園長日記

2013 年 10 月 31 日 木曜日

    最近、各クラスをのぞいて見ていると七五三の千歳あめ入れを作っています。0・1歳児はなぐり書きをしたもの、2歳児はハサミを使って簡単なものを切ってはり、幼児ではきれいなお花を切り取り貼ったものでした。どのクラスもとてもかわいらしく仕上がっていました。これらの物は来月15日に千歳あめを入れてご家庭に配るのですが、先日役員会でこのような事を言われたことを思い出しました。「毎年食べなくて余ってしまうので、なくしても良いのでは…」「乳児は食べられないのでいらない」等です。
   その時私は、このようにお答えしました。「今、行事や伝統文化を伝承するのは保育園や幼稚園・小学校だけになってきています。そのような中で、七五三を祝うことは、ただの通過儀礼ではなく、『今まで無事に育ち、これからも長生きするように』と言う願いがこめられています。そのような理由があるのでこれからも続けていきたい。」と伝えました。
    今、日本は世界で1・2位を争うほどの長寿国です。この裏には乳幼児の死亡率の低さがあります。衛生面や医療の発展により、乳幼児のうちに亡くなってしまうことはとても少なくなりました。死なないのが当たり前と思っている人がほとんどなのではないでしょうか。しかし、死亡率を低くしている裏には、多くの人の血のにじむような努力があります。そう思うと子ども達が元気に育っていくのは当たり前ではないのですね。どうかこの機会に、お子様と一緒に千歳あめをなめながら、日頃忘れてしまっている、我が子の成長と多くの人々の努力に対する感謝の気持ちを思い出してみましょう。              

(おたよりの続き)
 先日、かわい着物を着た女の子を見かけました。きっと七五三の写真を撮った帰りなのでしょう。七五三は、一般に3歳、5歳、7歳の子どもの成長を祝い、宮参りをする習俗です。もともとは、幼児期の通過儀礼としては公家や武家の社会で行われていたもので、3歳の女児が、そっていた髪をのばす髪置(かみおき)、5歳の男児が、はじめて袴をつける着袴(ちゃっこ)、7歳の女児が、着物の付け紐をやめて帯をむすぶ帯解(おびとき)として、江戸中期以降に見られるものでした。それ以前は、特に男女別や年齢は確定していなかったようです。また、各地には、幼児期の成長に節目をもうけて氏神へまいる習俗がありました。七五三がひろまったのは、江戸をはじめとする大都市で、縁者や近所にくばる千歳飴も、江戸中期には登場しています。では、どうして11月15日になったのでしょうか。旧暦の15日は、かつて鬼が出歩かない日である二十八宿の鬼宿日に当っているのです。また、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その11月の鬼宿日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子どもの成長を感謝し、加護を祈るようになりました。明治になって、暦が新暦になってからは11月15日に行われるようになりました。現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土日・祝日に行なうことも多くなっていますが、本当は15日でないと鬼が出歩いてしまうようです。かわいいわが子を見ながら、元気に育ったことに感謝をし、みんなでお祝い出来ると良いですね。

11月15日ごろ二十八宿について載せます。

cimg1609

2013 年 10 月 12 日 土曜日

 発達は、知識と違って、早くすればいいというものではなく、人生においてその時期その時期が大切であり、何もないところに何かをつけていくということではなく、遺伝子に組み込まれた発達の要素が、その時期の表出してくるものを、より確実に良い環境を通してしていくものです。ということで、それが現れる時期に、その発達を促す環境を用意する必要があります。
 子どもたちは、人生において、様々な人と出会い、人々の中で学んでいきます。特に、小学校に行くと、社会人としての知性を学んでいきます。そのために学習があります。しかし、このような学びには、基礎が必要なのです。土台が必要なのです。それがしっかりできていないと、その後の学習が身に付かないのです。その基礎を、生後間もなく学び、築かれていくのです。このような報告書を紹介します。
「国立臨床幼児教育センターが発表した報告書は、“学校の成績が伸びるかどうかは、知識の蓄積や早熟な読解能力よりも、むしろ情緒的・社会的能力による。”と指摘している。自信や興味があること。自分にどのような行動が期待されているかを知り、衝動をコントロールできること。待てること。命令に従えること、教師に助けを求められること。自分の要求を表明しつつ、他の子どもと仲良くできること、こうした能力の方が重要だ、と指摘しているのである。」
 「あと伸びする力」ということがよく言われます。就学前教育は、就学後の教育を先取りして早くやることではなく、就学後に伸びるような基礎を学ぶことが必要であるということです。このあと伸びする力は、知識の蓄積や早熟な読解能力ではないのです。
 幼児期に、子どもが多くのことを知っていると大人は喜びます。大人顔負けのことを知っているとなおさらです。また、難解な文字、文章を読解できると、すごいと感動します。「うちの子、天才かしら?」と思ってしまうことも。しかし、それらは、学校に入ってからの成績にはあまり関係ないようです。多くのものを知っていること、難しい文字を読むことができる能力は、のちの成績には結びつきません。小学校に入学して、成績に関係してくる力は、情緒的な能力とか、社会的能力だということが、研究の結果わかりました。乳幼児期に子どもたちにつけなければいけない力は、情緒的能力とか、社会的能力なのです。
 子どもの成長は見えにくいものです。また、どのような関わりをすれば良いかという事も分かりにくいです。しかし、小さいうちからの愛情たっぷりの関わりこそ、子どもには一番大切なのです。その上で、正しいことは正しいと、間違ったことは間違っているという事をしっかりと教え、友達との関わりが上手に出来る方法を教えてあげることが大切です。そのような関わりをしていくうちに、自然と「あと伸び」して、自ら課題や目標を見つけ進んでいくような、探究心や好奇心旺盛な子どものに育っていくのです。

 なので・・・大人は焦らず、のんびり、日々の関わりを大切にしていきたいですね。