その日から彼との寝かし付けの日々が始まりました。   あひる組に入る時には必ず彼を寝かし付けるようにし、スキンシップをとるようにしました。最初のうちは近付くだけで泣かれ、布団をかけてあげるという行為すら彼を固まらせてしまい、担任の先生にフォローをしてもらうこともしばしばでした。
   そんなある日のことです。遊んでいる最中にさりげなく「今日は一緒に寝ようね」と声をかけてみると、素直に「うん」と答えてくれました。そして寝かし付けの時間になり、まさか覚えていないと思いつつそばに寄ると、抵抗なく布団に横になって、そのままトントンをさせてくれました。そして、嫌がることなく眠ってくれました。
子どもたちが安心できる気持ちになると、子どもたちとのやり取りがスムーズになります。寝かし付けだけでなく、活動の節目なども上手に切り替えることが出来るようになります。今回、いつもよりも少しだけ安心できる気持ちが芽生えてくれたのかもしれません。
  今年度のりす組は昨年度の持ち上がりの先生がいない状況です。子どもにとっては初めての保育士との関わりになるので、戸惑う子どももいます。子どもの不安な気持ちを少しでも受け入れながら、少しずつ信頼関係を築いていきます。その信頼から今度はそれを愛着関係に発展させることで、保育士が子どもたちにとっての安全基地になります。そのような関係を丁寧に作っていくことで、保育園での生活が安心して過ごせるようになってきます。
    一人ひとりと大切にかかわりながら子どもたちが安心して過ごせるようにしていきたいと思います。今年度一年間、よろしくお願いします。

 

一柳 翔平

2014 年 4 月 1 日 火曜日

  園庭の桜も少しずつ蕾を開かせ、綺麗な花を咲かせています。一年間は長いようで短く、あっという間に過ぎてしまいますね。
  三月は年度の変わり目の月です。一年前、今より一つ下のクラスだった子どもたちが、すっかりお兄さんお姉さんになったと感じられる季節です。一年前は出来なかったことが今では簡単に出来るようになっていたり、苦手な事が得意になっている子もいます。鉄棒にぶら下がっているのが楽しいと言っていたのに今では前回りが得意になっている子。友だちと喧嘩をしてしまっても、話し合いで解決しようとしている子。喧嘩をしている友だちの間に入って互いの意見をまとめようとしている子。服の組み合わせを考えて両手に服を持ち悩んでる子。外で転んでしまったので近くに行くと泣きそうな顔なのに、無理矢理笑顔を作って我慢し、涙を見られるのを恥ずかしがる子。個人差はありますが、みんな素敵に成長していますね!
   幼児組では先日、各クラスで進級祝い会を行いました。クラス毎にクッキー作りやゲーム、一年間の思い出や来年の抱負の発表など内容は様々でしたが、楽しく取り組む様子や、少し緊張している姿が見られました。どんなお兄さんお姉さんになりたいかのインタビューでは、『お山座り(体操座り)が上手なお兄さんになりたいです!』や、『小さい子に優しく教えてあげるお姉さんになります!』、『友だちと楽しく遊べるお兄さんになりたい。』など、明確なイメージを持っている子も多く、友だちに発表することで、みんなで進級するんだという一体感が生まれ、進級することをより意識する姿が見られました。その他にも、一年間を通して様々な行事に取り組み、少しずつ自信をつけている姿を見てきました。その少しずつの自信が、大きな自信になり、次のクラスへの進級の不安も楽しめているのだと感じられます。
   例年の様子を見てみると年中児は年長になると、進級し自信を持つことで日々の生活の中でも自分が出来ることを小さいクラスの友だちに教えてあげようと、自発的に関わろうとする姿がみられます。行事の取り組みかたも子どもたちが自分の目標を持って取り組むようになり、今まで以上に意欲的に参加します。それを見た年中、年少組が頑張ろうと真似をし、日々の生活や行事を通して少しずつ自信をつけて成長している姿が見られます。
   新年度がどんな一年間になるのか、子どもたちがどんな成長をするのか、今から楽しみですね!!


鈴木 辰徳